ちなきなあみ

 いつものように幕が開き恋の歌うたう私に、同窓会の知らせが届きました。

 署名は複数のクラスの生徒。
 良く見てみると、業者の名前が記載されていました。

 最近は同窓会をまとめる業者があり、1学年分卒業生全員の出欠確認から会場の手配まで幅広く代行してくれるようです。
 個人情報の取り扱いに不安はあるものの、世の中色々なビジネスチャンスがあるのだなあと思いました。

 出欠、どうしようかな?

スポンサーサイト
[ 2015/04/30 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

復活のF

2015042901.jpg

 GW初日は映画を観に行きました。
 作品は『龍三と七人の子分たち』と『ドラゴンボールZ』とどちらを観るか悩み、ドラゴンボールに決定。

 映画『ドラゴンボールZ 復活のF』の内容は、ドラゴンボールシリーズの名悪役フリーザが復活し暴れまわるというもの。
 詳しく話してしまうとネタバレになってしまいそうなので多くの感想は避けますが、なかなか面白かったです。
 
「パパには魔人ブウと破壊神ビルスには手を出すなと言われていた・・・。」

 というフリーザ様のセリフをはじめ、鳥山明先生のギャグテイストが散りばめられていましたね。
 私の好きなピッコロさんと亀仙人が活躍してくれていたのも嬉しかったです。

[ 2015/04/29 20:09 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

Finally, the Wulf has come back to New Meridian!


 相変わらずスカルガールズやってます。

 先週は新キャラのベオウルフが追加になりました。
 DLC(ダウンロードコンテンツ/ソフト本体以外に購入する必要があります。)だと500円位。
 新キャラは追加される前にゲームを購入していれば、3か月以内に申請をすれば無料でもらえます。
 なので私も無料でもらってきました。

2015042801.jpg

 ばかやろうでした。

 ただし馬鹿だけど悪いやつではないようです。
 ノリとしてはアメリカのプロレス団体WWEに近いですね。
 日記のタイトルにもなっている登場台詞も、これザ・ロックというスーパースターの決め台詞の真似ですし。
(ザ・ロックは現在は俳優業メインで、ハムナプトラ2や、スコーピオンキング、センター・オブ・ジ・アース2等に出演してます。)

 使用感も良く、私もセレベラとコンビで使用しています。 
 ワオンワオン言ってる関係でカラーリングにヴァンパイアのガロンVerがあるそうなので、今度使ってみましょうかね。



 気に入らない点を挙げるとすれば・・・・・・おまえはガールじゃないよな?っていう事くらい。

[ 2015/04/28 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

憲兵よもやま物語 ~若き伍長のイラストエッセイ~

2015042701.jpg
憲兵よもやま物語 ~若き伍長のイラストエッセイ~(山内 一生)

 戦前の「よもやま話系」が好きで、見つけるとすぐに買ってしまいます。
 なんでしょうね、子供の頃にご年配の方から話を聞いていた時のワクワク感がよみがえる感覚を覚えるからでしょうか。

 今回買ったのは憲兵さんのよもやま話でございます。 

 作者の山内さんは、スパイ映画や街中で酔っぱらいの陸軍兵を取り締まっている憲兵を見て憧れ、志願されました。
 勤務先の中国大陸で山内さんが担当したのは諜報活動。 
 アメリカや中国のスパイが無線で発信する、
「ここは日本の重要拠点だから、今度爆撃するときには狙ってくれ。」
 みたいな暗号電波を見つけて、犯行場所をおさえる任務に就いていました。
 陸軍や海軍の軍人さんと違って地味な活動ですが、実際はかなり重要だったのでしょう。

 無線やその他の知識が必要で難しい試験もあり、試験勉強も大変だったようです。
 消灯後は夜に明りが灯っていてもおかしくない場所(厠や厩舎)で臭さや落ちてくる馬糞に気をつけて勉強されていたとか。

 読んでいると、帯に書いてある通り、憲兵さんに対するおっかないイメージは覆ります。
 戦前とはいえ、基本的な価値観は今の人と変わりが無いのかなと。
 タイムスリップで過去に戻る事が出来たら、仲良くできそうかもと、どうでもいい事を考えてしまいました。

[ 2015/04/27 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

アイス初登板

 先週あたりはまだヒートテックを着た記憶があるのに、今日は半袖Tシャツで過ごしました。
 ふと部屋の温度計を見ると、気温は30度。
 日が差す所とはいえ、あまりにも暑い日々でしたね。

 そんなわけで、本日は今年初めて冷凍庫よりアイスを召還しました。 
 アイスコーヒーが美味しくなる季節になってきましたのう。

 余談ですが、この時期洋服屋さんに行っても何を買えばいいのか迷います。
 暖かくなるのなら長袖シャツはいらないだろうし、かといって半袖シャツはちょっと早すぎないかなあって。

[ 2015/04/26 20:29 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

茶はどこへ消えた

2015042501.jpg

 朝から雑用を済ませ、朝食と昼食を兼ねて秋葉原のBLAISEさんへ行ってきました。
 開店時間に合わせてお邪魔したので店内はまったり、店主さんとお話をしながら美味しいタコス&タコライスを頂きます。

2015042502.jpg

 その後はデザートと食後のコーヒーを兼ねて、VAULTさんへ。
 喫茶店の『茶』の部分が、今はもう無いそうです。
 みなさんも街角で『茶』を見かけたら、店員さんが心配しているから帰るように声をかけてあげてくださいね。

 ところで、今日はクイズマジックアカデミーシリーズの新作が出たので遊びに行ったのですが・・・。

2015042503.jpg

 前作の対戦は16人→8人→4人(決勝)だったのが今回からは8人→4人→2人(決勝)に変更。
 人数が少ない上、今までのシリーズでは自分の成績で決まっていたクラスを、今回からは自分で選べるようになったので、ものすごくクイズが出来る人が半分いると、あっという間にゲームオーバー。人数が多いと『出来る人』の絶対数もブレるので、まだ先に進めたのですけど。
 ビリから2番目で予選敗退って、初めてじゃないかな?

