なっちゃん以外がまるでダメ

2016033101.jpg

『スケ雀刑事』なあ。
 たしかに桑谷夏子さんが演じる字美(あざみ)さんはとってもかわいいのだけど、それ以外が困った仕様でして。
 なかなかあがれない1人麻雀を延々繰り返さないといけない本編とか。

 一番気になったのは、レアリティとキャラのバランスが明らかに悪い事でしょうかね。
 5段階のレアリティがあるのに、最初に1人選べる主人公キャラがもっともレアリティの高い5レアのもの。 
 このゲームは『アイドルマスター』や『ラブライブ』のようなレア違いの同キャラがいないため、いわゆる主役チームがまず揃いません。
 同キャラ揃えるのも難しいので、いわゆる同じカードを2枚用意して行う特訓や覚醒(パワーアップ)もできません。

 そうなると当然、レアリティ毎に沢山の女の子が出せなくなってしまうのでしょう。

2016033102.jpg

 ・・・・・・気が付くとキャラストックがレベルアップ専用アイテムのたこ焼きや、明らかに水増し要員の敵戦闘員ばかりになってしまいました。
 1日1回引ける無料ガチャシステムが無く、代わりに毎日プレイするとたこ焼きがもらえるため、こうなってしまうのです。

 それからなぜ敵の戦闘員とか男の刑事がマイキャラとして出てくるのだろう。
 ゲームのイメージイラストを観たら、普通は女の子しかいないゲームだと思うじゃねえか!

2016033103.jpg

 試しに友情ポイントを消費して、ノーマルガチャを10回まわした結果がコレです。
 戦闘員4人、同キャラ4人、バニーガール姿の男1人と、それ以外が1人。
 明らかにキャラ数が足りていないようです。

 スマホゲームやブラウザゲームをやっていて、これほど盛り下がるガチャははじめてでした。
 レアが高いキャラじゃないと声も無いので、集める楽しみもありませんし。

2016033104.jpg

 個性的なキャラもいたんですけどね。
 14歳で子持ちの奥さん、尾崎あんなちゃんとか。
 いちおう刑事なのに、どちらかといったら旦那さんが捕まってしまうような。

 余談ですが、画像をキャプチャして日記で紹介する為に確認したら、いつの間にか年齢が?歳に修正されてました。
 さすがにダメな案件だったのでしょう。



 とまあ、そんな話を先週あたりに書こうと思っていましたが、書くタイミングが無く今日まで書けずにいたところ。

【スケ雀刑事 サービス終了のお知らせ】 

 こんなメッセージがトップページに表示されていました。
 2月25日に開始されたばかりというのに、今日3月31日に終了の告知があり、5月31日でおしまいになるそうです。

 2014年末に公開されたブラウザ雀士スーチーパイも、8ヶ月位で終わってしまいましたし。
 オンラインと麻雀って相性が悪いのでしょうかね?

スポンサーサイト
[ 2016/03/31 12:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

貴方は記号ではない

 バラエティ番組に出演したタレントさんがこんな話をしてました。
「今月で高校卒業するので、卒業は嬉しいけどJKブランドじゃなくなるのが残念。」
 今日はこのJKという記号について、2点ほど思った事を書きます。

 注意として、あくまでも自分で体験した事なので、ソースとかはありません。 
 そして、おそらくあまり楽しくないお話になります。

 2000年を前後して、少女買春が流行りました。
 前から行われていただろうこの行為は、携帯電話やインターネットを仲介して一気に広がりました。
 援助交際とも言われていましたね。

 もちろん警察の方も18歳未満に対する性犯罪の取り締まりに本腰を入れて、サイバー担当のスタッフを配置。
 18歳未満の性をお金で買う人々は、警察対策に暗号を使う事になります。
 それが『JK』という単語です。

「JKを5枚で。」
 掲示板にこんな感じで書かれていればそれは、
「女子高生との援助交際を希望します。こちらは5万円まで出せます。」
 という事になります。 
『JC』となれば、女子中学生との援助交際になります。
 こういう単語がいつの間にか本人側が名乗るようになっているのはどうなのかなというのがひとつ。

