あの頃って良かった?

「昔の深夜番組はたわわちゃんが観られてよかった。それに比べて・・・・・・。」
 というのが、最近のスタンダードだそうですが。

 あの頃を思い出してみると、はたしてそうかな?と疑問に思います。

 昔はたわわが貴重な物でした。
 ですから、どんな質でも大切に扱われていました。

 最近の若い人は御存じないでしょうが、アイドルが沢山出演する水泳大会といっても彼女達のバンビちゃんは見られないんですよ。
 主にダンプ松本さんみたいな悪役女性レスラーが水着を奪うのは、明らかに顔も知らない人。
 いわゆるポロリ要員のお姉さん方が、ややくたびれたナンのようなものを曝け出していました。
 志村けんさんのバカ殿シリーズでも、それ専門要員のお姉さん方が省エネ基準に適合したようなものを披露してましたっけ。

 ここで具体的なグラビアアイドルの名前が出てこない所で自分の知識の限界を感じる所ですが・・・、いわゆる先端が見えないだけで、質から言ったら昔より今のアイドルの水着姿の方がよっぽど価値があると思うのです。

 そんな質の深夜放送でも成り立っていたのは、お色気の価値が今よりあったからにほかならないわけで。
 ナンのお姉さんも省エネサイズのお姉さんも、結構なギャラをもらっていたと想像できます。

 あれから顧客がセクシー路線に落とすお金は減り、逆にお客さんに見せる側は増え。
 少なくなったパイ(売上ですね)を、さらに多くなった参加者で奪い合う状態となってしまいました。
 戦後史上、今が一番グラビアアイドルが安く買い叩かれている時代だと思います。

 みなさん体を張っているのですからもう少しギャラの方を優遇して頂けたらなと、マネージャーでもないのに願ってしまうのでした。

 

 最後にちょっと自慢して良いですか?
 今日の日記、「お」の付く4文字の単語を一度も使ってないので、お子様向けブラウザでも観られるんですよ。
 こんなアホな話をしているのに。
(キッズgooで確認しただけなので、他ではダメかもしれませんけど。)


スポンサーサイト
[ 2016/09/05 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)