カフェとそうでないのと

 ここのところ、1か月と半分くらいの間に、20歳前後の女の子4人と、30分~1時間の間話をしています。
 多くは女の子がカウンタ-の向こう側にいて、話をしたり聞いたり。

「ついに魔王がガールズバー通いを始めたのか!」

 と思ったお客さん、残念でした。
 どれも共通しているのが、お店は「Cafe&BAR」となっている事くらいでしょうか。

 メイドカフェレポートサイトをやっている都合、秋葉原のカフェなどに行くことが他の方より多い日々で、
「昼はランチのお客さんを相手に、夜は会社帰りの社会人向けにバータイムもあるんですよ♪」
 みたいなカフェをイメージしていくと、大きなカウンターに女性が立っていて、

「飲み物飲みたいんですけど、ドリンク入れて良いですか?」
 なんて、気が付いたらウェイトレスさんが飲むドリンクまでおごってあげたりして。

 最近増えましたね、こういうガールズバーを薄めてお手軽にしたお店。
 大体チャージが1時間1000円未満、ドリンクが600円、店員さんのドリンクは800円くらいでしょうか。
 もちろんフードもオススメされます。
 こちらとしてはそのまま帰るわけにもいかないので、そういう場合は1時間程度お店にお邪魔して帰りますけれども、やはり高くつく。

 でね、こういう話を聞いて間違ってはいけないのが、
「秋葉原はボッタクリが増えた。」
 というわけではない事です。

 メイドカフェのブームと秋葉原の世界進出で、秋葉原のテナント料金がうなぎのぼりの様で。
 もう昔のように美味しいコーヒーをそれなりの価格で出してくれるメイドカフェなんかはほとんど無くなりました。
 やっぱり単価の高い、ガールズバーやセクシーキャバクラを運用させるのが確実になってくるのでしょう。。

 エウリアン(高い絵画を売りつけてくる人)が長く大通りにいる理由も、ちょっとわかる気がします。


 ここからは余談です。
 私は地方へ行った時にはメイドカフェがあるかどうか調べる習慣があるので、その日泊まった広島の宿から歩いて行けるお店を調べてました。
 するとメイドさんの看板こそあれ、お店の内容はガールズバーやキャバクラのよう。

「ううん、これはメイドカフェじゃないなあ。」

 そのお店を再び見たのは、今月の8日。
 3名が亡くなられた、繁華街の雑居ビル火災。
 世間ではメイドカフェが火災と報道されていましたが、あれはどちらかといえばキャバクラやガールズバーの類で、カフェではないはず。
 おそらく公式サイトでカフェと名乗っているからカフェと紹介しているのでしょう。
 
 するってえと、おめえさん。
「当店は順法意識の高い企業です。」
 って書いてあれば、杭打ちデータを改ざんしている会社があっても、「優良企業だから大丈夫。」と報道するのかい?


スポンサーサイト
[ 2015/10/30 23:55 ] 日記 | TB(0) | CM(0)