大晦日コミケC85最終日

2013123101.jpg

 コミックマーケット85、最終日。
 今日も今日とて参加して参りました。

 当サイトの昔からの相互リンク先の方や、Mixiのマイミクさん、ツイッターのフォロワーさんなど、多くの方々が江戸入りされるこのイベントは、本を買う事以上に遠方の方とも交流できるのが醍醐味でして。今日も北は青森くらい、南は沖縄くらいまでの盟友のみなさんと挨拶を交わして参りました。

2013123102.jpg

 今回買った作品はこんな感じ。

・メイドカフェ本
・秋葉原本
・グルメ&食べ歩き&旅本
・歴史本
・アイドルマスター
・東方シリーズ
・同人ゲーム


 お正月にのんびり読んで、感想でも書いていきたいですね。

 その後は友人と秋葉原で合流。
 今年最後のメイドカフェを堪能し、ご所望だったアメ横の二木の菓子を案内致しました。

 うーん、あっという間の2013年、あっという間の大晦日でしたね。
 最初から最後までバタバタしっぱなしの1年でしたが、来年はもう少しどっしりとした人間になりたいものです。

 では、本年もお世話になりました。
 来年もよろしくお願い致します。



 あ、そうそう。
 今年最後に頂いた拍手のお返事を致しましょう。

>なんてことをwww
>京都限定の年賀状の写真で大爆笑しましたwww
>そうか…そういう使い方があったか。


2013122201.jpg


 12月22日の日記の事ですね。
 なんかコレを観ているうちに、
「子供の頃、歴史の教科書の人物に吹き出し書いたなあ」
 と思いだして、やってみました。

 でも親御さんや奥さんのおられる方に届いたら、どうなってしまうのでしょう?と、今になって恐縮してます。
 ハイになっていると、何も恐くなくなってしまうのですね~。 

 では、また来世でお会いしましょう!

スポンサーサイト
[ 2013/12/31 20:41 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コミックマーケット85 2日目

2013123001.jpg

 コミックマーケット85、冬コミ2日目に一般参加。世間では艦これ一色だと思われていましたが、東方系サークルが元気である事に喜びを覚えつつ知り合いのサークルさんへ、己の首実検をしてまいりました。
 
 ツイッターのフォロワーさんも日頃から知り合いの方も非常に親切にしてくださり、可愛い名刺やお菓子を頂戴致しました。

 滞在時間は行列に参加した時間も含めて、1時間強。
 朝の9時過ぎに家を出て、11時前に到着、12時30分頃の電車で帰るという、のんびりしたコミケでした。
 コミケスタッフの誘導手腕も年々上がってるから、あまり並んだという記憶が無いのですよね。

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」

 とは言いますが、コミケスタッフの方々はボランティアでありながら歴史に学び、経験を蓄積していくという、ハイブリッドな理想形をなされているのかもしれませんねえ。

2013123002.jpg

 では、買ったものの紹介などを。

 まずはお目当てその1、第8回東方M-1ぐらんぷり。
 毎年大晦日にコレを観るのが楽しみなのです。
 今年はダウンタウンの番組も気になるので、年始に観ようかな。
 
 あと動画作品で1000円とか、ちょっと安すぎて恐縮です。

2013123003.jpg

 東方系サークルの合同カレンダー。
 上が2013年版。
 今年のカレンダーが良かったので、2014年も引き続き使用することにしました。

 1月1枚の作品なのに200円とか、これもお得過ぎて恐縮です。

2013123004.jpg

 今年の暑中お見舞いを描いてくださった、須影さんのサークル「Pleasantly Create」では東方の同人誌と艦これのコピー本を頒布されていたのでどちらもゲット。白黒ながら武蔵の破壊力に圧倒されます。うちのケイティとミスティもそうでしたが、須影さんが描かれる褐色娘さんは破壊力がちょっとケタ違いな気が致しますね。

[ 2013/12/30 17:03 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2013年 10大事件の事

 明日からコミケ関連の日記になりそうなので、そろそろ今年の重大ニュースでもやっておきやしょう。

【ガンプラちょっとだけブーム】
 2013年を前後して、ガンプラにハマりました。
 しかしお客さんのリアクションもないのと、3機作ったくらいで満足してしまったのであっという間に飽きました。
 カラミティ、フォビドゥン、レイダーの悪役三機は現在でも飾られているものの、年内の相次ぐ地震でまともに立っている機体は皆無です。

