2014年 ハロウィンカード

2014_Halloween_Misa.jpg
2014年ハロウィン 大山美紗(鳥海バージョン)

 今年は初めて、ハロウィン用の素材を展示致しました。
 普通はハロウィンと言えば魔女ですが、うちは気が付いたら魔法少女ばっかりですので、逆に普通に艦これコスにしております。
 支店で美紗に関する4コマを公開しているので、こちらも彼女を登場させています。

 美人過ぎるウェイトレスなんかに対抗して、食べすぎるウェイトレス(兼パティシエール)はいかがでしょうね。

 制作担当:良之助様

スポンサーサイト
[ 2014/10/31 09:00 ] 美術館 季節のお便り | TB(0) | CM(0)

主は増量 従は軽量


2014103001.jpg

 ボサボサっとしていた愛犬をカットしてきました。
 洋犬は人が手入れすることを前提に開発されているらしく、今のうちに切っておかないと冬の間に毛が伸びて面倒くさいことになってしまいます。
 メルボルン生まれのこの3匹目の愛犬は、美容室に2回くらいはカットしないとモップみたいになるので注意が必要なのです。
 今すっきりしておけば、冬の寒さが来る前に多少なりとも毛が生えそろってくるでしょう。

 1匹目(もらってきた柴犬享年20歳)と2匹目(もらってきた雑種享年13歳)はどちらも美容室には行かなかったんですよ。
 先の2匹は季節になると勝手に毛が抜けて冬毛のふわふわ仕様になったので、飼い主がやることはブラシをかける事くらい。
 あいつら本当に手間のかからない良いヤツだったなあ。

 ちなみに今日は休暇の消化日なので、コーヒーを飲みつつモニターとにらめっこをしていました。
 ご飯を食べたらPC。
 知り合いの方から手作りあんこを大量にもらったので餅などを乗せて食べたりしてPC。
 ああだめだ、犬が軽量化している間に飼い主が増量している。 

[ 2014/10/30 19:34 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

狸の嫁入り

 狸の急須やグッズや書籍をAmazonで漁っているうちに、狸のコミックスをオススメされたので買ってみました。

2014102901.jpg
姫さま狸の恋算用 1巻(水瀬マユ/双葉社)

 姫さま狸の恋算用。 
 主人公の男の子の元へ、両親により勝手に許嫁にされていた狸のミヨちゃんがやってくるというお話です。
 
 うん、良いね、なんかストレートで純な作品で。
 悪の道を歩いている私にとってはまぶしい位の作品ですよ。

 とりあえず2巻まで買ってみました。
 続きが楽しみですねえ。
[ 2014/10/29 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

Iron Maiden

2014102801.jpg

 有給消化日の今日は、お茶の水にある明治大学へ行ってきました。
 ここの地階には誰でも無料に入れる博物館があり、刑事事件に関する資料が多くあるという事で、前々からチェックしていたのであります。

2014102802.jpg

 例えばこちらは生類憐みの令の口上書。
 現在ではTVや政府広報などで知る事のできる法律も江戸時代では、

・将軍が大広間で発表
・大広間にいる各大名がそれをメモする
・メモしたものを国に報告する


 という方法で全国に広まっていったようです。
 この資料は徳川5代将軍綱吉の出した生類憐みの令の口上書で、なんとレプリカではなく本物。
 教科書でもお馴染みの歴史イベントを垣間見る思いですねえ。

2014102803.jpg

 こちらは今回のお目当て、鉄の処女(アイアンメイデン)のレプリカです。
 日本ではここだけ、世界でも12点だけしか無い資料です。

 この拷問器具(処刑器具)は扉がついており、中は針でいっぱいになっています。
 この中に人を入れて蓋を閉じると、中の人は串刺しになって下から血液が採取できるようになっているそうです。
 若さを保つために血液風呂に入るのが好きだったエリザベート・バートリーが好んで使用した拷問器具とのことですが、真相はどうなのでしょうね。

 グレープフルーツを入れたら良い感じに絞れそうです。

2014102804.jpg

 そして思わぬ収穫だったのが、江戸時代の刑事事件に関する資料です。
 さりげなく右上に『火付盗賊改 長谷川平蔵』と書いてあります。

 中身を簡単に言えば、
「今度このような処罰をするのですけど、よろしいですか?」
 という、長谷川平蔵が偉い人に問い合わせをしている資料で、レプリカではなく実物なんです。

