初めて同人誌を作った備忘録 Vol.1

 検索エンジンでお客さんが来るのかはわかりませんが、今後初心者の方が同人誌を作る際の参考になるよう、諸々を書き記します。
 同人誌の作り方は無数にあるので、あくまでも一例としてお読み下さい。

【印刷会社】
 少部数の印刷に対応したオンデマンド印刷をしてくれる印刷所を探しましょう。
 オンデマンド≒少部数という認識で良いと思います。

【必要なソフトやツール】
・Adobe Photoshop CC2017
・MS Excel
・MS Word 
・PDFが確認できる環境
・メモ帳(必要な人のみで可)

 オンデマンド印刷所の多くは、データ入稿にPSD形式のデータを指定している事が多いです。
 ただのPSD形式なら見られるソフトは沢山あるのですが、

「カラー/CMYK形式」
「グレースケール形式」


 これに対応したソフトはフォトショップしかありません。
 フリーソフトを何日も求めましたが、結局ありませんでした。
 探すのは時間の無駄ですので、諦めて導入しましょう。  

 フォトショップCCは1年契約で11,760円。
 そのまま公式サイトで買うより、ヨドバシカメラなどで買うと、同じ価格でポイントが付きます。
 逆に残っているポイントや商品券がある場合、これらで安く買う事も出来ます。

【原稿制作の流れ】
・エクセル又はワードを起動し、用紙を原稿サイズに合わせる。
・余白を設定。エクセルはかなりキツキツでも余裕がありますが、ワードはゆったりと余白を作ってください(特に左右)。
・原稿を作る。文章だけならメモ帳で基本文章を書いておくと楽です。
・推敲などをし完成させる。
・PDF形式で保存。
・入稿用テンプレート(印刷会社が各自無料配布している事が多いです)をフォトショップで開く。
・先程作ったPDFを貼り付ける。
・位置を調整して保存し、終了。

 私はこんな感じで作りました。

【ExcelとWordと】
 私の個人的な感想ですが、横書きがメインの記事はExceで作った方が楽でした。
 縦書きがメインの記事はWordで作った方が楽でした。 

2017011601.jpg

 こちらはエクセルで制作しました。
 枠線の表示を消して、各パート事は枠を統合させてスペースを割り振っています。
 エクセルは打ち込んだデータと印刷された場合のレイアウトにズレがある場合があるので、印刷イメージをこまめに確認しましょう。

2017011602.jpg

 こちらはワードで制作しています。
 タイトルの付け方は様々ありますが、私は1ページを3分割しています。
 タイトル部分を少しだけ1ページ分として確保し、エクセルで作ったタイトルロゴを貼り付けたのでしたっけ。
 この状態で印刷したら左右がキツキツになってしまったので、左右共に少し余裕を持たせましょう。
 
【ノンブルの作り方】
・入稿用テンプレートの左右に、ノンブルのレイヤーを作る。
・フォントの種類とフォントサイズを統一する。
・ノンブルデータのレイヤーを付けたテンプレートをページ分コピーし、使用する。
・奇数ページは左に、偶数ページは右にノンブルを貼り、もう片方のレイヤーは削除する。
 ノンブルの場所は端下ギリギリじゃなくても良いので、切れないように余裕をもって設置すると良いと思います。

 私は、以上の項目を決定するのに多くの時間を費やしました。 
 原稿自体はサクサクかけたので、レイアウトと制作方法を思いつくだけで大変でしたっけ。

 テキスト系同人誌の具体的な作り方って、ネットに流れていそうで流れてないんですよね。
 流れだけ把握していれば、あとはアレンジでどうとでもなると思うので、活用してもらえれば幸いです。


スポンサーサイト
[ 2017/01/16 09:00 ] オオバン書店 | TB(0) | CM(0)

娘の紹介的な物

2016122601.jpg


 お客様には、コミケで購入された同人誌のURLでここへお越しになった方もおられるでしょう。
 中には作中に登場するキャラクターが気になる方もおられるはず。

2017011201.jpg

 あるメイドカフェで新刊を献本した際に、
「うちのお店の服を着ているキャラは、うちのメイドさんをイメージされたのですか?」
 というコメントを頂きました。
 そこでメイドさんが「自分がモデルになったのでは?」という心配をされないように、各キャラの解説を致します。

 全キャラクターは支店で紹介されています。
 女性キャラは、美紗以外は全員登場しているのかな?

