おかげさまで16周年

 旧サイト「サバのほね」から数えて、本日8月30日で開設16周年と相成りました。
 これもひとえに皆様のおかげです。
 日頃の御愛好を、心より御礼申し上げます。

 毎年こういう挨拶を書いているので、今年は何を書いたらいいのかわかりません。
 せっかくなので、ザックリとサイト開設時のお話などを書き綴りたいと思います。

 旧サイト「サバのほね」は元々ゲームのハイスコア画像の保存場所として開設されました。
 1998年当時、インターネットではレトロゲームのスコア競争が行われており、私も『バルーンファイト』や『火の鳥』等でハイスコア合戦に参加していました。今は動画サイトで上手なプレイを見せる方が多いですけど、あれの静止画版だと思っていただければよいでしょうか。

 サイト開設場所はTripodという無料サーバ。
 HPの容量は5MBとか10MBだったかな?
 ジオシティーズが500kbだか1MBだか、そういうレベルの時代です。
 CGサイトなんてほとんどありませんし、あっても1枚数十KBのGIF画像などですから、当時はそれでよかったのです。
 私自身も15kb位のハイスコア画像数枚と、日記と掲示板だけあれば問題ありませんでしたし。
(作家さんの中には30MBくらいのサーバを借りる方もおられたようです)

 そもそも当時のインターネットなんて、よほどの物好きか親御さんが仕事で使っている以外は縁のない世界でした。
 サイト開設当時、私のクラスでは私以外にインターネットをしている家庭は3軒くらい。
 そのすべてが親御さんのPCを借りられている状況でした。
 なので私がサイトを開設したという話には学校の先生も興味を持たれ、文芸部の副顧問の先生には常連になってくださった記憶があります。
 日記に丁寧語が多いのも、割と炎上とは縁のない内容なのも、1日に100アクセスを超えるような内容を書けないと言っている理由も多分この環境からきたものでしょうね。先生が見てるので過激な事書けませんからね。

 余談ですが、家にPCが無いけどネットをしたい!という方はネットカフェを利用してました。
 現在みなさんが利用されているネットカフェとは違い、喫茶店にPCが置いてあり、30分500円で利用する運営形式です。
 普通のカフェなので、ドリンクは別料金。生まれて初めてベーグルを食べたのがこのネットカフェでしたね。
 当時は検索エンジンが発達していなかったこともあり、インターネットのイエローページ片手に楽しんでいましたっけ。
 信じてもらえますかね、1997年あたりはタウンページのホームページ版みたいなのがあったんですよ。
 30分500円なので、あらかじめ遊びに行くサイトすべてに付箋を付けて挑みました。
 なおこのネットカフェは21世紀になる前にたしか閉店したような気がします。
 ビルが改装されてできた秋葉原ドンキホーテの最上階にあった記憶があるので、現在はAKB劇場になっている場所ですね。

 そんなわけで、毎年何度振り返っても、
「元々ゲームのハイスコア証拠画像をアップする場所でスペースが余ったのでついでに設置した日記がたまたま続いて16周年を迎えた」   
 だけのサイトではございますが、今後ともバカなお話をお楽しみいただければ幸いです。

 ところで、ここに来られるみなさんの多くがご自身のサイト開設16周年を体験なされてないはず。
 奇しくも先輩である私が教えられることが1点ございます。

 長くサイトをやっていると、それだけ多くの方にお世話になり、またご迷惑をおかけする事になります。

 老舗サイトを運営していて実感するのはその1点です。

 1998年8月30日の日記をそのままコピーすると、
 
 1998年8月30日(日)

 ホームページの原型ができあがった。
 色々なプログラムがダウンできるように頑張らねば。
 掲示板やアクセスカウンタは、知識がないからできません。
 誰か教えていただけませんでしょうか。


 まさか掲示板やアクセスカウンタより多くの御助力を皆さんから頂けるとは、当時の私は夢にも思いませんでしたねえ。
 

 そして本日最後に、先週サイト開設を記念して(?)パンケーキを食べたお話をご紹介。

2014083001.jpg

 秋葉原にあるアサンさんという、ハンモックカフェへ行ってきました。
 普通の座席の他に天井からつりさげられたハンモック席があり、主にお子さんがぶらんぶらん座っています。
 パンケーキは注文してから40分かかるというので、確かアーモンド&チョコレートをオーダーし、読書などしつつ待機。

2014083002.jpg
スフレケーキ Rサイズ(1132円)

