役立つ人間 そうでない人間

2016082501.jpg
ハンナのかばん(著:カレン・レビン)

 来月のポーランド旅行の予習として、ポーランドの歴史を学ぶことにしました。
 購入したのは、ハンナのかばんという本です。

 第二次世界大戦時、ポーランドは西からドイツに攻められ、東からはソビエトに責められ、600万人近くの国民が戦争で亡くなりました。
 日本の戦死者は310万人とされています。ポーランドの人口は4000万人前後なので、人口比率に換算すると驚くべき数字になります。
 ソ連が起こしたカティンの森事件も、ナチスドイツが起こしたアウシュビッツの大虐殺も、ポーランドの領土や国民と大きなかかわりがあるので、これらが戦死者数を大きく引き上げたのかもしれません。

 では本編を紹介。
 物語はハンナの持っていたカバン(後に複製であると判明する)が日本のアウシュビッツ資料館に資料として寄贈された事から始まります。

 カバンに持ち主の名前「ハンナ・ブレディ」と書かれていたのをみて、日本の石岡史子さんが、
「ハンナさんはその後どうなったのだろう?」
 と、彼女の足跡をたどるという実話です。

 アウシュビッツの博物館とも連携し、調べた結果、ハンナはアウシュビッツに連行されました。
 13歳の女の子は労働力にならないと判断したナチスにより、まもなく彼女はガス室に送られ殺されました。

 もう世界中で有名になっている話なので、いまさらネタバレも何もありませんが、そういうお話です。
 小中学生でもわかるような文章なので非常に読みやすく、興味がある方にはオススメの一冊でした。

 ところで、ナチスは人を選別するときにスタッフに罪悪感を感じさせないように、色々な工夫をしたそうです。
「自分のせいで多くの人が死んだ。」
 と思うと罪悪感を覚えてしまうので、あくまでも人ではない何かを区別するような台帳を作ったとか。

 人間を殺していいかそうでないか、そんな判断をする立場になんて、死んでもなりたくないですね。

スポンサーサイト
[ 2016/08/25 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

夢のかほり

 下品なお話です。

 ものすごく臭いオナラをする夢を見ました
 夢の中でこれほど強い嗅覚を感じたのは生まれて初めて、という位。

 何故か大手カメラ量販店のバイトをやっていて、TVコーナーで臭いオナラを発射。
 すると何故か直後に上司がやってきて、
「今からこのTV売り場に小池百合子都知事が来られるので、準備をするように。」
 と言われ、焦りながら散らしていくという内容です。
 
 目覚めるとまだ午前3時。
 まさか寝ている間に粗相でもしたのかと思ったらそういうわけでもなく、鼻をひくつかせても実際に放屁をした形跡もなく。
 漠然とした臭いに関する不安のようなものを感じ・・・・・・、

2016082401.jpg

 ・・・・・・朝の6時前に起床しつつ、その勢いで小型のオゾン発生器(オゾンには消臭効果があるのです)を買いました。
 Amazonも、まさか朝っぱらからオゾン発生器を買う人間がいるとは思わなかっただろうなあ。

 使用感は、そもそも夢のような事態が無く最初から困って買ったわけではないので何とも言えず。
 ただし室内にほのかにオゾン臭(新車の臭いに近く不快ではないです)が漂っているので、無事に動いているのだなと思う程度です。

[ 2016/08/24 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2年ぶりの I need you!

 お盆に、久しぶりに部屋のカーテンを洗いました。
 前回洗ったのは、旧サイト時代のかなり前でしょうか。
 たばこは吸わないのでヤニ等の汚れはないものの、それでもかなり白さを取り戻したようです。

 せっかくなので、以前Amazonで購入した遮光カーテンを新規に取り付けてみました。
 これでエアコンの冷暖房効果も上がりますし、朝ゆっくり寝たくても朝日がスゴイ・・・という事も改善されるかなと。

 カーテンについていた領収書を見てびっくり。
 購入日、2014年8月14日。



 ・・・・・・2年放置していたのかッ!


