江戸のさらりいまん

2017033101.jpg
江戸学講座(山本博文/逢坂剛/宮部みゆき)

 今日は江戸のトリビア本としてオススメする本を紹介。
 東大史料編纂所の山本教授が作家2人と対談した内容で作られた、江戸学講座です。

 ざっと対談内容を挙げると、

・奥女中はあこがれの職業
・現代顔負けの就職活動
・勤番武士の日常生活
・八百八町の犯罪白書
・武士の転勤・公務出張


 等々。
 対談形式なので全体的に歴史に詳しくない人が読んでもわかりやすくできており、堅苦しくないのがポイント。
 人に自慢できるトリビアもかなり収録されています。

 歴史学者になるわけでもなければ、こういう教科書には書かれない江戸を生きた人々の「本音」で楽しく学ぶというのもアリです。
 科学や技術などを除けば、昔の人も今の人も日本人の本質はそうそう変わらないのでしょうなあ。

スポンサーサイト
[ 2017/03/31 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)