演出0点

 恐怖のビデオ特集的なTV番組がつまらなくなりました。
 日本もそうですが、特に海外で出回っている恐怖の動画が、CG技術が発達したおかげで手作り感満載になってしまったのです。
 本来偶然カメラに移った画像や動画を紹介するはずなのに、自作動画の発表会というのが丸わかりな番組になり、ただでさえ漂っていたヤラセオーラがさらに強くなっています。

 普通、CG技術が進歩したら動画はもっとリアルで怖くなると思うでしょう?
 でも合成技術が進歩すると、逆に手作り感が増すのです。
 
 何故か。
 理由は簡単、脚本が素人だからです。
 よくあるパターンとしては、

 シーン1:なんでもない所を撮影する。(ここで何もない事を視聴者にわからせる)
 シーン2:会話などをしながらカメラを動かす。
 シーン3:シーン1で撮影した場所をもう一度撮影する。
 シーン4:異形な存在が映りこんでいてカメラマンがビックリする or その場ではわからなかったがカメラに異形な存在が映っていた

 
 おまえそれ1990年代かそれ以前の演出だかんな!
 なんでもできるようになり個人でも映画のような作品が作れるようになった結果、古臭い『本物の恐怖動画』が出来てしまうのでしょう。

 私はゾンビ映画しか観ていませんが、少なくともゾンビ映画についてはジョージ・A・ロメロが今のゾンビ感を生み出した時点で、
「一番怖いのは人間だよね。」
 という共通認識が出来ていて、残虐なシーンの多少はあっても視聴後ゾンビが怖くなる作品は稀です。
 なので、本当に怖い作品を作りたいなら生きている人間が生み出す理不尽な恐さを学べばよいと思います。
 
 例えばフィクションならウォーキングデッドの1シーン。
 登場人物が歩いているといきなり後頭部を殴られて意識を失います。
 気が付くと縛られていて、ふと視線を前にやると焚火の前で食事をしている人達が。
「やあ、キミに恨みは無いけど襲わせてもらった。励ましになるかわからないが、キミはなかなか美味しいぜ。」
 そこで自分の足を見ると片足が無くなっていて、焚火には自分の足が放り込まれていました。

 こいつらはゾンビだらけの世界において人肉を食べる事を善とし、自分たちの拠点にやってきた人たちを騙し精肉工場で人肉(食糧)として加工していた連中です。
 ゾンビ映画なのに、人間が怖いという良いパターンでしょうか。
 全体的に理不尽になればなるほどモヤモヤしておっかなくなると思います。
 助かったと思ったらいきなり刃物を持った狂った連中が襲ってきて刺されるとか、恐怖しかないでしょう?

 そうなると、一番怖いのは現実に起きている事件になってしまいます。
 街中歩いていたら合法ハーブでイカレたドライバーが乗っている車が突っ込んでくるとか。
 海外だとテロリストによる銃乱射とか。
 うん、絶対に防げないし、ゾンビや幽霊なんかよりも怖いです。

 CGで必死になって恐怖動画を作っている人には悪いですけど。


スポンサーサイト
[ 2016/04/30 08:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

開拓民が抱える現代の縮図

2016042901.jpg
Banished

 Steamの積みゲー(購入したのに遊んでいないゲーム)リストを漁っていたら、昨年11月に495円で購入した積みゲーを発見しました。 

 タイトルはBanished。
 追放者という意味ですかね?
 開拓民を導いて、街を繁栄させるゲームです。
『アクトレイザー(SFC)』のクリエイションモードをリアルにしたような、と言えば、わかる人にはわかるでしょうかね。

2016042902.jpg

 難易度にもよりますが、ゲームスタート時はわずかな家や資材の置いてある荷車、低難易度なら家畜が数頭いるだけの状態。
 ここから資材置場や薪割場など、生活必需品に関わる施設を建てていきます。

 プレイヤーに出来る事は指示だけなので、開拓民が少なければ大きな事も出来ないし、資材が無ければ家も建たない。
 そもそも食糧が無いと開拓民はバタバタ死んでいきます。

2016042903.jpg

 我々農耕民族は、
「それじゃあ畑を始めよう!」
 となりがちですが、それが原因で開拓民が全滅しそうになった指導者が私です。
 この食糧バランスがリアルで、やはり最初は狩りや採集、釣りをしないと、今すぐ必要な食糧が手に入らないのです。
 畑なんかは一定の収獲こそあれ、運営の多くの人材が必要となりますからね。
 
2016042904.jpg

 六角形の丸アイコンが、人材が足らずに稼働していない施設。
 一時停止の丸アイコンが、人材や資源が足らずに建造できない施設。

 このゲームの難易度の違いは最初に提供されるアイテムや施設だけなので、一番簡単にしても結構詰みます。

 限られた人材と資源で理想の計画を実行するのがいかに難しいか、これでおわかりでしょう。
 寿命で死ぬこともありますし、炭鉱などでは事故死もありますし。
 とにかく人が足りません。

 よく政治家が男女参画社会について性差別の発言をして話題になってますが、このゲームの中では私も、
「一家族で子供を3人産んでもらいたい。」
 とか思ってしまいます。

 多分、政治家には向いてないです。

2016042905.jpg

 外から移民を迎えた事で、人口減少問題が解決しました!
 しかし移民は疫病を持っている危険性があったり、住居や食糧が急激に不足したりと、別の問題も生まれます。
 
 ううむ、現代の問題と共通しているのは気のせいでしょうか。

 ちょっと古いゲームで高性能のPCでなくても動きますし、セール中だと安いので、当サイト的にはオススメです。
 ハマる人には時間泥棒になっちゃいますけどね。

[ 2016/04/29 10:30 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

にっこにっこキャンセル

 なかなか語るタイミングがなかった写真を4枚ほど紹介します。

2016042801.jpg

『ラブライブ!』のキャラクター、矢澤にこの自宅のモデルとなった住宅昌平橋ビルがついに取り壊されてしまいました。
 1Fに何かあって、2F以降が居住スペースだったのかな。
 
 元々相当古いビルで、自分がランドセル背負っていた頃からあったような気がする。
 秋葉原は駅前を中心に再開発が進んでいて、若い人が住みにくくなってしまってます。

 秋葉原に限らず、再開発前は若者が借りられる古いアパートがあったのが、新築ばかりになって高い家賃が払えずに別の場所へ引っ越すっていう話、結構あるのですよね。大抵新しい物件は前に立っていた物件より家賃は上がりますから。
 
2016042802.jpg

 BLAISEさんのメニュー表の隣には当サイトの看板娘、菜々美がいます。
 GW中には是非BLAISEさんへお出かけください。

2016042804.jpg

 もちろん、スープカレーカムイさんにも、当サイトの看板娘、結菜、遥、光、プリシア(写真右)、キナコ(写真左)が展示されています。
 カムイさんもBLAISEさんも秋葉原にお店がありますので、お出かけの際は是非お立ち寄りください。

 この2件のイラスト、どちらもパロディですが、両方御存じの方は少ない様子。
 東北出身の方はキナコのパロディがすぐにわかり、埼玉県民の方にはプリシアのパロディがわかるそうです。

2016042803.jpg

 今回は知り合いの方が執筆されておりませんが、19日に発売されたまんがタイムきららMAXを買いました。
 4コマ漫画を描いていただいているので、構図の勉強にもなるのですよね。
は『はんどすたんど!』『ななかさんの印税生活入門』『ご注文はうさぎですか?』『JKすぷらっしゅ!』がお気に入りです。
 
 あとは懸賞が当たってくれれば・・・・・。
(毎回感想ハガキ出しているタイプ)

