戦車と狸とあんこうと Vol.3

 日曜日(11月16日)に大洗に出かけた理由は、あんこう祭とガルパンと、実はもう一つありました。

 みなさんはたぬきケーキと言うのを御存じでしょうか?

 昭和時代に流行ったケーキで、正確な定義はないもの、スポンジケーキなどをチョコレートでコーティングしたものです。
 昭和の時代は今のように冷蔵技術も発達していなかったので、日持ちのするバタークリームなどが使用されています。
 日持ちするバタークリームやチョコレートを使用すると、一番表現しやすい「可愛いもの」はタヌキだったのでしょう。
 萌えキャラも夢と魔法の国などのキャラクター商法も日本では普及していませんでしたしね。
 子供が喜ぶケーキの定番として、たぬきケーキは全国的に発売されていたようです。

 平成に入ると冷蔵技術や生クリームが全国的に広まり、高級志向も手伝ってたぬきケーキは消えていきます。
 現在ではたぬきケーキ愛好家が集まって、絶滅(?)を防いでいるとか。

 私の場合は『たぬき』というワードに惹かれ(狸大好き!)、興味を持ちました。
 そして大洗駅前に狸ケーキが買えるお店を発見。
 千葉よりはるばるやってきたのでございます。
 今回の大洗遠征の目的は、あんこう4、ガルパン3、たぬきケーキ3くらいで、割と高いウェイトだったりするのですよ。 

2014111801.jpg

 というわけで、あんこう祭帰りの大洗駅前。
 たぬきケーキを取り扱っているコルンさんへお邪魔致しました。

2014111802.jpg

 こちらもガールズ&パンツァーを応援しているので、ファンの作品が展示されています。
 ファンアートを飾っているお店は多いですが、美少女着ぐるみさんの写真というケースは珍しいですね。

2014111803.jpg
たぬきさん(240円)

 コルンさんのたぬきケーキは、ロールケーキにチョコレートでコーティングされているタイプ。
 初めてのたぬきケーキは可愛く、懐かしい味がしました。
 
 また来年のあんこう祭に行けたら、コルンさんにも立ち寄りたいですね。

スポンサーサイト
[ 2014/11/18 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)