 どうやらお寺から逃げ出した坊主が火付け盗賊をしたのを平蔵がひっ捕らえて、火あぶりにするという内容です。当時はお寺の人間に関する罪は町人とは別の法律があったために簡単に処理が出来なかったのですが、結局平蔵の取り調べが万全だったため、火あぶりが実施されたようですね。

 鬼平犯科帳ファンにはたまらない資料ですね。
 ええ、ええ、私もたまりません。

 平日でお客さんが少なかったこともあり、職員さんがつきっきりで解説をしてくださいました。
 その知識は広く深く、私もついていくのがやっとのレベル。
 とりわけ長谷川平蔵に関しては資料持参で解説してくださり、大変勉強になりました。
 上には上がいる事を知るのって、楽しいんですよね。
 この場を借りて御礼申し上げます。

 ちなみに明治大学博物館は御茶ノ水駅から数分歩いた場所にあり、入場は無料。
 秋葉原へも歩いて行ける距離ですし、東京観光に行かれた方にもオススメの穴場スポットです。

【明治大学博物館】
 公式サイト

 住所:千代田区神田駿河台1-1 アカデミーコモン地階


[ 2014/10/28 17:11 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

前期と今期のアニメについて

 今更だけど、前期は『人生』と『さばげぶ』だけ観ておりました。
 もはや萌え萌えハーレムアニメは観ていると若さがまぶしいので、コメディくらいしか観なくなってしまっておりますなあ。

『人生』はふみちゃん目当てで観始めたのに、観終わったころにはいくみちゃんが好きになってましたっけ。
 原作の小説でも絵を担当されているななせめるち先生の絵がまーーー自分好みでした。

 で、今期(10月~12月)こそはもっとアニメを見ようと思いきや、面白そうな本を大量にゲットしたので結局『Hi☆sCoool! セハガール』のみ視聴中。
 セハガールはメガドライブやセガサターンなど、セガ方面のレトロゲームや次世代機が好きな方にはおそらくツボに入るかと。

 恋愛アニメやおっぱいアニメは若い人に任せて、ワシは番茶と羊羹片手にコメディ作品を楽しむかのう。
[ 2014/10/27 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

池袋イーストパーク Vol2 ~狸様の言う通り~

2014102601.jpg

 今日はハロウィンの最終日曜日。
 朝からカムイさんのカレーを食べたくなり秋葉原へ。
 カムイさんへ行く前に柳森神社の狸様へお参りをしたおかげか、お店へは一番乗りで到着しました。

2014102602.jpg

 食べた後は山手線に乗り、そのまま池袋へ。昨日見かけたコスプレの撮影も気になりましたし、サンシャインで開催されていたサンシャインクリエイション65も急に気になりましたしで、結局昨日に引き続いて池袋へ来てしまいました。 

2014102603.jpg

  ラブライブや艦これが圧倒的人気を占める中、お世話になっている方の本を2冊と夏コミで面白かった赤城さん食べ放題シリーズの続編を購入。
 最近同人誌の購入冊数が激減しているようですが、その代わりすべて当たりだったので、満足度はかなり高めです。

 そして今日は一眼レフを持ってきましたので、池袋で出会ったコスプレイヤーさんも撮影致しました。
 私の腕でどこまでコスプレイヤーさんの魅力を引き出せるか心配ですが、ともあれ掲載許可を頂いたお二人をご紹介。

2014102604.jpg

 まずは朱歌(しゅか)さん。
『東方永夜抄』から、ミスティア・ローレライのコスプレをされておられます。
 こういうイベント会場だと別々の作品のキャラがエキシビジョン的に交流をされている事が多く、本日お会いしたみすちーさんは、特殊部隊(自宅警備員さんかな?)などと交流をされていました。
 イベント会場では、よく東方キャラや艦これキャラが自宅警備員さんと戦ってますよね。

 今回の池袋イベントでは東方キャラが多く、朱歌さんをはじめ多くの可愛らしく、素敵な東方レイヤーさんがおられました。

2014102605.jpg

 お二人目は名刺をお持ちでなかったそうなのでお名前は存じませんが、『ラブライブ』より西木野真姫のコスプレです。

 そういえば今日はラブライブのコスプレイヤーも多くおられましたね。 
 コミケやコスプレイベントと違い、幅広いコスプレイヤーさんが沢山参加されていて、カメラ好きとしては最高に素晴らしいイベントでした。