 それからこのJKというブランドの件もそうなのですが、どうも私達は人を、とりわけ女性を記号で消費しているような気がするのですよね。
 JC、JKとはいっても、DK(男子高校生)とは言わないでしょう?
 また『○○女子』はあっても、『○○男子』とは言いません。

 女子高生○○とか、鉄道女子とか、女性の○○とか、その人そのもの能力や魅力より、
「おいみんな、女(女子高生)だけどこんな事やってるヤツいるぞ!」
 と、珍しいものをみんなに見せ回っているような気がするのですよね。
 
 この思いが強まったのは、先日ニュースになった女性騎手のニュースです。
 会場内のお客さんが、
「可愛いよー!」
 と声援を送っているのを観て、首をかしげてしまいました。
 騎手の実力とかではなく、若いとか可愛いとかでみんな評価しているようなのです。
 
 男女共同参画社会と言うのは、別に看護婦という単語を看護師に変えるとか、そういう事ではない気がします。
 女性に対して、若いとか可愛いとか、あるいは現役女子高生○○とか○○系女子とか女性ならではの○○とか、本来の能力ではないところで評価する社会のままであれば、今後性別で呼び名が変わる単語をいくら無くしたところで、男女平等なんて夢のまた夢ではないかなと思います。

 本当に男女共同参画社会を実現したいのであれば、まず人を記号で評価するのは止めないといけません。
 女性は商品でも、記号で仕分けられる存在でもありません。


[ 2016/03/30 21:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

サメでなくても良い話

 クソみてえなサメの映画を観たよ♪
『メガ・シャーク VS メカ・シャーク』ってぇんだ。
 このブログのお客さんにはサメが苦手な人もいるだろうから、大丈夫な人だけ続きを読んでくれよな。

[ 2016/03/29 19:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

手作り天守を手作りで

2016032801.jpg
日本の天守閣 名城探訪 2

 いつもゾンビ映画と言うのもなんなので、たまには変わったDVDを観る事にしました。

『日本の天守閣 名城探訪 2』

 いきなり2巻を選んだ理由は、1月に行った丸亀城が収録されているからです。

 さっそく視聴。
 ちょっと良さそうなハンディなビデオカメラと、それほど大きくない三脚で撮影したような、手作り感が満載でした。
 昔の地図や築城当時の再現図など必要な情報はそれなりに織り込まれていますし、定価2980円中古だと600円位でお値段もお手軽ですし、教材としては成り立っているのではないかなと思います。
 お城へ行く前に観ると、良い予習にもなりそうです。

 あえて厳しいツッコミを入れさせてもらいますと、BGMがクラシックと言うのはいただけません。
 版権対策もあるのでしょうが、お城とクラシックは合わないですよ。
 フリーで使用できるBGM等の方が良かったと思います。

 世の中には商業でも使えるフリーBGMが存在し、セクシーグラビアDVDで流れるBGMと近所のスーパーの店内BGMが同じだったこともありますし。


[ 2016/03/28 23:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

濃縮エキス映画

2016032701.jpg
DAY OF THE DEAD

 B級ゾンビ映画『DAY OF THE DEAD』を観ました。
 以前に観た、『死霊のえじき』のリメイク版として制作された映画です。

 リメイク版とはいえ、ストーリーはまったく新しいものです。
 女性軍人である主人公サラが故郷を封鎖する任務に向かう所から物語は始まります。
 最初は演習と言われていた任務が、実は街に広まった伝染病対策の為だと分かった時にはすでに遅し。
 町中にゾンビがあふれ出て・・・・・・というお話。

 なんというか、お話そのものに斬新さはほぼありません。
 そのかわり、登場するゾンビが非常にエクストリームです。
『バタリアン』のゾンビが首だけになっても半身になっても動くタフネスさNo.1である事に対し、こちらは機動力No.1でした。
 おばあさんとかもゾンビになったら急に動きが軽くなって、スパイダーマンのように壁を登ったりしますからね。

 話は、ゲームのバイオハザードをそのまま映画化したような展開。
 ゾンビ映画のお約束をギュッと85分に濃縮してあるので、
「B級映画に2時間潰すのはもったいないなー。」
 という方にはオススメです。