 2回プレイして1回目は予選敗退、2回目は2回戦敗退。

 ああ、このシリーズダメだ。
 自分に向いてない。

2015042504.jpg

 あと今回のシリーズから追加された実況担当がむかつく。
 負けたからかもしれないけどむかつく。
 負けたプレイヤーをこんな感じで吹き飛ばすのでむかつく。

 おっぱいうさぎめ。



[ 2015/04/25 19:18 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

Skull Girls DLC余話

 アメリカ産の格闘ゲーム、スカルガールズ。
 先日DLC(ダウンロードコンテンツ/有料の追加サービス)にてカラーエディションを購入し、堪能してきました。
 そして今回、新たにDLCで新キャラのアンロックを外しました。

2015042401.jpg

 アンロックキャラ、イライザ(画面左)。
 褐色、お姉さん、ナイスバディ、エジプトっぽいの。
 好みですよ、ええ。

2015042402.jpg

 ただし好みは外見だけで、中身は物理面でも精神面でもクズでんがな。

 スト2のベガやKOFのルガールが高貴に見える程、己の欲望まっしぐらなキャラですね。
 ヴァンパイアのジェダがさらに自分勝手になったような感じです。

 ちょっと癖があって使いにくいキャラでした。
 もうちょっと試行錯誤したら強くなるかしら?

2015042403.jpg

 このゲーム、外見と人間性が比例していないことが多く、ストーリーモードをプレイして初めて魅力に気づくことがあります。
 このミス・フォーチュン(画面左)はイライザの逆で、ストーリーモードをプレイして好きになりました。
 自分の首を投げたりして攻撃するキャラです。

2015042404.jpg

 首を飛ばすキャラだからか、先に導入したDLCのカラーバリエーションに、「魔法少女まどかマギカ」の巴マミバージョンがありました。
 巴マミは頭を食われて首から上が無くなったまま死んだから、このカラーが採用されたのでしょう。

2015042405.jpg

 このゲーム、割とブラックと言うか、明るくグロテスクな世界なんだよなあ。

 

 で、ここで朗報。
「スカルガールズ遊びたいけど、クレジットカード無いし、STEAMとか導入するのが難しい。」
 という皆さん。
 今度ゲームセンターのNESiCAxLive筐体で稼働するそうです。
 楽しみですね。

 いつか稼働するのか、サッパリわからないけど。

[ 2015/04/24 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

トリフィド時代

2015042301.jpg
トリフィド時代(ジョン・ウィンダム)

 今年上半期に読んだ本の中でトップクラスを争う名作に出会いました。
 トリフィド時代(ジョン・ウィンダム)というSF小説です。

 ある夜、地球を覆った美しい流星群。
 世界中の人間がそれを眺め楽しんだのですが、翌朝になると流星を見た人間がすべて盲目になってしまいました。
 これに呼応するように、油の原料として育てていた三本足で歩行する植物『トリフィド』が栽培エリアを脱走。
 盲目になった人々を襲うようになりました。
 偶然にも事故により包帯で顔を巻いていた事で盲目を逃れた主人公は、何が起こったのか確かめるために街に出るのですが・・・というお話です。

 最後まで読み終わって驚いた事が二つあります。

 まずは作品の面白さもさることながら、読み終えてから調べたら、この本が1951年に出版された事。
 64年前の作品、しかもSFなのに面白いんですよ、これ。
 電力でソーラーパネルが出てこなかったのがフシギでしたが、なるほど、半世紀以上前の作品ならそれも仕方ありません。

 それから二つ目は、前の持ち主の抜け毛がすさまじかった事です。
 古本だし、衛生要素が必要な場所で読まないのでその都度払えば良いとはいえ、抜け毛(主に髪、稀に眉毛か鼻毛?)が相当数入っていました。

 あとがきのページに短い毛が4本入っていたのには爆笑です。
 頭の中に、人類が滅亡した世界でトリフィドと抜け毛がウロウロしている光景が浮かんできまして。
 
[ 2015/04/23 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

駆逐艦「五月雨」出撃す -ソロモン海の火柱-

2015042201.jpg
駆逐艦「五月雨」出撃す -ソロモン海の火柱-(須藤 幸助)

 旅行前に読んだ本を紹介。

 白露型駆逐艦「五月雨」の搭乗員だった須藤さんが、五月雨で過ごした日々を綴った作品です。
 当時の日記をベースにしているので資料としても貴重ですし、水雷科の伝令係で指令室にいた事もあり艦内の事情がとても詳細に書かれています。
 とりわけ興味深かったのは、作者である須藤さんの人を見る目。
 確かに戦争と言う非日常の世界ですが、尊敬する上司感などは、現代に生きる我々とあまり変わらないように思えます。
 おそらく平和な時代のサラリーマンであっても、上司に求められる要素は近いものがあるでしょう

 昨年の9月に呉で2代目さみだれに乗せてもらって以降、初代五月雨に興味があったので、乗組員の方の著作が読めて何よりでした。

 以下、余談です。

 ゲーム「艦隊これくしょん」に登場する五月雨は、
「もう、ドジッ娘なんて言わせませんから!」
 って言うのですけど、この本読んでその理由がわかりましたよ。

「砲撃戦の時、間違えて味方の戦艦比叡に砲撃した。あちらも怒って砲撃してきた。」
「海面に煙が上がっていたのだか気にしなかった。しばらくしたら夕張が潜水艦に沈められたという話を聞いた。」

 潜水艦は誰もいない時にディーゼルエンジンで水上を進み、潜水する際はエンジンを電力に切り替えて潜航します。 
 つまり海面の煙は敵の潜水艦がディーゼルエンジンで進んでいたから見えた現象なのですけれども、何故か何もしないで済ませているのです。

 結局こんなドジっ娘ならぬドジっ艦の五月雨は、最後見張員が浅瀬ですよと連呼しているのにもかかわらず、艦長以下全員が別の方面によそ見をしていた結果、浅瀬に乗り上げ座礁。そのまま廃艦になりました。なんともまあ・・・。
 

[ 2015/04/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

今期アニメ話とそうじゃないアニメ話と

『Triage X』
 法で裁けぬ悪人を社会から除去する組織のお話。
 原作の仕事人みたいな雰囲気が好きだったのだけど2話で撃沈。後の視聴は若い人に任せましょう。
 おじさんにはもうおっぱいやパンツは体に毒なのよ、胃もたれしそうで。

『なのはVivid』
 生まれつきセンスがあって最初から強い魔法少女が活躍するアニメ。
 前作のストライカーズを観ていないので、これを機にあちらも観てみようかなと思いつつ視聴中。
 アルフ出せアルフ!

『てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう』
 登場人物で大喜利をするアニメ。今回で3期。
 3話で急に面白くなったなあ。
 1期も2期も面白かったので、今回も最後まで観ると思う。

『響け!ユーフォニアム』
 中学時代にそれなりに吹奏楽をやっていた女の子が、一生懸命吹奏楽をやっていた女の子と気まずい仲に。
 高校に入って吹奏楽をやろうかなと思っていたら、気まずい仲の女の子と同じ高校&吹奏楽という事がわかり・・・というお話。
 新作アニメとしては一番気になってる作品。

『SHOW BY ROCK!!』
 サンリオが本気になって、大きなお兄さんとお姉さんを取り込んで、尚且つゲーム分野にも生かせるように作った世界とその物語。
 まさに商売ロック!
 個人的には主人公と同じユニットにいる羊の女の子と、主人公と同じ事務所にいる社会人の男性メンバーが好き。


『フルメタルパニック』
 これだけDVDで鑑賞中。
 色々としっかり作られた世界観だなあと思いつつ、月に何本か借りてきて観ています。
 来週からトリアージを除いた5作が帰りの電車の共になりそうです。
 
 前期は『艦隊これくしょん(艦これ)』しか気になるのが無く、それも微妙な出来だったこともあって、今期は視聴が楽しみですね。

[ 2015/04/21 23:04 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

土産話とこだまの話

 私が京都や名古屋から東京へ帰る際、JR東海ツアーズが提供する『ぷらっとこだま』を利用します。

 東海道新幹線には主要駅にしか停まらない『のぞみ』、それに数駅プラスした駅に停まる『ひかり』、全駅に停車する『こだま』があります。
 電車で言えば、特急のぞみ、快速ひかり、各駅こだまというイメージでしょうか。
 普通、京都から東京へ行く方は、一番早く到着するのぞみを利用し、こだまには乗りません。
 主要駅以外の各駅じゃないと停まらない駅を利用しないお客さんもこだまには乗らないわけです。
 
 その空席の活用方法として、ぷらっとこだまのサービスがあります。
 元々ガラガラのこだまを利用する分、運賃は控えめ、と言うわけなのです。

 具体的には京都から東京まで、指定席で13600円、グリーンで18380円。
 これがぷらっとこだまだと、指定席が10100円、グリーンだと11600円で利用できるようになります。
 割引率は、チケットショップを大きく超えていますね。
 乗車チケットには、乗る駅構内のキヨスク等で飲み物と交換できるビール券も付いているので、お得度はさらに上がるでしょう・
(お酒が飲めない方はソフトドリンクと交換しましょう。)

 ただしこのサービス、デメリットもあります。

 この商品は乗車券ではなく旅行券なので、当日購入する事は出来ません。
 券売機などで購入する事は出来ません。
 席の変更や途中下車は出来ません。
 
 あくまでの旅行会社の商品なので、これらの融通が利かないのです。
 名古屋発で東京一泊二日の旅行だからって、静岡や神奈川の宿を利用する事が出来ないのと同じでしょうか。
 
 それからこだまは本数が少なく、到着まで時間がかかります。
 京都~東京のこだまは1時間に1本、所要時間は4時間弱。その間の車内販売はありません。
 こだまは観光客があまり利用しない為、去年だか一昨年だかに車内販売が廃止されたので、途中の駅で買う事を期待せず、乗車駅で食べ物飲み物を用意する必要があります。

 JR東海的には、
「とにかく早く行きたいお客さんはのぞみ、とにかく安く済ませたいなら深夜バス、ほどほど安くほどほど早いお客さんはぷらっとこだまで!」
 と思っているようです。
 のぞみと深夜バスの中間層を狙ったサービスなのでしょう。


 では本日最後に、旅で買ったお土産の話を。

2015041701.jpg
ブックカバー パン力車(1404円)

 去年の京都旅行で狸のブックカバーを買った清水のあけぼの亭で、今年はパンダのブックカバーを買いました。
 人力車ならぬ、パン力車です。
 元になった手ぬぐいには、何頭に1頭の割合でこちらを向いています。
 ブックカバーの布面積が狭いため、残念ながらこの製品にはいません。

 普通のブックカバーと比べて決して安くはないものの、布製の為非常に丈夫。
 本が気迫負けする位、しっかる作られています。
 狸のブックカバーは今も現役ですしね。

2015042001.jpg
西六條寺内松風(800円)

 いつも京都に来ると購入する松風。
 普段は四角くカットされた通常バージョンを食べていましたが、この西六條寺内バージョンがあるのを知り、買ってみました。
 こちらはパンケーキのような形でカットはされておらず、中に浜納豆が入っています。

 甘味の中に、たまに塩味の甘納豆。

 これが結構美味いのです。
 今度からは通常の松風ではなく、コレにしようかな。

[ 2015/04/20 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

なによーもう

2015041901.jpg

 ゲームセンターやホビーショップを中心に、秋葉原全体でラブライブの西木野真姫の誕生日をお祝いしてました。
 今まで、これほどキャラクターの誕生日を祝う作品は無かった気がする。
 ラブライブの人気の高さがうかがえます。

2015041902.jpg

 そんな今日は、昨日購入した『モンスガ 4巻』のコラボメニューを味わいにスープカレーカムイさんへ行ってきました。
 コミックの帯についている券を持っていくと食べられる特別なメニューです。
「フランス産 カマンベール入り ポーク野菜カレー」だったかな?
 モンスガの4巻で主人公がカムイさんへ食事をしに行くシーンがあり、それを記念してのコラボメニューとの事でした。
 普段こちらで食べられるカマンベールとは違った美味しさでした。

2015041903.jpg

 雨が降り始めた秋葉原を歩き、通運会館で開催されているやっちゃばフェスへ。
 入場無料で、自転車と食べ物に関する同人誌の小規模即売会が行われていました。

2015041904.jpg

 購入した本はこんな感じ。
 台湾の缶コーヒー本やドイツビール、麻婆豆腐本など、良い収穫が得られました。
 昨日秋葉原へ行ったばかりですし、今回はサックリと楽しんできた感じです。

 帰りはアメ横の二木の菓子で買い物などを堪能。
 外国人のお客様へのアピールか、抹茶味の菓子を並べたコーナーがありました。
 抹茶味のキットカットなんか、お土産に大人気らしいですからねえ。

[ 2015/04/19 18:30 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

スイーツエンジン

 ドラゴンボールZの映画は今日から封切だそうで、調べたらすでに予約もできず。
 仕方なしに朝7時からスカイリムやってました。
 おかげで朝食を食べ損ねたまま秋葉原へ。

2015041802.jpg

 ふなつかずき先生の『モンスガ 4巻』を買ってからブラブラしているうちに今度は昼食も食べ損ねます。

2015041801.jpg

 そうして今日の目的地の1つだった、中野のカフェ幻橙館へ。
 ケーキの食べ放題を実施されるとの事なので、昼食のデザート代わりに来たわけですが、前述したとおり朝起きてから何も食べておらず。

