体験者は語る

 病院で検査があり、看護師さんが私の車いすを押して付き添ってくださいました。

 この看護師さん、私のニースプリント(膝を固定する器具)を見るなり、
「あ、これ私も着けた事あるんですよ。足曲げられなくてホント不便ですよね。」
 というお話。

 聞いてみると、なんと両方に装着して生活されていたとか。
 片方だけでも大変なのに、さぞ苦労された事でしょう。

「段差を乗り越える大変さがわかりますね。」
 今回の件は、バリアフリーの大切さが改めてわかる経験になりました。

スポンサーサイト
[ 2016/03/02 18:20 ] 日記 | TB(0) | CM(0)