トゲ屋敷リターンズ

2015073001.jpg

 艦これを終戦とした代わりに、また『7 Days to Die』を再開しました。

 ちょっと遊ばないうちにバージョンアップが繰り返され、
「重い事は重いけど、それでもなんとかなりそうな軽さ。」
 には改善されていました。

 ゾンビ映画によくあるような安全な拠点を、このゲームの制作陣は嫌っているらしく、籠城しにくい仕様をこれでもかと加えているものの、難易度設定で割と自分好みにアレンジできるので、なんとかやっていけるでしょう。

 改善点について、特筆すべきはミニバイクの導入です。
 パーツを作ったり集めたりして組み立てると、ナイスなミニバイクが出来ます。

 ただバイクが出た分、マップのサイズが広くなってしまったような気がするかも?

2015073002.jpg

 で、新しい家はやっぱりトゲハウス。
 籠城させない政策の一環として、農作業の効率が悪くなったので、離れの農場を別に作ってます。
 さてさて、これで何日までやっていけるかな?

スポンサーサイト
[ 2015/07/30 09:09 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

民王

 最近、テレビ朝日で放送されている「民王」というドラマを観ています。

 やり手の総理(父)とダメな大学生(息子)の中身が入れ替わっちゃって、ダメな大学生が演説をかましたり、総理大臣がみぞゆう(未曾有)とか言っちゃうドラマです。
 深夜枠なので予算もそれほど確保できないのでしょうが、それでもなかなか面白い作品だなあと思い観ております。

 そういえば、信長のシェフも同じ時間帯のドラマだったんですよね。
 あちらも深夜枠の予算で良くできていましたっけ。

 金曜日の夜と言う、明日休みでのんびり観るドラマとしては、優秀な作品ですね。



[ 2015/07/28 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ワンダーフェスティバル オトナのお話

 ワーオッ!な画像はありませんが、今日の話題はオトナだけで楽しむものです。
 18歳未満の人はガリガリ君買ってきてください。

 何ソーダ味買ってきてんだよ。
 俺がガリガリ君って言ったら、コーラ味の事じゃねえかよ!

 はい、それではここから先は追記で。

[ 2015/07/27 22:15 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

かしこい かわいい らっかせイーチカ

2015072601.jpg

 1年ぶりに、造形をテーマにしたイベント『ワンダーフェスティバル』へ行ってきました。
 千葉はここ数日でも、というより今夏でもトップクラスの暑さらしく、それはもう暑うございました。
 それでも幕張メッセは良心的で冷房を利かせてくれる為、室内では割と快適でしたが、やや熱中症となったのか帰宅後頭痛が痛かったです。

2015072602.jpg

 それでは早速撮影したものを数点紹介しましょう。
 まずは「惑星大戦争」より轟天号(ごうてんごう)。
 惑星大戦争のものは、私の知っているバージョンとは少し違うパターンですね。

 ドリルは男のロマンです。
 
2015072603.jpg

『バーチャロン』から、バイパーII。
 これ20年前のゲームなんだけど、デザインの古臭さみたいなのが無いのよね。

2015072604.jpg

 可愛いあたりも攻めていきましょう。
『ガールズ&パンツァー』から西住殿。
 下に写っているのは秋山殿です。

 今年公開の劇場版があるので、ガルパンファンのテンションはかなり上がっているようでした。

2015072605.jpg

 劇場版と言えば、全国的に大ヒットしたのがラブライブ。
 私が見た限り、今回のワンフェスではエリーチカこと、絢瀬絵里のフィギュアが沢山展示されていました。
 μ'sの中でもっとも多く単品で販売されているフィギュアは、ひょっとしたらこのエリーチカだったのかも?

2015072606.jpg

 千葉県民はエリーチカに優しいのでしょうかね?
 どちらかといえば東條希役の楠田亜衣奈さんの方が、千葉県出身というステータスがあるはずなのに、希をあまり見かけませんでしたね。

2015072607.jpg

 にこちゃんも割と人気だったかな?
 あとはことりや穂乃果が人気だったかも?

