結果的に北条を巡る旅になった箱根湯治 Vol.2

2017080501.jpg

 8月4日から5日に箱根へ当時に出かけたお話の続きです。

 韮山城跡近くに資料館があるそうなので、寄ってみる事にします。
 あまりにも天気が良いので、そろそろ冷房の効いている施設へ逃げだせれば・・・。

2017080502.jpg

 史料館、盛大にぶっ壊されてました。
 あんまりだ。

2017080503.jpg

 史料館の代わりに、隣接する韮山代官所に行きました。
 怪我の功名と言うかなんというか、ココに来たのは大正解。

 JIN-仁-や篤姫でもロケ地になっているとか。
 韮山代官を務めていた江川英龍さんは、東京にお台場を作ったり、韮山反射炉の建設を始めたり(完成前に亡くなられてました)、日本で初めてパン(兵糧パン)をを作ったりとか、近代日本に尽力されている偉人です。

2017080504.jpg

 黒船に関係がある展示品、ボートホイッスル砲。
 一説によると、幕府は黒船の大砲よりこちらを恐れたそうです。
 小さい船に乗せて、どこからでも発射できる方が怖かったのかもしれませんね。

2017080505.jpg

 当時としては最先端の施設だったらしく、蔵ひとつとっても感心する技術が採用されています。
 この蔵は漆喰の壁の上に木材で補強されており日頃は漆喰の浸食を木材が防いでいますが、火災になると横に出っ張っている棒を抜くと木材の部分が一気に剥がれ落ち、今度は漆喰が延焼を防ぐシステムになっているとか。

 ガンダムで言うアレックスのフルアーマーシステムみたいな感じです。

2017080506.jpg

 韮山から三島、小田原へさらに戻ります。
 三島駅ではaqours3年生チームの等身大POPがありました。

 ダイヤさんをパシャリ。

2017080507.jpg

 小田原からは箱根登山鉄道で箱根湯本まで向かいます。

2017080508.jpg

 ホテルにチェックインをし、近所をぶらぶら。
 滞在先から歩いて行ける場所に、早雲寺がありました。
 韮山城城主であり、戦国大名としては信長や秀吉の大先輩にあたる北条早雲が作ったお寺で、本人もここに眠っています。
 静かで心が穏やかになり、良いお寺でした。
 拝観料は無料です。
 
2017080509.jpg

 後北条のお墓がズラリと並びます。

 一番右から北条早雲、氏綱、氏康、氏政、氏直。
 
 戦国時代における北条家の役割は決して小さくないのに、歴史好きが訪問した形跡がほとんど見られません、
 六文銭に見立てたお賽銭が沢山並べられている真田家の墓所とは雲泥の差です。
 歴史的にも意義のある場所だと思うんですけどね。

 豊臣秀吉軍は小田原攻めの時にここを陣地にして、石垣山一夜城が出来て引き払う際に火をつけたそうです。
 北条家を攻め落とすのだから仕方がないとはいえ、お寺にとってはさぞ迷惑な連中だったでしょうね。

スポンサーサイト
[ 2017/08/05 23:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)