Get ready for a show stopper! ~ゾンビから骨へ~

2015041101.jpg

 奈良京都へ旅に出ている間、サバイバルゲーム『7 Days to Die』のバージョンアップが実施されました。
 早速新しいワールドを楽しんだ所、難易度が難しくなっており、不便になってました。
 それだけなら経験で何とかなるものの、演出部分が強化され過ぎて、画面が重くなったり、揺れが大きくなりゲームをしている間に酔う事も。

『7D2D』は自動的にバージョンアップされるので古いバージョンでも遊べず、改善されるまで放置する事にしました。

 代わりにSTEAMで購入したのが、アメリカの格闘ゲーム『SKULL GIRLS(スカルガールズ)』
 日本の萌えアニメと、アメリカのカートゥーンをミックスさせたような、不思議な世界観のゲームです。
 価格は1500円位。

2015041102.jpg

 ゲームシステムはカプコン系。
 マーベルVSカプコンとかヴァンパイアハンターに近いものがあります。 
 必殺技コマンドを簡単にし、さらに今まで遊んできたどの格闘ゲームより詳しく親切なチュートリアルモードもある反面、複雑なコンボも存在し、初心者から上級者まで楽しめそうな作品でした。
 マブカプかヴァンパイアのどちらかが好きな方にはオススメできると思います。

 あと個人的にはふくよかなキャラの絵柄がとっても自分好み!

 私が使用するキャラは画面左の女の子、セレベラ。
 両腕がついているフシギな帽子を操る、いわゆる『投げキャラ』です。
 投げコマンドもお手軽なので、初心者向けのキャラみたいですね。
 私はマブカプ2でザンギエフ使いなので彼女を選びました。

2015041103.jpg

 各キャラには20種類くらいのカラーリングがあり、500円程度のDLCを買えばすべて使えるようになります。
 上の画像はカラーリングNo.18、通称『暁美ほむら(魔法少女まどかマギカ)』バージョン。

 セレベラの声を担当されているクリスティーナ・ヴァレンズエラ(Cristina Valenzuela)さんがアメリカ版のまどか☆マギカで暁美ほむらを演じているから採用されたカラーリングだとか。
 クリスティーナさん、日本のアニメの吹き替え版で大活躍みたいで、ほむら以外にも・・・。

・ローゼンメイデンの金糸雀
・ゼロの使い魔のルイズ
・けいおんの秋山澪
・魔法少女リリカルなのはの高町なのは


 等など、主役級のキャラを多数演じられているそうです。
 北米版のまどマギ、探してみようかな?

スポンサーサイト
[ 2015/04/11 13:58 ] 日記 | TB(0) | CM(0)