 ・・・・・・おお。

 分厚いパンケーキの中はスフレの生地。
 例えるなら、チーズケーキとプディングの中間くらい。
 ポヨンポヨンしており、口の中で柔らかく溶けていくようです。

 これ、今まで食べてきたパンケーキの中で一番美味しかったかもしれない。 
 


スポンサーサイト
[ 2014/08/30 14:49 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

じつはじつわです

 支店の方で8月まで公開している4コマ漫画があります。

20140829You-Luf_04.jpg

 実はこれ、本当にあった話でございまして。
 狸メイドのキナコをそっくりそのまま私にすると実際にあった話となります。
 最後の4コマ目はビックリした母親が近所に聞こえるくらい叫んだ事と、近所のおばさんがそれに気づいてすっ飛んできた事が、4コマ漫画とは違いますけどね。

 このご近所のおばさんはここ何年かで認知症になられた上に怪我をされてつい最近まで入院されていたのですが。
 それが最近退院され、お子さん(といっても私よりずっと年上ですけど)の夫婦に同居される事になったそうです。
 認知症の御身でありながら、旅行などに行くと私のお土産を買いたいとご家族に話されていたそうです。
 いつぞや私がお渡しした京都土産が嬉しかったようで、こればかりはずっと忘れていなかったとお聞きしました。

 そこでふと思い出して、この4コマのネタにしましたが、・・・・・・もしかしてから揚げを洗うようなお子様って私だけとか?

[ 2014/08/29 23:30 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

北へは行けないランララン

 9月に旅に出ようかと思いまして。
 今年は台湾へ行かず、国内の、それも東北岩手の城を攻めようかとガイドブックを買い求めてみました。

 ダメでした。

 単純に土地が広いっていうのもあるのでしょうけど見る場所があまりにも散らばりすぎていました。
 電車もバスも本数が無いので、電車は1時間1本で、乗る時間は1時間から2時間というのもザラ。

・城跡
・城跡
・中尊寺&金色堂

 この4か所見るだけで1日かかってしまうのです。
 せめてそこまで時間がかかるのなら城でしょう、城跡じゃなくて!(そういう問題でもないのでしょうけど)

 深夜バスもほとんど本数がありませんし、これは岩手はあきらめた方が良いのかも?
[ 2014/08/28 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

乾いて候

 チャンバラの話がしたいのでします。
 ここ最近、江戸時代の尾張七代藩主、徳川宗春の事を調べておりまして。
 その際に関連書籍としてオススメされた漫画を読んでみました。

2014082701.jpg
乾いて候
(作:小池一夫/画:小島剛夕)

 小池先生、小島先生の『子連れ狼』を手掛けた名コンビが手がけた、徳川八代将軍徳川吉宗の御毒見役(将軍の食べる料理を先に食べ、毒が入ってないか調べる役)である腕下主水が主人公の物語です。

 この腕下主水、実は吉宗の隠し子で、日頃は毒見役をしながらいざと言う時は父の吉宗の身を守るために命を懸ける活躍をしています。
 本来ならば将軍様の息子であるはずなのに隠し子なのでおおっぴらにできず、将軍を毒殺する敵がいれば真っ先に死ぬ毒見役についているという数奇な運命を背負った主水が、心が渇いた日々を過ごすという。

 この主水がカッコいいんですよねー!
 男が惚れる男と言うか、こういう人がモテるのならもうしょうがないというレベルの良い男なのです。
 ストイックに生きなければならない主水だけでなく、父子で敬意を表しながら息子を犠牲にしても幕府の威光を保たなければならない吉宗と、主水に惹かれる素敵な女性と、魅力的な登場人物が沢山いますし。
(肝心の徳川宗春が悪役っていうのが残念ですけどね)

 また肝心のストーリーも秀逸で、特に吉宗の将軍就任などの経緯は、
「全くありえない!・・・・・・とも言えないかも?」
 という、リアリティとフィクションのバランスが素晴らしかったです。
(本来松平姓も名乗れなかった吉宗が、紀州の藩主になり将軍になる為には、奇跡を三乗四乗しないといけなかったのです。)

 子供の頃は父親の本棚に会った小池一夫先生原作の漫画とか、池波正太郎先生の小説を観ながら、
「なんでこんなの読んでるんだろう。ジャンプとかコロコロの方がおもしろいじゃん。」
 と思っていましたが、大人になって小池先生や池波先生の良さが・・・ひょっとすると父親以上にわかってきたのかもしれませんねえ。 