 余談ですが、この作品には割と良い心を持つおとなしいゾンビが登場しました。
 ゾンビに噛まれてゾンビになっても、人間を襲わず車に乗ったりしているのです。
 その理由は登場人物曰く、
「そうね。あまり噛まれなかったし、彼は菜食主義者だったから・・・。」
 そうなのか、菜食主義だとゾンビになっても人を襲わないのか。

 草食動物のくせにゾンビ化すると人を食べていた『ミートオブザデッド』の牛も見習ってほしいものだわ。

[ 2016/03/27 19:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

Rehabilitation

 今日は交通事故以降、初のリハビリを行いました。
 
 一ヶ月ぶりにニースプリントを外してみたら、なんと左足が全く上がりません。
 自分の足は、どうなってしまったのだろう?

「しばらく動かしてないので、筋肉が固まってしまっていて最初はみんなそんな感じです。」

 あ、そうでしたか。
 というわけで、足をマッサージしてもらったりしつつ、今日は終了。

 診断書に三ヶ月安静って書かれているのは、あながち冗談でもないのでしょうなあ。

 ちなみに病院から帰ってきてすぐに、お世話になっている関西方面の方からお見舞いを頂きました。
 新刊や自分の好きなお菓子などが入っていて、ありがたかったですなあ。
[ 2016/03/25 20:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

幸不幸其々

 病院へ行き、足のレントゲンを撮影。
 さすがに完治はしていないものの、なんだか少しくっついているかな?という状態でした。

 ただ先生が仰ることが段々遠距離になっていくというか。

 最初全治一ヶ月と言われ、
 次は一ヶ月でニースプリントが外せると言われ、
 一ヶ月経った今はまだニースプリントを付けたまま様子を見ると言われております。

 次回からリハビリが行われるのは間違いないので、予定通りと言ったら予定通りなのかな?

 入りたいなあ、お風呂。
 人恋しいなあ。 

 とか思っていたら、隣の席で待っていたおじさんと仲良くなりまして。
「バイクでコケたのに手術が無かったのは運が良かったね。俺はアキレス腱切断した。」
「今診察室に入っていったお兄さんは、カカトの骨を複雑骨折したんだよね。」
 ひゃー、聞いているだけでも痛くなる。
 自分は運が良い方なのかもしれない。

 幸せとか不幸せって、周囲との兼ね合いでいくらでも変化するという事なんだろうなあ。

[ 2016/03/24 19:29 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

森編はハズレ編

 世界中にウォーカー(ゾンビ)が溢れる世界を描いたアメリカのドラマ『The Walking Dead』のSeason.5を視聴し始めました。

 えっと、これ、いわゆるSeason.2に近いです。
 いわゆる森編です。
 全然ゾンビが活躍しないパティーンです。
 シリーズが進むにつれて、この世界のゾンビは人がサバイバルをしなければいけないという環境の為の大道具と化していますが。

 そういえば、Season.2も部屋と森だけでストーリーが進み、ゾンビがほとんど出てきませんでしたっけ。
 2に比べると少しはマシかな?
 でも展開が地味だ。

 それにしても、あの世界のゾンビって、なんで骨の強度が弱いんだろう?
 女の子がナイフ1本で頭蓋骨を貫通できるほどに弱いの。
 頭を踏みつけたり、柱に叩きつけても簡単に破壊されてるのに、よく獲物を求めて徘徊できるな。
 自分が言うのもなんだけど、この世界のゾンビなら、生きている人間で何とかできそうに思える。
 私とか、このサイトのお客さんがあちらの世界へ行っても、他のゾンビ作品と比べて生存率は高いんじゃないかな。


[ 2016/03/22 12:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

亢龍有悔

2016031901.jpg

 スマホのゲーム、予言者育成学園をプレイしています。
 スクウェア・エニックスが制作した、身近な出来事の結果を予想する作品で、来週のサッカーの試合結果とか、連続ドラマで一番最初に発言する人物とか、来月のお菓子売上1位の商品とか、幅は広く多くの人が楽しめる良いゲームだと思います。

 例えば上の画像は、
『Pixivのおそ松さんイラストコンテストで、グランプリに輝く作品には誰が描かれている?』
 という予言で、私は本命6人全員、対抗複数人、大穴というか願望としてカラ松を予想。
 結果は本命の6人全員で、予言的中でした。