 私のお世話になっている方々の活躍を書き記しますと・・・。

 のデザイナー、青空ねこさんがこのきららMAXで『じょしあに!』の不定期連載をされておられます。

 ツイッターでお世話になっている宇城の作品が6月10日発売予定の『まんがタイムきららマギカ(Vol.26)』に掲載されるそうです。

 また、当サイトの看板娘ラインロック姉妹(ケイティ&ミスティ)をデザインされた須影さんは、げーせん18の『戦御村正 -剣の凱歌-』の一部原画とCGを担当されたそうです。
(こちらは18歳未満の方はプレイできません。)

 日ごろお世話になっている方々がご活躍されているのを見ると、当事者でもないのに嬉しい思いになりますね。 

[ 2016/04/28 22:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

怒鳴る神あれば見舞う神あり

 世の中広いもので、骨が折れているから優先席に座りたいというと怒鳴る人がいる反面、
「日記で骨折の事を知りました。大丈夫ですか?」
 と、お便りを下さる方もおられます。

 今回はお便りを頂いたり、お菓子を頂いたり。
 昨日はポストカードも届きました。
 お菓子も私の好物ばかりでしたし、ポストカードはそのまま額に飾っておけるようなクオリティのイラストです。
 また、お見舞いではありませんが、今日はお年賀で頂いた自作のゲームを堪能しております。

 ううむ、渡る世間は鬼ばかり、という事ではなさそうですね。
 渡る世間は仏仏鬼仏仏仏鬼仏鬼仏くらいの割合です。
 
 


[ 2016/04/27 17:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

人は見かけが何割か

 理学療法士さんと相談しリハビリを重ねた結果、ちょっと松葉杖無しで歩いてみましょうと言う事になりました。
 ただし筋肉やスタミナは大幅に減っているので、移動はバスやタクシー、電車を駆使して、です。
 今後の目標は膝が曲がるような特訓と、筋力スタミナの回復でしょうか。

 リハビリマシン、結構良いんだけど、買うと100万円くらいするのか。
 ちょいと買える物じゃないな。

2016042601.jpg

 リハビリ後松葉杖無しでちょいとカフェなどに行き、食事を堪能。
 松葉杖で行くとみなさん心配してくださるので悪いかなと思ったところ、結局説明しなくてもバレて心配されるのでした。 

 これで今日の日記が終わってれば最高だったのですけどね。



 ・・・・・・帰りの電車の中で、人生で初めて車内で怒鳴られてしまいました。

 優先席の前で立って帰ろうとしたところ、別の駅で人身事故が発生し、電車が運転見合わせ。
 しばらく立っているうちに、折れた足の方が痛くなり、優先席に座っているお兄さんにすみませんが譲ってくださいとお願いした所。

「てめえふざけんなよ。
 骨折で座るとは良い身分だな。
 別のグリーン席のある電車に乗ってグリーン席に座ればいいじゃねえかよ。
 地べたにでも座ってろ!」
 
 それじゃあ車掌さんを読んで駅の救護室か何かで休ませてもらおうかなと思ったところ。

「車掌呼ぶって言っても緊急ボタンとか押すんだろ?
 ただでさえ電車遅れるんだからこれ以上遅らせるんじゃねえよ、みんなの迷惑だろ!」

 さすがに隣の男性が代わりに譲ってくれると仰ったのですが、

「ああいいです、俺が譲ります。俺が我慢すれば良い事ですので。」
 
 結局、半ば無理矢理席に座らせられて、事あるごとに不平不満を言われました。
 スマホでこの件について書いていたのが見えてしまいましたが、あれツイッターとかで発言されていたのでしょうかね。
 あった事通りの事を書いたら、おそらく自身の方が酷い目にあう気がするのですけれども。

 いったい私はどうすればよかったのでしょうなあ。
 限界まで我慢して、緊急停止ボタンで急病人扱いされるのが良かったのでしょうか。 
 それとも地べたに座るのが正解だったのでしょうか。

 骨折のシンボルである松葉杖が無かったのが災いした気がします。
 両足の形が明らかに違うのは、ズボンを脱がないとわかりませんからね。

 人は見かけが大事、と言う事で。

[ 2016/04/26 23:30 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

MRE No.17 レーション実食記(支店再掲)

 今日の日記は支店4月22日更新分の再掲となります。
 個人的に興味深いレポートだったのでこちらのお客さんにも読んでいただきたいのと。

 ・・・・・・1個1500円の調達価格の元を取らねばならないのと。

 日頃から支店にもお越し下さるお客様には何卒ご了承くださいませ。




 2011年に発生した東日本大震災、そして今月14日に発生した熊本地震。
 どちらも、日頃稼働している物流システムが途絶え、どこの避難所でも物資が不足する事態となりました。

 とりわけ食糧不足が深刻で、日頃便利に使用しているカップラーメンですら、水が無くて作れないというケースも多いとか。
 こういう場合に活躍するのは、日本であれば自衛隊員さんによる食糧支援。
 炊き出しなどはもちろん、そのまま食べられる戦闘糧食(ミリメシ、缶メシ、パックメシとも言われます)が配られる事もあるそうです。

 当店でもこれら戦闘糧食に触れてみようと思って調べたところ、基本的にこれらは自衛隊が国税で調達するもので一般人では手に入らない事がわかり、今回はアメリカ軍が採用しているMREを入手致しました。

2016042501.jpg
MRE(Meal, Ready-to-Eat)

 MRE、「Meal, Ready-to-Eat」の略称で、簡単に言えば即時摂取できる食事という意味でしょうか。 
 アメリカ軍が採用している軍用食(レーション)なので味やメニューの他にも、一定の高い所から落としても破損しないとか、長期間の保存に耐えうるとか、様々な条件をクリアしているそうです、
 またアメリカが海外で難民の支援をする際にも配布される事もあるので、英語がわからない方にも食べられるようにイラストなども多用されています。
 確かにパラシュート投下された食糧を爆弾などと勘違いされてしまっては、せっかくの支援も無駄になってしまいますからね。

 今回入手したMREはその中のNo.17、Pork Sausage Patty, Maple Flavored。
 特に飲食についてのタブーが無い方用に作られているメニューです。
(菜食主義の生活を送っている方用のメニューもあるのが、アメリカらしいですね。)
 主なメニューは下記の通りです。

・ポークソーセージパティ
・クラッカー(with チーズスプレッド)
・ミックスナッツ
・マフィン(with シロップ)

 
 何分英語がわかりませんので、食べ方や組み合わせに間違いがありそうですが・・・ともかく開封してみましょうか。

2016042502.jpg
MRE No.17 Pork Sausage Patty, Maple Flavored

 1つの袋にズラリと詰め込まれていますね。
 左上から、ポークソーセージパティ、スプーン、クラッカー、マフィン、チーズスプレッド、シロップ、ミックスナッツ。
 左下にあるのはポークソーセージに使用する加熱ヒーター(今回は使いませんでした)とアクセサリーキットです。

2016042503.jpg
アクセサリーキット

 アクセサリーキットには、インスタントコーヒー、コーヒー用クリーム、ウェットティッシュ、オレンジフレーバー(ジュースの素)、砂糖、塩、マッチ、紙ナプキン、ガムが入っています。

 ・・・・・・食後に食べたガムは生八ッ橋味のハミガキ粉を噛んでいるような感覚でした。

2016042504.jpg

 アイテムひとつとってもどれも非常に機能的に設計されているな、というのが第一印象です。
 このポークソーセージは箱に入っている時には加熱用ヒーターで温められ、この写真のように箱から出すと、袋を切るだけで齧って食べられます。今回はレポートなので紙皿に移してますが、基本的にどれも袋のまま食べる事が出来るので、付属しているスプーンはコーヒーを混ぜる位にしか使用しないでしょう。
 フレーバーウォーターを混ぜる(そのまま飲める?)為の袋も用意されているので、無いのは爪楊枝とコーヒー用カップくらいです。