 気が付いたらケーキとキッシュを8個食べてました。
 いわゆるレギュラーメニューのケーキをコンプリートです。

 これだけケーキを食べたのは、おそらく我が人生で初めての快挙でしょうか。
 つまりこの日はケーキとキッシュ8個が、夕飯までの燃料となったわけでして。

 ハイブリッドエンジンに続く、環境に優しいスイーツエンジンの持ち主として、トヨタあたりで来てくれませんかね。

[ 2015/04/18 21:49 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

藤原氏と京の桜を巡る冒険 3日目 Part.3 キーワードで語る2日目と3日目

 2日目と3日目をキーワードで語ります。

【方広寺の鐘】
 話に夢中で、見るの忘れてしもうた。
 でも話が面白かったので問題なしで。

【和尚さんの隠し梅】
 次のお土産候補で。

【阿闍梨餅】
 清水寺の参道で食べたら美味しかったお餅。
 京都の地下で買えますよと言うので最終日に行ったら、凄まじい行列。
 諦めましたとさ。

【出町ふたば】
『たまこマーケット』のたまこの実家のモデルになった和菓子を扱うふたばさん。
 京都駅で売っているという事で帰りに寄ったら、商品が来るのが午後2時過ぎごろからだとか。
 というわけで今回は食べられませんでした。

【聖地巡礼】
 3日目の稲荷大社。アニメの聖地らしく、隣にいた男子2人組が、
「聖地巡礼で来ているのって、俺たちだけじゃね?」
 って言ってたけど、多分もっといると思うよ。

【新陳代謝よありがとう Part2】
 2日目は京都を歩き回りました。
 美味しいものを食べました。
 沢山おしゃべりをしてストレスが発散されました。

 するとどうなるか。
 新陳代謝が活発になるんですよ。
 これはビックリしました。
 例えば、トイレに何度も行きたくなるんです。
 そりゃあストレスも発散できれば、体調も良くなりますよねえ。

【大福パイ包み(正式名称不明)】
2015041702.jpg

 フェレさんから頂いた、大福をパイで包んだようなお菓子。
 2日目の悲しい対応をされたホテルで食べました。
 ホテルを探すのに苦労し、予約を忘れられていた事で苦労し、ようやく自分の部屋が決まって疲れた時の甘いもの。
 
 うまい。
 うますぎる。

【餃子の王将】
 私は基本外食をしません。
 ここや支店のレポートが外食の全てです。
 旅行から帰ってきて一度も外食の話が無かった理由は、その間まったく外食をしなかったからです。

 3日目の昼食として京都で餃子の王将へ行く理由、わかります?
 京都へ行ったら王将でしょう?

【帰りの映画】
 京都から東京まではこだまで帰りました。
 グリーン席なのにのぞみの指定席より安いパックです。
 このパックに関しては追々詳しく紹介しましょう。

 電車の中では『ザ・ウォーカー(The Book of Eli)』を視聴。
 文明が崩壊した世界で、男が本を持って旅をするお話で、北斗の拳の現代西洋版のようでした。

[ 2015/04/17 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

藤原氏と京の桜を巡る冒険 3日目 Part.2 ストイックトリッパー

2015041601.jpg

 最終日、やまだかつてないモーニングのハシゴを済ませた後は、ホテルのあった高槻駅から、あっという間に京都へ。
 なんだか味のある電車でJR稲荷駅へ向かいます。

2015041602.jpg

 伏見稲荷大社に到着。
 鳥居が凄い。

 てーれーれーてーれーれーてーれーれーれーーー♪

 そうだ、京都へ行こう!

 あのテーマ曲を歌いたくなりますね。
 唯一失敗したのは、ビデオカメラで録画しながら進んだこと。
 カメラを持つと撮影者の気持ちになってしまうのですよね。
 中を歩く参拝者ではなく。

2015041603.jpg

 確か稲荷様は『稲が成る』のだか『荷が成る』のだか『稲の荷が成る』のだかで、豊作の神様でもあるのですよね。
 江戸ではそこかしこに稲荷様があり、伊勢屋や犬の糞と同じくらいにあったと言われてました。
『伊勢屋』は伊勢商人が江戸でお店を作った事が多いので、これも数が多かったのです。

2015041604.jpg

 稲荷駅からは再び奈良方面の電車に乗り、宇治へ。
 10円玉に描かれている、平等院鳳凰堂へ来ました。

 10円玉だ、10円玉だ。

 しかし中に入るコースがめっさ混んでいるらしいので、今回はあきらめました。
 
 そして反省点がもう一つ。
 宇治に来たのにお茶も飲まずに帰りました。
 理由はパンフレットの予定通りに行動したからです。

 元々1時間とかそれ以上余裕を持ってパンフレットの予定を作っているのだから、お茶でも茶蕎麦でも食べればよいのです。
 でも予定をオーバーするのはなんか気持ち悪いのですよ。
 これは気ままな旅をされる方からしたら、どうかしていると思われるでしょうね。
 私自身もそうなんですから。

2015041605.jpg

 で、京都で90分余ったので、東本願寺へ行き、お昼を食べて帰りました。
 ただ・・・これでお土産を買ったら時間が丁度良かったので、宇治のトンボ返りは正解だったのかな?

 というわけで、さらば京都。
 今度は余裕を持った旅にするぜ。

[ 2015/04/16 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

藤原氏と京の桜を巡る冒険 3日目 Part.1 おはよう朝ごはん朝ごはん

2015041501.jpg

 4月4日、最終日の朝でございます。
 朝はホテルで朝食を食べず、やよい軒にやってきました。

 ただのやよい軒ではないのです。

 やよい軒、高槻店なんです!

2015041505.jpg
高槻やよい(砂糖酢さん作)

 およそ8年前の今頃、旧サイト時代に砂糖酢さんから頂いたやよいの作品を紹介しながら説明しましょう。
 アイドルマスターと言うゲームに高槻やよいと言うキャラクターがいまして、ファンからはこのやよい軒高槻店は聖地のような扱いを受けています。
 なんでもやよいの誕生日には大混雑になるとか。

2015041502.jpg

 ・・・ああ、まあ、食べるのは460円の目玉焼き定食ですけど。
 私は目玉焼きにソースをかける派で、外食先では醤油しかないケースが多いのですが、ここの店員さんはそれに気づいてソースを持ってきてくれました。このお心遣い、ありがたい限りでした。

2015041503.jpg

 で、朝6時頃に朝食を食べてホテルへ帰る途中に、昨晩パフェを食べた京都のカフェ、からふね屋さんの支店を発見。
 ホテルから歩いて数十秒の所にからふね屋さんがあったのです。

 ガラスのメニューを見ると、本店並みとはいかないまでも、パフェの種類がかなり充実しています。

 これは・・・朝パフェしちゃう?
 朝の6時からパフェ食べちゃう?
 お店に入っちゃおうか?