【表紙】


【コスプレカフェ】


【コンセプトカフェ / 冒頭漫画】


【その他のカフェ】


【キュアメイドカフェ / 冒頭漫画】


【カフェメイリッシュ】


【ぴなふぉあ】


【@ほぉ~む】


【シャッツキステ】


【橙幻郷】


【HoneyHoney秋葉原】


【ワンダーパーラー】


【癒あmaiden】



 というわけで、作中のキャラクターは全員うちの娘達なので、紹介されたメイドカフェのメイドさんは、心・配・御無用!です。
 みんなどこかしらでうちか支店のサイトに登場しておりますので、気になる娘がいましたら検索機能でお楽しみ下さいませ。
(ほとんどのキャラが年賀状や暑中お見舞いで登場しています。)

[ 2017/01/12 09:00 ] オオバン書店 | TB(0) | CM(0)

C91サークル参加記 ~後半フルバーニアの2016年でした~

2016123101.jpg

 コミックマーケット91に、サークルで参加しました。
 人生初のジャンルはメイドカフェ。 
 人生初の同人誌は初心者向けのガイドブック、メイドカフェABCです。

「見て楽しい 読んだらきっと役に立つ!」

 はポケモン初代の時代に発売された技図鑑の売り文句です。

2016123102.jpg

 普通に売ったら売れないかな?
 と思い、架空の書店の店員が着ているようなサークルのエプロンを作ってみました。
 アイロンプリントでサークルシンボルを貼り付けています。
 衣装も普段は着ないジャケット姿で、いかにも書店のスタッフのようにふるまいました。

 こういう遊びの部分も、参加費に含まれるのでしょう。

 お客さんのウケはなかなか良かったようです。

2016123103.jpg

 結果はまさかの完売。
 予想の倍近くの売り上げを達成しました。
 みなさま、足を運んでくださってありがとうございます。

 なんかもっといろいろ書かなきゃいけないのでしょうけど、ちょっと疲労が激しくてこれが限界です。

2016123104.jpg

 今回初めて撮影したビッグサイトは、夕方のもの。
 それくらい余裕が無い1日でした。

2016123105.jpg

 そして頂いたお土産の数々。

 沖縄、四国、兵庫、大阪、千葉、東京と、様々な食べ物をお土産としていただきました。
 その量、完売した本の容量以上です。

 今回一番うれしかったのは、新刊の完売より友達が遊びに来てくれたことですね。
 もう多くの友人が立ち寄ってくれて、お土産やお話をしてくれて。
 1人の参加でも明るく楽しく過ごせました。

 あれですね、魔人ブウを倒すときに大きな元気玉を作った時の感動のようですな。
 ちょっと感激しちゃいましたよ。

 ちくしょー、おまえら、ありがとうな!



 というわけで、今年の日記はこれでおしまい。
 来年もよろしくお願いします。


[ 2016/12/31 23:55 ] オオバン書店 | TB(0) | CM(0)

コミックマーケット91 情報(3日目 12/31 W-01b)

2016122201.jpg

 人生初のコミックマーケット初参加となりました。

2016122202.jpg

 スペースは12/31 3日目東W-01b。
 サークル名はオオバン書店です。

 当日はメイドカフェのガイドブックを頒布する予定です。
 主にメイドカフェ初心者の方、とりわけメイドカフェの新人メイドさんにオススメの内容ですが。
 ・・・・・・新人メイドさんがうちの本を買う可能性はあるのでしょうかね?
 