 ちなみにこの作品は実写化ドラマ化されており、この漫画の巻末解説と、ドラマ版の主役を田村正和さんが担当されています。
 DVDレンタルなどで観られないのが残念です。
[ 2014/08/27 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

基本ぼっち

 マインクラフト、まだ飽きておりません。
 段々と自分の城を広げていくのが楽しくて、相変わらず時間泥棒です。

2014082601.jpg

 今回は航空機MOD(追加プログラム)を導入してみました。
 写真のようなパラグライダーから始まって、セスナ機、ヘリコプター、はたまたオスプレイやF-35(今度日本の航空自衛隊で採用される予定の戦闘機です)まで、様々な機体が追加されるMODです。

2014082602.jpg

 ちょっと短いけど滑走路も作ったよ!

 でも地面だろうが凸凹の山だろうが飛行機は平気で走っていくことに気づいて悲しくなったよ。

2014082603.jpg

 そして地図もコンパスも持たずにセスナに乗り込んで出発し、操作ミスで水没。
 全く知らない場所にたどり着き、帰れなくなりました。

 いや泣きそう、コレ。

 どこまでいっても同じような風景。
 そうだ、このゲームは基本的に主人公とMOBだけの世界だったんだ。

 夜になると発生するゾンビやスパイダー。
 家が無いから高い所に足場を作って、朝までぼんやりしていなければなりません。
 何度も同じような道を進んでいき、遭難2日目でようやく我が家の滑走路が見えました。
 
 コンパスが人類史上もっとも偉大な発明の一つだという事を改めて感じました。
[ 2014/08/26 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

男子三話会わざれば刮目して見よ

 ゾンビの大量発生による世界終末を描いた連続ドラマ『ウォーキングデッド Season.3』を最後まで観ました。

 いや、これは面白かったですね。
 Season2で中弛みしちゃったのであれでファンが離れた可能性がありますが、そういう方は是非ともSeason3にも挑戦してみてください。
「一番怖いのは人間だった。」
 というのがわかります。

 それから、1点謝らなければいけない事があります。

 Season.2で酷評していたお子様が、Season.3で勇者になってました。
 ちょっとネタバレしちゃうんですけど、大切な家族を失い、トドメをささなければならなくなりまして。
(この世界は人が死ぬと頭を破壊しない限りゾンビになります。)

 自分で家族のトドメをさしてからのお子様は目つきも変わり、立派な男というか、戦士の顔になりました。
 場合によっては大人より頼もしい場面を見せることも。
 子供なのであまりストーリーには絡めませんが、それでもSeason3のキャラクターの中でもかなり活躍したキャラなのではないかな?

[ 2014/08/25 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

消化試合

 外出をしない日曜日はレトルト食品を食べる日になっております。

 ほら、インスタントラーメンって便利でしょう?
 お湯を入れれば3分位で食べられますし、忙しい日常でも簡単に食事ができるわけです。

 ならば買い置きすればいつでも食べられる体制になって、良いに決まってます。

 ・・・・・・と思って買い込んだレトルト食品って意外と食べない!

 袋ラーメンなんて賞味期限が一週間くらい切れてました。
 どうせ自分で食べるのだからと朝ごはんに。
 カップラーメンもまだまだストックがあるので、次の休日に食べないと。
 夏の季節はあまりお湯も沸かさないので、どうしてもパンとか買ってきて食べちゃうのよね。
[ 2014/08/24 21:15 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

おかしな人から用意周到な人へ

 3週間前に耳鼻科に傘を忘れてしまっていたので、今日は診察を受けるついでに引き取ってきました。
 
 8月、真夏の晴天下に傘を持って秋葉原へ。
 こんな天気に雨傘を持っていくのが恥ずかしくてどうしようと思っておりましたら、秋葉原に到着したあたりで急に空がどんより。
 とうとうお昼前には雨が降ってきたのです。

 これで私は『晴天で雨傘を持っているヘンな人』から、『雨が降っているので傘を差している普通の人』へクラスチェンジ。
 秋葉原の雨は突発的な事で多くのお客さんが濡れたまま歩いているので、『準備の良い人』へレベルアップしたかも?

