誕生日の女神

 Atelier: Qのたぬさんより、お誕生日プレゼントとしてイラストを頂戴致しました。

2017birthday.jpg
東條希(ラブライブ)

 描いて頂いたキャラクターは、ラブライブの東條希。
 私が大好きなキャラです。

 この年になると誕生日なんてどうでもいいイベントになってくるのですが。
 こんな素晴らしい作品を頂ける事を考えると、こんな素晴らしい日は他にありませんな。

 それにしてもいつ見ても女神っぷりがたまらないのんたんです。
 せっかくですので、今月はずっとこの女神様にトップにいてもらいましょう。

 たぬさん、素敵な作品をありがとうございました。

*当作品のまとめサイトや掲示板などへの引用/転載を禁じます。

スポンサーサイト

誕生日の悪魔

 フェレのデフォルメ部屋のフェレさんより、お誕生日お祝いのイラストを頂きました。

2017_Birthday_yuina.jpg
長谷川結菜(オリジナル)

 こちらは私原案の作品から、長谷川結菜。
 支店ルフィドニアのツイッターアイコンでもお馴染みですね。

 そして、着ているのは『おそ松さん』のカラ松が着ているクソタンクトップ。 
 なんと、うちの娘はカラ松ガールだったのですね!

 原作者としては、
「結菜なら着ちゃうかもなあ。」
 と、否定はできない立場でございます。
 本人も良い表情してますしねえ。

 フェレさん、素敵な作品をありがとうございました。

暑中お見舞いのお話も少しだけ

 支店主催の暑中お見舞い企画が開始しております。
 お客様が多くなった事で個人情報の管理の問題上、現在はサイト公開がメインなっております。
 あとはコミケでお会いする方に直接手渡しです。

 住所を教えても良いので、印刷された実物が欲しい!と言う方は、個別で連絡ください。
 今回は印刷会社に印刷を依頼する予定なので、出来栄えについては企画史上最高品質になる事でしょう。

2017newyear_yuina_honke.jpg

 なお、今回のモデルは我が娘の長谷川結菜。
 フェレさんが制作を担当してくださいます。

 今年の年賀状と同じキャラ&作家さんの組み合わせですね。

[ 2017/06/23 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

支店のお話を少しだけ

 今月で、支店ルフィドニアが開設7周年を迎えました。
 メイドカフェレポートを始めたのが2003年なので、メイドカフェレポートそのものは今年で連載14周年です。

 お祝いの言葉を頂き大変ありがたい反面、周りを見渡すとすっかり同志がいなくなってしまっている事に気づきます。
 2003年の頃に沢山存在した先輩格のレポートサイトは、現在はほぼすべて全滅。
 世界一有名な方のレポートサイトも、去年で更新が止まっています。

 今元気なのは広告収入のある情報サイトくらい。
 そちらは広告料を払わないお店は紹介されないので「メイド喫茶ランキング」のコーナーには老舗がまったく登場しない聴いたことの無いお店がランキングされるという有様です。

 個人でのメイドカフェレポートサイトの更新ペースが一番高いのは、おそらくうちの支店です。
 実際にGoogleでメイドカフェレポートサイトで検索して、更新日時順に検索結果を並べると、うちの支店が1位に来ます。
 トップクラスなんですよ! ・・・ライバルがほとんど誰もいないという意味も含めて。

 さあみなさん。
 何かで1位になりたいなら、メイドカフェレポートサイトが狙い目ですよ。
 なんといっても私がトップにいるくらいです。
 今すぐにサイトを開設してガンガン更新すれば、今から1位になるのも難しくありません。
 ご主人様として生まれたからには、テッペン目指してみませんか?

 なお、新サイト開設の折には相互リンクを交わして、うちとしても同志として仲良くやっていきたい次第でございます。


[ 2017/06/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

甘党の御馳走

2017062101.jpg

 京都のお友達から、お誕生日プレゼントが届きました。

 蕎麦ぼうろとか一乗寺の蜂蜜かすてらとか、狸のハンカチとか。
 私の大好きな物ばかりです。
 ダークホースだったのはマーマレードで、これは優しい甘さの名プレーヤー。
 最近朝はパン食が多いので、随分助かってます。