 また、ワンフェスの楽しみと言えばコスプレ撮影。
 この日もラブライブや艦隊これくしょんなど、多くの人気作品の衣装をまとったコスプレイヤーさんが観られました。
 コミックマーケットと違い小道具などの制約も少ないので、可愛らしい方からカッコいい方まで様々おられましたね。

2015072608.jpg

 その中から今回掲載の許可を頂いた、『艦隊これくしょん』より、戦艦陸奥のコスプレイヤーさんを紹介。
 もう凛々しいというか麗しいというか、素敵な方でした。
 己の撮影技術の未熟さが口惜しいです。ご本人は写真よりもっと素晴らしかったのですよ。





 ・・・・・・で、ここで終われば最高だったのだけれども。
 美少女着ぐるみさんの撮影をお願いしようと待機していたら、着ぐるみさんのサポート役の方が自身の後方を確認せずに後退。
 私の一眼レフのレンズに、汗だらけのうでをベッタリとつけていかれました。
 さすがにこの状態では撮影が続けられないので、これで退場。

 この暑い中、視界やアクションに制約のある着ぐるみさんのサポートをされる事は立派で素晴らしい事なのですが。
 次回からは気をつけていただきたいものです。
 悪気が無いのはわかっているので、謝って欲しいとか弁償して欲しいとは言わないので。
 不慮の事態に備えて、レンズカバー付けてましたので、拭いて掃除をするか、レンズカバーを買い替えれば済むことですから。

 それにしても、ワンフェスは夏に1回強風で行けなくなり、冬に1回大雪で行けなくなり、さらに今回のレンズカバー事件。 
 よほどワンフェス運が無いのかな、私は。

 これほとツイていないのなら、次回から参加するかどうかちょっと考えようかな。


[ 2015/07/26 18:03 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

天さん、ボクのエアコンが利かない!!!

 朝から自室の気温は30℃近くをキープ。
 冷房をかけるものの、温度計はほとんど変化なし。

 通常冷房の設定は25~26度でちょうど良い感じなのに、何度下げても室温に変化なし。
 冷房の設定を20度にしたところで、ようやく室温が26度に下がりました。
 
 いや、今日どうしたんでしょうなあ。
[ 2015/07/25 21:05 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

食う方 作る方 Part.2

2015072401.jpg
魯山人味道(北大路魯山人著/平野雅章編)

 先に紹介した辻静雄さんが作る方代表なら、食べる人の代表は明治から戦後を生きた北大路魯山人さんです。(以降敬称略)

 魯山人の名前を御存じなくても、『美味しんぼ』の海原雄山を御存じの方が多いかもしれません。
 海原雄山のモデルは魯山人で、雄山本人も海原雄山を目標にしている設定になっています。
 美食倶楽部を作ったのも魯山人ですし、作中に出てくる岡星という料理屋は、きっと魯山人が作った「星岡茶寮」をもじったものでしょう。
 もっとも魯山人もこの名前を谷崎潤一郎の小説『美食倶楽部』から無断借用したそうなので(谷崎版は中華料理)、孫借りとでも言うのでしょうか。

 雄山が美食倶楽部を作るのも、連載序盤でフランス料理の鴨をわさび醤油で食べたのも、食器にこだわるのも、すべて魯山人の影響です。
 最近の彼はすっかり人がまるくなりましたが、連載初期の雄山は魯山人かぶれだったのですね。

 さて、昔読んだ魯山人の著作をもう一度読み直してみると、改めて気が付くことがあります。
 食道楽の本として読んでいたのが、辻さんの本に接した事により、作る人と食べる人の違いというのが見られるのです。

 ざっくりと双方の考えを箇条書きにしてみましょうか。

 辻静雄(作る人)
・いわゆる家庭での料理上手が料理人になれる適正要素ではない。
・料理を学ぶためには自腹で美味しい高級な料理を食べなければならない。
・化学調味料は上手く使うようにする。
・最高級の素材で最高級の料理を作ってもお客さんが何度も食べに来られる価格で提供できないと商売としては成り立たない。

 北大路魯山人(食べる人)
・家庭料理が上手いと呼ばれる人間が料理上手というわけではない。
・料理を学ぶためには自腹で美味しい高級な料理を食べなければならない。
・化学調味料は味が均一になるので良くない。
・人に任せると原価やその他の要因で打算的な料理を食べなくてはならないので、自分で作るのが一番である。


 他にも双方の考えの違いはいくらでも挙げられますが、 リストアップすると割とくたびれるので、この辺でおしまい。

 ソースを活用するフランス料理界の辻静雄と、素材の持ち味を生かそうとする日本料理界の北大路魯山人とで、そもそも料理に関する概念そのものが違うのですが、全体的に見ると、辻は料理人として食べていく為の考えで、魯山人は美味しいものを食べる為の考えであるようです。
 お互い相反する立場ながら、
「会合や式典などで出される料理は付き合いも多く味なんてわからないので、自分のお金で自分の舌を鍛える事が必要。」
 という考えが割と近い共通認識となっていると言うのも興味深いですね。