「この時間帯はモーニングセットメニューのみとなります。」

2015041504.jpg

 ばっかじゃねえの、朝からモーニングハシゴして。

 我が人生でモーニングの食べ歩きをしたのはこれが初めてですね。
 まあこの650円のパンケーキセットはコーヒーも付いているので、朝から美味しいコーヒーが飲めてなかなか良かったです。
 タマゴとソーセージが連続しちゃった事以外は。

 どうでもいいけど、ソーセージを一番おいしく感じるのは朝ごはんであるような気がする。
 
[ 2015/04/15 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

藤原氏と京の桜を巡る冒険 2日目 Part.2 京都夜桜紀行

 引き続きフェレさんに京都案内をしていただき、京都国立博物館へ。
 写真撮影こそできませんが、館内に入ると木の匂いと言うか歴史の匂いと言うか。
 独特の空気の中に、木像を中心の多くの展示品を観る事が出来ました。
 前日の奈良の、時代的には京都の博物館より古いものを見てきたので、なんとなく流れがつかめたような感じです。

 ただし展示品が多すぎて、3F建ての中の1Fを観ただけでエネルギーを使い切りました。

2015041401.jpg

 その後雨の中、清水へ。
 雨にぬれても味わいのある桜を観ながら、梅園さんへ。
 実に京都らしい(?)みたらしだんごを食べました。

2015041402.jpg

 その後桜散策隊にあけみさんが加わり、夕食後、パフェで有名なからふね屋さんへ。
 美味しいパフェを食べます。(この時のお話は支店で書く予定です。)

2015041403.jpg

 食後は腹ごなしもかねて、四条から三条にかけてぶらぶら。
 ライトアップされている夜桜を堪能しました。

2015041404.jpg

 夜と言うのに観光客も多く、桜を観たり、舞妓さん(芸者さん?)を見たり、様々な楽しみ方をしています。
 ううむ、良いものを見た。



 ・・・で、ここでフェレさん達と別れて、ホテルのある大阪府高槻市へ向かった際、ちょっとした事件が起こりました。
「予約をしていた二代目焼肉魔王です。」
「あれ? ホテルを間違えていませんか?」
 突然そんなことを言われたので驚き、ホテルの名前と予約メールを確認しても、二つの名前は合ってます。

 ・・・・・・このホテル、1か月前に予約していたのに部屋を取っていませんでした。
 しかも予約した時より高い料金をぼったくりました。

 部屋についておかしいなと思い予約メールを印刷したものをフロントに持っていったら返金してくれましたが。

 じゃらんで予約をしていたのに、ホテル側が部屋を取ってなかったって言うのはどういう事なのだろう。
 今回はたまたま空いている部屋があったから良かったものの、そうじゃなかったらどうなっていたのだろう。
 そんな冷や汗モノの二日目夜でございました。

[ 2015/04/14 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

藤原氏と京の桜を巡る冒険 2日目 Part.1 京都雨桜紀行

2015041301.jpg

 4月3日、旅行2日目。
 ラブホテルっぽいホテルを出ると、その足で京都へ向かいます。
 朝の天気は曇。
 弥次さん喜多さんの顔つきも心なしか暗めです。

2015041302.jpg

 お昼になると本格的に雨が降り出しました。

2015041303.jpg

 今日は関西在住であり当サイトの看板娘のデザイナーさんでもありますフェレさん等と合流。
 その後京都の桜を案内していただくことになっています。

 まずはフェレさんオススメの野菜バイキングのお店へ。
 880円で沢山野菜が食べられる、都野菜賀茂さんへ連れてってもらいました。

2015041304.jpg

 野菜うめえ。
 蒸かしたサツマイモうめえ。
 そうめんうめえ。
 ホルモン焼き入塩焼きそばうめえ。
 ビーフンうめえ。

 次に京都へ来た時も是非とも行ってみたいですなあ、都野菜賀茂さん。

[ 2015/04/13 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

老犬の休日

2015041201.jpg

 今日は家で日記を書いたりゲームをしたりして過ごしました。
 愛犬はベランダで日向ぼっこ。
 声をかけると気を使ってこちらへ来てしまうので、起こさない程度の距離で撮影しました。

 今年で彼も11才。
 このサイズの犬の平均寿命が12~13才である事を考えると、なかなかの老犬になるのでしょうか。
 全身茶色だった毛並みも、白髪なのか、白い毛がチラホラ見受けられます。

 そのかわり、落ち着き度は急上昇し、主人を見るとプロレスごっこもしなくなり、頭を股に突っ込んで撫ででアピール全開。
 ちょっと寂しい反面、可愛がる手間も省けます。
 人間の言葉はわからないまでも、なんとか理解しようとする姿勢も見せますし。

 それからインターネットなどで呟かれる、
「日本犬(柴犬)って、我が属性は風!っていう顔をしてるよね。」
 という話は、オーストラリア生まれの我が家の愛犬にも言えるなあと感じる事があります。
 風下で風を受ける顔は、まさに『我が属性は風!』ですね。

[ 2015/04/12 21:51 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

Get ready for a show stopper! ~ゾンビから骨へ~

2015041101.jpg

 奈良京都へ旅に出ている間、サバイバルゲーム『7 Days to Die』のバージョンアップが実施されました。
 早速新しいワールドを楽しんだ所、難易度が難しくなっており、不便になってました。
 それだけなら経験で何とかなるものの、演出部分が強化され過ぎて、画面が重くなったり、揺れが大きくなりゲームをしている間に酔う事も。

『7D2D』は自動的にバージョンアップされるので古いバージョンでも遊べず、改善されるまで放置する事にしました。

 代わりにSTEAMで購入したのが、アメリカの格闘ゲーム『SKULL GIRLS(スカルガールズ)』
 日本の萌えアニメと、アメリカのカートゥーンをミックスさせたような、不思議な世界観のゲームです。
 価格は1500円位。

2015041102.jpg

 ゲームシステムはカプコン系。
 マーベルVSカプコンとかヴァンパイアハンターに近いものがあります。 
 必殺技コマンドを簡単にし、さらに今まで遊んできたどの格闘ゲームより詳しく親切なチュートリアルモードもある反面、複雑なコンボも存在し、初心者から上級者まで楽しめそうな作品でした。
 マブカプかヴァンパイアのどちらかが好きな方にはオススメできると思います。

 あと個人的にはふくよかなキャラの絵柄がとっても自分好み!