 上記お二人を撮影させていただいただけでも、池袋に来て良かったと思う次第でございます。
 


 これは、狸様の後利益でしょうかねえ。
[ 2014/10/26 18:25 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

池袋イーストパーク

 ここ2~3日前から目が痒くなってきたので朝から眼科へ。
 アレルギー性の結膜炎と診断されたものの、さして大事にもなっておらず何よりでした。

2014102501.jpg

 薬をもらったら、その足で池袋へ。
 プラトーさんにて遅めの朝ごはんです。
 またなんか色々とメニューが増えて、通う楽しみが増えそう。

2014102502.jpg

 ハロウィンイベント中でコスプレイヤーさんが沢山街中を歩いていた池袋での目的はこちら。
 なかなか縁が無かった古代オリエント博物館へ今日こそ行ってみたいと思ってやってきたのです。

2014102503.jpg

 サンシャイン文化会館の7Fに博物館はあります。
 普通のテナントの一角を博物館にしたような感じですね。

 オリエントの定義すらわからない知識レベルで向かったところ、おそらく同じ疑問を持つお客さんが多いのか、
『ローマから見てアジア方面の文明をオリエント文明と言います。』
 って書かれてました。

2014102504.jpg

 館内撮影は禁止なので、ポスターだけパシャリ。
 入館料は特別展のアマゾン展の展示が観られて800円。
 博物館の広さが、おそらくは国立博物館(わからない方は国立科学博物館をイメージされても良いです)の1室フロアを半分及び1/3にした位しかなく、じっくり見ても30分~1時間で終わってしまうほどの規模。
 
 ちょっと高いかもですが、なんといってもサンシャインのテナントを借り切っている非国立の博物館ならこれも仕方がないでしょうかね。3メートルくらいの石柱に文字が刻まれているのをプリントなどで再現されているハムラビ法典の実物大レプリカや、押すのではなく横に回転させることにより絵が刻まれる印など、通常展示品も見ごたえありましたし。
 展示されているハンコは、粘土の上で転がすと鳥が羽ばたいている絵とかになるんですよ。
 物凄い精密な物があるので、興味のある方は是非。

 それからアマゾン展で気になったのは弓矢の矢。両手を広げても届かないような長さの矢で、大きな矢じりの大動物用、毒が塗れる小中動物用、あとで使えるように羽を痛めない鳥用などがあり、用途別の作りが非常に良く出来ていましたね。

 ただ、疑問が一つできました。
 館内で展示されていた、アマゾンの原住民の方々の写真についてです。
 原住民のみなさんは男女問わず子供は全裸、大人は上半身全裸なわけですが、日本や欧米に比べて密林や荒野など自然環境が厳しい世界のはずなのに、なぜみなさん裸で過ごされているのでしょうか?
 密林が多いのだから木の棘とか、毒がありそうな虫だとか、ジャガーみたいな肉食の動物がいるのですから、まずは動物の皮などで防具を作るのが一般的な対処の仕方なのでしょうけど、豪華な衣装は儀式用で、普段は裸では、怪我が多くて大変なのではないかなあって思うのですよね。

[ 2014/10/25 16:21 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

おしまい

2014102201.jpg

 マインクラフトを久しぶりにプレイ。
 そろそろラスボスに挑戦しようと、こちらで言う異次元『ジ・エンド』への扉を探すことにしました。
 広い大地の地面のどこかにあるらしいので、インストールした追加プログラム、東方MODのアリスドールのうち、ジ・エンドへの扉を探す能力がある倫敦人形を制作。

「西」とか「東」とか、アバウトな能力しかないものの(その分探索する楽しさがあるので好きだったりします)、ジ・エンドの門を発見。

 ネタバレOKであれば、続きをお読みください。
[ 2014/10/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

いぬのきもち

 昨日捨てることが決定した、3年使用した無反発枕
 どうせ捨てるならこの枕を使ってちょっと意地悪でもしようかなと思い、愛犬の寝床に置くというイタズラをしてみました。

 私の枕は50cm×70cmの大判なので、愛犬の寝床にスッポリ収まります。
 ですので、ある日突然自分の寝床に主人の臭いがする物体(枕)が置かれたらどういう反応をするかなと。

2014102101.jpg

 ・・・しばらく時間が経った後に様子を観に行ったら、枕の上で爆睡していました。
 最近寒い日々が続いていたので、つぶれ気味の枕が暖かさ的にちょうど良いと感じたのでしょうか。

「お、なんか超良いカンジのが敷いてある。落ち着くー!」
「うわあ、なんか寝床に変なの敷いてあるけどどかせないからしょうがねえなあ。」


 お前さんはどちらなんだい?