 双方の人生には大きな差があり、辻静雄が多くの弟子を育て愛されながら亡くなったのに対し、魯山人は妥協を許さない性格と発言で友を多く失い孤独のうちに亡くなっています。
 母の不倫の結果で世に生まれ、父はそれを受け入れられずに自殺。
 出産後1週間も経たないうちに口べらしで外に出されてしまった彼には、家族が生み出す愛情と言うものも無かったのかもしれません。
  
 私自身魯山人が好きですし、あまりネガティヴな事を書いても皆さんが読んでいて面白くはないと思うので、最後に魯山人論を書き記します。

・食器は料理の着物である。いくら良い料理でも、食器や盛り付けがダメならそれはダメな料理となってしまう。
・例えば関西の鯛や関東の鮪など食材には良いものを取れる地域があるが、知識だけ詰め込んでも無駄である。
・野菜ひとつとっても、いくら名産地の物であっても鮮度が悪いのであれば、近所で採れる野菜の方が美味しい事も多々ある。
・自分の懐具合に合わせた食の楽しみ方がある。食材の良し悪しを見分ける力があれば、それなりに美食を楽しめる。
・料理が上達するために必要な素質は、「料理を楽しめる事」である。
・美味しく料理を食べるためにもっとも必要な要素は、空腹である。

 
 どれも、現代を生きる我々にも共通する魯山人論ではないでしょうかね。
 こういう考えを、グルメブームよりずっと以前に発言しているのですから、やっぱりこの人タダモノではないよなあと思うのです。

 ちなみに、魯山人の死因は肝吸虫による肝硬変。
 肝吸虫はコイやフナに寄生する虫なので、鯉のあらいでも食べて寄生されてしまったのでしょうか。
 美食に生き、美食に死んだ偉人のお話でございました。

[ 2015/07/24 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ケッコンカッコカリ そして

2015072301.jpg

『艦隊これくしょん(艦これ)』にて、ついに重巡洋艦の羽黒とのケッコンカッコカリが執り行われました。
 レベリングをしないので、ほとんど演習と遠征だけで、無理矢理LV99まで持っていきました。
「この遠征が終わったら、最後位はレベリングでLV99にしてあげよう!」
 と思っていたら、彼女はLV99になって帰ってきました。

 なんでこの子を選んだかというと、前にも書いた通り、初めて我が鎮守府にやってきた重巡洋艦だったのですよ。
 特に外見が好みとか、そういうわけではなかったものの、

 そんなわけで、無事にLV100の嫁艦羽黒が誕生したのですが。

 ・・・・・・もうこのゲームの目標が無くなっちゃいました。
 ステージを進めてもストーリーがあるわけではありませんし。

 そろそろ終戦かなあ?

[ 2015/07/23 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

250円分を堪能する

2015072201.jpg

『Battlestations Pacific』を相変わらずプレイ中。
 セールで250円だったゲームなので、練習モードだけですでに元が取れている気がしないでもない作品です。

 最近は九七式飛行艇がお気に入り。
 攻撃機天山より遅い代わりに魚雷が沢山詰めるので、何度も敵艦の周りを往復せずとも沈められるのが楽ですね。

2015072202.jpg

 ずっと練習と言うのもなんなので、日本軍側でストーリーモードをちょっとやってみました。
 一番最初のステージは真珠湾攻撃。
 日本軍の兵隊さんをテーマにしたムービーが流れます。
 あちらの方が作ると、どことなく中国文化も混ざってしまうように思えますが、250円なので余裕で許せます。

2015072203.jpg

 トゥラトゥラトゥラ!!!