 それにしても京都は好きな物が沢山あって、困りますなあ。
 他にも生八ッ橋や阿闍梨餅とかもありますしなあ。

 今年もまた京都へ行きたいものです。

[ 2017/06/21 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

魔王生誕祭

2017062001.jpg

 本日は誕生日と言う事で、秋葉原へ行って参りました。
 平日の訪問は珍しいですね。

 まずはお誕生日サービスの予約を入れていたカフェメイリッシュへ。
 シュタインズゲートのメイリッシュニャンニャンのモデル店です。

2017062002.jpg

 限定メニューのしらす丼が美味しそうなので注文。

2017062003.jpg

 そしてこちらが私専用の、のんたんケーキプレート。

 予約時に、
「ラブライブの東條希が好きです。」
 と伝えたところ、メイドさんが希を描いてくださいました。

 続いて店内にハッピーバースデーの曲が流れ、メイドさんと店内のお客さん全員に祝っていただきまして。
 それはもうありがたいイベントになりました。

2017062004.jpg

 メイドさんから貰った、メイドさん手書きのバースデーカード。
 ちょっとしたカードだと思ったら、主だったメンバーがギッシリ書いたカードを頂きました。


 なんかメイリッシュすげえ。

2017062005.jpg

 その後はまた予約していたメイドカフェ(メイド私設図書館)のシャッツキステへ。
 今日はけものフレンズのコラボイベントを開催していました。

2017062006.jpg

 店内は吉崎観音先生のイラストや、有志で展示されているジャパリバス、ボス(ラッキービースト)の縫いぐるみの記念撮影などが楽しめます。
 実は同じイベントを去年開催したものの、アニメ放送も無くゲームの知名度が低かった事から、あまり話題にはならなかったそうで。
 アニメがヒットしてから開催した今回は、予約必須の超人気イベントになってます。
 私も平日だから予約が取れたようなものです。

2017062007.jpg

 シャッツキステが選ばれた理由は、実はけものフレンズのアルパカが経営しているカフェのモデルだからです。
 例えば作中で登場するカフェの半個室と長テーブルですが・・・・・・。

2017062008.jpg

 シャッツキステの半個室と長テーブルとまったく同じなのです。
 私の座席はこの長テーブルでした。

2017062009.jpg

 吉崎観音先生がプロデュースした限定メニュー、ジャパリバーガー。
 お店の隣のハンバーグ店牛舎さんのパティを使用しているので、超うめえです。

2017062010.jpg

 詳しくは支店で書くと思われるので、ざっとここまで。

 帰りにお土産としてサンドスターを頂きました。
 コラボメニュー以外に追加料金のかからないイベントなのに、随分ファンに優しいですね。

 あとは今週でおしまい(&予約はすでにいっぱい)じゃなかったら最高なのに。 
 このブログを見たお客さんが行ってみたくても無理と言うのは、やや残酷ではあります。

2017062011.jpg

 余談として。
 
 シャッツキステさんの書架には、私の同人誌が寄贈されています。
 オリジナルであるシャッツさんの書架にあるとすると、ジャパリカフェの書架にも私の同人誌があるかもしれません。

 あと制作者からのコメント、我ながら字がきったねえですね。



 ふうむ。今日はここ数年でもっとも充実度の高い、素晴らしいバースデーでありましたよ。

[ 2017/06/20 22:19 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

キミもらう性 ボクあげる性

2017061901.jpg
メスの流儀 オスの流儀(池田清彦)

 面白いタイトルの本を見かけたので、買ってみました。
『メスの流儀 オスの流儀』
 タイトルの通り、動物界におけるメスオスセキララ話です。

 全国の男子には残念なお知らせですが、基本的に動物界はメスの方が優位(貴重?)です。
 何故なら精子の数に比べて卵子の数が絶対的に不足しているからで、このせいでメスを巡ってオス同士が戦うケースが後を絶ちません。
 人間だってありますでしょう? 私の為に喧嘩はやめてーって。

 ただまだ我々ホモ・サピエンスのオスはまだ恵まれている方で、地上には人間ですらも涙を誘う悲しいオスの定めがある事を、この本で知るのです。

 メスに食われたり、メスに吸収されたり、メスに貢いだり。
 中にはメスになっちゃうオスなんかもして。

 こういう分野を学ぶといわゆる性的少数者の存在が「どんな動物にも存在しうる現象」である事に気が付くので、良い勉強にはなりますが、男女平等とか男尊女卑とか言われる中でも女性が大切に扱われている根拠を突き付けられているようで、オスとしてはちょっと悲しくもあり。

 この本には人間、いわゆるホモ・サピエンスについても紹介されており、
「ホモ・サピエンスのメスは他の動物と違い発情のサインを出さないので、オスは年中メスの気を引かないといけない。」
 という記述にはちょっとハッとしてしまいます。

 サルのように発情期がわかるとオスはその時にしかメスの気を引かなくなるので、発情期がわからない方がいつもプレゼントが貰えたりレストランで奢ってもらえる反面、メス本人ですら発情期がわからなくなってしまっているので、望んでなかったのに妊娠してしまうケースもあるとか。
 ただ婚前妊娠をきっかけに結婚した夫婦が上手くいっているケースもあるので、結果的に成功しているパターンもあるしなあ。
 調べれば調べる程、何か底なし沼にハマりそうな案件ですね。