 その後調べてみましたら、犬は飼い主の臭いのする毛布などで寝ると安心するとありました。
 確かに上着を衣文掛けに掛け忘れて床に置いたままにしておくと、愛犬はわざわざ私の上着の上で寝る事が多いですね

 ・・・・・・それじゃあ、このままでも大丈夫なのかな?
[ 2014/10/21 21:10 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

無反発まくら

 3年使っている愛用の低反発枕がちょっと調子悪いかなと思い調べてみたら、これらの寿命は2年程度ということが判明しました。

 そこで買い換えようと思い同じ型番の枕を取り寄せてみてビックリ仰天!
 まったく同じ商品なのに、今まで使っていた枕の厚さが半分になっていたのです。

 比べてみると一目瞭然。
 片方が枕なら、片方はつぶれた座布団のようです。

 最近やたらと起きた後に肩が凝っていたり、首が痛い日々が続いていました。
 もしかすると、このつぶれた無反発枕のせいだったのかもしれないなあ。

[ 2014/10/20 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

漫画雑誌を買いました

2014101901.jpg

 今週18日に発売したまんがタイムきららMAX12月号を買って参りました。
 今月号は当サイトのキャラクターデザインなどでお世話になっている青空ねこ先生のゲスト連載作『新米アニメーター ひなイズム』の2話が収録されておられます。また同じくSNS等でお世話になっております宇城はやひろ先生の『みことの一手!』も連載中です。

 この雑誌を買うのはこれで4回目くらいでしょうか。
 ウチのサイトでも4コマ漫画を始めるようになってから、このきららMAXが教科書になってくれています。
 イラストはたぬさんにお願いしていますが、原案と構図は漫画に素人の自分が考えるので、こういう本があるととても助かるんですよね。

2014101902.jpg

 お次はこれまた今週発売されたヤングジャンプの46号。
 こちらで連載されている『妖怪少女 -モンスガ-』にて、日ごろお世話になっているスープカレーカムイさんが登場していました。
 モンスガは秋葉原を舞台にしているので、実在する飲食店やパーツ屋さんが登場する事もあるようです。

2014101903.jpg

 ちなみに、カムイさんには青空ねこ先生の作品(うちのキャラクターですね)も展示されております。
 よろしければ皆さんもこれら漫画雑誌を手にカムイさんでスープカレーを体感してみてはいかがでしょう?

[ 2014/10/19 11:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

望まれる形 望む夢

2014101801.jpg

 神田に新しいメイドカフェが出来たと聞いて、行って参りました。
 お店の名前はクレスケンスといいます。

2014101802.jpg

 おかえりなさいませ、ではない、通常の接客。
 メイドさんの丁寧な接客。
 ロングのメイド服。

 メイド喫茶というジャンルが出来た頃の本来のメイドカフェがここにはありました。
 お料理の美味しさや店内の内装、イングリッシュスコーンが置いてある分を含めると、本来のメイドカフェが100であるなら、クレスケンスさんはおそらく110か120位には達しているのかもしれません。
 秋葉原内にこだわらず、エンターテイメント面を考慮しなくて良いのでしたら、オススメのメイドカフェは今後このお店になると思います。
 キュアメイドカフェ以来の衝撃でしたね。

 ただ、こういう良いお店が世間的にどう評価を受けるのかがわからないのが心配なところです。
 美味しいお料理を出して、お値段もまっとうで、接客も素晴らしいメイドカフェが消えてしまうところを何度も観てしまっているだけに。

 願わくば、クレスケンスさんがそのジンクスを打ち破る最初のお店となりますように。 

[ 2014/10/18 20:21 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

思い出を買い戻した話

 4月に京都へ出かけた際、国際漫画ミュージアムで懐かしい絵本が販売されているのを見つけました。
 旅行中の身で荷物になり買えないので、帰宅後知っている本屋さんを探してみてもまったく見つからず、今週になってようやくAmazonで購入しました。