 日頃の練習の成果もあり、奇襲は成功。
 多くの敵軍艦と戦闘機を撃破しました。

 私は基本的にゲームがへたくそなので、爆撃機や攻撃機は得意ですが、戦闘機が不得手でして。
 地面にいる敵を狙おうとして地面に激突する事が2回もありました。

 私の場合、命のスペアでもなければ戦闘機のパイロットには向いてないな。

[ 2015/07/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

松風日和

 本家の伯父より電話があり、
「京都の祇園祭に来てるんだけど、食べたいものは無いか?」
 との事だったので、亀屋陸奥の松風を希望しました。

2015072101.jpg

 32枚入り。
 まさかこれほど大きいのが届くとは・・・・・・。

 普段自分が勝って帰るのは、この半分の16枚入りなので、倍のサイズでございます。
 美味しい、美味しいけど食べきれない。
 というわけで、家族に分けたりして美味しくいただきました。

 むふふ、最高であるなあ。

[ 2015/07/21 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

燻されロウラン

2015071901.jpg

 お盆でございます。
 ホントはちょっと過ぎている事は秘密です。
 そもそも、東京以外のお盆は8月らしいので、数日遅れてもセーフで!

 日曜日という事もあって、谷中はお墓参りグループで賑わってました。
 私が最年少なのは、ここ数年変わりません。
 中にはうちのばーちゃんより足腰の弱そうな老夫婦が、杖を突きながらお墓参りされておられまして。
 お子さんでもお孫さんでも、行ってあげれば良いのにと感じました。
 私も自分のばーちゃんがこんなつらそうに移動してまでお墓参りをするのがイヤなので引き受けているのでしたっけ。

2015071902.jpg

 で、聖俗併せ持つ必要があるので、自分へのご褒美としてスープカレーカムイさんで遅めの朝ごはん。
 チキンとポークのダブルミートカレーとか、食べているだけで幸せですよう。

2015071903.jpg

 食後はアニマックスカフェののんのんびよりカフェへ。
 展示品は悪くないのだけれども・・・・・・。

 席料500円で、さらに1ドリンク+1フードをオーダーしないといけない。
 他の席が空いているし、この席もテーブルを分ける事が出来るのに相席を求められる。
 強気な価格設定(席料を含めるとドリンクとデザートで2200円程度)。
 割と残念な接客。

 近くにあるアニメイトカフェと比べてしまうと、今一歩というところでしょうか。

2015071904.jpg

 気を取り直して、メイドリフレ店、癒あMaidenさんへ。
 うちの娘で言えば、髪をロングにした瑞穂のようなメイドさんに施術をしてもらいました。
 ゴスロリドールのような方で、驚くくらいの麗しい方でしたっけ。

「肩と首をお願いします」
 と今までと同じリクエストをすると、普段と違うメイドさんは普段と違う施術方法を実施。
 でも結局最終的には肩が楽になっているのがフシギでした。

 剣術で言う流儀みたいに、メイドさんによって得意な施術法とかあるのでしょうね。


[ 2015/07/19 23:02 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

放課後滅殺タイム

 そろそろ暑中お見舞いを印刷しようかな?
 
 と思いつつ、STEAMのページを眺めていたら、ウルトラストリートファイター4なる格闘ゲームの無料プレイ期間中という事が判明。
(STEAMは海外資本のオンラインゲームソフトショップです。)

2015071801.jpg

 更新そっちのけで、遊んでしまっただよ。

 せっかくなのでオンラインでの対戦をしてみたけれど、1回も勝てませんでした。
 今日プレイして勝てる程、オンラインの世界は甘くないという事ですね。

2015071802.jpg

 それにしても、見れば見る程エドモンド・本田のキャラデザは良いなあ。
 ほぼ裸という点で不利な力士キャラを、ここまでインパクトのあるデザインにされたのは驚きです。

[ 2015/07/18 23:55 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

先日の話をしたいのであった

 目が痒くて痒くて困りました。
 そこで早退させてもらったものの、今度はかかりつけの病院が休診。
 気軽に寄れて、こちらの都合の良い休診日で、昼食を食べる場所が近くにあるとなると・・・・・・。 

2015071701.jpg

 秋葉原かなと。
 驚くべきことに、駅前ヨドバシカメラの中に眼科があったのです。
 コンタクトを利用されるお客様がメインであると思われるこの眼科は普通の病気も診てくれ、綺麗な院内とお医者さんの丁寧な説明が印象に残った、非常に良い病院でした。

 診察結果はアレルギー。
 花粉症の親戚のようなものだそうです。

2015071702.jpg

 診察後はお待ちかねの昼食タイム。
 細かなところをちょいちょい周回していると、アイマスカフェの店員さんがチラシを配っていました。
「今なら並べずに入れます。」
 あー平日だとこういう事もあるんだなあと、初のアイマスカフェ体験をしてきました。

