藤原氏と京の桜を巡る冒険 1日目 Part.1 ならされている地

 旅の出発は4月1日、午後9時半頃。
 夜行バスで録音してあったラジオを聴きながら、寝て、起きて、休憩所でトイレ行ってをしているうちに朝6時30分には奈良につきました。
 3列シートで5500円という安さだったので、なんか椅子の下から呻き声とか聞こえるのかなと思ったらそうでもなく、終始快適でした。
 お客さんの入りは7割位だったかしら?

2014040201.jpg

 奈良駅です。
 もともとこの地は「平らな土地(平す/ならす)」から、平城京と呼ばれていました。
 現代人の「へいじょうきょう」等とは違って、当時は訓読みで『平城京』を「ならのみやこ」と読んでいたようです。

 確かに多少坂道はあるけど、平らですね。
 あと駅前なのに朝から利用できるカフェとか牛丼屋が全然無いなあ。
 30分程歩いて時間をつぶし、7時開店のマックをようやく利用できましたよ。

2014040202.jpg

 それから一時期話題になった「せんとくん」が息をしてない。っていうか、全然見当たらない。
 この自販機くらい。

2014040203.jpg

 代わりに奈良を席巻していたのは、しかまろくん。
 どこのお土産でもグッズの主力は彼でした。

 せんとくん、味があって好きなんだけどなあ。

スポンサーサイト
[ 2015/04/02 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)