小さな暗殺者バベット

 スカイリムをちょくちょくプレイ中。
 新品3280円とは思えない、ボリュームたっぷりな作品です。

 最近は大きなストーリーに手を出さず、街の困った人を助ける、小さいクエストをこなしています。
 我が家は世界の最西端、最東端に1軒ずつ購入。
 お世辞にもきれいとは言えない街リフテンは、街の経済を操る女性メイビンが裏の支配者となっています。一見そんな腐敗だらけの街かと思いきや、街中で私が暴漢に襲われたりすると人助けをした人々がいっせいに助けてくれるという義理堅い街でもあり、私はこの街結構好きです。

 ここらへんは特に絵になる事も無いので、顔を変えられるMOD(追加プログラム)で少しプリシアの顔を本人に合わせてみました。
 といってもセーブはしていないので、今回の撮影用のみの変更です。
 あの愛想の無い顔も、割と愛着が出てきましたしね。

2014031201.jpg

 ツインテールで戦化粧をしてみました。
 耳はキツネタイプかな?

2014031202.jpg

 ウサミミタイプはこんな感じ。
 本物の兎のように目を赤くしてみました。

 ところで。
 このゲームはTES(The Elder Scrolls)の第五弾にあたる作品で、前作のオブリビオンはTES4となります。
 場所は少し辺境となりましたが、時代はオブリビオンより後のお話となっています。
 中には、オブリビオンで私の分身が指導者となった暗殺団がほとんど壊滅寸前ながら残っていたりしまして。
 そしてその連中に仲間に誘われたりしまして。


 態度がエラソーだったので壊滅させてやりました。


2014031203.jpg

 暗殺者の集団には個性的なキャラが沢山いました。
 300歳のロリババア、吸血鬼の暗殺者バベットなんかは日本のアニメに登場してもおかしくはなさそうなキャラでしたね。

「迷子になった」
 とスケベなターゲットに話しかけ、何も知らないふりをして人のいない所に連れて行かれ、股間からチョコレートを出した所をガブリといくそうです。
 聞いただけでも自分の股間も痛くなりそうな話ですね。

 彼女は吸血鬼(この世界では吸血病という病気の患者)になってから体が成長せず、年もとらないまま300年経ったとか。
 
 日本のゲームなら可愛いデザインと声が付くでしょうに、カナダだとジャガイモ顔(子供の汎用グラフィック)なのがもったいない。 


 ・・・・・・壊滅させたのは惜しかったかな?

スポンサーサイト
[ 2014/03/12 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)