ポーランド散策記 Vol.13 ~鉄条網の中で 番外~

2016092601.jpg

 オシフィエンチム駅を15:48頃に出発。
 さらにクラクフを19:04に出発し、およそ6時間ほどをかけてワルシャワへ移動。
 日本国内で移動距離を例えると、午後まで伊勢参りをして、その日のうちに名古屋経由で東京へ戻ったのと同じくらいですね。

2016092602.jpg

 帰りは5500円位の1等席へ。
 往路で利用したEIPが走る時間帯ではないので、1ランク古い車両のEIC(Express InterCityだったかな?)を利用。
 1等席(グリーン車)は、片方を通路にした6人席のコンパートメントで、頭上の荷物置き場に大型スーツケースが置けるようになっていました。
 テーブルの上にあるのは、1等席のお客さんに配られる飲み物と軽食です。

 EICに揺られてワルシャワに着いたのは夜9時30分頃。
 夜の10時前後にスーツケースを引いて外国の街を歩くのは相当緊張しました。
 ホテルまでの道は、今回の旅で一番神経を使いましたね。
 もっとも、この時間帯はパブが営業しており、思った以上にワルシャワの街は賑やかでしたけれども。

 さて、この日移動時間の間はずっと、アウシュビッツで見たもの聞いたものを反芻させてました。
 
 なぜユダヤ人が虐殺の対象になったのか?
 確信できる答えはありませんが、思い当たる点はいくつか思い浮かびます。

 まずはナザレのイエスを殺そうとしたのがユダヤ人と言う、宗教的な理由です。

 ユダヤ教の教えを非難したイエスをローマ総督のもとへ送った際に、ローマ総督はイエスを殺すのがイヤだったため、死刑囚のバラバを連れてきて、
「イエスとこのバラバのどちらかを恩赦で無罪にするけど、普通これならイエスを無罪にするよな?」 
 しかしユダヤ人達はバラバの恩赦を望みました。
「ならばイエスを殺そうとしたのは、ユダヤ人であり、私(ローマ総督)ではないからな。」

 キリスト教徒が用いる聖書にはこんなエピソードが書かれています。
 そして1000年も1500年も、この聖書をベースに教育が行われました。
 もちろん文字が読めない人々も多いですし、『ローマに考慮したエピソードとも言われている』点を指摘できる歴史に詳しい人などは一般庶民にはほとんどいません。

 となると、キリスト教徒がユダヤ人を見て思う事はひとつでしょう。

「このイエス殺しめ!」 

 さらにローマ帝国により国を滅ぼされ、本籍無しの状態が長く続いたのもユダヤ人にとっては悲劇でした。
 どこへ行ってもよそ者です。
 漁師や農家は先に住んでいる人達が独占しているのでできません。
 
 できるのは移動できる資産を扱う事か、自分の能力だけでなんとかなるものです。
 具体的に言えば商人、金貸し、教師や医者などでしょうか。
 どれも社会界に与える影響は大きくいでしょうし、金貸しなどは不本意にも人の恨みを買う仕事です。
 よそ者に自分達の街の経済を好きにされて気分が良い人などいません。

 最後はヒトラー自身の思考回路です。
 ヨーロッパにも日本のように
「世界はXX(主に人種や団体などが挙げられる)によって操られている。」
 という陰謀論があり、思春期の少年少女が熱く語る事があります。
 日本では大人になっても陰謀論が好きな方が多くて困ってしまいますが、ヒトラーも実はその困った大人だったのです。
 政治界に出るまでユダヤ人の友人がいたという事なので、大人になってから陰謀論病にかかったのだと思われます。

 かくしてヒトラーがユダヤ人虐殺計画を発動し、周囲のヨーロッパ諸国も、
「なんかドイツがやってるらしいけど、どうせユダヤ人はキリスト殺しだし、日頃暴利を貪ってるからいい気味だ!」
 と、あえて何もしなかったのが、これほど犠牲者が出てしまった理由の一つになっています。

 カトリックの指導者であるローマ法王が訪問したのも、おそらくこれらの背景が関わっているのかもしれません。
「イエスを殺したのはユダヤ人かもしれないが、現在生きる彼らにはその罪は無い。」
 という教育を徹底していれば、キリスト教徒のユダヤ人嫌いもまた違ったものになったわけですからね。
(最近のイエスを扱ったお話では、ユダヤ人の部分を強調しないようにしているとか。)

 どれが正解か、確定となるものはありません。
 私も皆さんも、結局は色々な説を調べて自身の中でしっくりくるものを探すしかなさそうですね。 


スポンサーサイト
[ 2016/09/26 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)