2014101601.jpg
じごくのそうべえ(田島 征彦)

 手に入れたのは、じごくのそうべえ(田島 征彦作)という絵本です。

 園児時代、初めて読んだ時の衝撃は凄まじいものでした。
 当時、本なんか大嫌いだった私が朗読会の後に、
「お願いだからコレを買ってくれ!」
 と母親に絵本をねだったのはたった2冊。
 この『じごくのそうべえ』と、アンパンマンシリーズでおむすびまんが初めて登場した絵本だけです。
 
 その後そうべえはしばらく大事に読んでいたものの、小学校卒業時位に捨ててしまい、この年になってまた再開したというわけなのでございます。
 
 肝心の内容は大人になって読むと色々と気づかされる物語……ではありません。
 泣けません。
 教訓にもなりません。
 哲学もありません。

 強いてこの本の魅力を挙げると『笑い』ですね。
 元々大阪の落語「地獄八景」を子供向けに絵本にしたものなので、ひたすら笑いが続きます。
(親戚一同東京生まれな私にとって、大阪弁を生まれて初めて聞いたのはこの絵本かも?)

 軽業師(綱渡りなどをする、現代で言うサーカス団員さん)であるそうべえは、ある日綱から落ちて死にます。
 医者や歯科医、祈祷師など、同時期に死んだ人達3人と知り合い閻魔様の所へ向かうも、
「今日は忙しくて疲れているから裁くのが面倒だ。おまえら4人は地獄行き、あとの連中は極楽へ行け!」
 というテキトーな対応で地獄へ落されるわけですが…というお話です。

 今読んでもやっぱり面白く、というか大人になった分だけ、最後のオチの部分まで面白かったです。
 当時(4歳だか5歳位かな?)はオチの面白さ以前に、落語というものがわかりませんでしたからね。

 最近の研究では、人は子供の頃に思い出に残った事が大人になってからの人間性につながるらしいと言われています。
 となると、このブログが比較的笑いの方面に運営されているのも、ひょっとするとこの絵本が原因(?)なのかもしれませんねえ。

[ 2014/10/16 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

古いのが新鮮なの

 たまたまTBS系列のチャンネルを観ていたら、初代東野黄門様が放送されてました。

 東野英治郎
 西村晃
 佐野浅夫
 石坂浩二
 里見浩太朗


 日本人ならTBSドラマ『水戸黄門』の歴代黄門様を全員暗記されているかとは思います。
(ひょっとして私だけ?)

 最近は地上波でも水戸黄門の再放送をやらないので観ていたら、45分の印籠も名乗りもありませんでした。
 途中からなので詳細はわかりませんが、少なくとも正義側の人間は誰ひとり黄門様の正体を知らないまま。
 越後のちりめん問屋の隠居のままで終わってました。

 そうなんですよ、水戸黄門って最初からみなさんご存知のスタイルではなかったんですよ。

 1話完結ではなく、2話連続のお話だってありました。
 もっともこれはご年配の視聴者が先週の話を覚えていてくれない、という事で止めてしまいましたけど。

 我々の知っている完成系の黄門様はその後4代目の石坂黄門様で今までのパターンからの脱却をめざし、失敗。
 5代目で元に戻り、最後は視聴率低下もあって打ち切りになりました。

 それにしても、印籠の無い水戸黄門はなんか新鮮ですね。
 石坂黄門様は、もう一度見られる機会があったら楽しめると思うんだけどなあ。
[ 2014/10/14 22:02 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

給仕狸との出会い

 連休最終日。
 台風が来るというので、家でのんびりお茶でも飲んで過ごすことにしました。

 ですが、お茶を飲むのもつまらない。
 時間もあるし、買ったばかりのお茶アイテムを試してみよう!

