春分の日 ~線香燻製祭~

 ここ何年は春分の日、秋分の日共、ばーちゃんに献上しています。
 都内にある三か所の霊園を巡り、片っ端からご先祖様に挨拶をして回るのです。

 ご先祖様や親戚のほとんどが東京生まれの東京育ちなので、お墓も東京都内に集中しているのが救い。
 江戸っ子の家系で唯一(?)良かった事なのかな?

 孫の中では子供の頃から祖母と出かける事がもっとも多い私。

 当時と今とで違う事と言えば、昔は、
「ちゃんとおばあちゃんの言う事を良く聞くのよ。」
 と言われていたのが、今は叔父叔母が、
「ちゃんと孫の言う事を聞くのよ。」
 となっているあたりでしょうか。

2014032101.jpg

 さてさて。
 桜で有名な谷中は、まだまだ開花とは程遠い状態です。
 来週再来週あたりで咲き始めるのでしょうかね。
 
 暑さ寒さも彼岸までなので、毎年2回通っているのにほとんど桜を見られておりませんねえ。 
  
 そんなこんなで、まだまだ寒さの残る東京で霊園三か所を訪問。
 誰が入っているかもさっぱりわからない(没年が大正時代とかはさすがに・・・)お墓を綺麗に掃除しつつ、無事に彼岸のを済ませました。

 なお祖母からは手当として昼食が振る舞われるので、秋葉原駅構内のお蕎麦屋さんでざるそばにちくわ天と言う超豪華なランチを頂きます。
 秋葉原のお昼はメイド喫茶が多いので、駅構内で食べる事が無く、中のお店が変わっていることにビックリ。
 祖母が気に入っていたピロシキを置いてあるパン屋さんが無くなり、客席と変わっていました。

スポンサーサイト
[ 2014/03/21 20:44 ] 日記 | TB(0) | CM(0)