 一応試作でPOPを作ってみたので飾ってみました。
 試作とはいえ、PRしたい事は全部含まれているので、レイアウト以外はほぼ問題ないとは思います。



*本ページは随時更新されます
[ 2016/12/31 23:55 ] オオバン書店 | TB(0) | CM(0)

C91新刊裏話

2016122601.jpg

 というわけで、印刷所から出来上がった新刊が届きました。
 一部のコラムがちょっと読みにくいかな?というページもありましたが、初めての同人誌にしてはかなり良い出来になったと思います。
 これも表紙を描いてくださったフェレさんと、本文イラストを担当してくださったたぬさんのおかげです。 

2016122602.jpg

 漫画はこんな感じ。
 メイドカフェ初心者が元祖メイドカフェへ行くというお話の、5ページのミニ漫画です。

2016122603.jpg

 メイドカフェ以外にも、こういうカフェがありますよ!というページのサンプルがこちら。
 3タイプのお店を紹介しています。

 人生初の同人誌をメイドカフェのガイドブックにした理由は2つあります。

 1つ目は、メイドカフェは恐いものでは無い事実を知ってもらいたいなという点です。
 最近人権派を自称する弁護士さんがメイドカフェを違法な性サービスの場、的な表現をされておりました。
 非合法組織が関連している、という方もおられます。
 ですが、実際老舗メイドカフェは経営者が苦労して地道に経営しているもので、そんなに儲かる事業ではありません。
 そこで値段なども含めて、説明できる本を作りたいなと思いました。

 2つ目は、全国のメイドカフェのメイドさんに読んでもらいたい本を作りたかったという点です。
 秋葉原以外のメイドカフェで、
「ご主人様は、普段秋葉原のどこのメイドカフェへ行かれるんですか?」
 と聞かれる事が多々あるのですが、主だったメイドカフェのお店を皆さんまったく御存じないのです。
 どこのエリアのメイドさんも判で押したように、
「@ほぉ~むカフェとめいどりーみんなら知ってるし、行った事あります。」
 とお答えになられます。

 反面、メイドカフェ系のサークルの本はしっかりとした作家さんや大学の教授さんなどが高度なレベルの執筆をされ、おそらくこれらをメイドさんやメイドカフェ初心者の方々に読んでもらっても、おそらく理解して頂くことは難しいでしょう。
 
 もうちょっと双方の懸け橋になるような初心者向けの本が出来ないものかな? 
 と思ったのであります。
 どちらかといえば、本を書くきっかけになったのはこちらですかねえ。

 ですので、本書はプロのご主人様が読まれた場合、
「おいお前、端折りすぎだろ!」
 とご指摘を受けるであろう内容となっております。

 もうちょっと時間があれば、もっと記事を追加してそれらツッコミにも対応できましたかね。
 とにかく文章はいくらでも出るのに、レイアウトが思いつかないというのが大変でして。
 漫画も3回くらいネームが没になり、主役の遥の出番が無くなっちゃいましたし。

 物を生み出すのは大変な事なのだと実感した出来事ではありました。

 ちなみにだいぶ端折ってはいますが、メイドカフェのメイドさんとしては、本書の内容の半分でも覚えていただければ、
「お、このメイドさん勉強しているなー!」
 と思われるはずです。
 ただメイドさんがうちの本を買ってくれるシチュエーションが想像できませんけどねえ。

 そして重ねて余談ですが、今回は周囲に配る分を除くと、35~40冊くらいは頒布されると思います。
 人気サークルではないので徹夜や始発で向かわれる必要はありません。
 午前中にのんびりと出発され、午後にでもゆっくり遊びに来てください。

 本当は買い物そっちのけでお話をされに来られるだけも有り難いのですけど、場所とイベントがそれを許さなそうですので。

[ 2016/12/26 09:00 ] オオバン書店 | TB(0) | CM(0)