2014082301.jpg

 そして今日は秋葉原を中心に、レストランやカフェを2軒新規開拓。
 どちらも大当たりの良いお店でした。
(支店で来月紹介される予定です。)

 たまにはあるんですね、ラッキーが続く日って。 
[ 2014/08/23 16:22 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

カエル先輩「待たせたな!」

2014082201.jpg

 わがPC前の曇りガラスに、今週からカエルが張り付いています。
 例年より一ヶ月遅れの張り付きです。

 例年では7月上旬にガラスに虫がビッシリと集まり、7月下旬には定期的にカエルが張り付いて食べていくというサイクルが続いていますが、今年は虫も張り付かず、カエルの張り付きも遅めでした。

 昨日だか一昨日は網戸の中に入り込んだ虫をおっかけて、網戸の外側から何度も食べようとしていた可愛らしい一面を見せてくれました。
 録画できなかったことが非常に残念でしたね。

 ちなみにおらが村は、っていうか私はクモやカエルやヘビが割と好きでして。

 例えば、雨が降ると田んぼにカエルが出てきて、カエルを追っかけて田圃道にヘビが出てきます。
 こういうヘビを多く見る年は、農作物や民家へのネズミの被害が減るそうで。

 カエルも虫を食べてくれますし、ハエトリグモは可愛い顔してハエやダニやゴキブリの幼虫を食べてくれるとか。
(ハエトリグモを殺さないようになってから、ゴキブリをほとんど見なくなったような・・・?)

 世の中自分の感性に合わない動物や昆虫は沢山いますけど、仲良くできる連中とは仲良くしたいなあと思う日々です。

[ 2014/08/22 23:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

C86 コミケでの戦利品を紹介するよ Vol.3

 今週はコミケで購入した本を紹介。
 3日目はアジア旅行の本を紹介します。


オタク的台湾旅行(willow)

 新婚旅行で台湾を旅行したお話が書かれた同人誌。故宮や夜市などの定番コースはもちろん、ご夫婦ともにコスプレやアニメがお好きのようで、西門や台北地下街のアニメ街なども重点的に回られたようです。
 
 エバー航空良いなあ、キティちゃん飛行機良いなあ。
 台湾で新年迎えるの良いなあ。


とむ's Tactics(ぽ印ツアー)

 現地での公共交通機関の利用方法や海外旅行先でのアドバイスなど、初心者向けのガイド的な本でした。
 なんでも初コミケの時に少量生産で挑んだところあっという間に完売してしまったとか。
 こういう体験談は旅行初心者にとって貴重ですから、人気もあるでしょうね。

 主にヨーロッパでの体験談というのも、私には貴重な情報でした。


だらっと香港(旅行中心)

 台湾の次位に気になっている香港の本。
 こちらのサークルさんからは香港本を2冊購入しました。

 紹介されている食べ物がどれも美味しそうですね。
 特にカルビーのトマト味ポテトチップスが気になります。
 うーむ、香港にも行きたくなるなあ。

[ 2014/08/21 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

C86 コミケでの戦利品を紹介するよ Vol.2

 2回目は歴史の本などを。

 
竹田城跡へ行こう!(FSIRO WEST)& 続・竹田城の今(播州惣MEN)

 4月に訪れた竹田城の同人誌です。
 東洋のマチュピチュと呼ばれTVで紹介されて人気が出た事で、マナーの悪い観光客が増えてしまうという、新たな問題が発生した竹田城。
 観光客が来ないのも問題だけど、人気者になったらそれはそれで大変なんですね。

『竹田城へ行こう!』は、お城とお城周辺の簡易ガイドブック的な作りで、現地へのアクセスや周囲の施設などが紹介されており、
「これ、朝来市が版権買ってPDFで配布すれば良いのに!」
 などと思ってしまう出来でした。


切腹口決(邪教門)

 江戸時代の人物、工藤行広が書いた切腹指南書を現代語に翻訳された本です。
 こちらは切腹をさせる側の本でした。
(切腹をする方の本も売られていました)

 うん、こういうの大好きです。

 江戸時代では幕府が命じた切腹刑は約20例ほどしか無かったようです。
 それでは実際に命じられたらどうしたら良いかわからない武士だっていたでしょう。
 どこの時代にも「How to 本」は重宝されるものですね。

[ 2014/08/20 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

C86 コミケでの戦利品を紹介するよ Vol.1

 先日の夏コミで買った本を紹介。
 1回目は国内旅行に関係する本の感想を書き記します。

 食べ物類、メイドカフェの本はこちらで書きますので割愛します。


京都ぶらり4日間(FUMIO'S BRAND)

