2013年 年賀状

2013_NewYear_Suzune-Reima.jpg
2013年 年賀状 鈴音&玲真



[ 2014/01/04 07:00 ] 美術館 年賀状 | TB(0) | CM(0)

2012年 年賀状 Part.2

2012_NewYear_Pricia.jpg
2012年 年賀状 プリシア




[ 2014/01/04 06:30 ] 美術館 年賀状 | TB(0) | CM(0)

2012年 年賀状 Part.1

2012_NewYear_Misa.jpg
2012年 年賀状 美紗(2nd Version)


 一部、修正をしております。

[ 2014/01/04 06:00 ] 美術館 年賀状 | TB(0) | CM(0)

2011年 年賀状

2011_NewYear_Mizuho.jpg
2011年 年賀状 瑞穂



[ 2014/01/04 04:00 ] 美術館 年賀状 | TB(0) | CM(0)

2010年 年賀状

2010_NewYear_Ayame.jpg
2010年 年賀状 あやめ




[ 2014/01/04 03:00 ] 美術館 年賀状 | TB(0) | CM(0)

2009年 年賀状

2009_NewYear_Yukiko_1.jpg
2009年 年賀状 雪子(前からバージョン)




2009_NewYear_Yukiko_2.jpg
2009年 年賀状 雪子(後ろからバージョン)



[ 2014/01/04 02:00 ] 美術館 年賀状 | TB(0) | CM(0)

2008年 年賀状

2008_NewYear_Misa.jpg
2008年 年賀状 美紗(1st Version)



[ 2014/01/04 01:00 ] 美術館 年賀状 | TB(0) | CM(0)

久しぶりに会った友人が艦これにハマっていた

 Hey、友人。
 艦これの話は良いけどさ、場所と時間をわきまえなYO。

 あと人が気持ちよくハマグリの浜焼きを楽しんでいる時に、
「らめえ、くぱぁ」
 とか、口が開き始めたハマグリを見ながら言うの禁止な。

 それとハマグリを焼いた時に出てくる汁はエキスだから勝手にこぼすんじゃない。
 あとで被害者(?)に謝っておきなさいね。

2014010301.jpg

 というわけで、いつものメンバーで浅草へ初詣へ行って参りました。
 ここで初詣3軒目なので、今年はよほど良い年になるでしょう。

 案内役を仰せつかった……つもりで、境内を案内。
 もっとも、私が見つけた観光スポットというより、じーちゃんや親から教わった事をそのまま受け売りしているだけです。

2014010302.jpg

 お参りついでに満願堂の芋きんつばを買いに向かう途中で、浅草公会堂前を通過。
 ここでは建物前に、浅草ゆかりの芸能人の手形やサインがあります。

 私をチャンバラの世界に引きずり込んだ巨匠、池波正太郎先生の手形を偶然見つけてちょっと感動。
 
2014010303.jpg

 その後は秋葉原へ移動し、食事などをしつつブラブラ。
 QMAの新しいのが出てきたので2回プレイし、それぞれ優勝、3位で終了。
 最初の1プレイが無料だったのは、継続プレイのサービスなのか、それとも前の方が忘れていた分なのか。


[ 2014/01/03 22:31 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2014年 御年賀 日渡あや(らぶドル)

2014nenga.jpg
日渡あや
(らぶドル)

 矢野原ききょう様より、2014年の年賀状を頂きました。
 私の大好きな作品「らぶドル」より、日渡あやです。
 新春を思わせる、柔らかい桃色の色調がとってもかわいらしいですね。

 自分の好きな作品のキャラクターを頂けるとは、私は果報者です。
 素敵な作品をありがとうございました。


2014年 博物館詣

2014010201.jpg

 上野公園内の博物館は1月2日から通常営業が開始。
 最近では「博物館詣」が流行っており、博物館、科学博物館、美術館、どこも100人位の行列ができています。

 今日私が「博詣」をした、国立科学博物館(上野)は開館10分前に到着し、開館後15分後位にようやく入ることができました。
 なんか最近の博物館業界は色々とホンキ過ぎます。
 もちろん褒めてます。

2014010202.jpg

 科学博物館での企画展は、昨年に引き続いて(旧店舗サバのほねの2013年1月1日の日記を見てね♪)干支にちなんだ動物店。
 サイズが大きいだけに、元々入り口だった1F正面ホールを使用してロバやシマウマの剥製に加え、「馬」に関連するの単語がついている動物、タツノオトシゴ(英名Seahorse)や、バフンウニなどの標本が展示されていました。

