さんがくちほー

2017031801.jpg

 2週間前の悲劇を繰り返さないためにも、多摩動物公園へ行って参りました。
 朝7時台に出発し、開園直前に到着。
 片道の移動時間が2時間ちょっと、割と遠出の動物園訪問です。
 連休初日と言う事もあり、開園前からつがいと家族の行列ができていました。

 園内は山の中にあるらしく、どこへいくにも坂、坂、坂。
 男一人で歩いていても辛いのに、親御さんがベビーカーやお子さんの手を繋いでの移動は大変でしょうねえ。

2017031802.jpg

 2番目の目的地、サーバルのいるアフリカエリアも坂道だらけ。
 私以外には家族連れと、アニメ「けものフレンズ」のファンと思われる一匹狼の姿が見受けられます。

 アフリカエリアで一番最初に会えるのはチーター。
 堀があるから安全とはいえ、檻が無い状態は迫力があります。

 水前寺清子さんのあだ名は「チータ」で、「チーター」ではありませんのであしからず。

2017031803.jpg

 チーターの向かい側は、サーバルの檻。
 
2017031804.jpg

 ここで「けものフレンズ」の第1話の解説パートを引用しましょう。
 いわゆるロケ地はここで正解ですね。
 私が撮影した場所より、ちょっと左側から撮影したようです。

2017031805.jpg

 しかし5分見ても10分見ても、サーバルはしんざきおにいさんのオススメするジャンプ力を見せてくれることはありませんでした。
 2頭とも寝ているか毛づくろいをしているか、たまに「にゃあ!」って鳴くだけ。
 ネコ科ですなあ。

2017031806.jpg

 でもハンターの顔はしっかり見せてくれましたよ。
 伏せて、尻尾を振りながら獲物を観るような眼。
 すごい。

 相手が糞にたかる蝿じゃなかったら最高だったのに。

2017031807.jpg

 そして本日のメインディッシュです。

 た ぬ き 山

 良いですね、このスペースを加えて表現したい位のんびりとした空気。

2017031808.jpg

 タヌキがいました。
 檻も無いのでもふもふもよく見えます。

2017031809.jpg

 でもまあ、上の写真を撮影できた以外は、ずっとたぬき山の奥にみんなで集まって寝てました。
 サーバルと同じで夜行性の動物に早朝見に来たわけですので、これは仕方がないでしょう。

 入場料が600円なので、サーバルとホンドタヌキで元は取れました。

2017031810.jpg

 君たちカンガルーは昼夜問わずにやる気が無いね。

2017031811.jpg

 コアラ君もやる気が無い。
 オーストラリアの動物は総じてやる気が無いよ。

2017031812.jpg

 タイリクオオカミも、もはや犬ですね。

 眠れ小僧!

2017031813.jpg

 今回頑張っていたのは、ユキヒョウでした。
 檻の中を歩いてみたり鳴いてみたり、上の画像のように猫みたいな構えてみたり。

 ここにいる間、二人組の女性がカメラを持ってずっとユキヒョウの前にいました。
 推しキャラならぬ推し動物と言うのもあるのでしょうね。

 良く歩いて疲れたけれども、多摩動物公園には行ってよかったです。
 最初からこちらに来ていれば良かったかもしれないなあ。

スポンサーサイト
[ 2017/03/18 23:59 ] 日記 | TB(0) | CM(2)