2016042510.jpg

 主なメニューを開封して揃えてみました。
 量は思ったよりも少なめで、これで1200-1300キロカロリーほどだそうです。

 それでは1品ずつ実食してみましょう。 

2016042505.jpg
ポークソーセージパティ

 海外では日本のように主食主菜副菜がハッキリしていないとはいえ、おそらくメインディッシュになるのがこのポークソーセージ。
 実食時は暖かい気候だったので加熱ヒーターは使用していません。

 味はソーセージと言うより、ハンバーグとコンビーフの中間のような食感です。
 味もレトルト特有の油缶があるものの、
「アメリカのレーションはマズイ!」
 という下馬評は、これで覆りました。

 温めたら、もっと美味しくなったと思います。

2016042506.jpg
クラッカー(with チーズスプレッド)

 日本人の言う所の主食にあたるであろう、クラッカー。
 チーズスプレッドは基本的に何かに塗って食べる物なので、おそらくクラッカーに付けるのが正解でしょう。
 食欲が湧いてくるビジュアルかどうかは別として・・・。

 味はやや塩辛いです。
 喉が渇いちゃいますね。

2016042507.jpg
ミックスナッツ

 ミネラルやエネルギーを補充する為か、ミックスナッツも入っています。
 こちらは逆に塩味がまったくしませんね。
 アクセサリの塩をかけても上手く絡まず。
 アメリカの方々は日頃から味の無いナッツを食べておられるのでしょうか。

2016042508.jpg
マフィン(with シロップ)

 おそらくはデザートとして用意されているマフィン。
 英語がわからないので、セットについているシロップはこれにかけました。

 うん、これは今回のメニューの中で最も美味しいですね。
 マフィンというよりが、ちょっとサクサクな、スコーン的な歯ごたえのホットケーキの様でした。 
 もうちょっと手を加えれば、ちょっとしたスイーツになるのではないでしょうか。

2016042509.jpg
インスタントコーヒー

 食後はインスタントコーヒーも。クリームも砂糖もあります。
 味は・・・・・・さすがに日本のメーカーと比べては悪いです。


 ところで。
 実はアメリカのレーションに関して、今まで良い評判を聞きませんでした。
 MREというのも、実は「Meals Rejected by Everyone(誰もが拒否した食べ物)」だとか「Meals Rejected by the Enemy(敵からも拒否された食べ物)」だとか、アメリカ本国でも散々な評価なのです。
 それが実際に食べてみると、言うほどでも不味いわけでもないのですよね。
 やはり定期的に美味しくなるように更新されているのでしょうか。
 少なくとも私が被災した際にコレが出てきたら喜ぶと思います。

 民生品(軍用ではなく市販されている製品)として販売されたら、もしもの時にいくつか揃えておきたいものです。


*本家焼肉魔王向けの追記として
 その後、オレンジフレーバーの粉ジュースを溶かして飲んでみました。
 駄菓子屋さんで売っているようなオレンジ味の粉ジュースを、さらにアメリカナイズに強烈な味わいになった感じです。
 600ml用らしいけど、さすがにこればっかり600mlは飲めませんね。
  
 さらにマフィンにかけたシロップは、どうやらポークソーセージパティにかけて食べるものだったらしいです。
 シロップをソーセージに・・・なんて、日本人には思いつきませんよね。


[ 2016/04/25 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

他人の日記は楽し

2016042401.jpg
武士の絵日記 / 世田谷代官が見た幕末の江戸 / 幕末下級武士のリストラ戦記

 日記を書くのが趣味の私は、他人の日記を読むのも好きでして。
 江戸時代から昭和まで、日記をまとめた本を何冊か読んでます。

 教科書に乗る歴史的イベントを当時の人はどのように感じていたのかという疑問はもちろん。
 あの、ほら、今風に言うと、私ってば食べるの好きじゃないですかー。
 なので当時の人の夕飯がどうだったとかというのも、結構面白いんですよ。

 というわけで、ここ数日で読み終えた本を3冊紹介します。
 どれも現代編者の解説や現代訳もほぼされているので、古文や歴史に詳しくない方でも楽しめますよ。

『武士の絵日記 ~幕末の暮らしと住まいの風景~(大岡敏昭)』
 忍藩、今の埼玉県行田市の藩士だった尾崎石城(おざきせきじょう)の日記。
 世は幕末。佐幕尊王開国攘夷と、これからの政治は誰が担当するか、外国の扱いをどうするかで決めかねていた時代。
 下級藩士の尾崎は忍藩藩主に意見書を出して、罰として蟄居減俸されてしまいます。
 忍藩の藩主は松平家という親藩(徳川家の親戚筋)ですので、怒られた理由はおそらく徳川家を退ける尊王派の意見書を提出した事でしょう。
 
 ただし当の本人はさして気にもしていない様で、日記にはお酒を飲みまくっています。
 下級武士同士で飲んだり、近所のお寺で食事をしたり、手習いや絵描きのバイトをしたり。 
 あまり悲壮感が無い事に好感が持てる人物なんですよ、この尾崎石城さん。
 絵が上手なので絵日記の部分も面白いですし。
 
 ちなみに忍藩の本拠地は、映画『のぼうの城』で有名な忍城。
 秀吉による小田原征伐時に石田三成の軍を退けたものの、城主の成田氏は追放。
 その後江戸時代になり、江戸に近い事から最終的には家康の親戚筋が大名になりました。
 行田市はゼリーフライとか美味しいです。

『世田谷代官が見た幕末の江戸(安藤優一郎)』
 こちらは幕末に世田谷代官をしていた大場与一の妻、大場美佐の日記です。
 江戸時代、世田谷(今の東京都世田谷区)は井伊家の飛び領地でした。

 井伊家といえば徳川家に古くから仕える譜代大名の筆頭格。
 本拠地としてひこにゃんでお馴染みの彦根藩を収める井伊家は、老中や大老など江戸の政治に携わる事が多く、
「ずっと江戸にいるのだから、何かあった時に彦根から毎回何かを求めるのは大変だろう。」
 と、井伊家の人間が江戸に住んでいる時に費用の足しに、江戸幕府から飛び領地をもらっていました。
 この飛び地世田谷を管理していたのが、大場与一というわけです。
 
 なんとありがたく素晴らしいお話!・・・なのは井伊家のお偉い人だけで、これ世田谷の人は大変なんですよ。

 例えば新年はお餅が食べたい、と井伊家のお殿様が思ったとして。
 今のようにスーパーで買うわけにもいかないので、餅屋で買うか自分で搗かなくてはいけません。
 そうなると世田谷の人々が餅つき要員として井伊家の屋敷へ行かされるわけです。
 お殿様と家臣の食べるお餅を全部作らないといけないので、何日も泊まり込みで餅を搗く。
 その間は寒い台所の土間で寝起きするので、体調だって崩します。
 挙句の果てに殿様の命令なので、給料はありません。

 他にも節分だからヒイラギを持って来いとか、端午の節句だから菖蒲を持って来いとか、屋敷の草むしりをしろだとか。
 代官としては領民の苦労は痛いほどわかるけれども、それじゃあ井伊家のお殿様に負担を軽くしてくれなどとは言えないわけで。

 中間管理職はいつの時代も大変だなあとしみじみ思う1冊でした。

『幕末下級武士のリストラ戦記(安藤優一郎)』
 この日記を描いて初めて気づきました。
 この本とさっきの世田谷代官の本、編集者が一緒だ!