 ところが、私自身は引退を迎える事になりそうです。

2016031902.jpg

 というのも、サービスが開始されて直後にゲームを始めた事もあって、ずーっと上位なんですよ。
 この記録を取った時は、なんと上位1%。
 超特特生クラスに入ってから、下がった事がありません。

 こうなると、すげえやりにくいんですよねえ。
 ラブライブもアイマスも遅いスタートだったので、順位は下位で気楽だったのです。
 それがいきなりエリートでしょう?
 あとは順位が下がるだけのゲームって、やっててツラくないですか?

2016031903.jpg

 全員が高校生のスクフェスと違って、母性を感じるキャラは多くて好きなんですけどね。
 多くのスマホゲームみたいに、やたら女性キャラの露出も高くないし。
 

 五老峰の老師が仰られた通りの事であった。

[ 2016/03/19 08:38 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

へ こ み た い

 このサイトは基本的に己のオロカな日々を書きつづる事で世間様には、
「こんな人間でも日記を続けているのだから、世の中なんとかなるものさ。」
 と、生活に笑いをもたらせればなという気持ちで更新されているわけですが。



 たまには愚痴というかへこみたいときもありまして。
 今からそれを書こうと思います。


 ・・・・・・・・・・・・ハァァァァァ。
 
 交通事故さえなければ、今頃バンコク行きの飛行機に乗って、タイの面白い博物館とか巡っていたのに。
 もう予定表まで作っていたのに。
 台湾以外で海外へ行けると思っていた期待は、1万円を超えるキャンセル料と共に消えていきました。

 ああ、課題をクリアしたらうちがよしよししてあげるやん屋さんとかないかなあ。
 こういう時、悲しみを全部聞いてくれるようなお店とか。
 肉じゃが作ってくれたりとか。
 あーんしてくれたりとか。

 なんだそのキャバクラと小料理屋を足したようなお店。



 仕方ない事とはいえ、それなりにガッカリしておりますですよ。

[ 2016/03/17 18:50 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

前提条件!

 ラジオを聞いているとCMが流れてきます。
 そのCMは地方局になればなるほど、ちょっとゆるい内容になります。

 地方局は中央局よりも、健康食品とか、そういう商品のCMが多いのですよ。

 特に多いのがダイエットに関する商品。
 ただし色々と薬機法的な制約があるからか、すべて個人の感想になっています。
 また最近では『個人の感想』『個人差があります』に加えて、
『適切な食生活と適度な運動を行い、この○○を飲み続けた結果』
 という表現が加わりました。

 おい、そりゃあ適切な食生活と適度な運動をしてれば、誰でも痩せるだろうさ!
 むしろそれができたらダイエット商品なんかいらねえじゃん。

 最近、情報サイトの記事ってそういうの多いんですよねえ。

『30代の男は利子をうまくお小遣いにする事で賢く生きていこう!』
 って書いてあって、よく見ると、
「まずは、毎月信託投資を100万円。12か月行う事で、毎月少しお小遣いが手に入るぞ!」
 そりゃあ最初から1200万円も貯金があれば、生活だって楽でしょうなあ。

[ 2016/03/16 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

夢日記的な何か

 療養生活も3週間を過ぎてふと思いました。
 夢の中では健康だなあ、と。

 松葉杖で生活しているのに、夢の中では元気に歩いたり走ったりしているんですよね。
 あ、たまに飛んだりもします。自分の作品の技なんかで。
 
 これは心理学的にはどう言う事なのでしょう。

 足の骨が折れているという事を、自分で認めたくないからか。
 それとも、治ってからたまに松葉杖生活の夢を見る事になるのか。

 松葉杖をついて歩く夢を見たら、また書こうと思います。

[ 2016/03/15 18:26 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

フラミンゴに思いを寄せて

 家族とのつながりがあったとはいえ、まったく御存じない方からお見舞いをいただきました。
 もらったのは、メヒコのカニピラフ。

 メヒコは東京や茨城に支店のある内装がちょっと面白いカニ料理レストランで、例えば私が行く店舗では店内中央にフラミンゴが飼われているという、なんともフシギなお店です。
 名物のカニピラフは非常に美味で、私も何度か日記に書いた記憶があります。