 私が使用するキャラは画面左の女の子、セレベラ。
 両腕がついているフシギな帽子を操る、いわゆる『投げキャラ』です。
 投げコマンドもお手軽なので、初心者向けのキャラみたいですね。
 私はマブカプ2でザンギエフ使いなので彼女を選びました。

2015041103.jpg

 各キャラには20種類くらいのカラーリングがあり、500円程度のDLCを買えばすべて使えるようになります。
 上の画像はカラーリングNo.18、通称『暁美ほむら(魔法少女まどかマギカ)』バージョン。

 セレベラの声を担当されているクリスティーナ・ヴァレンズエラ(Cristina Valenzuela)さんがアメリカ版のまどか☆マギカで暁美ほむらを演じているから採用されたカラーリングだとか。
 クリスティーナさん、日本のアニメの吹き替え版で大活躍みたいで、ほむら以外にも・・・。

・ローゼンメイデンの金糸雀
・ゼロの使い魔のルイズ
・けいおんの秋山澪
・魔法少女リリカルなのはの高町なのは


 等など、主役級のキャラを多数演じられているそうです。
 北米版のまどマギ、探してみようかな?

[ 2015/04/11 13:58 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

藤原氏と京の桜を巡る冒険 1日目 Part.9 キーワードで語る1日目

 旅行記2日目は月曜日からキリ良くやりたいということもあって、1日目のお話をキーワードで語ってみる事にしました。

【深夜のカフェとファミレス】
 夜行バス乗車までの時間調整にカフェやファミレスを利用します。
 夜のカフェやファミレスは隣の席の会話が熱いです。
 意識して聞こうとしなくても、耳に入ってしまいます。

 昨年9月、広島行きのバス待ちの際に利用したカフェでは、なんかマルチ商法的な、ネズミ商法的な勧誘をしていました。
 明らかに話慣れてない方がカモなんだろうなあと思って聞いてました。

 今回の奈良行きのバス待ちの際に利用したファミレスでは、男友達同士で一方が自分の彼女の悪口を言ってました。
 曰く、彼女が腐女子で腐話題ばっかりするし、ブスであると。

 あーサイゼリヤって、隣のテーブルに料理をプレゼントするサービスってやってくれないんですかね。
「こちら、お隣のお客様からでございます。」
 とか言って、アツアツのエスカルゴを頭からドバーってやりたいと思った。

【コナモノスタンド】
 ホテルのある大阪と、旅先の奈良で思ったんやけど。
 駅前にコナモノ屋さん、多くないか?
 お持ち帰りで、お好み焼きと焼きそばとタコ焼き扱ってるんや。
 
 慣れない関西弁を使っていたら吐血したので、東京弁に戻るで。

 これが関東だと、銀だこみたいなものはありますが、ヨーカドーの地下位にしか同じようなお店は無いんですよ。
 すっかり夕食を食べた後に見つけたので、残念でした。

2015041001.jpg

【朽ちた自販機】
 飛鳥寺で発見しました。
 味がある!

2015041002.jpg

【せんとくん】
 奈良市街においてしかまろ君に圧倒的大差で負けていたせんとくん。
 万葉文化館ではツーショット写真も含めて人気があったようです。

【サービス精神】
 万葉文化館で撮影をしていたら、係員さんが声をかけてくださいました。
「よろしければ、お写真お撮りしますよ。」

 ありがたい。

 でもご容赦願います。
 蝋人形と同じポースを取るわけにもいかないしなあ。

[ 2015/04/10 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

藤原氏と京の桜を巡る冒険 1日目 Part.8 御座候

2015040901.jpg

 1日目の宿泊地、枚方市のホテルに着きました。
 
 原色で塗られた壁の建物。
 外から誰が出入りしているかわかり辛い目隠し的な壁。
 小さな窓のサイズの受付。
 その隣にある写真パネルが沢山展示できそうな蛍光灯エリア。

 どう見ても元ラブホテルです。

2015040902.jpg

 確かにオトナの街にあるホテルなので、ラブホテルで運営していたのでしょう。
 駅の近くにあるので、ビジネスホテルに変えたのかも?

 元ラブホのおかげでトイレとお風呂が分かれてますし、二人での利用を想定されていた部屋なので広いですし、TVは大きいですし、京都の四条あたりへは電車で一本ですしで、偏見さえなければとても良い宿でした。

 1日目に受付をしてくれたおばちゃんが翌日朝ごはん作っていたのにはちょっと面白かったです。
 アットホームだなあ。

2015040903.jpg
御座候 赤あん(85円)

 そうそう、去年の兵庫旅行で食べられなかった兵庫版大判焼き『御座候』が枚方駅にありました。
 もっちもちしていて美味しいなあ。

 ちなみに夕飯はすき屋とマクドナルドのハンバーガーです。
「旅先なんだからファーストフードなんて・・・。」
 とか言わないでね。
 
 旅って言うと都会から田舎へ、的なイメージを持つ方が多いんですけど、アビコシティは田舎なんですからね。
 歩いて行ける距離にはファーストフード店なんて無いんですよ。
 ハンバーガーとポテトをお持ち帰りでホテルに持ち帰って、阪神ヤクルト戦を観ながら食べるなんて、憧れなんですよ!

[ 2015/04/09 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

藤原氏と京の桜を巡る冒険 1日目 Part.7 薬師寺砂漠

2015040801.jpg

 スケジュールが上手くいったおかげで、予定にはなかった薬師寺へ行くことが出来ました。
 飛鳥寺のある橿原神宮前駅からホテルのある枚方市駅までの間にありますしね。

 でも午後の3時なのに、まだ昼食食べてません。
 食事ができる所と、バスの残り時間の組み合わせが悪くて。
 薬師寺のある西ノ京駅を降りたらなんかファーストフード店くらいはあるだろうなんて思って降りてみたら、待っているのは自販機が二台だけでした。

 グーグルマップと比べて随分寂しい街並みでした。
 あの画像、4年前の物だったのか。

2015040802.jpg

 さて薬師寺と言えば、観るべきは国宝の薬師三尊像。
 撮影は禁止なので文章だけなのが残念ですが、薬壺を持っていない薬師如来像はなかなかレアです。
 この訪問の翌日、京都の博物館で見た薬師如来は薬壺持ってましたからね。
 どうやら「薬師如来なんだから薬壺を持たせよう!」っていう風潮が出来る前に作られたものなので、持っていないそうです。

2015040803.jpg

 撮影ができる模型版の薬師如来像台座はこちら。
 いわゆる普通の仏像の台座とは違う趣を感じられませんか?
 こちらも歴史が古いものなので、ペルシャ(唐草葡萄模様)やインドのデザインが取り入れられています。

「世界史でも学ぶシルクロードの最終地点は奈良なんだよ!」
 っていう奈良県サイドの発言。
 ・・・ホントの事だったんですね。


[ 2015/04/08 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

藤原氏と京の桜を巡る冒険 1日目 Part.6 万葉チェゲラ!