【大河攻め】
 今年はそれはもう沢山の大河を観ましたね。
『黄金の日日』『草燃える』『風林火山』に加え、現在も視聴中の『葵三代』もそうです。

 ヘビーローテーションの時期ともなると、週に4話くらい観てましたなあ。
 歴史を通史(「奈良」や「平安」など一時期の部分だけではなく、最初から最後まで流れて覚える事)で辿っていくと、色々な時代を扱った大河ドラマの面白さが増すようです。

 黄金の日日は、主人公が自分の知らないキャラクターで、しかも商人という事に新鮮さを感じました。

 草燃えるは、私にとって歴史教科書で数行登場するだけの存在であった北条政子の魅力を知る事の出来た名作でした。
「女性を主人公にする大河はこう書くべし」
 のお手本だった気がします。

 風林火山は完全版を観るべきでした。
 これもまた良い作品です。

 葵三代は登場人物の多くをその後の運命まで知っている状態なので、昔観た時より感慨深いものがありますねえ。

【怒ったり 喧嘩売られたり】
 2013年最初から上半期にかけて、なんかやたらとネットで喧嘩をした記憶があります。
 実質的には2件かそこらで、しかも片方はあちらが悪いので怒ったのと、もう片方があちらの勘違いで被害を受けたケースなので、私から喧嘩を売ったことはありません。

 ちなみに勘違いで私に喧嘩を売った方は、
「勝手に私が喧嘩を売ったように書いていますが、すべてあちらが恣意的な書き方をしただけで私に非はありません」
 と言い張ってました。
「直接私に会いに来なければ弁解もしない」
 というお話だったので、私の「話し合い嫌い」がさらに増しました。

 そしてこれをきっかけに、喧嘩を売った方がイベントを売り込んでいたメイドカフェに行かなくなりました。
 どうしたものかなあ。 

【月夜のサアカス】
 お気に入りだったメイドカフェ、月夜のサアカスさんが5月に閉店してしまいました。
 私の知己の方々を何回か案内したので、ご存知の方もおられるかもしれませんね。
 このお店が閉店することでメモリアルブック的な同人誌が出版され、私も寄稿しております。

 現在ではこのお店の名物だったお菓子を担当されたパティシエさんが、「ハナノキ」さんという、これも秋葉原の喫茶店のお菓子を担当されている事(持ち帰り用菓子や限定のケーキ)があるので、当時を懐かしみながら食べています。

【虚無の使い手】
「ゼロの使い魔」の作者、ヤマグチノボル先生が亡くなられました。
 物語もクライマックス、あと2巻をもって終了というアナウンスがされ、作中では原子力潜水艦が見つかった所で未完となりました。
 最後まで読み終えなかったのが残念ですが、おそらくもっとも無念に感じているのはヤマグチ先生ご本人だったでしょうね。

【相棒交代】
 原付を買い替えました。
 新型の愛機スターファルコンは、SUZUKIのGN125という中国製の逆輸入車。原付の基準を満たすために、中型バイクに原付エンジンを取り付けました的な感じなので、馬力不足が気になったりはするものの、普段乗りとしては必要十分な性能です。なにせ安いですしね。

 馬力が不足していて60km/hが出ないので、坂道が多い道や国道は苦手。
 長距離の旅はちょっと辛いかなあ?

【PCぶっこわれ → 買い替え】
 ぶっちん。

 ぶっちん。

 ぶっちん。

 よみがえる青画面の恐怖。

【お財布落とした(と勘違いした)事件】
 12月上旬。
 仕事の帰りにお財布を落として、交番に届け出て、お巡りさんに帰りの電車賃まで借りた挙句、ロッカーで財布が発見されるという。

 紛失した(と勘違いした)クレジットカードも昨日ようやく再発行が完了しました。

【旅 旅 旅】
 今年は私の人生でもっとも多くの旅をした都市でございました。

 香川、岡山、京都、伊勢、名古屋、鎌倉、大洗、そして台湾。
 さすがに今後これ以上の旅をする年は無いでしょうね。

 その中でも印象に残っているのは、台湾旅行で電車を乗り間違えた事でございます。

2013122901.jpg

 これは前の日記のおさらい画像で、かなり盛大に乗り間違えました。
 あの時は台湾の方々に非常に親切にしていただきました。

 ちなみに。
 電車の乗り間違えは100%私の間違いで、非のある事で、台湾の方の責任はまったく無いことを前提にお読みいただきたいのですが、

2013122902.jpg

 乗るべき電車だったのが車次272の電車で、間違えて乗ってしまったのが車次206の電車です。
 私が未熟なせいで、いまだに違いがわかりませんね。

【サイト開設15周年&サイトリニューアル】
 当サイトにとって一番の重大ニュースは、やっぱりこれです。
 うちは前のサイトから足跡を記録したり、アクセス解析をしていないので、現在においても常連のお客さんが何人いるのか把握できてません。
 常連さんは週に1~2人くらいかなと勝手に想定して書いている次第です。