 ちなみに、個人的にこの作品の中で一番関心を抱いたのが、ゴリラの話。
 どの動物もオスは基本子育てに参加しないケースが多いのですが、ゴリラのパパは乳離れした子供と遊んであげたり、ママゴリラが死んでしまった子ゴリラの面倒を見たり、一緒に寝てあげたりするそうです。
 子供のゴリラはそういうパパゴリラに対し、老いて衰えた後でも敬意を払って過ごすとか。

 やだ、ゴリラって超イケメン。

 ホモ・サピエンスのオスもゴリラから見習うべき点がありますね。
 少なくともゴリラは愛する子供を車に乗せたままパチンコへ行きませんし、虐待で殺す事も、いじめで自殺させることもないでしょうから。

[ 2017/06/19 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

前夜祭?

2017061801.jpg

 秋葉原へ。
 駅ビルのアトレでは、アニメ「ハイスクール・フリート」のコラボイベントが開催されていました。

2017061802.jpg

 日曜日なのでスープカレーカムイさんも営業中。
 お昼ご飯はここでカマンベールポークを注文。
 からあげやナスもトッピングで追加して、今年食べたスープカレーの中でもっとも豪華なスープカレーになりました。

 最近限定カレーばかり食べているから、たまにはレギュラーメニューが懐かしくなるのよ。

2017061803.jpg

 食後は予約をしていたメイドリフレのお店までてくてくと移動。
 途中にあるベルサール秋葉原でパチスロ「ツインエンジェル」のイベントが開催されていたので、着ぐるみさんをパシャリ。

2017061804.jpg

 デコレーション車、いわゆる痛車もパシャリ。

2017061805.jpg

 予約をしていた癒あMaidenに到着。
 今日はラブライブイベントで、日頃はメイド服のメイドさんが、今日はラブライブメンバーの衣装で施術をしてくださいます。
 
 私を担当されたメイドさんは西木野真姫ちゃんのコスプレでの施術。
 なんだかもうニヤニヤしっぱなしでした。

2017061806.jpg

 そしてたまには新規開拓もしようと、秋葉原の猫カフェnyannyさんへ。
 神戸元町に本店がある猫カフェで、2号店がここ秋葉原店だそうです。

 詳しくは支店で書きますが、良いですねココ。

 それにしても、犬の気持ちがわかる私も、猫の考えている事はさっぱりわかりません。
 この飼い主に従属しない自由さが、猫の魅力なのかもしれませぬなあ。

 今年はバースデーでお休みを取り、秋葉原を散策しようかな?なんて思ってましたけど。
 なんか今日一日でやりたい事ほぼすべてかなえてしまったような気がする。

[ 2017/06/18 17:07 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

南蛮退散 ~花粉症の如きもの~

 暑さ(汗)のせいで皮膚に痒みを覚えたので、病院に行って参りました。
 毎年これを放っておくと膝のあたりコブが出来、やがてそれは顔の形になり喋りはじめるのです。

「ひっひっひ、また今年もお前さんの膝に棲みつく季節かのう」

 そこで病院に行き、処方されたステロイド剤を塗る事でコブが消えていくわけですが。



 ・・・・・・ステロイド剤、ちょっと万能過ぎじゃない?



 それはともかく、今まで汗疹だと思ってシーブリーズなんかを塗っていた処置が間違いだった事にを知ったのは大きな経験でした。
 皮膚に関しては(他の箇所もそうなのでしょうが)あまり自己判断せず、お医者さんに診てもらうのが一番だと思います。
 診察の結果ただの湿疹だったので、治りも早いでしょうし。

[ 2017/06/17 13:47 ] 日記 | TB(0) | CM(3)

眼力光線

 雨の日が増え、原付に乗らず歩いて駅まで行く事が多くなりました。
 原付で駅まで行くルートより静かでまったりした道を選んで向かうのですが、最近歩くルートにカラスが巣を作ったようです。

 ある程度のエリアまで行くと、カアカアと鳴き始めました。
 ただのメスや仲間への報告か何かでしょうか。
 地面に降りないので、ハシブトカラスかも。

 さらに進むと、カアカアの感覚が短くなってきます。
 おそらく私の行く方向が巣に近づいているのでしょう。
 とはいえ駅に行かないわけにはいかないので進んでいくと、私の回りに何羽かやってきます。
 私の周りを飛び交っているので威嚇しているのでしょう。

 もっとも事故でもなければ、実際にカラスが人間を攻撃する事はありません。
 脅かそうと思ってぶつかってしまう場合もありますが、まず怪我はしないと思います。
 カラスの方が体格が小さいので、冷静に考えると当然ですよね。