 ものぐさもここまで来ると表彰物ですよ。

[ 2016/08/23 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

老舗欲

 利根川を越えた茨城県に、美味しいお団子屋さんがあります。
 朝から手作りで仕込まれたお団子は柔らかいお餅が使用され、値段は1本50円とか60円とか。
 比べてはいけないのかもしれませんけれども、京都の老舗よりも美味しいかも?というレベルの味です。

 ご近所さんや家族が買ってきてくれ、とても美味しいのですが。
「おじいさんとおばあさんが二人でやってるのよ。」
 そんな話がちょっと気になりました。

「跡継ぎがいないんでしょ? お子さんもお孫さんも会社勤めをしてたりして。」
「なんでわかったの?」

 私も欲はありますから、美味しいものが安く手に入るに越したことはありません。
 だた、朝早起きして一生懸命仕込んでも1本数十円の稼ぎなら、私が子供や孫の立場なら迷わず会社勤めを選びます。

「お団子だけじゃやってけないでしょ?」
「太巻きや和菓子なんかも売ってるわよ。」
「買ってくるのはいつもお団子だけだよね?」

 思うに、今の日本人は安くて良いものを選び過ぎているのだと思います。
 そりゃあ安いお団子の存在は素晴らしいです。
 コストがかからないように素材を選び、努力し、工夫を重ねた結果ですからね。

 でもそのお団子の先には、お団子を作る人や家族の生活があり、お団子を作る事を辞めてしまわれると、二度とその味を楽しめないのです。

 先程京都の老舗を比べた理由はここにあります。
 京都の、例えば清水近辺のお団子屋さんは、徹底的に自分たちの製品に箔を付けます。 
 店舗も昔ながら、色々とこだわりを書いて店内に貼って見たり、食器や持ち帰りの箱にこだわって見たり。
 値段も高く、格安団子に慣れているとぼったくりと思える事もあるでしょう。

 ただ、それだけ高い料金を得られるというのは、それだけ家族が食べていける可能性が高くなる事でもあります。
 箔があるという事は、胸を張れる可能性も高まります。
「江戸時代から続く老舗菓子屋の若旦那」
 って、ちょっとワクワクする肩書じゃありません?

 物事が老舗である為の一番の条件は、それはやっぱり製品の良さです。
 加えて、
「うちはこれだけのお金をもらう権利がありますので!」
 っていう、外から言えば強気の姿勢、内から言えば自己の仕事への正当な誇り、というのが必要なのではないかなと。

 おそらく日本全国に結構あると思うんですよね。
 料理や菓子の質は良いのに、価格が良心的過ぎて当代で滅びてしまうお店って。
 人生の後輩たちに味わってもらえない素晴らしい物が沢山あるって、悲しいなあ。

[ 2016/08/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

いやーんストレッチング

 久しぶりに市民体育館のトレーニングルームへ。
 こんなクソ暑い中に筋トレなんかしたくないらしく、私含めて3人4人位の人だけが利用する、ほぼ貸切状態の日曜日です。

 私の場合はあくまでも折れた骨のリハビリなので、フットプレスとサイクルマシンだけ真面目にやっていればあとは自由な身。
 今日は久しぶりと言う事もあって、緩めの設定で普段より長めの時間行い、身体を動かして楽しむ事をテーマにしてみました。

 それで肩や胸、背中の筋肉を鍛える初動負荷マシンで長めに鍛えてみて気づいたんですけど。
 動かした後、肩が軽いんですよね。

 腕を上に上げると、サッと上がります。
 さらに腕を回すと滑らかに動きます。
 何より軽く感じるのです。
 
 そうか。肩こりはずっと肩を固定しているから起こるわけで、しっかり動かすとそれが解消されるんですね。
 コツは無理のない負荷で、軽めに長めに、でしょうか。

 さすがにこれだけの為に民間のジムを利用するわけにはいきませんけれども、日頃PCを使う方で近所に公共のスポーツセンターがあれば、肩や腕を鍛えるマシンを使うだけでもオススメですよ。

[ 2016/08/21 21:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)