 まあ誰が来られているかも本人ですらわからないサイトですが、開設周年にウソはないので今後も記録は塗り替えていくと思います。
 お客さんが来ない事で気楽に書ける良さもありますからねえ。

 では、そんな感じで。

[ 2013/12/29 11:46 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

年末の アメ横行く馬鹿 行かぬ馬鹿

2013122801.jpg

 年末の秋葉原へ。
 でも今回はちょっと買い物をしただけですぐに離脱します。
 
2013122802.jpg

 今日の本命は秋葉原ではなくアメ横。
 去年は12月30日に出かけ、紅白蒲鉾の紅だけが無いという悲しい事件がありまして。
 今年は早めに買いに行ったのでございます。

2013122803.jpg

 我が家とおばば様の蒲鉾セットは、気が付くと私がアメ横で買ってくるパターンができていたので、今年もそれが適応。
 アメ横ではこの時期、

・紅白蒲鉾セット
・伊達巻
・なると


 のセットが1000円で販売されており、食品店だけでなく丼屋や化粧品ショップが、店を縮小もしくは閉店させてこのセットを販売しているのです。
 蒲鉾や伊達巻のメーカーはお店によって様々なので、「小田原」とかの単語が多いものを選んでしまいます。
 そうそう、今年はディズニーの蒲鉾セットもゲットできましたぜ。

 それにしても、年末のアメ横ってなんであれほど魅力溢れる場所なのでしょう。
 一年で一番混雑するって、誰でもわかっているのに、誰もが行きたくなってしまう不思議な魅力を持つ街なんだろうなあ。

 ひょっとすると、コミケと割と近い位置にある場所なのかもしれませんね。
 
[ 2013/12/28 15:50 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

視線が違えば

 子供の頃、
「大人たちはクリスマスを心から楽しんでいるんだ」
 などと、早くお金と時間が自由な大人になってクリスマスを楽しみたいと思ってました。

 でも実際に大人になってからは、
「クリスマスをプッシュすることで得をする」
 そんな大人だけが声高に叫んでいるだけな世界が見えてきました。

 ケーキ屋さん、遊園地、カフェ、デパート。
 どこもクリスマスを売上倍増の要素にしている方々で、そうでない大人は日常を淡々と過ごしていました。

 日本の女性の中には誕生日と並んでクリスマスを野球選手の契約更新のように考える方もおられるでしょうか。
 彼氏さんが安いプレゼントで済ませようとするならば、安く値踏みをされた事に怒りFA宣言をするとか。

 どちらにせよ、クリスマスにお仕事休んで・・・なんていう大人はまず見かけませんね。
 物欲、性欲が絡まない大人は、ちょっとにぎやかな日くらいの間隔のようです。
 
 あ、ちなみに私は食欲が絡んでいるので、クリスマスはアリだと思います。
 ケーキやチキンって、クリスマスの時に食べるとミョーに美味しいんですよねえ。

[ 2013/12/24 23:43 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ねんがぜう

「今年は沢山年賀状を描いたなあ」
 と思っていたものの、よくよく考えたら自分の分は1枚も作ってなかったことが判明。
 テレビを観ながらのんびり年賀状を印刷してました。

 今年の年賀状環境は類稀なる不運が続きました。
 
 PCが壊れたので予定された企画を全うする事ができませんでした。
 また、クレジットカードを落としてしまった(と勘違いした)為にMixiなどのオンライン注文もできず。
 おまけにパブリックな方面でなかなか空き時間も取れず。
 
 そうやって、追加の年賀状などを買いに行ったり、印刷をしているうちに、なんだか精神がハイになってしまいまして。

2013122201.jpg

 気が付いたら、恐れ多くも京都限定の年賀状に珍妙な吹き出しを作ってました。

 何枚か作ったので、これが届いた方は2014年も幸せになる呪いをかけることにします。
 もらった人は2014年は良い年であるのだぞ。



[ 2013/12/22 23:59 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

もっとも混雑する時期へ突入

 原付スターファルコンの速度計が動かなくなってしまったので、朝から購入したバイク屋さんへ行ってきました。
 
 4車線の国道にヒーヒー泣きつつお店へ向かう間にすでに直ったりもして。

 店員さん曰く、
「ああ、SUZUKIはこのあたりのコードの接続が悪くなりやすいので、パーツを変えてもきっとこうなると思います。でも叩けば直りますので」
 なんといい加減な接客を…!

