18日のお話 後半戦

2014011900.jpg

 秋葉原で腹ごしらえをした後は、北区の王子駅へ。
 ツイッターのフォロワーさんである、のの子さんが出演される東京女子プロレスの試合を観に行ってきました。

 のの子さんとのフォローは、スープカレーカムイさんでのコラボメニューがきっかけです。
 ご自身が考案したメニューが美味しかったと呟いていたら、ご本人からフォローを受けた記憶があります。
 その後レスラーとしてデビューされたと聞き、これもご縁と行ってみました。

 のの子さんをうちのサイトの看板娘で例えると、大山美紗に似ているでしょうか。
 女子プロファンの間で話題のKカップレスラーだそうです。

2014011901.jpg

 私が今まで観たプロレスは、WWE、ハッスル、ブシロードレスリング。
 それらとはまったく違う会場は、なんとホテルの地下にありました。 

2014011902.jpg

 階段で地下2階くらいまで進んでいくと、洞窟をくりぬかれたような内装のホールがあり、ここでまず驚かされます。
 席は3列まで、リングを囲むように一辺30人位が座れる席が配備され、北の席が指定席となっていました。
 リングの大きさは後楽園のそれと比べて、4分の1位でかなり小さめです。

 東京女子プロレスはDDTプロレスリングの系列で、2012年に設立された団体だそうです。
 まだ旗揚げしてから日が経っていないこともあり、正規のスターが少ない様子。
 この試合も事前の挨拶に、
「試験場から歩いて10分くらいの所なので最初の挨拶だけは来た」
 という現役女子高生の受験生がいたのが印象的でした。

2014011903.jpg

 リングアナを美少女着ぐるみのアイドル、桃知みなみさんが担当されたり。
 試合の間にアイドルのミニライブがあったり。
 のの子さんがご自慢のKカップでAカップの坂崎ユカ選手を撃沈させたり。
 その他諸々、今までのプロレス鑑賞歴でもっとも「こういうのは初めてだ!」と感じた興行でした。 

 とりわけ面白かったのが、なかなか良い試合をされていた山下実優選手とKANNA選手のメイン戦。
 もっと広いリングでこの対決を観たかったですね~。

 そしてちょっと厳しい事を書きます。
 一番高い指定席は北側だったのですが、なんとすべての中心をずっと南側の自由席で進行していた事が気になりました。
 ですので、アイドルのライブでは指定席側のお客さんはずっとアイドルのお尻を観なければなりませんでしたし、試合もカメラマンが多い南側を表にして進行していたのです。自由席より高めのチケットなのですから、これは次回以降直してもらいたいなあと思いました。
 2組出演されたアイドルグループ(エアギター女子ユニットの「テレパシー」さんと、美少女ユニット「ハニースパイス」さん)は、多人数でのグループなのですから、ずっと南側を向いて歌ったり踊ったりしなくても良かったのではないかな?

 例えば東西南北4辺の席にそれぞれ1人ずつ対応するとか。
 よその団体…身近な例でWWE…であれば、高い席に座れたお客さんほど良い場所で見られることが普通なので、これは改善してほしいです。

 ま、そういうのを含めて、まだまだ将来性のある団体のようですね。
 今後の頑張りが気になるところでしょうか。


スポンサーサイト
[ 2014/01/19 00:30 ] 日記 | TB(0) | CM(0)