2015040701.jpg

 飛鳥寺から15分弱ほど歩いたところにある、万葉文化館。
 日本最古の和歌集、万葉集にまつわる資料館です。

2015040702.jpg

 万葉集そのものよりも、万葉集が出来た頃の日本の様子を解説している施設なので、予習無しでも楽しめる事でしょう。
 入館は無料なので、飛鳥寺とセットで訪問されればよいと思います。

2015040703.jpg

 例えば市場では、蝋人形等を使用して「当時の人々が何を食べていたか?」などの資料が展示されています。
 奈良時代の大根やリンゴって、小さいんですね。

2015040704.jpg

 それから面白かったのが万葉歌の聞き比べ。
 万葉歌を6パターンに歌ったり発音したりして、自分が好きな物に投票しよう!という企画なのですが。

 ・・・ラップ風!

「あっしっひきぃっの~♪」
 
 おお、なんかフワフワ言ってるなあ。

 ちなみに私は古代発音に投票しました。

2015040705.jpg

 一通り展示物を楽しんだ後、ふと庭を眺めると、普通に遺構。
 さすが奈良ですなあ。



 そしてここで大切なお知らせがございます。
 帰りのバスが15分後に来ます。
 それを逃すと1時間近く待たされます。 

 今回、こんなのばかりだあ。
 奈良は電車とバスの観光客に厳しいぞ。
[ 2015/04/07 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

藤原氏と京の桜を巡る冒険 1日目 Part.5 奈良の大仏の先輩

2015040601.jpg

 榛原から近鉄で橿原神宮前へ。
 そこからバスに乗り飛鳥大仏前で下車すると、目の前にあるのが飛鳥寺です。

 作ったのは大工さんです。
 うそです蘇我馬子です。

 飛鳥時代の人物、蘇我氏の氏寺になっています。
 日本最古の本格的な寺院だったりもします。

2015040602.jpg

 そしてこちらが飛鳥大仏。こちらも日本最古の大仏で、東大寺の大仏より1世紀近く先輩です。
 まだ大仏のフォーマットが定まっていない事や製作者側に朝鮮からの帰化人(最近では渡来人とも言います)が関わっていることもあり、奈良や鎌倉の大仏とはまた違う趣があります。

 また、庭にある鐘は誰でもつけます。
 飛鳥寺の鐘は清らかな音を発し、つく側が思わず合掌してしまうほど。
 歴史を感じる鐘でした。
 なんといっても世界最古のお寺の鐘ですからね。

2015040603.jpg

 鎌倉時代初期に落雷火災で多くを焼失し現在は小さくまとまったお寺ですが、当時はこんな大きな寺院だったようです。
 寺院の形態も、現在のお寺とは違いますね。

 今でこそどこのお寺もメインの建物は中央にある講堂だったりしますが、昔の寺院の中央には塔が置かれていました。
 塔の中にはお釈迦様の遺骨、いわゆる仏舎利(ぶっしゃり、お寿司のシャリの語源です。)を納めており、これをサンスクリット語でストゥーパと呼びます。我々が知っている、お墓の後ろに差す卒塔婆(そとば)の由来はこのストゥーパです。

 だけど高層ビルも無い大昔にこんな金属で出来た大きな塔を建てたら、そりゃあ雷だって落ちます。
 多くの寺院の歴史に「雷によって焼失」という文章があるのも、それが理由でしょう。

2015040604.jpg
入鹿の首塚

 蘇我一族の氏寺である飛鳥寺の裏側には、乙巳の変で中大兄皇子と中臣鎌足に討たれた蘇我入鹿の首塚があります。
 このクーデターで天皇家をないがしろにしていた蘇我家が衰退し、今度は入鹿を討った中臣鎌足が藤原姓を賜り一族で天皇家をないがしろにするとは、歴史とは皮肉なものです。



 以下、余談です。

 藤原一族後に長屋王を謀殺して祟りに恐れて東大寺に大仏を造ります。
 そして陰謀に懲りることなく、今度は半世紀後に早良親王を幽閉。
 早良親王はハングリーストライキで無実の罪への抗議をしている間に憤死。
 今度は周囲の病死と飢饉や天災が起こり、祟りから逃げるように都を奈良から京都に移します。

 藤原京から平城京へと遷都した際、大きく遷都活動を行ったのは藤原不比等でした。
 藤原京から平城京へ、さらに平城京から平安京へと、一連の流れ全てに藤原氏の意向が含まれていたのですね。

[ 2015/04/06 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

藤原氏と京の桜を巡る冒険 1日目 Part.4 葵三代 ロケ地訪問

2015040501.jpg

 奈良駅から桜井駅へ行き、近鉄に乗り換え榛原駅まで向かいます。
 この車両は自分しか乗っておらず、貸切状態。

2015040502.jpg

 旅に出ると、山の多さに驚きます。
 旅に出たての時は失礼な事に、「田舎だからかな?」なんて思ってました。
 
 でも愛知でも兵庫でも奈良でも広島でも山を見るんですよ。
 不思議に思ってたら、最近急に結論が出ました。 
 千葉や東京の車窓で見られる山は筑波山(茨城県)と富士山(山梨/静岡で現在所有を巡り戦争中)だけなのですが、その答えは『旅先で山が多い』のではなく、『関東に山が少ない』からなのでした。
 関東平野って言いますしね。

2015040503.jpg

 榛原駅からはバスに乗り、狭い道をクネクネ。
 山中のコンビニに寂しくなびく艦これののぼりを発見しながら、大宇陀高校前のバス停で降ります。

 バス停からは歩いて20分位でしょうかね。

2015040504.jpg

 そしてこれが瀧桜、通称又兵衛桜です。
 大坂夏の陣で死んだと思われた戦国武将の後藤又兵衛が実は生きていて、ここに屋敷を構えていたという伝説があったそうで。
 その屋敷跡に咲いていた桜だから、又兵衛桜と言うのですね。

 個人的には又兵衛は夏の陣で戦死した説を支持しますが、中には生きている説があっても良いのかも。
 入場料は100円で、桜の保存に使用されます。

2015040506.jpg
大福(120円)

 桜の近くでは近所の方々による販売コーナーがあり、簡単な食事やドリンクが買えます。
 値段はどれも良心的のようです。
 試しに大福を買ったらホットプレートで温められていた事もあり、カマンベールチーズ並みにトロットロなお餅とホクホクなあんこで、これが絶品。
 桜を観ながら大福なんて、贅沢ですなあ。