 カラスが絡んだ事故は、カラスに驚いて転んだり、自転車に乗ったままぶつかったりするケースがほとんどなので、人間が対処する必要はありません。

 あまり人間を舐められても困りますから、ちょっと脅かしてやりましょう。
 こちらの武器はにらみつけ。いわゆる眼力です。
 カラスにとって、自分より強大な相手に相手に睨み付けられるのは、狙われているのと一緒です。

 じーーーーっ。

 数秒だけ足を止めて見つめていると、塀の上でぴょんぴょんし始めたと思うと逃げて行きました。
 手の届かない場所であるのに、明らかに落ち着かない感じでしたね。
 

 
 ふーむ。
 それにしても、あんなカラス本やこんなカラス本を読んでおいて良かったなあ。
 こんなところで役に立つとは思いませんでした。

[ 2017/06/16 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

歳の差婚にも限度はある

2017061501.jpg
100年前の三面記事(大沢悠里のゆうゆうワイド)

 今日も日経新聞などでは絶対にとりあげないような本を紹介。
 ラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』で紹介された昔の三面記事を紹介している、『100年前の三面記事』です。

 内容はタイトルに偽りの無い、昔の三面記事を紹介。
 毎回ページの上に悠里さんの顔とコメントが入っているのがちょっと煩わしい(!)ですが、その他は非常に面白い本です。

 長野の善光寺へお参りに行った妊婦さんが馬で帰る際に産気づき、馬上でお尻を出して出産したとか。
 秋田県から東京に敵討にやってきた青年が、憲兵さんに敵討が廃止になった話をされたとか。
 亀戸の紡績会社に勤めていた職人がストライキとして盆踊りを始めたとか。

 全体的にどこかのんびりした事件が並びます。 
 科学技術が進化しても、3面記事に登場する人の資質というのはそう変わるものではないのでしょう。

『ドイツのボクサーが日本の相撲部屋に入門した!』
 とか言う話は、今でももっと話されていい事件だと思いますけどね。
 結局、ちゃんこがどうしても食べられず逃げちゃったそうですが。

 明治33年には、38歳の女性が浦和地方裁判所に、
「もうすぐ40歳になるのに、嫁ぎ先が無い!」 
 と訴え出た事件があったそうです。
 結局裁判所ではこの女性を保護して自宅へ返し、嫁ぎ先を募集してあげたとか。
 現代は30代で独身というのは珍しくありません。
 昔はそういう縛りが大変だったんでしょうね。

 私などは38歳女性に頼まれたら喜んで夫婦になってあげたいですが。
 この方が御健在なら今は155歳なわけで、さすがにちょっと難しいかな?

[ 2017/06/15 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

笑いを買い戻す

2017061401.jpg
新装版 爆笑問題の学校VOW

 5月に校則の話をしてから『学校VOW』が気になって、結局また買い戻してしまいました。
 これはラジオ番組『爆笑問題カーボーイ(現在も放送中!)』で、1999年までに紹介された学校の面白いネタが詰まった本です。
 主に、変な校則、不思議な文集、おかしな問題などが収録されています。

2017061402.jpg

 いや、今読みなおしてもおかしいですね。
 世界史のプリントで先生が描いた挿絵とか、もうなんで描こうと思ったのか謎過ぎます。

 小学生というのは基本的に子供なので、作文のレベルも逆ベクトルでのどんぐりの背比べでして。
『野球選手になりたい!』っていう将来の夢の作文が進んでいくうちに、いつのまにか監督になっている話になり、最後はその息子が野球の大会で優勝して、「僕とお父さんの夢がかないました!」と。

 ・・・・・え? 主人公変わったの?とか、大人は思うじゃないですか。
 でもきっと、書いた本人は熱中しすぎて何が何だかわからなくなっているのでしょう。
 そういう温度差もまた面白く。

2017061403.jpg

 校則のページは自分の記憶していた部分をかなり上回った自由さがありました。
 そうか、異性の急所を10秒以上眺めてはいけないのか。
 
 きっと私が同級生の女の子の胸元を見ていると、先生がやってきてカウントを始めるのでしょう。
 9秒でまた目を逸らし、またカウント1秒からじっと見続ける技を駆使しないといけ無さそう。
 あと胸やお尻じゃなくて急所なので、眉間とかもカウントされるわけで、こうなったらもう何処も見れないわけで。

 あ、でも5秒以内ならおっぱいなんかを触れることができるのか。

 ・・・・・・あー、タイムマシンがあったら高校時代に戻りたい。

 大人はちょっと触っても逮捕されるし、最近は満員電車で触らなくても逮捕されるからなあ。 

[ 2017/06/14 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

滅ぼさないために知る

2017061301.jpg
絶滅動物データファイル(今泉忠明)