 と怒れないのは、本当に直ってしまっているからでして。
 まあいいか、今は無事に動いているのでこれで良しと、今度は電車で秋葉原へ。
 
2013122101.jpg
カツカレー(980円)

 秋葉原ではスープカレーカムイさんにて遅めの朝ごはん。
 スープカレーに浸したカツがいと美味し。

 空腹を満たした後はクリスマスプレゼントを買いにヨドバシカメラ秋葉原店へ向かいました。
 そういえば、この時期のヨドバシは一番混んでる時期なんですよね。
 誕生日等と違って、みんなプレゼント買う季節なんですから。 
 10分だか15分だか待たされてようやく購入しましたよ。

 毎年買うクリスマスプレゼント、コストは変わらずとも、年々サイズが小さくなってまいります。 
 私の家族は物を捨てる風習が無いので、あまり大きなサイズの物を買うと家がものだらけになるのですよ。
 7~8年前に買った白いプーさんのぬいぐるみとか、小汚くなったものまで飾っていたりするので、下手に飾れるものはあげられないのです。
 ぬいぐるみ、マグカップ類、大型ジグソーパズルとして、今年はもっと小さいものをようやく探せたのでございます。

 それにしても、クレジットカードが無い生活って不便極まりないですねえ。
 Amazonでも急ぎの買い物ができない、オンラインでDVDも借りられない・・・・・・。
(財布落とした → 使用停止の手続き → 再発行の手続き → 葱味噌煎餅の袋にお財布入っていた の流れで現在に至る)


[ 2013/12/21 20:54 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

だれかが風の中で

 スカイリムを少しずつプレイ中。
 エリーン族のプリシアでスタートをし、

2013121601.jpg

 体 操 服を着せて歩かせたり、

2013121602.jpg

 競 泳 水 着を着せて泳がせたり。

2013121603.jpg

 MODで追加したワーオッ!なキャラクターと並べて胸囲の格差社会を実感していううちに、


 ……なんか、俺のやりたいことと違う。

 という事に気づきました。

 とても可愛いキャラクターなのは間違いないものの、なんだか自分の分身のような気がしないのです。
 オブリビオンの時には自分のようにプレイしていたのに。

 なんていうか、旅人でありたいかなと思うのですよ。

 ふらりと立ち寄った街で誰かが困っていると、
「あっしには関係の無いことでござんす」
 と言いつつ、陰で解決しちゃうような感じで。



 こういうキャラでありたいのです!

 男性キャラに戻りそうな気配で・・・・・・。

[ 2013/12/16 23:46 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

膝に矢を受けた時の話

2013121501.jpg
スカイリム

 11月に購入したスカイリムにようやく手を付けました。
 海外製PCゲームのFPS、いわゆる一人称の視点で進められるRPGで、広大なエリアを、オフラインで遊ぶ事ができます。
 最近では箱庭ゲームとも称されます。

 エルダースクロールシリーズ5作目となる今作のコンセプトは前作「オブリビオン」と同じで、
「あなたはストーリーを進めても良いし、進めなくても良い」
 というもの。

 メインストーリーを進めても良し、困っている町の人の手助けをするも良し、漁や採掘に精を出すも良し。
 もちろん盗賊になるのも良し、でございます。

 また海外版ゲームの良い所として、有志による追加プログラム(MOD)の導入も可能で、これにより幅広い楽しみ方があるのです。

 最初にオブリビオンやリネージュでも使っていた「Lios(ライオス)」という名前でオープニングをクリア。
「剣と魔法を使い、どちらかといえば魔法が得意」
 そういうキャラを愛用するので、手持ちの看板息子ではもっともこの名前がふさわしいのです。

 その後にMODを導入する事にし、どれにしようか迷いに迷い、土曜日の半日はそれで時間が潰れました。

 前作より、女性キャラが可愛くなるMODが多いようですね。
 アメリカ的なマッチョ女性が多いこのシリーズでは、とりわけ日本人プレイヤーにはウケが悪く、まあ色々なキャラのモデリング改良データが配布されているようで。
 
 そこでグラフィック強化物を中心に40個とか50個のMODを導入しているうちに……。

2013121502.jpg

 元に戻せなくなったので、今回のキャラはこんな有様となりました。

 美少女キャラを使用することが前提のプログラムなので、視点などもちっこい女の子になってしまうのですよね。
「入れるだけ入れて、細マッチョな20代後半のお兄さんを使うやつなんかいないだろう」
 というのが、あちらさんのお考えでして。  

