5月10日記 後半 ~少年時代のリベンジを果たせ!~

 小学生の頃のお話。
 家から学校までの道のりに文房具店があり、そこに10円で遊べるゲーム機がありました。
 ゲーム機と言っても、指ではじくものとか、ルーレットを模したメダルゲームで、いわゆるアーケードゲームとは違います。
 当時としてもかなり古い作品で、少なくとも現役バリバリかというとそうでもありませんでした。

 まあ小学生になりたての私は遊びたくて遊びたくてしょうがない。
 かといって10円玉を学校に持っていくなんて、不良のすることです。
(緊急用の公衆電話代で10円は持たされていました)

 その後、遊んでも怒られなくない年齢になって再び行った所、ゲーム機どころかお店がもう無くなっていました。
 リベンジは果たせなかったのです。

 それからン十年程経ちました。

 ふと古いゲームの資料を漁っていたら、現在でもレトロゲーム(≠TVゲーム)が遊べるお店があるとか。

『ゲーム博物館』

 なんて、お店の存在を知ってからまた半年。
 今週5月10日にようやく行くことができました。

2014051101.jpg

 場所は板橋本町駅。
 ここから少し歩いた先にある、イナリ通りにお店があります。

2014051102.jpg

 昔ながらの商店街、といった感じの道を進みます。

2014051103.jpg

 数分歩いて、お店に到着。

 ゲーム博物館ことコン太村さんは、レトロなメダルゲームと駄菓子屋さんをミックスしたようなお店です。
 入場料は200円。
 メダルが10枚付いてくるので、実質は100円くらいのチャージ料という事なのでしょう。
 店内には10円しか使えないゲームもあるので、要注意です。

2014051104.jpg

 その100円くらいのチャージ料を高く感じないほどの、懐かしい(私が生まれる前から稼働していそうなゲームも)ラインナップ。
 よくぞまあ、これだけのゲームのメンテナンスを続けておられますね。
 
2014051111.jpg

 お店にあるゲームはほとんどが手動。
 両替機まで手動の物があります。

2014051105.jpg

 そうそう、こんなゲームが文房具屋さんにありました。
 確かスポーツカーのバージョンだった気がします。

2014051106.jpg

 国盗合戦。
 今も昔も、イマイチクリアがどんな感じなのかわかりません。

2014051107.jpg

 新幹線ゲーム。
 上手にメダルをはじいて、新幹線を東京から博多まで向かわせるゲームです。
 
 何度やっても、大体新神戸から姫路のあたりで撃沈します。
 先月の旅行でも姫路から大阪までは通常の電車で行ったから仕方ないのかも。

2014051108.jpg

 ガンダムF91のスロットマシン。こんなのがあったのか。
 頭、胴、足を同じモビルスーツでそろえるとコインがもらえます。
 お子様もやっていたけど、今のお子様にF91やらヘビーガンやらギビナ・ギナやら、MSの違いがわかるのかな?

2014051109.jpg

 コインキャッチャー。
 10円玉を落として、下のハンドルでキャッチすると、コインだか10円玉だかが出てくるようです。
「ようです」という表現なのは、何度やっても成功しなかったからです。

2014051110.jpg

 そしてコレが今回のメインデッシュ、山のぼりゲーム。
 進むボタンと戻るボタンを押し、ヘビや落石などを避けて頂上に向かうゲームです。
『ゲームセンターCX』等でも紹介されていたこのゲーム、一度やってみたいと思ってました。

 駄菓子コーナーで購入した「ラーメン太郎」を食べながら挑戦。
 なんか小学生みたいなことしてるぞ。

 1回30円。
 5回挑戦して、2回成功。
 クリアをすると、アルプス一万尺のBGMが流れて景品(木の板)が出てきます。
 これを受付へ持っていくと、メダル6枚と交換してくれます。
 2個分の景品なので、メダルは12個。

 150円で、12枚のメダル。
 30円分の赤字とか、そういう事を考えてはいけません。

2014051112.jpg

 お店の前の清水稲荷で一息。
 コン太村の名前の由来は、おそらくこのお稲荷様なのでしょう。

 いやー、遊んだ遊んだ。
 1時間くらい遊んで、お菓子代も含めて使ったお金は500円くらい。
 豪勢な時間の過ごし方をしたような感じです。

スポンサーサイト
[ 2014/05/11 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)