 本日紹介するのは、絶滅動物データファイル。
 その名の通り、古代から現在に至るまで絶滅した動物をいくつかピックアップされた種族が紹介されています。
 著者の今泉忠明さんは動物に関する多くの書籍を手掛けておられ、近年は子供向けの図鑑の出版に携われておられる方なので、他の著作をお読みになられた方もおられるかもしれませんね。

 さてこの絶滅した動物リスト。
 有史以前と有史以後(人類誕生後)とで半々ずつ紹介されているのですが、有史以後のページは読んでいて気分が沈んでいくばかり。

 ほとんどの種族で、
「いなくなるなんて思わなかった。」
 という感覚で殺すわ殺すわ。

 ドードーは塩漬けにして食糧補給で立ち寄る船に売るために乱獲されて絶滅。
 ジャイアントモアはマオリ族の食糧にされて絶滅。
 オオウミガラスやリョコウバトは羽毛目当てに絶滅。

 オオウミガラスは標本として高く売れるために、最後の一匹でさえもためらいなくハンターに殺されました。
 リョコウバトは50億羽もいたのに絶滅。絶滅を防ごうとしていたガイ・ブラッドレーも射殺されました。
 アメリカに動物保護団体が多く、時折日本にも意見をしてくるのは、おそらくはあちらも貴重な動物を絶滅させているからでしょう。
 カロライナインコみたいに。

 こういうのを調べていくと、動物愛護団体やシーシェパードの言い分がわかってきますし、幾分でも理解できるようになります。
「キリスト教的な感覚でクジラを取るなと言っているのだ!」 
 そういう人もいるでしょうが、実際は日本の漁業は魚を取り過ぎなんだと思います。

「最近は中国人や韓国人がマグロやウナギ(稚魚のシラスウナギ)やカツオを沢山とってるのだ!」
 いや海洋生物現象の大きな要因は、我々日本人でしょう。

『マスコミが伝えないニュース』は、広告代理店や特定の芸能事務所のスクープだけではありません。
 日本人が海外で悪い評価を受けている事実もその中に含まれます。
 報道されないうちに日本が様々な所で非難され、海洋生物も減っているというのは悲しいものです。
(WWFの日本語公式サイトでは、日本の違法操業について知る事が出来ます。)

 ただ我々日本人は「みんなの声を聴くのが正しい政治 → 漁業関係者の希望も聞いてあげよう」の流れでいつもなあなあで済ませてしまう悪い国民性を持つので、ウナギやマグロなどの獲り過ぎの魚はどれかしら絶滅かそれに近い状態になるのではないかなと思います。

 子供の世代、孫の世代までに、スーパーで気軽に鰻が買える時代であれ。

[ 2017/06/13 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

レートマーケット

 秋葉原でも有明でも定期的にフリーマーケットが開催されています。
 とりわけ秋葉原のUDXビル敷地内では毎週フリマが開催され、多くの商品が並びます。

 ただ、最近は掘り出し物が減ってきて、数の割に欲しい商品が減ってしまっています。
 原因はインターネットなのでしょうかね?

 大体インターネットのオークションサイトの相場から、いくらかプラスされた金額の価格で安定しているんですよ。
 なのでフリマ会場の近くにあるプライズショップ(アニメグッズの中古売買をしているお店)からちょっと高めなアイテムが多く、
「これなら普通にお店かネットで買った方が安いじゃん。」 
 という結論に至ってしまうわけなのです。

 フリマに出展される方も段々プロ化してきて、
「もうこれはいらない物を持ってきたのではなく、どこかで仕入れた物を並べているのだな。」
 と思うラインナップばかり。

 好きなアイテムが手に入る可能性は上がったであろう反面、お買い得なアイテムは皆無になったようです。

 とはいえ、UDXのフリマそのものが無価値になったわけではありません。
 芸術家系のお店は店主の手作りアイテムが多く、そもそも相場などが無いので、店主の判断で値付けがされます。
 ここでしか手に入らないアイテムも多く、値段が高くても掘り出し物を見つけた気分になるのです。

 革製の栞とか布製のブックカバーとか、とにかくオシャレなんですよ。

[ 2017/06/12 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

シッマムラン2 ファッションセンターの謎

 二日連続家でゴロゴロするのもなんだなあ。
 ・・・・・・と思い、ずっしり地面に根付いた腰を上げて出かける事に。

 頑張った外出は功を奏し、ホームセンターやスーパーなど、買っておくべきものをしっかり確保。
 そしてたまたま立ち寄ったファッションセンターしまむらで、素晴らしい掘り出し物を手に入れました。

