結果的に北条を巡る旅になった箱根湯治 Vol.1

2017080401.jpg

 箱根へ湯治に向かいました。

 ・・・・・・が、途中箱根登山鉄道に乗り換えるJR小田原駅を過ぎて、熱海へ。
 実は韮山という場所へ寄り道をします。
 神奈川の宿に泊まるのに、静岡まで行くのが寄り道かと言うとちょっとわかりませんが。

2017080402.jpg

 JR三島駅から伊豆箱根鉄道に乗り換える際に、ラブライブサンシャインの車両を発見。
 そうか、伊豆箱根鉄道ではラッピング車両の企画をやっているんでしたっけ。

 今回はちょんまげ目当てなので、調べていきませんでした。
 この写真も、反対側のホームの電車の発車ベルが鳴っていたので急いで撮った1枚です。
「また三島へ戻ってくるまでに、撮影できるチャンスがあるだろう。」

 ・・・・・・結果的に、チャンスは巡ってきませんでした。

2017080403.jpg

 しかしこの鉄道会社さんは攻めているなあ。

2017080404.jpg

 はい、韮山駅到着。
 今日の天気は曇りのち晴れ。
 雨の確率は20%。
 
 曇でちょっとは涼しいのかな?

2017080405.jpg

 畜生、良い天気だよ!

 セミがすげえうるせえ。
 関東のセミとは比べ物にならねえ。
 晴れ男アビリティ、たまには機能しない日があっても良いんだよ。 

 お目当ての韮山城跡まで、こんな感じでほとんど日陰がねえっすよ。

2017080406.jpg

 日陰が無い上に地面にこんな読み物があるから、つい立ち止まって読んでしまい暑さは増すばかり。
 私も色々な史跡を巡っておりますが、地面に家系図を埋めている町も珍しい。

2017080407.jpg

 韮山城跡を登ってふと振り返ると、こんな段差が。
 昔のお城だから高い所にあるわけでして。

2017080408.jpg

 太陽に焼かれながらも、無事に本丸跡に到着。

 執権北条家(北条政子の実家)の城だけでなく、戦国後北条(北条早雲の家系)の城でもありました。
 早雲が伊勢新九郎と名乗っていた頃に、すっかり弱体化してしまっていた北条家に婿入りしたのが後北条家の始まりです。
 
2017080409.jpg

 歴史に興味が無い方でも、この眺めの素晴らしさは伝わるかと思います。
 今回の旅の元がこれで取れてしまったのではないかな?

スポンサーサイト
[ 2017/08/04 23:55 ] 日記 | TB(0) | CM(0)