 で、調整するのも面倒くさいのでコレでいいやと。
 
 ごめんライオス。

 でも彼女の名前はプリシアなので、アンタの子孫だよ。

 女の子と結婚できないのが残念だけどなあ。
 2週目はライオスにしよう。

2013121503.jpg

 早速冒険開始。
 操作が下手くそなのと、レベルの低さで、オオカミ相手に死闘を繰り広げます。
 弱いです。
 今の彼女ならホウキ相手にも良い試合を見せてくれそうです。

 今回はたまにフェニッシュムーブ(とどめ)でスローモーションになる演出が加わり、カッコ良い写真も撮れます。 

2013121504.jpg

 そしてついに、生まれて初めての「膝に矢を受けてしまってな」を体感!
 
 しばらくはこの最初の町「ホワイトラン」で採掘や巻き割りのバイトで路銀を貯めて、世界一周の旅に出ようっと。

[ 2013/12/15 22:25 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

相棒メンテ 自己メンテ

 十数年ぶりに、インフルエンザの予防接種を打ってきました。
 理由はよくわかりませんが、かかりつけの耳鼻科で打てるなら打ってしまえというレベルのお話です。
 料金はインフルエンザで1日も休まなければ元を取れる程度なので、お守り位に思ってます。

 そして相棒は初のオイル交換へ。
 125ccの原付だけに、50ccの原付より料金は少し高め。
 50ccは1000円、125ccだと2900円位でした。
 オイル代がリッター1500円、工賃が1500円ほど。
 今までとはオイルの量も違いますから、しょうがないでしょうかね。
 向かった先は隣町にある、市内でも貴重な「バイク専門店」ですし、今後お世話になると思えば安いかなと。
(バイクを買ったお店が柏なのでそこだと割と遠いのです) 

 割安とはいえ、年に1度の作業の為に道具を置いておくスペースもありませんし。



 ところで今日は大石内蔵助率いる元赤穂藩浪人が吉良家に押し入った日なんですけど。
 ネットでの会話を観ていると「仮名手本忠臣蔵」の物語をまるで史実のように語っている方が多くて、何とも言えません。
 

[ 2013/12/14 23:53 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ぜんぶネギ味噌のせい

 今週発生した「サイフ紛失した」事件は、財布の発見と共に無事に解決致しました。
 関係者の皆様にご心配をおかけしました。



 ええっとですね、見つかった財布の状況から推理をしてみるとですね。
 その日は会社で食べるおやつを、ビニール袋に入ったまま鞄に入れて出勤したのですよ。
 ネギ味噌煎餅です。

 で、行きにSUICAをタッチさせて鞄に入れたときにですね、このビニール袋にお財布が入ってしまったわけです。
 それに気づかず、おやつをロッカーにぶち込んで。
 運悪くその日は別のお菓子をもらったのでこのビニール袋はそれっきりだったのですよ。

 そして、帰りの電車に乗ろうとして、お財布がない事に気が付いたんです。
「幸い、特に不正に使用された形跡はありません」
 とクレジット会社へ使用緊急停止の連絡をしたときに言われましたけど、そりゃあこの時点で鍵のかかったロッカーに入っているんですから、当たり前なわけでして。

 翌日散々紛失手続きをして、翌々日に会社でねぎ味噌煎餅を食べようとしたらサイフがひょっこり顔を出したのです。

 年賀状制作でもらった御手当などの損害はもちろんゼロ。
 ただし有給1日、500円のSUICA再発行料金、1050円の財布代がかかりました。
 授業料としては格安かな?
 
 それから、帰りの電車賃を貸してくださった交番のおまわりさんもありがとうございました。
 証書も作らず、ご自分のお財布から貸してくださったそのお姿は、地獄に仏でございました。
 返しに行った時には別のおまわりさんがおられたので、直接お礼を言えなかったのが残念です。


[ 2013/12/13 22:53 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

(´∀`)

サ イ フ 見 つ か っ た
[ 2013/12/12 12:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

O r z

サ イ フ 落 と し た
[ 2013/12/11 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

さにあらずぢゃ!