2017061101.jpg

 ロックマンのTシャツです。
 しかも980円。

 すげえ。
 安い。
 嬉しい。

 私の脳内で「許しちゃうぞワイリー」とか、ロックマン(声/折笠愛さん)の声が響きます。

 ユニクロはスーパーマリオでしたし、しまむらはロックマンやメタルスラッグですし、GUはドラゴンボールですし。
 衣料品メーカーが30代40代の男性を本気で取り込みに来ましたね。


[ 2017/06/11 14:19 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

五月雨が集められない最上川

 暑くて目が覚めましたよ、今日。
 朝7時過ぎの部屋の気温は25度。
 
 朝9時以降はもう暑いので、エアコンをつけました。

 梅雨、どこへ行った!
 駅の構内にはもうクワガタムシが歩いていたし、セミも鳴いている様子。
 雨が降ってないのに、夏の暑さでどこにも行きたくないぞ。

 ああ、本当にどうでも良い話ですが、
「五月雨をあつめて早し最上川」の五月雨は、梅雨の雨です。
 その理由は、旧暦5月が今の6月にあたるからですね。

[ 2017/06/10 15:15 ] 日記 | TB(0) | CM(6)

知識の懸け橋

2017060901.jpg
動物の値段 満員御礼(白輪剛史)


 また買ってしまいました。
『動物の値段』の続編、『動物の値段 満員御礼』。
 
 今回のラインナップも実用性はほぼありません。

 アライグマ、オオカミ、ハリネズミ、ヨウスコウワニ、ラクダ、アルマジロ、ハムスター・・・・・・。
 この中で実際にペットで一般人が飼うようなのは、ハリネズミとハムスターくらいでしょうか。
「パパー、あたしカモノハシ飼いたいー!」
 っていうお子さんは、ホームセンターで見ませんから。
 私も動物への責任が取れない事もあり、犬以外は動物園などで見るのが自分には似合ってるなと思いますし。

 それにしても、この白輪さんの文章は面白いですね。
  
 例えば、珍しい動物がどのような経緯で日本にやってくるのか?と言うの流れを、キャッチャー(捕獲する人)やシッパー(キャッチャーから買って動物商に売る人)から説明されているので、とてもわかりやすくなっています。
 動物の値段だけでなく、その動物に関する思い出のお話や、動物を巡る世界の流れがわかるので、おそらくはタイトルである動物の値段以上に、サイドのお話が非常に興味深いです。

 生物に興味のある子供たちは、まず最初に図鑑から入り、動物記や昆虫記を経て専門書籍に入るのでしょうが、この本は図鑑から専門書籍の間の橋渡しをするのにピッタリな本だと思います。動物園で日頃見かける動物の値段がどれくらいなのか、そういうトリビアはお子様達は大好物なはずですよ。

「おー、チーターはうまい棒60万本分で買えるのかー!」

 的なゆるさで。

[ 2017/06/09 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

正当性

 築地の練り物業者が、廃業するというニュースを聞きました。

 理由は人手不足とありました。
 早朝の仕事で、外国人以外は集まらないそうです。
 6月で練り物分野は廃業し、パートを含めた約70人の従業員はほぼ解雇だとか。

 確かに残念な事ではあるし、この会社のおでん種は本当に美味しかったのですが。

 うーん、日本人が来ずに外国人を雇うしかないという労働環境が維持できないと滅びる伝統は果たしてどうなのだろう。
 ブランド力もあって美味しい商品を作れるのに、人を使い捨てる経営をしないとやっていけないのは、ひょっとしたら経営者側に問題があったのではないでしょうか。

 そもそも朝早く熟練が必要な仕事でも、それをやっていれば将来が保証されるようなら人でいっぱいでしょう。
 従業員をいとも簡単に解雇する経営者だから、志にひかれて職人が来る、みたいな事もなかったのかもしれませんよ。

 ここだけに限らず、l最近は色々な分野で人材が育たず技術が滅びる、という事件を耳にします。
 しかし一生懸命やっても生活が保障されない業界を保護する理由はありません。
 物事には寿命がありますので、そういう文化はいっそ滅びてしまっても良いと思います。
 大切なら保存会のようなものが有志でできて、何らかの形で継承されますから。

[ 2017/06/08 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

この世は義理と人情

 地下アイドルも、漫画家さんや同人作家さんも、メイドカフェのメイドさんも、個人サイトの管理人さんも、SNSが活用できていない様子を目にします。

 いえ、告知はされておられるんですよ。
 自分をよろしくお願いします、自分の作品を買ってくださいって。

 でも多くの方が、その後のフォローをまったくされないんです。
 自身のCDを買ってくれたファンにも、新刊を手にしてくれたお客さんにも、カフェのイベントに足を運んだご主人様にも、サイトのRTや訪問に協力してくれたフォロワーさんにも。

 よくよく考えてみましょう。
 多くの方が見向きもしない事を前提で告知をされている中、これからの方はすでにサービスを利用したお客さんですよ。
 なんでそういう方にRTや挨拶をされないんでしょう?
 リピーターになってもらわなくて良いんですか?