 4月に私も京都を中心に4日間のぶらり一人旅をしていたこともあって、タイトルに惹かれて購入しました。
「3泊4日だと最終日がだらける」
 というお話に自分もそうだったなあと頷いたり、ホテルやトイレなど私はまったく感じない点に気が付かれていたり。
 自分の価値観とは違った方の旅物語を読むっていうのは、結構面白いものですね。


ちょこっとお泊りで出かけよう! プチ旅(bunga bulan)

 台湾の旅行本を良く書かれているサークルさんが、今回の新刊では身近な旅の特集をされていました。 
 箱根なんてここ数年行ってないなあ。
 ちょっと行きたくなってしまいますね。


看板少女これくしょん(125)

 街中の可愛い看板が紹介されています。
 手描き風の看板って味があって可愛いですね。

[ 2014/08/19 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

C83 コミケ三日目その後のお話

2014081801.jpg

 昨日のコミケの帰り、カムイさんを出た後のお話を少し。
 オフ会やツイッターなどでお世話になっている方が店長さんを務められるメイド居酒屋さんがオープンしたのでお邪魔してみました。

2014081802.jpg

 お店の名前は女中酒場幻橙館。
 秋葉原の名店メイドカフェ、橙幻郷の姉妹店です。

 店舗はカフェユメシナのあった場所。
 それよりさらにさかのぼると、月夜のサアカスがあった場所です。

2014081803.jpg

 こちらではドリンクやソフトクリームなど、コミケで温まった体を冷ますフード類を注文しました。

 支店の方とは違った見方で感想などを。
 
 お店のシステムはチャージ料1000円。
 ドリンクかフード(1000円くらい)、チェキのいずれかが無料になるので、フードを頼むのであればチャージはあって無いような物かと。
 橙幻郷の姉妹店なので、橙幻郷のファンなら足を運ばれると思います。
 取り扱われているメニューは、フード(カレーなど)、ドリンク(アルコール)、おつまみなど。
 チェキがあるのが本店との違いでしょうか?

[ 2014/08/18 11:35 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

C86 3日目 スパイスとお宝とVAAMと

 コミックマーケット86、最終日。
 朝の10時過ぎに国際展示場へ到着すると、まだまだ入場するための行列ができました。

 今回は『VAAM』を半分凍らせ、残りの半分を注いだ特製ペットボトルを用意し、 冷凍庫で冷やすタイプの首バンドも装備しました。
 コミケ会場では前半戦のほとんどをこの首バンドが体を冷やしてくれたので、他の参加者のように団扇を仰ぐ必要がありません。
 VAAMは脂肪を燃やしてエネルギーにするので疲れにくくなるらしく、コミケ後は秋葉原で食事をとる余裕もあったほど。
 去年今年と、夏のコミケが随分とらくになったように思えます。

 若さでアタックできない代わりに、文明の利器と経験を活かす戦法で。

2014081701.jpg

 本日購入した製品はこんな感じです。
 
 カフェやレストラン、メイド喫茶、食べ物のレポート本が6割
 歴史考察やお城の本が1割
 アイマスとラブライブで1割
 その他が1割程度かな。

2014081702.jpg

 残りの1割は同人ソフトを少々。
 3Dアクションゲームが多めです。

2014081703.jpg

 それから当店に多大なる助力をしていただいた砂糖酢さんが執筆されたアイドルマスターの合同誌(水着本)も無事にゲット。
 今日のコミケにおいて最優先の任務(?)だっただけに、購入出来てなによりでした。

 個人的に年上キャラのスクール水着は・・・良いね、うん。

2014081704.jpg

 秋葉原を散策できるエネルギーが残っていたので、遅めの昼食はスープカレーカムイさんへ。

「いつもの席空いてますよ。」
 という店主さんのお話で思わず大笑いしてしまいました。

 いつもの席でカマンベールポークカレーを食べると、コミケで疲れた体にスパイスが染みわたりますねえ。

[ 2014/08/17 20:37 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

曇が嬉しい日

2014081601small.jpg

 コミックマーケット2日目。
 行くかどうか迷った結果、思い切って出かけてみました。

 今日は少年漫画などのサークルが多いため、女性の多い会場でした。

 目 
                          の
                                    保 

             養 

                           に
                                               な
                                     
                                                      っ
 
                                          



                                                  た
 

 ・・・あ、もうDH期間は終わったんでしたっけ。

2014081602.jpg

 この日購入した同人誌は5冊。
 グルメ本2冊、咲本1冊、ゆるゆり本1冊、艦これ本1冊。
 すべて西ホールで手に入れました。

 東も東方コーナーを観て回ったのですが、2日目とは思えない盛況ぶりで、まわるだけでHPを消費しました。
「東方は終わったコンテンツ(≒オワコン)だな。」
 とか仰る方は、一度この風景を観てみるべきだろうなあと思ったくらいです。