 最近、時代劇チャンネルの「龍ちゃん松ちゃんのぶらり探訪・東海道」なる番組を観ています。

 俳優の原田龍二さんとタレントの松村邦洋さんがかつての東海道五十三次を歩き、当時の街並みや名所を偲んだり、歌川広重の「東海道五十三次」で描かれた場所を探したりという、旅番組と歴史番組を混ぜたような番組で、元々は2011年に放送されたコンテンツだったのが、好評だったためにアンコール放送されているものです。

 これがなんていうか、飛び上がるほど楽しい!っていうわけではないものの、ジワジワ面白くて、先が気になる作品でして。
「あー、ココにコレがあるのね」
 なんて思いながら、夕食時の良いお供(?)となってくれています。

 時代劇でも大活躍の原田さんはもちろんの事、松村さんの旅人姿(江戸時代の衣装)は思った以上にしっくりきていますし、しかも歴史の知識がハンパじゃないんですよね。旅先のお寺の住職さんが和暦を言うと、

「あ、ちょうどこれくらいの時代ですねー」
 と答えたり、事件の事を話すと、
「あ、それは○○の時代ですね」
 即座に当時の権力者を挙げたりと、歴史にお詳しくて。

 これは私も太刀打ちできないなあ。

 と、博識さに感銘致します。

「私はこれだけ頭が良いのよ! これだけのキャリアがあるの!」
 的アピールをする芸人さんや女優さんが多い中、そんな事はおくびにも出さず、いつも笑いを提供しながら、それでいてさりげなく披露する松村さんがカッコ良く見えますね。
  
 ……ほら、「葵徳川三代」を観ているから、津川さんのモノマネによる補正もありますから。
 

【公式サイト】
 時代劇専門チャンネル
 原田龍二×松村邦洋「龍ちゃん松ちゃんのぶらり探訪・東海道」




[ 2013/12/10 19:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

堂々たる王道 ~くさかんむりはつ~

2013120901.jpg
葵 徳川三代

 10月や11月頃から、大河ドラマ「葵 徳川三代」のDVDを観てます。
 電車の中で1日1話。
 およそ週に2~3話のペースで、現在18話まで進みました。

 いやはや、大河ドラマの王道ってこういう作品なんだなあ! と思うばかりの作品ですね。

 序盤の戦の場面も大迫力ですし、太平になってからのドラマも良い。
 ジェームス三木さんの脚本も素晴らしく、何より役者が超豪華なのです。
 
 大名役をはじめ、役者さんもイケメンばかり。
 例えば大谷吉継役の細川俊之さんなど、頭巾姿(大谷吉継はハンセン氏病だったので、頭巾で素顔を隠していました)であっても、声でもうイケメンオーラがにじみ出てました。

 そして使われている言葉が美しい。
 みなさんに上手く説明できないのが口惜しいですが、ともかくも登場人物が美しい言葉を使うのですよ。

 このDVDは、大体今年から来年にかけて少しずつ観ることになると思いますが。
 まあしばらくは帰宅時に退屈せずに済みそうです。

[ 2013/12/09 12:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

国産限定 匠の技 試食コーナー

 愛犬のお年玉(?)を買いに、ジョイフル本田へ行って参りました。
 近年のペット業界は人間様より高級志向が高まっているのか、

「国産」
「匠」
 
 など、単語だけ見るとペット向けとは思えない商品が多く並びます。
 最近はタウリン2000mgの栄養ドリンクまで出ているくらいです。

 今日初めて見かけたのは、缶詰の試食コーナー。
「ワンちゃんをお連れのお客様、試食はいかがでしょう?」
 ペットを乗せるカートがあるジョイフル本田では、犬用の試食コーナーがあってもおかしくはないのでしょうか。

 でも基本的に犬って自分の好みと相当合わない限り、全部ペロリと平らげるだろうでしょうし、アレルギーみたいなカラダに合わない場合でも、その場ではわからないので、果たしてこれはどうなのだろうなあ?


[ 2013/12/08 17:29 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

年末恒例 竹井印刷所

 この時期は家族の年賀状の制作に追われます。

 金曜日の夜、帰宅してから午前3時までに年賀状の印刷を開始。
 朝起きてからは、出来上がった年賀状を祖母宅へ配達。
 
 帰ってきてお昼ご飯を食べてから、またPCとにらめっこ。
 地獄のような印刷制作は夕方4時頃にようやく終了しました。
 
 特にお給金をもらうわけでもなし、なんでこの役目を引き受けているのかが自分でもわかりませんが。
「魔王には本当に助かってるよ」
 とかばーちゃんに言われると、もはや抗う術を持たないのがおばあちゃんっ子の悲しい宿命でして。