 中には限られたお小遣いで本やCDを買ってくれた方もおられるでしょうに。
 せっかく宣伝も兼ねた発言をしてくれているのですから、放置という手段は得策ではありません。

 そりゃあ超有名なアイドルはファンの絶対数が多すぎて把握できないでしょう。
 ただ多くの方は、手に届く範囲であればなんとかフォローできるはず。
 
 どの業界もレベルが上がって高いクオリティの人材が揃う中、ファンの対応が良い方や周囲の人への義理堅さは、他人より評価される要因として、決して無駄になる事は無いと思うのですけれどね。

 効率的になってきた社会とは言え、最終的には義理と人情は大事な事ですよ。

[ 2017/06/07 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

奥さん米帝です

 北朝鮮問題で対話か軍事か話題になっておりますが。

 これ、いきなりみんな超友好的になったらどうなるのでしょう。

 日本の総理大臣とアメリカの大統領がいきなり北朝鮮へ向かって、
「金正恩氏は素晴らしい人物だ。是非とも友好条約を結びましょう!」
 その後アメリカから食糧を配りきれない程に援助し、文化も伝えると。
 ハリウッドでは金正恩を称える映画を作り、ファストフードも格安で利用できるように手配して。

 そうなると、日頃から「日帝米帝許すまじ!」と言っていた北朝鮮の政府はどうやってPRをするのでしょう。
 友好条約が結ばれた以上、ミサイルの実験も意味をなさなくなりますし。

 中国側からNGが出そうなので実現はしないでしょうけれども、コカ・コーラやマクドナルド、ハリウッド映画が民衆に広まった後で、経済制裁でみんな引き上げる事が取引材料になった場合、最初から貧乏のままだった頃より民衆の反発が強いような気がします。

[ 2017/06/06 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

Us too

 週末に、会社で送別会が行われました。

 会場として選ばれたのはチェーン店系の居酒屋。
 行ってみるとそこかしこで学生たちの飲み会が絶賛実施中。
 個室と言うのは建前的で扉も仕切りもほとんどなく、常に後頭部にある廊下を大学生が行き来するという、素晴らしいロケーション。

 我々が飲み食いしている間に大騒ぎした大学生が行ったり来たり。
 飲みすぎたり介抱されたり。
「水を飲んだら上手く吐けるから。」
 って言われてトイレに連れていかれていたり。

 こっちも飲み食いしてるんでっせ。

 加えて生ビールの機械が壊れているからと飲み放題なのにビールは瓶のみ。
 料理はまったく出てこず、2時間経ってもコース料理が全部出てこないという。
 キャベツ、枝豆、漬物、コーン、ポテト、小さな海苔巻だけで、お酒を飲まない私はウーロン茶とジュースしか飲みませんでした。
 これだけの食事で飲み放題を堪能する事は出来ませんし。 

 おまけに早く持ってくるように依頼すると、
「今日は宴会が行われておりまして、遅くなっております。」

 いや、我々も宴会やってるのよ!
 っていうか居酒屋に来る人は基本宴会やってるの!

 私は終電があるので2時間で帰ったのですが、
 これで3000円オーバーとか、どういうつもりなのだろう。

 あと大学生のみんな。
 飲んだら吐くなよ。吐くくらいなら飲むなよ。
 お酒がもったいないぞ。

[ 2017/06/05 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

電気街の勇者たち

2017060401.jpg

 ドラゴンクエストのファンが秋葉原へお越しになった際、是非立ち寄って頂きたい場所があります。
 それはココ、ローソン外神田三丁目店です。

 多くのお客さんが利用している為、全体写真は紹介できません。
(色々な方が写り過ぎて、加工ができないので。)

2017060402.jpg

 お店に入ると鳴る自動ドアの入店音は、ドラゴンクエストの扉が開く「ティロンティロン♪」という音。
 そこだけでもテンションが上がるのに、あるわあるわドラクエグッズ。

 スライムのキャンディとか、Tシャツとか、普通に買ってみたいですね。

2017060403.jpg

 さらにATMコーナーは旅人の扉。
 サマンオサあたりにワープできるのでしょうか?