 ・・・というわけで、最後に紹介するのがこの本。
 御家人だった山本政恒(やまもとまさひろ)の日記です。

 御家人は上記二人とは違い、徳川将軍家の家来となります。
(藩士や世田谷代官は将軍家の家来の家来なのでちょっと違います。)
 御徒組に所属し、御徒町(今のアメ横周辺)に住んでいました。
 
 主な仕事は将軍の身辺警護。
 鷹狩の際などは将軍と同じ黒羽織を用意し、将軍に危険が及んだ場合は将軍が徒士の格好になり、徒士組が黒羽織を着て将軍のようにふるまうという、いわゆる影武者の任務などもあったそうです。

 肉体労働で命を張った任務も多かったのに御家人は待遇が悪くて大変だったようで、例えば江戸城の警備をしていても、食事はいくつかある中でもっとも格下の調理場、さらに調理人が燃料を自分の懐に入れてしまう為、お湯にくぐらせただけの質の悪いお米やお湯のような汁を食べさせられていたとか。

 この山本政恒さんの日記は明治維新以降長く続いているのが特徴で、幕府が無くなった後の生活もわかるのがポイント。
 色々と苦労をしつつ、帝国博物館(今の東京国立博物館)で務められたりと、今の日本とのつながりも感じられました。

 

 というわけで、ざっと3冊の日記を紹介してみました。
 おそらく、どれも書いている本人はここまで自分の日記が有名になると思っていなかっただろうなあ。 

[ 2016/04/24 10:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ちょい散歩

 杖を片手にちょいと近所の喫茶店まで行ってきました。
 バスも通ってなければタクシーを使うのもなんだし、と言う事でコツコツと徒歩。
 気が付いたら4kmとか5kmとか歩いた計算になります。
 元気な時は平気だったのに、とっても疲れますなあ。

 ただ色々とね、外は良いね。

 ビーックビックビック ビックカメラ♪
 ゆーっさゆっさゆっさ ゆっさゆさ♪

 とか歌いながら歩いたり。

2016042301.jpg

 なお、今回カフェーではガトーショコラを頂きました。
 小麦粉を使わず口中でとろけるショコラの他、口直しにミニりんご飴もついていて、非常に美味しゅうございました。



 それにしても松葉杖ついていると、みんな優しいね。
 治ったらまた色々な人に席を譲ろうと思うよ。

 ただし、歩きスマホ。てめえはダメだ。
 元気な時より脅威度が増したんだよ、歩きスマホ組は。

[ 2016/04/23 16:25 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

一本足歩法

 歩く為に使用する松葉杖が2本から1本になりました。
 そこでおよそ2か月ぶりに外出に挑戦。
 ボサボサになった髪を切りに、街へ出ました。

 家と病院を行ったり来たりする生活を送っていると、街中で見る物すべてが新鮮ですね。

 外出時に初めて見た集団は女子大生のグループで、なんか思わず視線がそちらへ行ってしまいました。
 他人に会えるって幸せなのですよ。

 それにしても街中の普通のフルサービス系床屋さんなのに、混雑度がハンパなかったです。
 7席ほど用意された椅子はすべていっぱい、外で立っているお客さんまでいて。
 もうちょっと遅く到着していたら、自分もあの行列に入っていたのだなあと。
 なんだろう、たまたまかしら?

 というわけで、ムクドリが巣食っていたボサボサ頭は、見事スッキリしましたとさ。

[ 2016/04/22 17:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

なぜかトンキーがしんだ

2016042101.jpg
Wildlife Park2 (ワイルドライフパーク2)

 昨年12月にSTEAMの年末セールで買ったままの積みゲーを消化する事にしました。
 タイトルはワイルドライフパーク2。

 貴方は動物園の経営者です。
 ご自身の好きなように動物を購入し、園内をデザインし、動物園を運営してください!

 そんな、割とリアル向きな動物園経営シミュレーションです。

2016042102.jpg

 いきなり「さあ運営してくれ!」というのは難しいので、チュートリアル代わりのミッションモードが用意されています。
 簡単な任務を少しずつこなす事で、動物の育て方を覚えていく事が出来ます。
 一番最初は草食動物を保護するだけの簡単なお仕事です。

2016042103.jpg

 次のステージは、保護されたジャガーを健康にし野生の感を取り戻させ自然に返すというもの。
 ランニングマシンで走らされているうちに野生を取り戻すジャガーのオンカ君には感動を覚えました。

2016042104.jpg

 適当に覚えたところで、フリーモードに突入。
 日本やサハラ砂漠など、好きな地方で動物園を始められます。
 特に動物のルールはないので、ゾウだけしかいない動物園も出来ます。

2016042105.jpg

 私がオーナーをしている東葛ゾウの国は、ゾウだけではなくマンモスもいます。
 同じ檻の中でも喧嘩をしないので管理も簡単、園長泣かせの良い子です。

 ・・・で、このゲーム。自由度の高さ、園内を歩ける楽しさ、動物の繁殖ができるワクワク感とまあ、良い点は沢山ありますが・・・。

 590円位で買ったゲームにあまり辛口評価はしたくないのですけどね、このゲームはバグが多いのですよ。
 動物の認識力と言うかなんというか、よく動物が餓死するのです。
 そりゃあ自分の管理が悪かったらそれもしょうがないでしょうが・・・、

「ゾウ5は水が無くて死にました。」
 目の前に水飲み場があるし、お前の後ろにはゾウが泳げて楽しめるサイズのプールがあるのよ!

「ゾウ4は餓死しました。」
 目の前にあるじゃん、餌になる草もエサ置場も!
 
 餓死寸前のゾウをエサ置場の前までつまんでもっていっても餓死しました。
 餌が貰えないから芸をして頑張った同族もいるんだぞ。

 アライグマとかも生肉欲しいとか不満を言いやがって。
 水飲み場の隣に置いてあるじゃねえかよ。

 この世界の生物はおしなべて認識力または視力が著しく悪く、人間も例外ではありません。
 目に見える場所に自販機やトイレが置いてあっても、やれ喉が渇いたトイレへ行きたい。
 おかげさまで、トイレとゴミ箱と自動販売機とフードショップをセットで設置するパターンができました。
 トイレの横に売ってるフライドポテトとか、ほんとに食べたい?

「もう少し緑が見たい。」
「もうちょっと展示品を設置して欲しい。」

 本物の動物園のような設計だと、お客様のこんな不満がいつまでたっても消えませんし。
 動物園のシミュレーターじゃないの?

2016042106.jpg

 仕方がないので、1個あればいい熊の置物をズラリと並べる、狂った動物園を設計しました。
 通路を隔てた向かいには、同じようにパンダの置物も並べられています。
 バイオハザードだったらどれか押せば動くと思います。

 その他トイレは、各通路に1箇所ずつ。
 自販機はおよそ20~30m位隔てて1台ずつ設置。
 噴水にいたっては、大型タイプが10mの間隔で二基設置されています。
 二基分の予算を合わせた超巨大噴水、とかじゃダメなのでしょうか。
 一基じゃダメなのでしょうか?

 そんなこんなでおいでませ、どうかしている東葛ゾウの国へ!