 行っちゃあTVが壊れているから見てくれとか言われて、ただリモコンのボタンを押し間違えたことを伝えたり、めんどうくさいんですが、まあこれも祖母孝行だと思って付き合ってます。枚数も50枚くらいですしね。

 じーさんが生きていたころは200枚とか300枚とかをすべて手書きでこなしていたようですが、
「みんな死んだから50枚で良い」
 という事だそうで。

 それよりもやっかいなのが、家族の分でした。
 ディズニーの年賀状ソフトをプレゼントしてしまったせいで、10種類以上の付箋が貼られたものを渡されました。
「これ全部作って」
 そんな100枚中でこれは3枚だけ、あれは5枚だけ印刷、みたいな事を延々やっていたら1日もかかりますよね。
 しかも、私の年賀状はまだ1枚もできてないわけですし。



 そんな感じで、朝から夕までディズニーの年賀状ソフトとにらめっこをした結果、少しディズニーが嫌いになりそうです。

[ 2013/12/07 16:54 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

日常生活の優先

 この前、私が乗っていた電車の同じ車両内で喧嘩がありました。
 といっても座っている方に一方的に殴っていたようです。

 殴っている方は、殴られている方がぶつかったか何かの時に舌打ちをしたのが気に入らないとか叫んでました。
 でも殴られている方は舌打ちなどしていないという話でした。

 周りの人は、止めることもなく、駅員さんを呼ぶ事もなく。

 巻き込まれる以前に、私を含めたほぼ全員が、
「こんな事で電車遅れたら大変だものなあ」
 って思っていた事でしょう。

 なので、緊急ボタンなどを押す方も誰もいませんでした。 

 今の社会はイレギュラーが許さない精巧な世界になっており、少しでも面倒な事になるだけで、会社に遅刻したりと「許されない行為」となってしまいますので、ならば多少の事件は目をつぶろうという雰囲気があるのだと思います。

 たとえ電車を待っている間、並んでない人間が乗車に割り込んでも喧嘩にはなりません。
 本来ならば並んでいる側の権利を主張して、場合によっては駅員さんを呼んでも良いはずですが、そんなことをしたのなら、
「そんなつまらない事で電車を遅らせるなよな」
 と、周りの人に恨まれてしまうのですよね。

 あれ、なんか途中から脱線してしまいました。
 ともかく、我ながら変なところで計算するのはイヤなものだなあと思うのでした。

[ 2013/12/06 12:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

台北地下街の清掃車に近いお話

 雑誌の付録にトイレでの音を消す機械が付いてくるとかで、注目が高まっているそうです。
 人間本来の生理的な事について、恥ずかしいと思う事が少し寂しいなと思いますね。
 気にしなくても良い事を気にしているというか。

 どこの遊牧民族だったかなあ。
 
 お嫁さん候補の女性が男性の実家に来た時、男性の母親はこっそりお嫁さん候補のトイレに耳を傾けるそうです。
 なぜなら、オシッコの音はお嫁さん候補の健康を示す要素であり。

1:大きな音でオシッコをしている
2:とっても健康である
3:だから健康な赤ちゃんを産んでくれるはず
4:母さん、この娘を嫁に迎えるの歓迎だからね

 という理屈なのだとか。

 これが小さい音ならいわゆる現代っ子の頼りない「ゆとり派」でしょうし、「エリーゼのために」ならロマン派なのでしょう。


[ 2013/12/05 00:01 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

新型PC体験記

 というわけで、新型PCになってしばらく経ちますが。
 いまだ高性能の恩恵を受けておりません。

 基本的なツールをインストールして、それっきり。
 ゲームは前のPCでもサクサク動いた「電装天使ヴァルフォース」をインストールしただけです。

 16GBのメモリはどうした?
 2GBのビデオカードはどうなった?

 とりわけ、前のPCから取り出したりしたHDD勢が集まっちゃって大変なことになってます。
 前のPCも前の前のPCもマザーボードか電源が壊れたようなので、HDDが余る余る。

 現在のPCのHDD:2TB。
 衝動買いしたHDD:3TB。
 前のPCのバックアップ用:2TB。
 前の前のPCのバックアップ用:1TB。
 前のPCから取り出したHDD:1TB。


 9TBのHDDなんて何に使うのだろう?