2014081603.jpg

 そうそう。
 帰りに明日のコミケに持っていくドリンクを買いに行ったら、そこのスーパーで『ご当地ポテトチップスフェア』やってました。
 関西だししょうゆ他、東北地方や中国地方のポテチを補充しました。
 先日関西の方から暑中お見舞いで頂いただししょうゆ分は、もう尽きそうになっていたのですよね。

 いやはや今日は外出して良かったな。

[ 2014/08/16 16:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

懐かしい思い出を見つけた

 コミックマーケット86、1日目。
 今日はゲームや評論のサークルがメインでした。

r2014081501.jpg

 主な収穫物はレトロゲーム、城、旅行の評論本など。
 とりわけ今回は一人旅モノの同人誌を沢山買いました。

 自分以外の沢山の方々が一人旅を楽しんでいるというのは、知り合いでなくても実際に会えなくても、なんだか心強くなるものです。

r2014081502.jpg

 ファミコンソフト『アイドル八犬伝』の同人誌、『キミはホエホエ娘(向島ホエホエ工房)』の新刊を久しぶりにゲットしました。
 毎回時事ネタを取り込んだ新刊を出しており、いつ読んでも飽きが来ない良シリーズです。
 今回はラブライブや艦これが登場していました。
 私はできませんが、1巻から全巻揃えている方は、その時代時代の流行がわかって面白いのかもしれません。

r2014081503.jpg

 それから、今から8年前に当サイトに年賀状を頂きましたふろんてあさんの作品も購入。
 そういえば元々はツインビーの同人誌目当てにサークルへお邪魔していたのでした。

 なんか今日は色々と懐かしい出会いをしたような気がします。
 
 ただお昼からの参加だったので、お目当ての新刊の3割が売り切れだったのが残念でした。

r2014081504.jpg

 これを機会に日頃からお世話になっている方へのあいさつ回りをしていたら、逆に美味しいお土産をもらってしまいました。
 抹茶たっぷしなお煎餅で、これを書いている時点ですでに半分以上食べてしまっています。

[ 2014/08/15 18:15 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2014年 暑中お見舞い

2014_Summer_Yukiko.jpg
2014年 暑中お見舞い 渋沢雪子

 
[ 2014/08/14 23:00 ] 美術館 暑中お見舞い | TB(0) | CM(0)

お手伝い

 親戚の子供が遊びに来ました。
 私が歴史が好きなこともあり、今日は中学生の宿題を少し手伝う事に。

 内容は歴史の人物の名前と経歴をちょっと教えてデータを作ってあげるだけ。
 ハテどこまでカットした方が、中学生の宿題らしいのだろうと悩みました。
 
 結局生没年と簡単な経歴だけにしたところ、これでOKという事でした。
 そうか、中学生の歴史ならこれくらいなのかもしれませんね。
 祟りとか怨霊とか書いてる中学生は、それはそれで怖いでしょうし。
[ 2014/08/10 20:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

葉牡丹プロデュース

 葉牡丹チームの集まりがありました。

 今回の企画当番は私。
 ただの居酒屋へ行くのもつまらないので、秋葉原周辺の立ち飲み居酒屋のハシゴをしてみました。
 多くが自分の想定とやや外れてしまったものの(立ち飲みスペースが無かったり)、概ね好評だったようです。

 お店を3軒ハシゴし、最後は座れるワインバル(お手軽にワインと料理が楽しめる居酒屋)へ。
 先代の大魔王もオススメするNICOさんにて、ワインと美味しい料理を楽しみました。

 ちなみに4軒をハシゴした料金は、ひとり4000円ちょっと。
 私の場合は各店舗ワンドリンク、ワンフードを頼み…。

 1件目 450円
 2件目 450円
 3軒目 800円
 4件目 2400円(ここではたくさん食べました)


 くらいでしょうか。 
 
 美味しい大根煮のあるお店や、予想以上の水ギョーザを出してくれるお店など、良い店舗開拓となりました。 
[ 2014/08/09 23:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ちょっとだけ帰ってきたひとりまおうDH Part.5 倦怠期

 世間では美人は三日で飽きると申します。
 私は美人と暮らしたことが無いので何とも言えませんが。

 というわけで、お下品な話がOKな方は続きをお読みください。
[ 2014/08/08 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ちょっとだけ帰ってきたひとりまおうDH Part.4 数字は飾り