[ 2016/04/21 15:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

全方一両の得

 GWが近づいているからか、TVで新作映画のPRが多く行われています。
 いくつか気になる作品も多かったので、その時までには出かけられるかなと思い調べてみたら、驚くべき事実がわかりました。

 レディースデイが無くなっていたのです。

 たまたま私が利用している映画館がそうだけなのかもしれませんけど、レディースディが無いんですよ。
 最近は経営者側にも男女平等の考えが広がっているからでしょうかね。
 シニアサービスはあっても、レディースデーやメンズデーはありません。

 上手だな思ったのは、レディースデーが廃止されても損をする人がいない事。
 月曜割引や平日早朝割引、ナイト割引、シニア割引、映画の日割引、併設しているデパートのカード会員権割引の日等々。
 土日祝日の書き入れ時でもなければ、ほぼ毎日割引料金で楽しめるようになっていました。

 レディースデーは男性差別なのか?という問いに関してはまだまだ意見が割れるようですが、男女どちらからも苦情が来ないシステムにした映画館側には大岡越前のような人物がいたのでしょうかね。

[ 2016/04/20 12:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

萌えて萌えてTOKYO

2016041901.jpg

 日頃、ゾンビゲームやサバイバルゲームばかりをチェックしている海外のオンラインゲームサービスサイトSTEAM。
 日本語対応のゲームを探していたからか、STEAM側から、
「こんなゲームがありますぜ。」
 という、日本語でも遊べるオススメゲームを紹介されました。

 タイトルはTokyo School Life。
 スカルガールズのアーケード版や、虫姫様、オトメディウスの家庭用版の移植を手がけられている、M2が制作した恋愛ゲームです。

 STEAMと言う事で英語版にも対応しています。
 というか、むしろこれは海外のアニメ好きユーザーの為に開発されているようですね。

 ストーリーは、日本へ短期留学にきた高校生が同じ寮に住む3人の美少女と学生生活を送る、というもの。
 この画像の左から順に、大和撫子なSakura、元気で優しいAoi、ツンデレのKarin。
 日本人の私から見るとちょっとベタかな?というくらいが、おそらく海外の方にとってはわかりやすいのかも。

 留学生という設定上、東京の観光地や食べ物、文化がその都度きちんと説明されていますし、言語は日本語や英語だけでなく、ひらがなにできたりサブ字幕で別言語も表示出来たりと、日本文化や日本語の勉強もできるようになっています。

2016041902.jpg

 私自身、恋愛ゲームには縁のない事もあって、最近の技術には驚かされるばかりです。
 定価1500円(セールで半額だったので750円でした)というお手軽な価格なのに、キャラクターが細かな動きを頑張る頑張る。

 MMDとかモーション機能とか言うんですかね。
 この画面でも、左のSakuraはうつらうつらしていますし、各パーツが少しずつ可動する(2つのたわわちゃんも!)ので、なんだかニヤニヤしてしまいます。

 Karinのたわわちゃんなんか、四六時中たゆんたゆんですよ親分!

2016041903.jpg

 わがままを言えば、選択肢とストーリーがもうちょっとあれば良かったです。
 実質的なルートは、1人2個位の好意度を上げるであろう選択肢と、各キャラへのルートが決まる選択肢くらいしかないので。

 それでもギャルゲー黎明期の時と比べれば、この価格で主題歌も用意して頑張った作品ではあります。
 続編が出たら買いましょうかね?




 ちなみに当サイトはAoiちゃん推しです。

[ 2016/04/19 08:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

実写化嬉しき

 私の好きな漫画のひとつに『最後のレストラン』という漫画があります。
 何故か死の直前の歴史上の人物がやってきて、無理難題な料理をオーダーする不思議なレストランを舞台にしたお話です。
 歴史好きな方はもちろん、そうでない方も楽しむ事が出来るでしょう。

 実はこれ、脚本が良いので実写されないかなと願っておりまして。
 テレビ朝日の金曜深夜ドラマあたりで、予算かけないので良いのでアイデア勝負で・・・・・・。

 と思っていたら、今月4月26日に、NHKのBSプレミアムで実写版の放送が開始されるとか。

 ナポレオン役の武田鉄矢さんとか、織田信長役の竹中直人さんとか、ジャンヌ・ダルク役のトリンドル玲奈さんとか。
 これは観てみたい、と思えるラインナップです。

 本放送が楽しみですなあ。



[ 2016/04/18 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

一歩ずつ一歩ずつ

 今朝、午前3時に熊本でまた大きな地震がありました。
 震度6強、M7.3を記録し、一昨日の地震が前震、こちらが本震となりました。
 まだまだ余震が続いてますので、被害はさらに大きくなると思われます。

 我々にできる事は、支援金などの援助や現地の名産の購入支援。
 あとはいつも通りの生活をするのが良いそうです。
 過剰に気配りを行い、例えばバラエティ番組を観ないとか、楽しい事を控えるというのは、被災者の方々も望んでいないとか。 
 
 さて 今回の震災で、気づいたことがいくつかあります。
 順序立てるのが苦手なので、箇条書きのように書き記します。

 まず、震災時のデマが激減しました。
 2011年の東日本大震災の頃、人攫いのデマが拡散されていました。
 今回の地震の時には、SNS(ツイッター)で外国人が井戸に毒を入れたと呟いた人々が一斉に非難されています。
 また震災とは無関係の画像を使ってボケたつもりでデマを流した人も、方々から非難されてIDを変更されていました。
 5年前と違い、なんでもかんでも拡散する人が減ったように見えます。

 次に支援の質の向上です。
 東北の被災経験者を始めとして、良かった支援悪かった支援を日頃SNSで発言されていた事もあり、以前と比べて適切な支援になると思われます。やはり一番役に立つのは支援金で、古くなった衣類や下着(以前は自身の使い古しを送る方が結構いたようです。)を寄付する人は減る事でしょう。

 企業の対応も忘れてはいけません。
 東日本大震災の頃はガソリンを始め、生活必需品の不足が目立ちましたが、今回は石油メーカーがガソリン不足を少しでも解消するように動き始めているようです。国民クラスでも買いだめに関して否定的な方が増えたようなので、以前より物流の回復は早いと思われます。

 震災の時に問題視される報道ヘリの騒音も、どうも最近は必ずしも騒音の原因はマスコミではないのでは?という考え方がされているようです。
 というのも、自衛隊の迷彩色以外、物資輸送や救助活動に使用されるヘリとTV局のヘリの見分けが難しいらしいようです。
 救助活動や物資輸送のヘリの方が騒音の多い低空飛行をするケースが多く、過去にそれを騒音と認識する方もいたとか。
 私は今回の震災ではNHKをずっと見ていますが、結構遠くから非常に性能の良いズームカメラを使っているように見えました。
 映像を見る限り、少なくともNHKのヘリはかなり高い所から気を使って撮影しているように思えるのですよね。

 ここで何度も書いているように、人間が多くの生物より優れている点は、諦めの悪さだと私は思います。
 何度地震があっても、我々は対応し、協力し、改良し、以前の地震より被害を少なくしていく、
 災害などでは人間は滅びないのだぞと、へこたれない精神を示せれば良いなと考える日々です。

[ 2016/04/16 21:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

熊本の大地震

 昨日の午後9時、九州全体に大地震が起こりました。
 震源地に近かった熊本では震度7にも達し、我々関東の人間にもニュース番組やツイッターなどを通じ現地の映像が流れてきました。
 その中でもっとも驚いたのが、熊本城の石垣が大きく崩れていた画像です。

 昨年9月に九州旅行へ行った際、一番最初に立ち寄ったのが熊本城でした。
 雨模様だった天気は奇跡的に回復し、お城ももちろんの事、売店で食べた冷やしいきなり団子が美味しく、またその後に向かったコンセプトカフェも楽しい時間を過ごし、素晴らしい思い出となりました。
 その熊本城へ向かう道の石垣が崩れている様子は、非常にショックなものでした。

 今の私に出来る事はまだ無く、義捐金の受け付けが始まり次第、微力ながら協力しようと思います。

 今回の震災で被害に遭われた皆さま、どうかご無理をなさらず穏やかにお過ごしください。
 関東の人間で出来る事があれば、できうるかぎり力になりますので。
 


[ 2016/04/15 13:13 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ヌルヌルーサークル

 病院にてリハビリをしてきました。
 浴槽を3分の1くらいカットした所に足を突っ込むと、ジェットバスがしゅわしゅわと足に当たるというリハビリ装置を初体験。
 コレ、ずっと浸かっていたいなあなどと思ってしまいます。
 
 それからこれは以前に体験したヌルヌル超音波器。
 ローションだかジェルみたいなものを患部に塗って、シャワーのヘッドみたいな機械で超音波を当てると、筋肉が柔らかくなるようです。
 前回は件の男性理学療法士さんにやってもらったので待っていたら、なんとやってきたのは女性の理学療法士さん。

 やばい、これヌルヌルやられたら小生の45口径46cm3連装砲塔が首をもたげるでござ・・・、

「はい、それじゃあ10分間円を描くように操作してくださいね~。」

 ・・・・・・セルフサービス!!