 病床生活で、まさかカニピラフが食べられるとは。
 先のフルーツ盛り合わせにしろ、感動しながら頂きました。

「昭和30年代、病気になれば高級品のバナナや卵が食べられた。」
 などと、昔の方に聞いた記憶がありますが、多分今の私の喜びはこれに近いものだと思います。

 カニピラフうめえ。
[ 2016/03/12 16:27 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

歩き考える葦

 東日本大震災の日。
 旧サイトの日記ではSDガンダムGジェネレーションスピリッツと言う、PS2のゲームについて書かれていました。
 当時は予約投稿というシステムは無く、どうせ平日で何もないだろうからゲームの感想をあらかじめ書いて更新していたのです。

 さすがに翌日からは数日間大震災の話題が続きますが、日頃地震の文献を多く読んでいて、
「災害は忘れた頃にやってくるのだぞ!」
 と言っていた私も、実際は気が緩んで災害を忘れていたという良い記録になりました。

 そんな震災から5年が経ちました。
 このように実際に起きた日に黙祷を行ったり、当時の思いを語りあうのを大切にされる方も多いでしょう。

 しかし、震災からちょうど1年、2年として、5年目になったからとて、急に物事が改善される事はありません。
 年月を過ぎたからとて自動的に物事が改善される事はなく、今日の復興は被災地の方やボランティアの方、協力的な日本国民の方々が日々活動され続けたおかげで存在しているものだと思います。
 残酷な話ですが、1日1日を歩かないと、何年経っても物事が良くなることはないのです。
 
 ただ我々人間は、その知恵や器用さ以上に諦めの悪さを持っております。
 どんな環境におかれても、どんな災害に見舞われても、その度に立ち直って乗り越えてしまう力もありまして。
 5年前の大震災からも、いつかは乗り越える事が出来る生き物ではないかなと信じています。 


 余談として。

 前にも書いた記憶がありますが、以前に世界中の災害についての本を読んだことがあります。
 災害の種類こそ違うものの、世界中の災害について共通する点としては、
「災害前の地域の状態を100とするならば、今後復興が進んでも100に達する事はない。」 
 災害を受けてしまうと、当時の状態まで復興が進むことはなく、人口の減少や、最悪の場合ゴーストタウンになる場合が多々あるという事です。

 ただし、世界でも珍しく例外もあります。
 それが東京で、関東大震災後は震災前を上回る都市となりました。
 あの頃は剛腕政治家が「みんなと話し合いをしない」事で、自分の信じた都市計画を実行に移し、成功させたわけですが。

 さて、今の日本にそれだけの政治家と、そんな政治家を支持する有権者はおりますでしょうかね。



[ 2016/03/11 12:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

起こらないから 奇蹟って言うんですよ

 検査の為に病院へ行き、レントゲンを撮ってきました。

 仙豆とかベホマとかケアルガとかヒーリングオールとかフルバイタルとか、そんなものは無い代わりに、悪化している事も無く、順調なので2週間後にはニースプリングも外せるのではないかとの事。
 真っ青だった右手掌も、痛みこそ残るもののすっかり綺麗な色となり、ギブスなどでは治せない肋骨も、咳やクシャミでもしなければ痛みもあまり無くなりました。

「若いから治りも早いわよ。」
 なんて励ましてくれた受付の女性は、子供の頃遊んでいた公園の近くに住んでおられ、私を御存知でした。
 また、待っている間に声をかけられた男性は、小学生時代にクラスメイトだった女の子の父親でした。

 今回の件で初めて利用した近所の総合病院には私を知っている人が多くて、これじゃあ下手に悪さができないなと思う吉宗であった。

 あー、治ったら今までの療養生活分を慰めてくれるチケットみたいなのもらえないかな。


[ 2016/03/10 12:31 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

揺れる思い ~輝け! スクフェスモブキャラグランプリ~

2016030901.jpg

 いまさらながら、ラブライブのスマホゲーム、スクールフェスティバルを遊んでいます。
 このゲームは曲に合わせてボタンをシャンシャン押し得点を出すゲームで、曲によってピュア、クール、スマイルと、キャラによって得意なジャンルなどがあるらしく、とにかく色分けでチームを作れと言うらしいので、早速3種類のチームを作っています。

