秩序ある行政

 今日書く事は、あくまでも噂です。

 厚生労働省の役人さんが、医療現場で使用するPCやOSについて新しい秩序を作りたいと思っているという噂です。
 具体的には、医療現場のPCやOSを医療機器として扱うように法整備をしたがっている、との噂です。

 これが適用されると、医療現場でPCが壊れたからといって気楽に秋葉原などへ修理に出すことができなくなります。
 使用するソフトウェアなども、医療機器販売業の免許が無いと取り扱う事が出来なくなるでしょう。

 いやはや、役人さんの公共性というか、秩序ある世の中を作られようという意欲は素晴らしい。
 医療業界の為に常に良い案を出そうというその姿勢には、日本人として喜んで税金を納めたくなるほどです。



 もしも強欲な私が役所のエライ人だったら、医療現場と医療機器メーカーとの間に、
『公益法人医療機器管理センター』
 みたいな余計な組織を作って、絶対に潰れない天下り先を作って私腹を肥やす事でしょう。

 幸いにして日本の役人さんは清廉潔白な方ばかりですので実際はそんな事も考えられず、実現したらきっとすべてが上手くいくでしょうね。
 

スポンサーサイト
[ 2014/03/24 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)