 三村かな子のメニューを頼み、そしてお店に特典を置き忘れるという悲劇さえなければ、素晴らしい日でしたね。

[ 2015/07/17 23:59 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

威風堂々

「新国立競技場建築の予算2520億円を半額にし、屋根とか簡素に作ります。
 そのかわり、なでしこジャパンをはじめ、多くのスポーツ選手が今以上に輝けるように、優秀な指導者や高性能の備品を揃えます。
 たしかに屋根は豪華じゃないものになります。
 しかし、沢山の人を育てる事により生まれる人材は、何物にも代えがたい価値があるのです。
 それこそが日本スポーツ界においての大きな屋根となるでしょう!」

 とか言ってくれたら、私は総理に抱かれてもいい。


[ 2015/07/16 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

提督が天山で発艦しました。これより雷撃戦に入ります!

2015071501.jpg
画面は軽巡洋艦球磨

 艦これを放っておいて、マイクラもそこそこに、現在は『Battlestations Pacific』なるゲームを始めてみました。
 なんだか太平洋戦争の名場面の司令官になり、相手をやっつけるゲームだそうです。

「だそうです。」という表現を使用した理由は、まだゲームの操作方法が詳しくわからず練習モードしかやっていないからです。
 
 このゲームの面白いところは、提督が艦隊に介入する事が出来るという事。
 大局的に全軍に指示を与えつつ、自分は軍艦や航空機に乗り込むことができるのです。
 上の画像は戦時すでに老朽化していた軽巡洋艦の球磨(くま)。
 日本軍の軽巡洋艦は川の名前を採用していて、姉妹艦に多摩(多摩川)や北上(北上川)があります。

2015020605.jpg

 北上川は、冬に旅をした時に撮影しましたっけ。

 軍艦や航空機の操縦はTPS(三人称での視点の事。)になってしまうので好みは分かれるものの、お手軽に操作できる事で私の好みに一致。
 早速、爆撃機や攻撃機などを操縦しております。

2015071502.jpg

 多くの兵器がある中、当時の花形はやっぱり敵軍艦を相手に戦う攻撃機でしょう。
 高い所から魚雷を落とすとその衝撃で爆発してしまうので、敵の対空砲火をくぐり低空飛行。 
 相手の速度を計算して、水面ギリギリで落とした魚雷が敵軍艦を沈める場面は、何度体験してもテンションが上がります。

 このゲーム、STEAMのセールで250円だったのだよなあ。
 ヤギになるゲーム、ゴートシミューレーターより安いでやんの。
 
 もう練習モードだけでも元が取れてしまっている気がする。
 オンラインプレイは英語がわからないので、もう少し慣らしたらシングルプレイに挑戦します。 

 ところで、アメリカ退役軍人さんが
「日本軍は強かった!」
 というの、あまり真に受けちゃダメですよ。

 南方に至っては日本人が戦闘で死んだ人数が、全体の1割くらいしかいなかったそうですから。
 あとは栄養失調や病気などで、戦わずして死んでいたそうです。

 それでも何故アメリカの元軍人さんが日本が強かったって言うのは、
「この前、小学生と喧嘩して勝ったぜ。」
「この前、不良5人に囲まれたけど勝ったぜ。」
 のどちらが、自慢としてカッコいいか考えてみてください。

 彼らは日本人を称えているふりをして、実は自慢話をしているだけなのです。
 もちろん本当に強い日本軍と戦った方もいるでしょうけど、どれだけの割合なのでしょうかね?

[ 2015/07/15 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

私は改二になりたい

2015071401.jpg

 艦隊これくしょん(艦これ)にて、主人公的な位置にある特型駆逐艦吹雪が改二となりました!
 必要レベルは70とかなり高かったものの、当鎮守府で最高LVの駆逐艦初雪(LV74)と並行して特訓をし、なんとか引き上げました。

 一方、我が嫁艦の重巡洋艦羽黒は現在LV98で、LV99になるまで残り経験値30000弱。
 
 しかしこの羽黒とケッコンカッコカリを済ませてしまったら、熱が冷めないか心配ではあります。
 ここ1年、艦これではイベント海域と、1-1、1-5、3-2にしか出撃させていないような・・・・・・。