2014010203.jpg

 そしてついでに見たかった特別展『大恐竜展』も堪能してきました。

 この特別展が凄いのは、
「実物ばかり!」
 という点です。

 すぐ目の前に、複製ではない本物の展示品がズラリと並んでいて、しかも多くが撮影OKという太っ腹ぶり。
 多くの家族連れに交じって、夢中で撮影をしちゃいました。

 上の画像はプロトケラトプスの化石で、もちろん実物。
 思った以上に小さく、大型犬より小さいようです。

2014010204.jpg

 オヴィラプトルの卵、こちらも本物の化石です。
 なんかおせち料理の黒豆を並べたみたいですね。

2014010205.jpg

 竜脚類の前足、こちらも本物で、しかも自由に触り放題。

 触った感触は、ホームセンターで売っている疑似木材みたいでした。
 ガーデニングの囲いに使う、高さ20cmくらいのプラスチックと鉄の中間くらいの感触です。

2014010206.jpg

 デイノケイルスの前脚、こちらも実物。
 デイノケイルスはギリシャ語で「恐ろしい手」という意味です。

 肩の骨の長さが120cm、上腕骨で90cm。
 前脚(?)だけでも、私より大きいようです。
 夜道であったら泣きそうです。草食恐竜らしいですけど。
 
 しかし現時点でこの種は世界でもこの化石1点のみで、胴体や頭ですら見つかっていません。
 今後の研究結果が気になる種族ですね。

2014010207.jpg

 タルボサウルス、実物。
 こちらは純然たる肉食恐竜で、ティラノサウルスの仲間(またはティラノサウルスそのもの)と言われてます。 

 これは泣く。
 こんな近くに来たら泣く。

 モンスターハンターの世界みたいですね。

2014010208.jpg

 で、実物だらけの恐竜標本を見たら、こちらも実物のハチ公とおよそ1年ぶりの再会。 
 おまえ、相変わらず変わってないなあ。

 隣ではボランティアのガイドさんがハチ公の解説を熱弁。
 ハチ公ファンとしても納得のお話だったので、心の中で拍手をするのでした。


[ 2014/01/02 18:13 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2014年 あけましておめでとうございます

2014010101.jpg

 あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

 というわけで、朝から初詣のハシゴへ出かけます。

 まずは成田山へ。

2014010102.jpg

 今回は裏道を駆使して、正門を通らず階段も昇らず、混雑知らずで本堂まで行ってしまいました。
 朝の8時過ぎの裏道は自分を含めて数人しか利用しておらず、ガラガラ。
 行列とは無縁のまま本堂まで向かい、お賽銭を並ぶところで初めて並んだ次第です。

 ものすごくスムーズに行けた事は文句ないのですが、逆に味気ないというかなんというか……。

2014010103.jpg

 しかし今日はそうこう言ってる暇は無い!
 そのまま秋葉原へ飛んでいき、今度は神田明神の初詣。

 前に何度も書いてますが、実は成田山と神田明神の愛称は抜群に悪うございます。
 何度も書いているので一言で済ませますが、

・成田山は平将門の乱を鎮めるために作られたお寺。
・神田明神は平将門を祀っている神社。


 京都の方から見た平将門は、帝に反抗して関東に独立国を建国しようとした大悪人。
 東京の方から見た平将門は、帝に喧嘩を売った独立心のある武者の大将。

 なので、江戸時代には愛され、明治時代には悪人扱いされ、戦後はまた再評価されるという、日本の歴史でこれほど評価がコロコロ変わる人物も珍しいのではないか、という人物なのです。私は成田山にはお世話になっていますし、住んでいる我孫子は将門の治めた地でしたし、江戸生まれはみんな神田明神の氏子と言われてますしで、奇妙なカンケイなのです。

 ま、そういう場合は双方のお守りを買って仲よくしましょうよ、という事で今年ものらりくらりと過ごしましょう。 

2014010104.jpg

 そういえば、秋葉原に近い神田明神は、可愛いイラストの絵馬、いわゆる「痛絵馬」が沢山奉納される事で有名です。
 とりわけ人気が高いのが、登場人物が神田明神でバイトをしている設定の「ラブライブ」

2014010105.jpg

 それから「艦これ」の人気も相変わらず。
 絵馬の名前を観ていると、去年はアイマスを描いていた方が、今年は艦これを描いているケースもあるようです。
 今年はアイマスの代わりに艦これが入ってきたようです。

2014010106.jpg

 今年は立体の絵馬まで!
 キャラクターは艦これのしまかぜ級駆逐艦ですね。

2014010107.jpg

 ……で、ココに来るまで何も食べていない事に気が付きました。

 2014年最初に食べたのは、スターケバブさんのチキンケバブ。
 成田山でもケバブの屋台は見かけたものの、食べるならスターケバブさんが一番おいしいなあと。

[ 2014/01/01 16:53 ] 日記 | TB(0) | CM(0)