2014101301.jpg
福寿たぬきフタいらず急須

 というわけで、先日買った『福寿たぬきフタいらず急須』なる急須を使ってみることにしました。
 緑茶ソムリエの方が開発したらしく、蓋を使用せずに美味しいお茶が入れられるとの事。

2014101302.jpg

 なによりも狸好きとしてはたまらない愛嬌が、この商品の最大の魅力でしょうか。
 
 淹れ方は、まず急須と湯呑に熱湯を注ぎます。
 湯呑を温めたお湯を最終的にお茶にするので、この時湯呑を温めるお湯の量は実際に飲む量にします。
 湯呑が手に持てる熱さになったら、急須のお湯を捨て、茶葉を入れた後、湯呑のお湯を注ぎます。
 お茶の濃さが自分の好みの質になったら、角度45度を目安に、湯呑へ急須のお茶を最後の一滴まで注ぎます。

2014101303.jpg

 1人前、しかもちょっと少な目の容量なので1回分のお茶はこれくらい。
 大型の湯飲みの半分弱ってところでしょうか。
(写真の連合艦隊湯呑のサイズは高さ11cm、直径7cm程度です。)

 味はさすがになかなか良いです。
 今までみたいに急須で大雑把に作るのとは大部違うようでした。
 遊びの部分もあるから、作るのも楽しいですし。

 たしかタレントの所ジョージさんだったかな。
「ペットボトルのお茶は飲まないの。お茶は急須で入れて飲むまでが1セットだから。」
 みたいな話をされていました。

 なるほど、こうやって淹れる楽しさはペットボトルでは味わえませんね。
 
 それにしても、何故か最近になって、ミョーに狸のグッズが気になる毎日なんですよ。
 なんででしょうかねえ?

 せっかくだから湯呑も狸のデザインのを探そうかな。
[ 2014/10/13 16:44 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

えびせん

 台風19号が来るかもしれないらしいというので、家で待機していました。
 結局この日は台風が関東に来ることはありませんでしたが、おかげさまでゆっくり過ごせました。

 前日にめぐリズムの目版と首版を使ったからか、今朝は朝起きるとすでに9時を過ぎていました。
 疲れもすっかりとれたようです。

 まだおじさんじゃないんだかんな!

 ・・・まだ昨日の出来事を引きずっております。

2014101201.jpg

 そういえば、今日は時間があったのでおやつに海老せんを揚げました。
 アメ横の中華食材屋さんで200円くらいで売っている海老せんで、油で揚げて食べるものです。
 
 最初はコゲたり火が通ってなかったりしつつも、徐々に慣れてきて、最後の方はバッチリの揚げ加減。
 大きなお皿一杯になるくらい揚げて楽しみました。
 何もつけずに食べても美味しいのですよ。

 しかもこれだけ(+味見分とおすそわけ分)揚げて、あとこれを3セット分くらいは楽しめそう。
 200円のお菓子としてはもう十二分の頼もしさですね。 

[ 2014/10/12 19:05 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

パンケーキ日和

2014101101.jpg

 東京工業大学。
 よもや私の人生でこの大学に来るなんて、誰が予想できたでありましょう。
 国立の理系大学としては、おそらく東京大学に次いで超名門校でございます。
   
 今日はこの東京工業大学で学園祭「工大祭」が開催されており、その中のコスプレカフェが開催されるとか。
 ちょっと東京に出るついでに午前中だけでも、行けるかなあと、銀杏の香りが漂う大岡山キャンバスへお邪魔したのでございます。
 多少アウェイ感はあっても、お茶の水女子大の頃よりかなり大丈夫でした。

2014101102.jpg

 東工大のマスコットキャラ、テックちゃん。
 すげえ、萌えキャラだ、国立大学にもいるんだなあ。
 自分用のお土産にクリアファイル(150円)を買っておこう。

 などと上がったテンションは、お目当ての場所へ行く途中に大きく元の値を下回ってマイナスとなります。

「お兄さん・・・いやおじさん、模擬店いかがですかー!」

 接客なんだから、そこはお兄さんで良いだろうよーッ!
 自分でおじさんっていうのは大丈夫なんだけど、人から言われると割とショックなのね。
 ちくしょう、大きな声で叫びやがって。
 みのもんたさんなんて、50歳とか60歳の女性にもお嬢さんって呼んでたぞ。
 
 これだから理系の学生さんは数字に非情でブツブツブツブツ・・・・。

2014101103.jpg

 そしてテンションがマイナスになった状態でコスプレ喫茶へ。
 ここでテンションゲージが振り切れることになります。

 まどマギやラブライブ、SAOやダンガンロンパなど、素敵なコスプレイヤーの学生さんがいっぱい。
 しかも許可をもらえれば撮影もできてしまうのです。
 うーむ、素晴らしい。