 3-4も4-3もずっと放置したままだ。

[ 2015/07/14 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

髪洗剤散策記

 値段と効果が良いバランスのシャンプーが無いかなあっていう日記をここでも何度か書いています。
 男性向けのシャンプーは選択肢が少なく、

・刺激の強いスースー系低価格系
・中年男性向けの付加価値付(育毛効果など)の高価格系


 の二択くらいしかありませんでした。
 そこで通販なんかで探す毎日だったのですが。

 なんと最近、自分的にはナイスなシャンプーを見つけたのです。
 ツルハドラッグ系列のプライベートブランド、M's oneなるブランドのルキナ頭皮ケアシャンプーです。

 男性向けの頭皮ケアに加え、やたらとスースーもせず、値段もそこそこ。
 1本使った後も特に違和感や肌に合わない感じはありません。
 何より、多くのチェーン店で容易に入手できるのが嬉しいですね。

 さしあたって2個買いましたけど、なんなら1年分位買っても良いような気がするなあ。
 いや、市内中心の駅前で売ってるので、販売終了しなければその必要も無いのだけれども。 

[ 2015/07/13 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

洗って 垂らして 磨いて 干して

 急に思い立って、枕カバーとシーツを洗いました。
 それでもなんか落ち着かず、風呂場や洗面台に塩素系の洗剤を垂らしました。
 でもまだ勢いがあったので、特別な洗剤で洗面台を磨きました。
 その間に洗い終えた枕カバーとシーツを干して、ようやく落ち着きました。

 綺麗好きではなくても、男にはたまになんか一挙に片づけたくなる時があるのです。


[ 2015/07/12 21:25 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

出撃 甘いもの食べ隊

2015071101.jpg

 今日は渋谷でスイーツバイキングを楽しむオフ会が開催されました。
 めざましテレビの収録が行われている渋谷駅前に男女合わせて8人のメンバーが集まり、みんなでお店へ向かいます。

2015071102.jpg

 向かったお店は渋谷駅から少し歩いた場所にある、スポーツバーのようなオシャレなカフェ。
 ピザとデザートが2時間食べ放題で1400円。
 渋谷の立地を考えると、随分とお得なお店でした。

 ティラミスやミルクレープが食べ放題って言うのが素敵やね。

 食後はカラオケに向かい、2時間ほど熱唱。
 聴いているだけで良いかなと思っていたら順番で歌う事を知り、端末を受け取ってプチ混乱。
 もう8年とか10年とかカラオケなんて来ませんでしたからね。
 結局歌える曲があるか必死に探し、

『ダルタニアスの歌』

 という、私が生まれる前で観た事も無いアニメの歌を歌いました。
 歴代アニメのロボットが登場するゲーム『スーパーロボット大戦』の曲と懐かしのアニメCDか何かで知った知識でなんとかなるものです。

 2時間の熱唱の後は、紅茶の美味しい喫茶店へ。
 お手軽な値段で美味しい紅茶を楽しみ、解散となりました。
 食べ放題のお店と喫茶店は、あちらでも書きましょう。
  
 ううむ、毎回オフ会は楽しんでいるけど、今日のオフ会は会心の一撃だったなあ。

[ 2015/07/11 23:55 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

食う方 作る方

 漫画の「美味しんぼ」を読んでいて、常々疑問に思っていた事があったのですよ。
 主人公の山岡さんがちょくちょく知り合いのお店を手伝って、ライバル(大量生産や合理化という言葉が好きな事が多い)を負かすのですが、

「山岡さん、それ原価いくらですか?」

 だって、本来やっている事は商売なのですよ。
 500円で売る料理に原価400円もかかったら、もう商売にならないじゃないですか。
 ダシとか良いものを使ったら、それだけで原価がとんでもない事になるじゃないですか。

 今週は、そんな問いの答えの一つになった本を見つけました。

2015071001.jpg
料理に「究極」なし(辻静雄)

 日本に本物のフランス料理をもたらし、辻料理学校を全国に広めた辻静雄さんの本でございます。
 先月に辻さんの小説を読んでから辻さんが気になり、ご本人の著作を1冊手に入れてみたのです。

 辻さんは料理学校の学生に料理を教える際、材料費だけで20万円かかるフォンドボーを作り、
「これが本物の味だ。だけどこれを使うとコップ1杯でも数千円の原価がかかり、これに料理の材料費を加えるとさらに原価が嵩み、儲けを含めるとお客さんが出せるお金ではなくなってしまう。だから食材のランクを落としたり、時には化学調味料を上手く使って引き算をしなければいけないよ。」
 と教えていたとか。
 それでも本物のフォンドボーを授業で作るのは、本物の味を舌で覚えて、引き算をするための基準として欲しかったからだそうです。
 