 割と予想通りに「現在のPCのHDD(2TB)」と「前のPCから取り出したHDD(1TB)」の3TBしか使っておらず、衝動買いした3TBのHDDはフォーマットすらしておりません。

 また、今回から導入したOS「Windows7」の使用感はまずまず。
 会社では英語版のWindows7を使用しているので、頭の中でメニューの翻訳をしなくて助かってます。
 とはいえ、IEのVer10が割と重いんですよねえ。
[ 2013/12/04 09:21 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

おひとりさま自衛隊

 たまには歴史以外のジャンルで読んだ本のお話などを。

2013120301.jpg
いざ志願!おひとりさま自衛隊(岡田真理)

 アイドルがデビューするきっかけなどで、
「お友達と二人でノリでオーディションを受けたら、私だけ合格したんですよ。」
 みたいなお話は数あれど、

「酔った勢いで予備自衛官補の試験を友達と受けたら、私だけ合格したんですよ。」
 と仰る方は、広い日本でもこの作者の岡田さんくらいではないかと思います。

 自衛隊には、現役隊員の方々が緊急出動となった時に、手薄・不足となった部分を補うために予備自衛官補を後方等に配置するという制度があります。常勤にするとコストもかかってしまうので、主に社会人が予備自衛官補となり、平時は社会生活を、緊急時には自衛官として活動するシステムです。
 岡田真理さんはその予備自衛官補のテストに、酔った勢いで挑戦してしまったのです。

 予備とはいえ訓練は厳しく、催涙ガスを体験したり軍用ライフルを発砲するわけなのですが、筆者の明るい文体も手伝ってか、それほど悲観的でもないのが特徴。訓練などで使命を全うするしっかりとしたONの部分と、肩の力が抜けているOFFの部分との、自衛隊の両面が見られた、なかなかに面白い一冊でした。

 読書の面白さの中には、
「自分が絶対に体験できない出来事を知る機会が得られる」 
 という要素があります。

 私は一生自衛隊の訓練をすることはなさそうなので、そういう部分でも貴重な作品でした。


[ 2013/12/03 01:23 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

本当におっかないの

2013120201.jpg
死霊のえじき 完全版

 週末にゾンビ映画を観てました。
「死霊のえじき」
 原題は「Day of the Dead」で、1985年の作品です。

 ジョーシ・ロメロ監督、ゾンビ三部作の最終作。
 ゾンビがすっかり世界を席巻し生き延びた人間が地下で暮らす物語です。
 
 ホラー映画なので残酷な表現があるものの、こういう「ゾンビもの」の面白さは、
「生き残った人間の方がよっぽどしょうもないやつら」
 という事ではないかと、最近思うようになりました。

 イライラしたり、喧嘩したり、裏切ったり、殺しあったり。
 ゾンビは架空の存在ですけど、人間は実在しますからね。
 
 個人的にオススメなのが、ゾンビ役のエキストラ達の名演技。普通の人からピエロのゾンビ、花嫁ゾンビまでいたり、アマチュアの方が参加されているのか、人間らしく扉を開けて歩いているゾンビなどがいて、一人一人のドラマを考えながら観るのも面白いかなと。

[ 2013/12/02 06:06 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

11月で消えた秋葉原の風景

2013120101.jpg

 秋葉原で長年愛されていた秋葉原ラジオストアが、昨日11月30日をもって営業を終了。
 64年間の長い歴史に幕を閉じる事になりました。
 中のお店はネットや新店舗での営業を再開されるそうです。

 今後の秋葉原はどうなるんだろうなあ。
 秋葉原デパートが無くなった時は、よそから中身をそっくりコピーしたような駅ビルになったしなあ。

 ツイッターでどなたかが、
「今後東京オリンピックの為の再開発で、このように昔ながらの建物、地域が無くなったりする事が増えるだろうから、気になる風景は悔いの内容に撮影しておくべき。」
 という事も仰っておられましたが、まさしくその通りだと思いました。


 無くなったと言えば、先代焼肉大魔王先輩おススメのホットドッグ屋さん、マチガイネッ本丸さんも11月で閉店。
(二号店は今迄通り営業されます)
 こちらも残念なニュースでした。

 マチガイネッさんはホットドッグも美味しいし、店長さんも素敵な方だったのですが、
「食べに行った回数と、行っても営業してなかった回数が同じ」
 ほどの不定期営業が目立っていました。
 先代の後輩を連れていった時にもやっていませんでしたし、前の建物でも同じようなケースが多かったように思います。

 大体そういう時は夜からイベントの日のパターンで、常連さんは事情をご存じではあるものの、新しいお客さんがホットドッグを食べに行ってやってなかったケースが幾度となくあったはずだと思います。良いお店だけど、周りにオススメしにくいお店だったのが原因だったのかもしれませんね。
 

[ 2013/12/01 12:10 ] 日記 | TB(0) | CM(0)