 新しいな。
 自分の筋肉である分、痛いところや硬い所に好きに操作できるので、どちらかといえばセルフの方が便利ですけど。
 
[ 2016/04/14 17:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ネットでも書いて無かった事

 足を怪我して寝たきり初期状態になってた時に気づいた事を少々書きます。
 ネットには書いて無かったお話です。

 骨折をしたらベッドで寝て、血のめぐりを良くしなければなりません。
 血の巡りを良くして患部の炎症を取り除く為に同じ姿勢で寝るので、床擦れが置きます。
 寝たきりのご年配は、よくこの床擦れから体調を崩される方が多いとは聞きましたが、まさか自分がなるとは思いもしませんでした。
 
 具体的にはカカトの皮が薄くなり、ベッドで寝ているだけで痛みが出てきます。
 これを防ぐには、丸めたタオル等で台座を作り、足首を乗せるとカカトがベッドに接する事が無くなります。
 あとでリハビリの先生に聞いたら、私の方法は正解だったようです。

 次は身体の衛生面について。
 お風呂に入れない時に体を拭く用のウェットティッシュが便利ですが、アルコール等の除菌作用の無い物を選びましょう。
 知らずに除菌タイプを使っていたら皮膚の常在菌が激減したのか、皮膚がボロボロになってしまいました。
 寝たきりなら体も汚れませんし、皮膚に優しいのを数日に1回使用すればよいと思います。

 最後に男子トークを。
 私のリハビリを担当してくださる理学療法士さんは男性の方でした。
 物理的なリハビリだけでなく、雑談も面白く、良い気晴らしとなっています。

「どっちかっていえば、こういうのは女性の方が良いんじゃないの?」
 
 いいえ、違うんですよ。
 ほら、寝たきりで外の世界とは断絶しているでしょう。
 会う人は身内か病院関係者だけ。
 そうなると女性にマッサージをされるのは、かえって毒なんじゃないかなと思うのですよ。 
 特に太ももモミモミは刺激が強すぎます。
 
「ビッグ7の力、侮るなよ!」

 とかなんとか。

[ 2016/04/12 20:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

掘り出し物

「自宅で膝のリハビリをするときには、まず温めてくださると良いです。」
 と病院のスタッフさんに言われたものの。
 夜ならシャワーがあるけど、朝と昼はそれは難しいお話。
 
 熱湯をくぐらせたタオルとか、電子レンジ対応の湯たんぽとか。
 そりゃあ松葉杖がなかったらできますでしょうが。

 そこで調べたところ、膝が悪い方用として電源式のニーウォーマーが売られている事が判明。
 充電式ならば、部屋のコンセントでもなんとかなるので早速買って試したところ。

「きもちええのう。」

 じわじわ膝が温まっていくというのは、凄く良いですね。
 リハビリに効果があるかはわかりませんが(多分あると思います)、これは買って正解でした。
 8000円前後の物が、1500円位で買えちゃいましたし。

 製品はフカダックのホットサポーター(FH-043)だったかな?
 これを2個(片方用なので)買えば、冷え症の方にもオススメかもしれませんぞ。


[ 2016/04/11 08:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

さらばウォーカー

 文明が滅び、ウォーカー(ゾンビ)が地上をさまよう世界で生きる人間を描いた『ウォーキングデッド シーズン5』を視聴完了。
 以下、シーズン5が好きな方には耳障りな文章になります。

 ええっと、どうもあまり面白くなかったです。

 気になるのは展開のパターン化ですかね?
 普通の日常パートで登場人物がヘマをやらかしてウォーカー達に襲われる。っていうパターンが毎回多くて。
 話を盛り上げるために無理やりヘマをやらかしているような感じなのですよね。

 いつぞや某鬼ばかりが登場する日本のドラマを観て思った事と同じ、
「なんでこんなところで争ったりするんだろう?」
 という疑問が物語より先に来てしまうのです。
 他にも登場人物の性格がいきなり変わるような行動もあったりして。
「なんで!?」
 これも感想じゃなくて疑問ですね。
 
 また、シーズン5ともなるとウォーカーが今や物語の大道具になってしまっています。
 リックなど、絶対に死なない人物にとっては、ウォーカーはその場の道具を活用してあっさり倒される対象ですし。
 放水車の放水で体がバラバラになるのって、どうなの?とか。

 人口密度が世界193ヶ国中142位(1平方キロメートルあたり32人)のアメリカで、なんでそんなにウォーカーが人間の住処をピンポイントに襲撃できているのかとか、そういうツッコミは無しにしても。

 そろそろ私もウォーカー達の世界から離れようかな?



 ところで、日本のドラマ関係者のみなさん。
 人口密度がアメリカの10倍(193ヶ国中21位)の日本なら、ゾンビだらけの世界を題材にした連続ドラマの舞台には相応しいと思いますが。
 

[ 2016/04/10 23:55 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

支店4コマ15話 オーディオコメンタリー

 支店の4コマ15話についての制作裏話です。
 主人公が登場と言う事で、今回は特別にこちらにも展示しておきましょう。

2016040901.jpg

 遥、光の主人公コンビがようやく活躍し始めました。 
 男の子が光(ひかる)で、ツインテの女の子が遥(はるか)です。
 今日は名前だけでも覚えて帰ってくださいね。

 新妻カフェと言うのは、かつてお茶の水女子大学の文化祭で実際に運営された模擬店です。
 この新妻さんが支店アカウントに告知してくれたか、相互フォロワーだったかしまして、私も新妻カフェへ行ってきました。
 女子大学と言う相当なプレッシャーに加え、現役の女子大生が耳元で、
「ダーリン、いつもお疲れ。」
 とか仰せになるサービスがあったりして、色々と大変なことになりましたっけ。
(企画した学生さんが卒業したため、現在は実施されておりません。)

 支店のタイトルバナーにある『幼妻ポッキーDAY』と『人妻ポッキーゲームDAY』は、これに対抗したものです。
 他の登場キャラの紹介作品もあり、この作品の公開が遅れてしまいました。
 もっと早く二人に活躍してもらったかったですね。
 
 なお、4コマ漫画の制作はAtelier Qのたぬさんが担当してくださっています。
 いつも可愛らしい作品をありがとうございます。



[ 2016/04/09 21:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

二度読みの味わい

2016040801.jpg
江戸300藩 殿様のその後(中山良昭)

 昔読んだ本を読み直すと、また違った味わいがある事があります。
 多くの事を経験して、楽しみ方が増えるのでしょうか。
 この『江戸300藩 殿様のその後』もその1冊です。

 前回読了した後、私の趣味に城巡りが増えました。
 すると気になるのが、自分が行った城の大名はどうなっているのかな?という点
 そこで以前図書館で借りたこの本を、自分で買い求めて読み直す事にしました。

 せっかくなので、今まで行ったお城の中でも興味深い大名家のその後を紹介してみましょう。

2016040802.jpg
高松藩 高松城 松平家(水戸家)

 水戸黄門こと水戸光圀の兄、頼重が藩祖。
 光圀は兄ではなく自分が水戸家を継いだ事を悩み、最終的にはお互いの息子を交換することで兄の血を水戸家に残しました。
 なので、こちらは黄門様の血を引き継いだ家系となります。

 最後の藩主頼聡の嫡子頼寿は初代国風盆栽会会長に。
 その孫の頼治はフリーゲージ(新幹線がそのまま従来線の線路を走れるシステム)の開発に携わっておられるそうです。

 なんで盆栽でピンと来たかと言うと、高松公園(高松城跡)に、盆栽コーナーがあったのですよ。
 盆栽のコンテストをお城でやるというのも珍しいなと気になっていたのですが、これで理由がわかりました。