 真の料理を作るのと、商売をするのは、必ずしもイコールにはならないのでしょう。
 食べる側からの美味しんぼと、作る側からの辻料理学校との違いなのでしょうか。

 ちなみにこの作品の冒頭(講演を文に起こしたものでしょうか?)にはこんなような事が書かれていました。

 例の漫画が究極と言う言葉を流行らせたが、作る側としては自分の作った料理に満足してしまってはおしまいだと思う。
 絶えず自分の作っている料理に不満を持ち、もっと良いものが出来るはずだと思うのが職人ではないか?

(短く編集したもので、実際の文章とは異なります。)

 ・・・・・・辻さんもキライだったのかなあ。山岡さんの事。

[ 2015/07/10 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

芸術と商業と

「将太の寿司」の続編、「将太の寿司2」が出ているという事を知り、読んでみました。

 寺沢大介先生の続編は必ずしも当たりとは限らず、「ミスター味っ子2」などは、
「化学調味料うめえ!」
「味将軍が悪い人間と言うのは味皇料理界のプロパガンダ。」
 みたいな過去の話をぶっ壊す展開で、打ち切りのような終わり方もあってかなりガッカリした事があります。
 続編ではない、「喰いタン」は面白かったですけどね。

 そんな中、
・悪役がいつもネタを買い占めるとか、寿司の技術以外で妨害をしてくる。
・なんでライバル全員が新人寿司職人のコンクールに出られるのか?
 など、ツッコミ所が多くてあまり好きになれなかった将太の寿司の続編はどういう作品になっているのだろうと思って読んだわけですが。

 ・・・・・・これが、前シリーズである「将太の寿司」より面白かったのですよ。

 主人公がフランスへ行ったり、様々な料理人(寿司職人含む)に出会い、
「本場の寿司をただ押し売りせず、まずは寿司の正しく美味しい食べ方を広めよう!」
「伝統に甘んじていないで、常に自分の料理を進化させよう!」
 などと、なんかすごく作品が楽しく進化をされているのですよ!
 主人公が地に足着いているというか、しっかり考えているというか。

 すげえ面白い!

 と思って、4巻まで読んだところで、その先が無い事に気が付きました。
 どうやら4巻で打ち切りになってしまったそうです。

 良い作品を描こうという部分と、アンケートや単行本の売り上げと、両立は難しいという事でしょうか。


[ 2015/07/08 08:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

かしこい かわいい でもガラケー

2015070601.jpg

 劇場版ラブライブに同名のスマホゲーム「ラブライブ スクールフェスティバル」のシリアルコードが付いていたので、知り合いのプレイヤーさんに使ってもらったところ、画像をキャプチャしてくださいました。

 私のコードは絢瀬絵里(エリーチカ)だったので、こんな感じのキャラが出たそうです。
 ゲームやった事ないのでわかりませんが、強いのでしょうかね?
 私はガラケーなので、遊びたくても遊べないのですよ。

 ガラケーのスクフェスが出てくれればなあ。

 でも実現したら実現したで、ボタンのガチャガチャで騒がしい事になりそう。

 

[ 2015/07/06 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ここの残念な管理人は野球でしか物事を例えられないのです

 暑中お見舞いの素材を買いに秋葉原へ出かけました。
 
2015070401.jpg

 購入後は非メイドカフェとメイドカフェ(コンセプトカフェ)の開拓。
 どちらも本塁打に匹敵する戦果でした。
 思いっきり直線で上昇し、スコアボードを直撃したような手ごたえでした。

 支店との兼ね合いもあるので、ここでオープンにできる話などを。

 まずは地下アイドル(というのかな?)のライブ会場のあるメイドカフェ、アキドラカフェへ。

2015070402.jpg

 秋葉原の一等地の1階(メイドカフェは利益性があまり高いものではないので、1階のテナント料で経営できるケースが少ないのです)のお店にあるのにチャージ料もかからず、値段的には頑張っている様子。
 また、時間によってメイドさんもステージで歌ったり、地下アイドルのイベントなども行われているので、興味がある方にはオススメかも。