2017060404.jpg

 ああ、レジ待ち用の誘導列が、ドラクエ4のパテギアの洞窟とかに出てくる移動床だ!
 踏んづけると、テテテテンとか音がして移動してしまうのでしょう。

 からあげ君の会心の一撃味も、次回には食べてみたいですなあ。

[ 2017/06/04 08:00 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

タコス屋さんのハンバーガー

2017060301.jpg

 10年前、ヤマギワ跡地に建てられたソフマップ本店が閉店しました。
 本店の機能は近くのソフマップに移転する事になり、このビルにはビックカメラが来るそうです。
 ビックカメラはソフマップの親会社なので、閉店ではなくリニューアルと言う表現の方が適切でしょうか。

 私がランドセルを背負っていた頃は秋葉原中のありとあらゆる所にソフマップの店舗があったものですが。
 たけき者もついには滅びぬ、というやつでしょうか。

 秋葉原の商工会は大通り方面に大手チェーン店の参入を拒んできたと聴いていましたが(ヨドバシアキバは駅の向こう側だからOKだったとか)、今回のリニューアル以降はそのルールも消滅するのでしょうかね?

2017060302.jpg

 もっとも今日の私の目的は、タコスブレイズさんで新メニューを食べる事。
 売り切れを避けるために、開店前からひとりで待っておりました。

2017060303.jpg

 こちらがタコスブレイズさんの新限定メニュー、スパムとタコスミートのハンバーガーです。
 お値段はポテトがついて800円。

 ここはタコスだけでなく、チミチャンガやタコライス、ローストビーフ丼なども美味しいですが、これもまた会心の一撃。
 具材はもちろん、パンも美味しいです。

 またもやブレイズさんに新名物が誕生しました。
 

[ 2017/06/03 16:52 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

支店4コマ23話 オーディオコメンタリー

20170602fix01.jpg

 昨日あたりに気が付いたのですが、支店ルフィドニアが今月で7周年を迎えました。
 なんかもう「うわーうわー」と、驚くやら恥ずかしいやらなわけですが、今の所閉店の予定はありませんので、今後ともよろしくお願いします。

20170602fix02.jpg

 というわけで今回は本編『ゴーストハンター』から、月使いこと、賢者アリオスが特別出演。
 デザインはマスターひよこさんが担当してくださいました。 

 日頃は主人公玲真の相棒である現在の賢者の得意分野は情報。
 霊獣対策本部の戦略広告を担当しています。
 呪文より政治や外交が得意なんですね。

 本来はメイン格のキャラクターで、登場するかしないかわからない妹のプリシアはサブのサブのサブくらいの立場ですが、メイドカフェレポートサイトを開設した関係で、いつの間にか妹の方が有名になってしまいました。

 なおプリシアに厳しいアリオスも、
「本来は狸なのに、妹がゴーレムタイプの体に転生させたために苦労させているな。」
 と思っているらしく、キナコには妹のように優しく接しています。

 よってプリシアが恐れるアリオスにキナコはとても懐いているという、不思議な関係ができているのがムーンマンサ家の特徴です。 


[ 2017/06/02 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

飲み込むんだぜ わいるどだらう?

2017060201.jpg
珍獣の医学(田向健一)

 基本的に文庫サイズの動物モノはハズレなしだなあと思った1冊を紹介。
『珍獣の医学(田向健一)』です。

 著者はエキゾチックアニマルを扱う動物病院を経営されてます。
 エキゾチックアニマルは犬と猫以外のすべての動物の事で、ウサギもヘビもカエルもエキゾチックアニマルに分類されます。

 日本ではペットショップで多くのエキゾチックアニマルを販売されているので、獣医学も進んでいるかと思いきや。
 大学で教える獣医学は馬や牛などの家畜がメインで、犬猫ですら軽視されているとか。
 そんな中、田向さんは独学で様々な動物を研究し、治療をされておられるわけです。

 実際にアマゾンで田向健一さんの本を調べると、著作が出てくるわ出てくるわ。
「リクガメの育て方」
「ハムスターの育て方」
「ハリネズミとの暮らし方」
「ウサギの飼い方」
 エキゾチック、なんでもござれといった感じです。

 本の内容はタイトルの通りで、珍獣を治療したお話や珍獣を飼う事についての考察が書かれています。
 基本的にどの動物も治療マニュアルみたいなのが存在しないので、試行錯誤をしながら治療に挑む姿は感激します。

 例えば亀に開腹手術をする場合、甲羅を上手く戻さないと壊死してしまいます。
 そこで手術が終わった後にどうやって甲羅をくっつけるか試行錯誤した結果、ホームセンターでたまたま見つけたセメダインの水中使用用金属用パテが効果的である事がわかり、世界中の獣医から問い合わせが来たとか。
 どの国にも動物の為に悩んでいる獣医さんがおられるのだなあと、感心しながら読みました。
(説明しちゃうと読む楽しみが無くなってしまうので、あまり掘り下げて紹介できないのが残念です。)

 エキゾチックアニマルを飼っておられる方はもちろん、動物が好きな方にもオススメです。

[ 2017/06/01 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(4)