 1年が365日っていうのはどこでも同じだと思っていました。
 しかし実際は惑星ごとに違い、大きな木星にもなると1年が4335日。
 およそ地球時間の11年が木星の1年となるわけです。

 そして日本でも1年の流れが365日ではない場所がありました。
 東京都台東区にある千束という場所です。
(ここでピンと来た方は相当の通ですぜ。)

 その昔、当店旧サイトで「ひとりまおうDH(ダンジョンハート)」なる卑 猥 な日記のコーナーがあり、表の日記である「ひとりまおう」でのメイドカフェや博物館などのレポートと正反対の、いわゆる紳士の社交場のレポートなどを紹介していました。

 そんなある日、千束にある吉原でお風呂に入るサービスの体験レポートを書いた際の事です。
 サービス担当の女性の年齢を調べたら、26歳となっていました。
 いわゆる吉原年齢で、実際は私より年上だと思います。
 もしかしたらアラフォーさんだったかもしれないなあ。

 ・・・で、それから2年が経ちました。
 旧PCが壊れ、新型PCにデータを移し替えていると、当時のお店のブックマークアイコンを発見。

 まだあのお店はあるのか?
 そしてあの吉原年齢26歳の泡姫さんは在籍されているのだろうか?

 ・・・・・・いた! 

 ・・・・・・・・・・・・あれから2年経って、24歳になっていた!!! 

 人は年を「取っていく」生き物だから、若くなっていくのかもしれない。
 ゲームボーイ時代のRPG風に言えば、

 よしわらでは じかんのながれが いっていして いないのだ。

[ 2014/08/07 12:34 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ちょっとだけ帰ってきたひとりまおうDH Part.3 ちょうど20年前に この道を通った夕方

 通っていた小学校から住宅街までに間に農道があり、小学生と農家の人以外はあまり通らないので、大きなお兄さんによるワーオッ!な本の投げ捨て場となっておりました。
 私と友人2人の3人がある日その道を歩いて下校していたら、茂みに雨に濡れたワーオッ!な本が。

 当時の規制だとワーオッ!な本の露出基準はたわわちゃんと桃太郎侍だけで、インカ帝国指導者のような部位はまず観られません。
 けれどもなんといってもたわわちゃんが観たかった私は、友人二人とワーオワーオ言って熱心に眺めていました。 
 思わず熱中し、1ページ、2ページと開き、コーフンしながらたわわちゃんの良さを友人と分かち合おうと顔をそちらに向けました。

 友人の代わりに、見知らぬババアが私を観ていました。

 
 ババア観てるんじゃねえよッ!!!


 いや冷静に考えたら、このおばあさんのものであろう畑に、ランドセル背負った男の子がワーオッ!な本を読んでいたら普通は見ますよ。

 逃げた友人曰く、
「なんか集中しすぎてて、さっきからずっとおばあさんいたんだけど・・・」
 だそうな。
 
 そんな農道を去年あたりに利用しました。
 当時お世話になった畑はすっかり荒れ果て、その機能を失っていました。
 あのおばあさんも、ひょっとしたら亡くなられているのかも。
 そしてあの頃普通のサイズの道だと思っていた農道が、50ccの原付がようやく通れるサイズの小さな道だったことがわかりました。

 ワーオッ!な本を隠れてみていたつもりでも、外から丸見えだった事も判明しましたが。
 みなさんが黙っておいてくれるのでしたら闇に葬れますので、何卒ご協力を・・・・・・。
[ 2014/08/06 23:49 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ちょっとだけ帰ってきたひとりまおうDH Part.2 負けるが勝ち

 13cmというワーオッ!なゲームのメーカーがあります。
 名前の由来は日本男性の平均主砲サイズからとったそうです。
 
 いつぞやその真偽を確かめたくて図書館で医学方面の本を読んだところ、昭和40年だか50年だかの記録で、
「日本男性の平均主砲サイズは8~10cm」
 と書いてありました。

 それから20年30年経ち日本人の体格が良くなったとはいえ、30%以上も平均サイズが上昇するとは考えられず。
 3cm分はどこから来てどこへ行ったのか、永遠の謎となりそうです。


 ここからは私の想像です。
 それじゃあ、日本はなぜ海外の人々(って言っても、あくまでもアメリカのワーオッ!なDVD男優さんの)に比べて主砲サイズが短いのか?
 