 アニメに登場するレアなキャラはもちろん足りず、当行の主力はノーマルカード、いわゆるモブキャラ。
 ですが、このモブキャラの中にも可愛い娘さんがいまして。
 今日は特に気になったキャラを紹介しようと思います。

2016030902.jpg
ピュア部門:福原命

 風紀委員なのに、いかにも頼りない感じが好きです。 

2016030903.jpg
クール部門:田中さち子

 画像は覚醒後の物で、覚醒前は手に包帯巻いてました。
 怪我もしていないのに。

 なんていうか、うちの娘にもいる、大人になったら恥ずかしい思い出となるオーラが漂っているのが魅力です。

2016030904.jpg
スマイル部門:坂巻千鶴子

 この娘も風紀委員で、相手をハグする事により風紀を取り締まる的な事を言ってました。
 そうだ、ここは女子校で、プレイヤーは女子高生なんでしたっけ。

 戦闘力は95あり、μ'sの東條希を上回り学園ナンバーワンです。

2016030905.jpg
グランプリ:ジェニファー

 μ'sが通っている音ノ木坂学院は国際色豊かのようで、モブキャラには海外からの生徒が所属しています。
 μ'sの絢瀬絵里もロシア人の祖母を持つクォーターですからね。

 そんな魅力ある海外留学生(?)の中でもトップクラスがジェニファーです。

 とても良い子です。

 他意はありません。

 

 ところで。
 うちのスマホは安物で性能も良くないので、たまにシャンシャンするカーソルが後ろに下がったり、見えなくなったりするのですよ。
 それもあってか、難易度はイージーとノーマルがメインで、ハードは少し敬遠気味です。
 忙しい曲の方が処理落ちしてしまいますから。



 それにしても音ノ木坂には母性愛溢れる生徒が多いなあ。


[ 2016/03/09 20:44 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

大地の味

 ドラマとかでよく見る、フルーツの盛り合わせをお見舞いにもらいました。
 調べてみると、世間では食事制限とか病室内の衛生云々で減少傾向との事。
 私の場合は自宅ですし、食事制限も無いのでありがたくいただきました。

 とにかく量が多いので、
「イチゴって、こんな美味しかったかな?」
 とか思いつつ、毎朝美味しいフルーツを楽しめています。
 きっと普段我が家では買わないような、高級な物なのでしょうね。

 食事やちょっとしたPC使用時以外は基本ベッドで横になっているので、美味しい食べ物が生み出すストレス発散度は相当ですなあ。
  

[ 2016/03/07 21:53 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

シャンシャン日和 ~スクフェスやってみました~

2016030501.jpg

 ラブライブのスマホアプリ、スクールフェスティバルをやってみました。
 ラブライブの曲に合わせてシャンシャンボタンを押すゲームです。
 リズムゲームなんて、いつ以来だろう?

 BMS(ビートマニア的なフリーソフト)とか?

 ごくまれにタッチポイントが遅延するものの、私の格安スマホでも概ね問題なく動くようです。

2016030502.jpg

 当然μ'sの推しメンバーは東條希(のんたん)なので、マイキャラはのんたんに。
 嬉しいのでタッチし続けていたら怒られました。

「触る、いうことは触られる覚悟があるいうことやんな?」

 ああいけない、ニヤニヤしちゃう!
 ラブライブは私の中では映画をきっかけに終わってしまったものだと思っていましたが、まだまだそうではないようです。

 一応記録しておきますが、IDを公開するとみなさんにメリットあるのでしょうかね?

 プレイヤー名:長谷川玲真
 ID:755174220


 ちなみにユニット名はピュアーズにしました。
 アイドル育成ゲームの大先輩『誕生 DEBUT』の主人公達が所属するユニット名(小説版かな?)です。
 ・・・・・・うん、お客さんにはこのゲームの説明をしないといけない位、古いゲームになるのかな?