2016040803.jpg
今治藩 今治城 松平家(久松)

 後述する伊予松平家の分家で、昭和十年生まれの子孫である定隆は、『世界まるごとHOWマッチ!』等を手掛けた名プロデューサー。
 奥さんの河内桃子さん(故人)は女優をされておられた方で、『渡る世間は鬼ばかり』や『ゴジラ VS デストロイア』等に出演されていたようです。

2016040804.jpg
伊予松山藩 松山城 松平家(久松)

 徳川家康の異父兄弟からはじまる家系。
 嫡流として明治32年に生まれた久松定武は、愛媛県知事時代にえひめ飲料の果汁飲料に『POMジュース』と命名。
 日本一になってほしいから、ニッポンイチから『ポン』をとったそうです。

 POMジュースは世にある数あるみかんジュースの中でも最も美味しいジュースの中の1つですからね。
 このネーミングが無ければ、今我々も美味しいPOMジュースに巡り合えなかったのかも?と考えると、ありがたい限りです。 

2016040805.jpg
尾張藩 名古屋城 徳川家(尾張)

 歴史の教科書でもお馴染み、徳川御三家。
 8代将軍徳川吉宗時代に吉宗と対立したからか、暴れん坊将軍ではいつも悪役です。

 最後の藩主16代目徳川義宜から3代進んだ19代当主義親は、幕末四賢侯の1人松平春嶽公の息子で、徳川家に養子として迎えられました。
 子供の頃の成績こそ悪かったものの、大学を卒業するときはトップクラスだったという事なので、いわゆる晩成型だったのでしょう。
 また、14代と17代の当主だった徳川慶勝が旧藩士の就職先もかねて北海道八雲に作った徳川農場の経営に携わり、社員がヒグマに襲われないようにヒグマ狩りをしていたそうです。
 この頃、農作業ができない冬の間の収入源を補うために内職として考案したのが木彫りの熊。
 今や北海道の名物となったあの熊は、お殿様が作った物だったのですね。

 戦闘集団だった武士は、江戸時代に入ると次第に官僚化し勉学に勤しむ事になりました。
 おかげで明治維新以降も多くの武士がそのまま新政府の役人や企業の重役あるいは創設者となれたのでしょう。

 子供の頃歴史の教科書で見た、
「武士は明治時代に入り商売などをしたが、武士の商法は上手くいかなかった。」
 という文章が、今となっては不思議でなりませんねえ。

[ 2016/04/08 20:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

限定解除 ひとりででき太

 診察とリハビリへ。
 レントゲンでの結果も良く、今日から荷重テスト以外ではニースプリントを外して良いと言われました。
 折れた方の足に体重をかけ過ぎなければ、お風呂も今日から解禁です。
 また、まだまだ膝が曲がらないのものの、家でのリハビリを頑張ったおかげで、折れた方の足を上げる事はできました。

 というわけで、およそ一ヶ月半ぶりのシャワーに挑戦してみました。
 片足が曲がらないので脱衣場で座り戦車か何かのようにズリズリと風呂場まで向かう不格好な方法で無事に成功。

 あー!
 ちょー気持ちいいね!
 いつも通りの量のボディソープを使ったら、上半身だけで泡が無くなりましたよ。
 
 杖無しで歩けるようになったら、温泉のある場所へ旅にでも行ってじっくり温めたいですなあ。 

[ 2016/04/07 20:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ブロック好きあつまれー!

2016040601.jpg

『メックウォーリア3』以降、PCでロボットを操縦するFPS(ファーストパーソンシューティング)を遊んでおりません。
 そこでSTEAMで何かめぼしいものを探していたら、ロボットという単語が反応して『Robocraft』なるゲームが見つかりました。

 調べてみると、基本無料のオンラインゲームで、ジャンルはTPS(サードパーソンシューティング)の様子。
 ゲームの特徴を簡単に説明すると、
「ブロックでロボットを組み立てて遊ぼうぜ!」
 とでも言うべきでしょうか。

 タイトルにロボットという単語こそあれ、ブロックを組み立てた後は脚、ホバー、タイヤ、ジェットなど、なんでも付けられるようです。
 いや、こんなのよくわからなくて楽しいはずが・・・・・・。

2016040602.jpg

 ・・・・・・面白い。

 自分で好きなメカを作ろう!って言われると、子供の頃レゴブロックに触れた時代を思い出しまして。
 図工の成績が悪い私でも、なにか設計してやろうという気持ちになります。

 記念すべき第1号、機体名はドッグガン。
 平たい車体に高機動エンジンとレーザーガン&プラズマガンの高火力が自慢。
 そのかわりブロック数があまりにも少なすぎて、ちょっと攻撃を受けるとあっという間にパーツが吹き飛ぶピーキーなマシンです。

2016040603.jpg

 設計をしたら、いざ実戦へ。
 オンラインモードとシングルプレイがあるので、私はシングルプレイで楽しんでみました。
 CPUの機体は牛みたいのだったり、ハテナマークみたいなのだったり、へんなのばっかです。

2016040604.jpg

 2機目も作ってみました。
 今回はスピードを落としてでも、多少頑丈な物を制作。
 タイヤをブロックで保護しているので、パーツが吹き飛んで走れなくなるという事は減るはず。

 名前はそうね、『Bullhead』とでもしておこうかしら?
 ネコザメの名前が『Japanese bullhead shark』なので、地面をモフモフ進んでいるこの戦車にはピッタリかなという気がします。

 あ、ちなみに課金をするとカッコ良い見栄えのパーツが使えます。
 課金で手に入るパーツは無料プレイのものと性能差がない(カッコいいだけ)ので、趣味の領域ですね。

[ 2016/04/06 21:30 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

男伊達

 お寿司屋さんやお弁当やさんのメニューに『助六』というのがあります。
 名前の由来を調べると、

 歌舞伎の主人公、助六に由来する。
 助六の愛人が揚巻という名前なので、油揚げ(稲荷)+巻(海苔巻)の組み合わせが助六寿司と呼ばれるようになった。


 こんな感じに紹介されていまして、それでは実際この助六が出てくる歌舞伎と言うのはどんなものだろうな?

2016040501.jpg
歌舞伎名作撰 助六由縁江戸桜

 と思い、DVDを1本買ってみました。
『歌舞伎名作撰 助六由縁江戸桜』
 歌舞伎のDVDはどこのショップでもレンタルをしていないので、今回は購入。
 この日記を書いている現在では、3000円前後で買えました。

 物語をものすごく簡単に説明しますと、

 粋でモテモテの助六が揚巻と仲良くしていて、それらを妬む野暮な連中がいて、喧嘩をしたりして。
 ある日助六の身内とばったり出会い、奔放な生活をしている助六を叱るのですが、実は助六にはこの生活をする理由があり・・・。


 というものです。
 江戸時代から続いているお芝居なので、ここで細かく説明しなくても良いかなと。

 助六役は2013年に亡くなられた、12代目市川團十郎さん。
 市川海老蔵さんの父親です。

 色男とか伊達男の象徴的な作品だけに、この12代目の成田屋の助六はカッコいいですね。
 傘を持って歩くだけでも絵になっているのですよ。
 テンポのいいセリフとか、昔ながらの言葉とかそういう方面でも良い教材にもなってくれましたし、買って損はありませんでした。

 以降、余談です。
 2003年の興行を収録しているものなので、途中で入るアドリブのギャグに歴史を感じてしましました。
 登場人物が吉原を歩いていると、モーニング娘の着メロで携帯が鳴るとか。
『命!』っていう、TIMのギャグを披露するとか。
 仮に2016年に助六由縁江戸桜の興行があるのなら、きっとAKB48の着メロが鳴りルーティンをする江戸っ子が観られる事でしょうね。