2014101104.jpg

 朝ごはんにもなったホットケーキを食べながら眺めていると、表でチラシ配りなどをしているコスプレイヤーさんが見えました。
 ラブライブのコスプレイヤーさんが4人くらいと、東方シリーズのフランドール・スカーレットコスプレイヤーさんがおられるようでした。
 コスプレ会場とはまた違う、新鮮さを感じます。

 ちなみにお茶の水女子大学でもそうでしたが、最近の学園祭はメイドカフェや声優さんのイベントがあるのですね。
 今日の工大祭でもメイドカフェがありましたし、明日の2日目はラブライブのりんぱなコンビの声優さんが来られるようです。

 コスプレカフェとメイドカフェの詳細レポートは、支店の方で書きますので、よろしくお願いします。
[ 2014/10/11 17:39 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

待つわ

 仕事の帰りに床屋にでも行こうと思い、途中下車していつもの床屋さんへ。
 何時行っても行列ができており金曜日の夜も同じパターンなので、待ち時間用にウォークマンを取り出しつつお店へ向かっていくと・・・。

 なんと待っている人が誰もいない。
 しかも髪を切る座席も空いています。

 出したはずのウォークマンをカバンにしまいつつ焦っている私を、店内から様子を見ている店員さん。
 このお店で店員さんが暇にしているのを初めてみました。

 結局、入店してストレートに順番が来たので、帰りの電車を1本遅らせる程度で頭をスッキリさせてきました。
 こういう幸運もあるのですねえ。
[ 2014/10/10 22:25 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

江戸好きは江戸しぐさを知らない

「NPO法人江戸しぐさ」という団体があるそうです。
 以下、公式サイトからの引用です。

「江戸しぐさ」は、江戸商人のリーダーたちが築き上げた、上に立つ者の行動哲学です。
 よき商人として、いかに生きるべきかという商人道で、人間関係を円滑にするための知恵でもありました。

 江戸時代は、260年以上もの間、戦争のない平和な時代が続きました。
 その平和な安心な社会を支えたのが「江戸しぐさ」という人づきあい、共生の知恵です。


 そんな仕草があったのか。
 私は江戸時代が好きで、時代小説から、伝聞・史伝、はたまた江戸学的な資料など、多くの作品と出会ってきました。
 そんな私が、今回ここで初めて「江戸しぐさ」という単語を耳にしました。

 うーむ。

 Wikipediaで紹介されている江戸しぐさや江戸しぐさの経歴などをを少し紹介していきましょうか。
(以下、仕草と説明文をWikipediaから引用します。)

・傘かしげ・・・雨の日に互いの傘を外側に傾け、ぬれないようにすれ違うこと。
 小間物屋さんなどの資料(絵など)を見ても、傘はありません。
 当時の人は武士であっても傘(頭にかぶるやつですね)や蓑などを使っています。
 
・時泥棒…断りなく相手を訪問し、または、約束の時間に遅れるなどで相手の時間を奪うのは重い罪(十両の罪)にあたる。
 昔は日照時間を元に時間が決められていた(昼と夜を強引に半分にするので、季節によって一刻毎の実時間が違います)のと、そもそも時計が普及していないので正確な時間の把握は不可能です。
 また小間物、寿司、貸本と、店売りと同じくらいに行商が沢山いた江戸では訪問は基本的には突然で、事前連絡はありません。

・うかつあやまり…たとえば相手に自分の足が踏まれたときに、「すみません、こちらがうかつでした」と自分が謝ることで、その場の雰囲気をよく保つこと。
 状況によって、踏まれた方は気にしないか、
「ばかやろう、気をつけろ!」
 って言うと思いません?