 それは、海外のワーオッ!DVD男優さんと同じサイズの人が滅びたからだと思うのです。
 我々アジアに広く生息していたモンゴロイドと呼ばれる人間(私たちのご先祖様ですね)は、ヨーロッパの人たちのご先祖様と違い、恐ろしく寒い気候を生き抜いてきました。プチ氷河期みたいなのが続くと、長い手足や高い鼻、大きい主砲は真っ先に先っぽから凍りつき、凍傷、壊死してしまうのです。
 そりゃあ股間が壊死したら子孫なんて残せませんよね?

「日本人が短足で鼻が低いのは、アジアの寒い気候が原因となっている」
 と言う説は割と多くの本で観るのに、主砲のサイズまで語っている専門家さんがおられないのが不思議です。
 我ながらニアピンな想像ではないかなと思うのですが、いかがでしょう?



 いやお客さんに意見を聞いてどうすんだっていう話ですけど。
[ 2014/08/05 23:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ちょっとだけ帰ってきたひとりまおうDH Part.1 寝具の嫁

 なんか急に下ネタを書きたくなったので今週は下ネタ中心の日記となります。
 大体重くて暗かったり悲しい内容の本を読むと反動でしょうもない話を書きたくなりますゆえ。

 というわけで、お下品な話がOKな方は続きをお読みください。

 どうでもよいですけど、「DH」はダンジョンハートの略称です。
 数年前、旧サイトで全編下ネタの「ひとりまおうDH」という日記があったのです。
 ここのお客様はまずご存じないかと・・・。
[ 2014/08/04 22:19 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

週末らしい話

 愛犬が皮膚ガンになりました。
 前からそういう体質で、良性の腫瘍ができた事がありますが、今回のガンは幸いなことにサイズも小さく、サックリ切って終了。
 土曜日の検査でも問題なく、強い薬も不要との事。
 もう少し様子を観ていきましょうという事になりました。

2014080301.jpg

 そして今週もマイミク。
 色々と施設が必要になったので、新しく家を建てることにしました。
 
 最初が豆腐ハウス。
 二軒目がログハウスと来たので、三軒目は現代住宅風にしてみました。
 動画サイトを参考にして、おされなカーテンウォールにしています。
 なんか段々と建築センスが磨かれてきたような気がする。

2014080302.jpg

 小規模ながら滑走路も作ってみました。
 飛行機を追加するMODがあったので、必要かなと思って建設してみたのです。

 ・・・・・・まさか地面を走っても機体にダメージが無いとは。

 そんなアバウトさが嫌いじゃない。

2014080303.jpg

 だがエンダーマン、お前はダメだ。
 特に迷惑はかけてこないけど、なんだろう、完璧なセキュリティの中をテレポートで入ってくる図々しさって。

[ 2014/08/03 21:56 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

グランドスラム

 お昼ごろにヤクルトファンの友人より、
「野球を観に行こう!」
 という連絡があったので、神宮球場へ行ってきました。

2014080201.jpg

 秋葉原で氷柱を触りつつ、食事を済ませてから信濃町で友人と合流します。

2014080202.jpg

 駅前で合流した後は、友人推しの雄平選手の経歴を聞きながら球場へ向かいました。
(外野自由席で、かなり良い席でした!)

 剛腕投手としてプロ入りした雄平選手は、制球力に難があり投手としての評価を得られずにいました。
 ただしバッティングのセンスがかなりあったようで、球団からも野手としての転向を勧められ現在のポジション(外野手)に至ります。

「結婚を前後して、家族の生活を支えるために自分の考えを曲げてまで長い間野球界で活躍する事を決心したのだ!」
 と、野球に誘ってくれた友人は雄平選手のユニフォームを買っていました。

 ・・・・・・まさかこの雄平選手が満塁ホームランを打つなんて思いもよりませんよね。

 私も子供の頃から野球場へ通っていますが、生で満塁ホームラン(グランドスラム)を観るなんて何回あったろう。
 TVなんかで観るよりもインパクトは強く、隣や後、そのまた後のお客さんとハイタッチですよ。

2014080203.jpg

 この日は投手陣も締まっており、終わってみたら9-0の大勝利。
 点が入る度に歌う『東京音頭』も、9点分も歌えば普通の人一生分の東京音頭を歌ったように思えます。

2014080204.jpg

 試合に合間には300発の花火が上げられ、なんとも良い夏の夜となりました。
 

[ 2014/08/02 23:50 ] 日記 | TB(0) | CM(0)