正常な進行や活動の妨げとなるもの 前編

 突然ですが、皆様は障害をお持ちですか?

 私は持ってます。

 子供の頃は喘息で死ぬ思いをしました。
 現在は回復したものの、アレルギー鼻炎はありますし、湿疹も出る場合があります。
 激しい運動をすると貧血を起こします。
 お金が無いというのも障害でしょうか。

 しかしながら私がこれらの障害で死ぬ可能性は低いと思われます。

 喘息時代からアレルギー、湿疹に関しては薬があります。
 文明の利器のおかげで、激しい運動をしなくても通勤通学には困りません。
 仮に生活に困っても生活保護などを受けられる権利もあるでしょう。

 私が障害を乗り越えられているのは科学や社会システムと言う人類の英知によってであり、少なくとも私が努力したから大丈夫だったとか、逆に私の努力が足りないから障害をクリアできないとか、そういうレベルの話ではありません。
 この人類の英知はその後も広がっていき、今以上に障害で生活を送るのに苦労をする人は減っていくと思います。

 逆に言えば、今障害で苦しむ方がいるのは人類にそれをクリアすべき技術やシステムが不足しているのが原因で、障害を持っている方の責任ではないという事になります。

 それではここでみなさんにお聞きします。
 たまたま現時点でクリアできる障害を持つ人が、現時点ではクリアできない障害を持っている人を責めるのは適切でしょうか?

スポンサーサイト
[ 2016/08/01 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)