・喫煙しぐさ…野暮な「喫煙禁止」などと張り紙がなくとも、非喫煙者が同席する場では喫煙をしない。
 実際は逆で、煙草盆を出すのがもてなす側のマナーでした。

 そもそもこの江戸しぐさの背景にある、
「薩長藩士が江戸しぐさを知っている江戸っ子を恐れ江戸っ子狩りを行い大量虐殺が行われたが、歴史から抹消されている。」
 というお話があまりにもトンデモです。

 大久保利通などが、
「首都を京都にすると江戸にいる人の仕事がなくなるから、ここを日本の中心としよう。」
 と江戸の方々を思いやっての判断を、彼らの家来が無にする理由が無いでしょうし。

 ・・・という文章を8月くらいから下書きのままほったらかしにしておりましたところ、先日ちょうどよい資料が見つかりました。

2014100701.jpg
江戸しぐさの正体 教育を蝕む偽りの伝統(原田実)

 本の内容は上記で私が話していたような事をさらに追加・洗練させ、江戸しぐさが生まれた背景を浮き出させ、1冊の本として完成させたレベルで、
「ああ、これならお金を払っても読みたい内容だよなあ。」
 と思ってしまう良作品でした。
 私が言いたい事以上の事がこの本で事足りてしまうくらいです。

 重版待ちをする程に人気があるのでもしかしたらなかなか手に入りにくいかもしれませんが、歴史好きにはオススメの一冊でした。

[ 2014/10/07 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

衣類を濡らすだけの簡単なお仕事です

 台風18号が関東に直撃しました。
 電車が止まっていないという事で駅へ行ったら、乗るはずの電車が運休になってました。
 なんか1時間くらいまで待てば来たと思いますが、心折れて引き返しました。

 今日は服と靴をビショビショにしただけの1日でした。

 ただこの判断は間違いではなかったらしく、間もなく自分が乗り継ぎで利用する予定だった路線が運休になりました。
 あれで無理して行っていたら、途中で足止めになっていた事でしょうね。

2014100601.jpg

 まあ、マインクラフトの巨大滑走路建築が捗る捗る。

[ 2014/10/06 18:10 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

マッサージ体験

 広島旅行直前から今日に至るまで、肩を少し痛くしました。
 以前この症状で整形外科へ行った所肩こりだと言われましたので、しばらく様子を見ていたら痛みが減少。

2014100501.jpg

 そちらの心配は無くなったものの、せっかくなのでここらで一度リフレッシュしようかな?と思い、てもみんというマッサージ店へ。
 生まれて初めて、お金を出して誰かにマッサージをしてもらうという体験をしてきたのですよ!

 コースはお試しという事もあって、10分1000円のショートコース。
 お姉さんが肩や首を重点的にマッサージしてくれました。
「お客様は右肩が特に凝っているんですね。」

 肩が凝るという実感があまりないのでピンと来ません。
 でもまあマウスを使うゲームとかやっていると右手を酷使するので、多分合っていると思います。

 10分マッサージをしてもらうと、肩が少しだらけた感じ。
 今まで緊張していた方が少し下がりリラックスした様子みたいです。
 
 これ、良いかもしれないなあ。
 たまには立ち寄ってみようかな。

[ 2014/10/05 08:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

アジアの風再び

 かつて秋葉原に月夜のサアカスというカフェがありました。アジアンテイストなお料理と月替わりのケーキが絶品で、この私も職場帰りにも寄ったほどの良いお店でしたが、確か店主さんが体調を崩されて、惜しくも閉店してしまいました。
 閉店時にはファンが集まってファンブックまで制作されたほど、多くの方に愛されていたお店でした。

2014100404.jpg

 私も娘を派遣して2ページ分の製作に関わっておりましたっけ。

2014100401.jpg

 その店主さんが、池袋にある喫茶店を前店主から引き継ぐ形でお店をオープン。
 プラトーというカフェが10月1日頃に開店しましたので、お邪魔致しました。

2014100402.jpg

 遅めの朝ごはんとして注文したのが、カティロール。
 スパイシーな肉と野菜がギッシリ詰まった、インド風のラップサンドでした。
 ドリンクのキャンディ(アイス)も高ポイント。

2014100403.jpg

 デザートはチェーという、ベトナムのデザートを食べました。
 ベトナム風ぜんざいとも言われるチェーの中身はココナッツシロップをベースに、タピオカ、白玉、バナナなど。
 柔らかい甘さで非常に美味しかったです。
 サアカス時代と同じく、プラトーさんも普通のカフェでは味わえないアジアの味を体験させてくれるお店のようですね。

 池袋にあるのでなかなか足を運べないとは思いますが、このチェーを味わうためにまた足を運ぼうと思います。

[ 2014/10/04 23:22 ] 日記 | TB(0) | CM(0)