2015040507.jpg

 ちなみにこちらが大河ドラマ『葵三代』のオープニングを引用したものです。
 本放送からしばらくして改修工事が行われ、雰囲気は少し変わっていた様子。

2015040505.jpg

 大河ドラマのオープニングを意識して撮影したのがこちら。
 左手に桃の花、右手に山っていうのは合っているけど、角度が違うかな?
 もっと下から撮ると近づくのかも?
 立ち入り禁止の場所もあるので、まったく同じ構図は難しいと思われます。

 
 そしてここで大切なお知らせがございます。
 帰りのバスが20分後に来ます。
 それを逃すと1時間近く待たされます。

 はい、バス停への大宇陀大返しですね。
 奈良の時と一緒ですね。
 夜行バスで奈良に来たばかりでこれではなかなか厳しいですね。
[ 2015/04/05 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

藤原氏と京の桜を巡る冒険 1日目 Part.3 東大寺の中にある館員用階段の角度がほぼ垂直で怖かった件

2015040401.jpg

 奈良駅から歩いて35分位歩いて東大寺へ。
 
2015040402.jpg

 大仏のある大仏殿は遠くから見ても大きいけれど、近くで見ると巨大さがさらに増しますね。
 ただこれもフルサイズではなく、1709年に再興されたもの。
 これよりさらに大きかった前の大仏殿は戦国大名の松永久秀が焼きました。

 彼が信長への裏切りに失敗し、平蜘蛛釜に火薬を詰めて自爆をした際、罰が当たったと思った人が沢山いたとか。

2015040403.jpg

 大仏様はとにかくデカい。
 こればかりはみなさん実際に見てもらいたいです。
 なるほどこれならば現代人が見ても、世の乱れを収めてくれそうなくれそうな力を感じます。
 
 一応説明では世の中を鎮める為に造られたとなっていますが、長屋王(ながやのおおきみ)の一件も無関係ではないでしょう。
 藤原一族のゴリ押し政治に反対していた長屋王を無実の罪で陥れて謀殺した(自殺させた)後、長屋王と争い死に追いやった藤原四兄弟が全員天然痘で死んでしまうという事態が発生。兄弟4人が、発病から1年の間にみんな死んでしまった事から、さすがにこれは長屋王の祟りではないかと疑う人がいたはず。
 菅原道真の例もあるように、祟りは祟り主の位が高く、無実であるほど強いと考えられていたので、皇族の祟りはトップクラスに恐れられた事でしょう。

 もっともこれらは自分達の歴史書に、
「無実の罪で長屋王を殺したので、藤原四兄弟が全滅したのは祟りだと思われる。それを収めるために大仏を造った。」
 なんて悪く書けませんから、資料は残りませんし、資料に残らないので教科書などにも載りませんけれど。

 長屋王が即位に反対していた藤原不比等の孫である聖武天皇が大仏建造を命じた時に、周りの人はさすがに怪しんだのではないかと思います。

2015040404.jpg

 大仏を横から撮影。
 ファミコンの『火の鳥 鳳凰編』ってこんなパッケージじゃなかったかな?

 帰宅して調べたら、右手ではなく左手からの構図になってました。

2015040405.jpg

 鬼瓦。
 これ我王が作ったやつかな?

2015040406.jpg

 というわけで旅の目標1か所目、東大寺をクリア。
 帰りに鹿せんべいを買ったら、せんべい屋さんから受け取った途端に多くの鹿から洗礼を受ける羽目に。
 みんな頭突きしてくるんだよなあ、せんべい欲しさに。
 この写真も3回目のチャレンジでようやく撮影できました。


 
 そしてここで乗り継ぎデータを確認。
 あと20分後に発車する電車に乗ったら、目的地へ向かうバスにストレートに乗れます。
 それを逃すと、次のバスが発車するまで1時間待つハメになります。

 奈良駅までは2.5km。
 行きに30分かけたこの道のりを20分弱で戻ってきたこの競歩並の移動は、後に『奈良大返し』という名前で教科書に出てくることでしょう。
 こんなに必死で歩いたのは久しぶりです。
[ 2015/04/04 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

藤原氏と京の桜を巡る冒険 1日目 Part.2 し・か・と

2015040301.jpg

 朝マックを済ました後は東大寺方面へてくてく歩いていきます。
 街中に鹿が沢山います。
 国道クラスの道路を鹿が横断しています。
 横断歩道を利用するとか、ただものじゃないね。

2015040302.jpg

 東大寺へ向かう間に氷室神社を発見。
 今回の旅で初めての花見写真が撮れます。

2015040303.jpg

 思わず紅桜をパチリ。
 桜の名所らしく、カメラマンも沢山いました。


[ 2015/04/03 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

藤原氏と京の桜を巡る冒険 1日目 Part.1 ならされている地

 旅の出発は4月1日、午後9時半頃。
 夜行バスで録音してあったラジオを聴きながら、寝て、起きて、休憩所でトイレ行ってをしているうちに朝6時30分には奈良につきました。
 3列シートで5500円という安さだったので、なんか椅子の下から呻き声とか聞こえるのかなと思ったらそうでもなく、終始快適でした。
 お客さんの入りは7割位だったかしら?

2014040201.jpg

 奈良駅です。
 もともとこの地は「平らな土地(平す/ならす)」から、平城京と呼ばれていました。
 現代人の「へいじょうきょう」等とは違って、当時は訓読みで『平城京』を「ならのみやこ」と読んでいたようです。

 確かに多少坂道はあるけど、平らですね。
 あと駅前なのに朝から利用できるカフェとか牛丼屋が全然無いなあ。
 30分程歩いて時間をつぶし、7時開店のマックをようやく利用できましたよ。

2014040202.jpg

 それから一時期話題になった「せんとくん」が息をしてない。っていうか、全然見当たらない。
 この自販機くらい。

2014040203.jpg

 代わりに奈良を席巻していたのは、しかまろくん。
 どこのお土産でもグッズの主力は彼でした。

 せんとくん、味があって好きなんだけどなあ。

[ 2015/04/02 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

藤原氏と京の桜を巡る冒険 0日目

2015040101.jpg

 それでは、奈良と京都の旅へ行って参ります。
 無事に帰ってきたら日記もたくさん書こうと思いますので、よろしくお願い致します。

 ちなみに今回の表紙は我が娘のプリシア(たぬさん制作)です。
 支店では近いうちに4コマも更新されるかな?

[ 2015/04/01 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)