[ 2016/03/05 19:34 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

うわあこのゾンビ強い

 積みDVDから『バタリアン』というゾンビ映画を観ました。
 ジョージロメロ系ゾンビのパロディで、設定としてはゾンビ映画のご先祖様『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の続編となっています。

 以降、ネタバレになるので、気になる方は先に作品を観てください。
 ・・・・・・1985年の映画なので、今観ていない人がこれから観るかっていうと微妙ですけど。

 ストーリーは医療用の死体を扱う倉庫で、アホな上司と新人が地下にあったゾンビの入った容器をぶち壊してしまい、中に入っているゾンビと、吸うとゾンビ化してしまうガスが発生し、倉庫内の死体が面白い事になる映画です。

 面白いというのは、皮肉でもなんでもなく、この世界のゾンビは燃やすくらいしか倒す方法が無いので、動きが面白いのです。
 頭を打ちぬいても切断しても、体が元気に走り回ったり、生きている人間を走って追いかけている光景は笑いを誘います。
 もっとも燃やしたところで、灰が雨にまじって、結局お墓から沢山のゾンビが生まれちゃうんですけどね。

 しかもこのゾンビ、会話が出来て頭も良いのです。
 開かないドアを道具を使ってこじ開けたり、救急車の隊員を食べてしまった後に無線機で、
「もっと救急車を要請してくれ。」
 とか話していて、なんかもうコレゾンビじゃねえよなあとツッコんでしまいます。
 助けに来たパトカーも警察官ゾンビが騙して、ゾンビだらけの場所に停めさせたりするし。

 おまけに主人公達が色々と生きようと頑張る中、最後は陸軍がその場所に核砲撃を行い、試合終了。
 いくら知恵を働かせて生き残ろうとしても、核兵器にはかなわずみんな消滅してしまいました。

 ひでえ!
 意味ねえ!

 あ、でもこの映画を観て分かった事が二つあったよ。

 まずは、昭和生まれには懐かしい『オバタリアン』っていう言葉が、この映画から生まれた事。
 次に『真女神転生』シリーズに登場する『屍鬼オバタリオン』っていう悪魔のモデルっぽいキャラがこの映画にいた事。

 作品中でもほとんど裸でいたので、ゲームのオバタリオンが裸な理由がわかりました。


[ 2016/03/04 17:01 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

体験者は語る

 病院で検査があり、看護師さんが私の車いすを押して付き添ってくださいました。

 この看護師さん、私のニースプリント(膝を固定する器具)を見るなり、
「あ、これ私も着けた事あるんですよ。足曲げられなくてホント不便ですよね。」
 というお話。

 聞いてみると、なんと両方に装着して生活されていたとか。
 片方だけでも大変なのに、さぞ苦労された事でしょう。

「段差を乗り越える大変さがわかりますね。」
 今回の件は、バリアフリーの大切さが改めてわかる経験になりました。

[ 2016/03/02 18:20 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

アウト! セーフ!

 基本ここ数日はトイレや食事以外は寝たきりで、ラジオを聴きながら過ごしています。
 手持ちのラジオはウォークマンの、それもFMラジオしか無くて、AMラジオは聴けないのかな?と思っていたら、最近はAM局がFMでも聴けるようにしているらしく、TBSも文化放送も綺麗な音で聴けてます。

 ところで、地方FM局のCMには面白いものがありまして。

 ラジオのショッピングコーナーで人気なのが健康食品で、ダイエットやら肝臓に良いやら、もう毎日のように広告がうたれています。
 もちろん薬ではないので効果の保証ができない製品ばかり。
 クレーム対策や色々な法律に違反しないようにか、
「個人差はありますが、すごいでしょう?」
 という言葉がまず必ず入っています。

 不思議なのは、これら健康食品より『胡散臭い』商品はこの注意書き(注意ワード?)が入っていない事。
 体臭を治すサプリやダイエットサプリの合間に開運の印鑑とか紹介されていて、
「これを買ったとたん、〇〇さんの運気が開いて良い事が沢山ありました!」
 っていうのは、サプリのような注意説明が無いのです。

 開運アイテムって、個人差無いのでしょうかね?

 むしろそちらの方がアウトなんじゃないかなあ。

[ 2016/03/01 16:02 ] 日記 | TB(0) | CM(0)