 サインはWUG(Wake Up Girls)さんや、声優の明坂聡美さん(とても好き!)のサインなども飾っていました。

2015070403.jpg

 ふと伝票を見ると、伝票の下にこのテーブルに来て声をかけたメイドさんが署名をする欄を発見。どうやら、
「新規のお客さんには積極的に声をかけて、名刺を渡しなさい。」
 というオペレーションがあるらしく、店内にいるメイドさんがほぼ全員、名刺持参で自己紹介にやってきました。

 楽しいトークをしてくださる方から自己紹介と名刺贈答を済ませるとさっさと退散される方まで様々。
 見ていて面白いなと思っているうちに、あっという間に名刺長者になりました。

 せっかくですので、この中から席に案内してくださった方と、桑谷夏子さん系の好みの方のチェキをオーダー。
 席に案内してくださった方はアーティスト希望のまきさんという方で、来月CDデビューされるそうです。

 メイドさんのお名前は基本本店でも支店でもあまり書かないようにしていますが、今回は
「今のうちにこうやって言いふらして、いざCDがヒットした時に自慢しても良いですよ。」
 という事なので、あえて書き記しました。

 こういうのも何かの縁ですから、応援したいものですね。

[ 2015/07/04 20:18 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

百万本のバラ

 昔の日記で書いたことがあるかもしれませんが、私はたまにまったく縁のないジャンルの音楽を聴きたくなる事があります。
 予備知識ないのにジャズのベスト盤とか買ってきちゃったりして。
 もっとも「A列車で行こう」のように、お気に入りの曲が見つかる事もあるので、これはこれで侮れません。

2015070301.jpg
いつもあなたを想ってる(別府葉子)

 今回自分の誕生日プレゼントとして買ったこのCDも、今までの私の音楽歴で縁のほとんど無い、シャンソンの作品でした。
 アーティストはシャンソン歌手の別府葉子さん。
 私が日頃巡回しているサイトの中に別府さんのHP「別府葉子公式ブログ ~葉子通信」がありまして、常日頃気になっていたのを、今回自分の誕生日をきっかけに新しいジャンルに挑戦してみました。

 良いですね、このアコースティックバージョンの百万本のバラ。
 人の感性に土足で上がって来ずに、しみじみ響いてくる歌なんですよ。
 
 例えば、雨の中一休みしようとカフェに入った時、この曲が流れてきたらそれだけで重くなっていた気分がガラリと良くなりそうな。
 携帯オーディオに入れて、ちょっとした際に聴くことにしましょう。

[ 2015/07/03 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

射命丸文捕獲作戦

2015062402.jpg

 マインクラフトをクリアしました。
 先に紹介した軍事ヘリ、アパッチロングボウの操縦に慣れてきたので、これに乗ってラスボスのエンダードラゴンを倒しました。
 飛行しながら対空ミサイルの照準を合わせて発射とか、以前の自分では考えられない位上手くなっていましたね。

2015070201.jpg

 平和になってもゲームは続くので、タケコプターに乗って地図作り。
 どこにも街が無いなあ。
 たまに雪山を見つけるとテンションが上がるなあ。

2015070202.jpg

 しかしこうやって我が分身がプレイしている間、スクリーンショットに真っ暗な画像が次々に作成されていくのでした。
 いつぞや紹介した射命丸文のドールがどこからか逃げ出して、片っ端から撮影をしているようです。
 風景ならまだ楽しいんですが、上の画像ならまだマシな方で、真っ黒なSSを延々と作成する姿は、もはやウイルスと同じです。

 その後、画像から計算して近所の洞窟で射命丸ドールを無事に確保。

 スクリーンショットフォルダをお騒がせしました、っていう感じです。

[ 2015/07/02 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2015年暑中お見舞いについて

 ああ忘れてました。
 今年も暑中お見舞いプレゼント企画の受付しています。
 梅雨明け位まで受付してますので、ご希望の方は是非どうぞ。

 詳細はこちらで。
 はがきに書かれている文字は、こちらのサイト名「本家焼肉魔王」となります。

 今回のキャラクターは岩崎遥。
 制作を担当されるのは、青空ねこさんです。
 初めて遥のデザインをお願いしてから5年が経ち、現在はまんがタイムきららMAXでゲスト連載もされるほどご多忙な漫画家さんとなられましたが、それでもお時間を作ってくださり当店の企画に御助力いただきまして、ありがたい限りですね。

2015070101.jpg

 ちなみに4年前の遥の暑中お見舞いはこんな感じ。
 もう完成品が手元にありますが、今年はさらに可愛くなってますよ。


[ 2015/07/01 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)