フラミンゴに思いを寄せて

 家族とのつながりがあったとはいえ、まったく御存じない方からお見舞いをいただきました。
 もらったのは、メヒコのカニピラフ。

 メヒコは東京や茨城に支店のある内装がちょっと面白いカニ料理レストランで、例えば私が行く店舗では店内中央にフラミンゴが飼われているという、なんともフシギなお店です。
 名物のカニピラフは非常に美味で、私も何度か日記に書いた記憶があります。

 病床生活で、まさかカニピラフが食べられるとは。
 先のフルーツ盛り合わせにしろ、感動しながら頂きました。

「昭和30年代、病気になれば高級品のバナナや卵が食べられた。」
 などと、昔の方に聞いた記憶がありますが、多分今の私の喜びはこれに近いものだと思います。

 カニピラフうめえ。
スポンサーサイト
[ 2016/03/12 16:27 ] 日記 | TB(0) | CM(0)