[ 2016/04/05 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

日本代表:ニホンザル

2016040402.jpg
ライフ いのちをつなぐ物語

 ゾンビばかりだと肉に飽きてくるので、ちょっと変わったDVDを観ました。
 タイトルは『ライフ ~いのちをつなぐ物語~』。
 英国BBCが6年をかけて撮影した地球上の生物が紹介されている映画です。
 
 収録されている動物は、上はクジラから下はアリまで。
 動物だけではなく、植物も登場します。
 日本代表としては、温泉に入るニホンザルが登場。
 過酷な世界を描く作品としては珍しく、癒し担当となっていました。
 文字ではお伝えできませんが高性能の撮影機材を使用しているので、小さな動物の顔や足音まで聞こえるのが素晴らしいです。
 お子様へも含め、ゾンビ映画の数倍はオススメできる作品でした。

 それにしても、世の中にはおっかない動物が沢山いますなあ。
 どの動物に食われてもイヤだけど、コモドオオトカゲ(コモドドラゴン)に食われるのだけはもっとイヤですなあ。

 あのですね、作品中に登場するコモドオオトカゲがスイギュウを襲っていたのですよ。
 体長3メートルとはいえ、やはりスイギュウの角や蹴りは危険でしょう。
 それじゃあどうするかといえば、足あたりに一噛みするだけです。
 噛んだ後は、頑張って立とうとしているスイギュウの周囲に仲間のトカゲがやってきます。
 コモドオオトカゲの口に含まれた毒やバクテリアでスイギュウは死ぬことになるのですが、この毒は蛇のような即効性がなく数日かけて敗血症などで死ぬタイプの為、毒が効いて死ぬまでずっとコモドオオトカゲに周囲を囲まれるという。
 その間トカゲ達はスイギュウの顔をペロペロ舐めたりするも、一度も噛みつかず。
 囲まれてから数日後、弱って死んだ後に食べられるわけです。 

 これはイヤですねえ。
 ディスカバリーチャンネルやアニマルプラネットの番組がお好きなら、是非。

 

[ 2016/04/04 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

有り難く 申し訳なく

 クリエイターさんとの交流を仲介するスキロッツさんというサイトで、新キャラのデザイナーを公募しています。
 Mixiなどの掲示板とは違い業者さんが間に入ってくれる分、多くのクリエイターさんからのご応募を頂いています。
 とてもありがたい限りです。

 申し訳ないのは、いくら多くの良い作家さんの存在を知りえても、合格者が1人という事です。

 見積もり応募をしてくださる作家の皆さんは、本当に良い技術をお持ちの方ばかりなのですよ。
 中にはもう新キャラのイメージイラストまで描いて送って下さる方もおられ、微調整をすればすぐに実用化になるほどの作品もあるほどです。

 でも採用されるのはたった一人なのですよね。
 仮に別のお仕事を用意してあげようとしても、それでも2人とか3人が限度でしょう。

 できればみなさん合格にしてあげたいですね。

[ 2016/04/03 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

オランダから来た愛すべきバカ

2016040201.jpg
ゾンビ・クエスト

 今までストックになっていたB級ゾンビ映画の感想を書き記します。

 本日紹介するのは、オランダの『ゾンビクエスト』。
 原題が『ZOMBIBI』で、英語でのタイトルが『KILL ZONBIE』なので、これは日本の代理店が悪乗りしたパターンの邦題だと思います。

 主人公の冴えない男性アジズは、ダメ兄貴モーのせいで会社をクビになります。
 腹が立ちモーへ文句を言いに行ったところ、現場で喧嘩に巻き込まれ無実の罪で留置所へ。
 しばらくして目覚めると、街が混乱状態になっていました。
 どうやらロシアの人工衛星がオランダに墜落し、付着していた宇宙の毒物がオランダ国民をゾンビにしてしまっていたのです。
 そこへかかってきたのは、同じ会社に勤めていた恋人からの助けを求める電話。
 恋人を助けるために、アジズは元会社のビルへ向かうのでした。


 批評サイトなどで『ホラーコメディ』というジャンルに入っている事も多い、全体的にオモシロ系のゾンビ映画です。 
 イギリスのゾンビ映画『ショーン・オブザ・デッド』に近いものがあると思います。
 
 また日本のように銃が出回っていないのでホームセンターで武器を探したり、様々な民族が移民として暮らしているらしく移民への偏見について喧嘩をするシーンがあり、意外な所でオランダのお国事情を知る事ができました。
 トルコやモロッコ出身のキャラクターが出演するゾンビ映画と言うのも珍しいです。

 それから人間として出会う人の多くが、『ウォーキングデッド』シリーズの登場人物も見習ってほしい位にイイ奴ばかり。
 バカが多いのだけがたまにキズなんだけれども・・・・・・。

A「あー噛まれた。」
B「ゾンビに感染したなら、悪いけど殺さないとダメだな。」
A「大丈夫だ、感染してねえよ。殺さないでくれ!」
B「本当か? 今食べたいのはなんだ?」
A「人肉!」
B「やっぱり感染してるじゃねえかッ!」


 みたいなやり取りが、定期的にあります。
 他にも画面端にゲージが表示されて突然格闘ゲームみたいになったり、リングアナウンスみたいな人物紹介があったりと、作ってる側は面白くてしょうがないんだろうなあという、おふざけゾンビ映画でした。

 軽めのゾンビ映画を観たい方にオススメです。

[ 2016/04/02 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

人生のツケというやつは 最も自分にとって苦しい時に必ず回ってくる話

 今日は『信長の野望 烈風伝』をプレイしていないと、多分面白くないと思います。
 エイプリルフールなのに、シャレた冗談も無いのよ。ゴメンナサイね。

 昨年の1月、大河ドラマの『独眼竜政宗』を観て東北旅行をした関係で、私の中で政宗ブームが到来。
『信長の野望 烈風伝』というパソコンのゲームで、伊達政宗を選んで天下統一を目指しました。

 その際にゲーム改造が出来る事もあって、
「俺の考えた最強の城を作るぞ!」
 と頑張り、建造したスーパー岩出山城(ゲームの中での伊達家の本拠地)がこちらになります。

2016040101.jpg

 少しバグっているものの、周囲は水掘りに囲まれ、入口は一か所のみ。
 侵入者は中央から入り、沢山ある城門(通常の3~4倍の数が設置されています。)を壊しながら狭い通路を進まなければいけません。
 防衛者側は、通路をぐるりと囲んだ高台から弓矢でも鉄砲でも打ち放題。
 おそらくは半分以上の城門を壊しても、守備側の兵隊は一人も死なない事でしょう。 

 攻められるスペースは狭く、守られるスペースは広くという、非道な構造となっています。

2016040102.jpg

 実際に攻めようとすると、これだけの障害があります。
 現実的にはともかく、私自身築城能力は相当なものだなとPCの前で自画自賛したものです。

 ・・・・・・でね、私の何がアホかというと、このスーパー岩出山城の存在をすっかり忘れていた事です。

 先日から四国の河野家でスタートしまして。
 徐々に勢力を広げ、残りは伊達家と大崎家(こちらも東北の雄)だけとなった時に、このスーパー岩出山城に攻めて泣いて帰ってきました。

 こんな城落とせるわけないじゃんッ!

 結局、輸送兵40000人を連れた軍団が岩出山城へ攻め入りわざと敗北する事で、この40000人の兵隊をそっくりそのまま伊達家へ献上(?)。
 あと1~2年もすればこの兵士が城中の兵糧を食べつくして、戦わずともお城を落とせる状態までもっていきました。
 勝利は時間の問題でしょう。

 おのれ、自分で作った城に自分で苦戦するとは。

[ 2016/04/01 17:53 ] 日記 | TB(0) | CM(0)