足らぬ足らぬは対策が足らぬ

 先日、毎年恒例のインフルエンザの予防接種を受けに病院へ行きました。

 ところが今年はワクチンが少なく、毎年接種している病院でも在庫ゼロ。
 予防接種の看板も貼らなくなってしまいました。

 インフルエンザに気を付けましょう!
 対策しましょう!

 って呼びかけているのに、いざその時期になったらワクチンが無いとは、許せませぬぞ!



 なお12月に入れば生産数が安定して、予約なしでも接種できるようになるという話も聞いてます。
 インフルエンザが流行するのは1月とかなので、あまりパニックにならず待っている事にしましょう。

スポンサーサイト
[ 2017/11/30 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

大人の狩場

「ラストアイドル」という番組を密かに視聴しております。
 土曜日の夜に放送している番組です。

 AKBグループをプロデュースした秋元康さんが企画しているこの番組は、最初7人のメンバーで8月から番組がスタート。
 それから毎週挑戦者が登場し、このメンバーの誰か一人に挑戦。
 歌対決の結果審査員が勝敗を決定し、勝った方がその座を奪い(防衛する)ます。
 これを毎週行い、12月に最後まで残ったメンバーでアイドルユニットとしてデビューするというシステムです。

 4人いる審査員は合議制ではなく、誰の判断になるかはランダムで決まります。
 仮に4人のうちの3人が挑戦者の勝利と判断しても、選ばれた審査員が暫定メンバーの勝利としたら、それが決定となるのです。
「合議制にすると平均点の高い、悪く言えば個性の無いアイドルが買ってしまうからではないか?」
 なんて、司会役の伊集院さんは仰っていましたけれども。

「私は〇番の〇〇さんに勝負を挑みます!」
 って挑戦者が発言した後に、選ばれた暫定側アイドルの表情とかがもうお涙ぐんだりしていて。
 選ばれなかったメンバーはホッとしていいのかわからないような顔で見ていたりして。

 さすがに観ていてエゲつない事この上ないです。  

 上も20代前半、下は小中学生の女の子の人生が、4人の中からランダムで決められた1人の審査員に握られるわけです。
 時には、アイドル志願のライバルを蹴落としながら。
「あー、自分が選ばれなくて良かったー!」とか思いながら。

 最近は凄まじくアイドルが増えましたけど、アイドルが増えて一番嬉しいのは秋元康さんのような大人のお偉い方なのかもしれませんね。
 今やアイドルになりたい女の子は星の数ほどいて、どんな起用法をして使い潰しても供給が尽きる事はありませんし。
 仮に自分に子供がいたら、アイドルの道は反対するでしょうなあ。

 でもまあ、見る分にはハラハラドキドキして楽しんでしまうあたり、私も悪い大人の一員という自覚はあります。

 
[ 2017/11/29 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

発作的名古屋旅行 Vol.4 けっきょく南極観測船

2017112801.jpg

 今回の名古屋旅行の最後の観光地、南極観測船ふじ。
 先の水族館のすぐ前にあり、共通観光券を購入すれば少しお安く楽しめます。

 ふじは文部省の二代目南極観測船で、1965年から1983年まで使用されました。
 運営は防衛庁(海上自衛隊)が行っているようで、施設内に護衛艦を思わせる掲示物が残されています。

2017112802.jpg

 館内は博物館となっており、蝋人形を設置。
 ほとんどの部屋は入る事が出来ず、蝋人形で室内の様子を説明しています。

2017112803.jpg

 人形の有無は特にセオリーなどが無く、いるかいないかは覗いてみないと分からないので、たまにビックリします。
 ここは床屋室ですね。

2017112804.jpg

 軍艦や護衛艦に近い作りなので、士官以外の、いわゆる一般乗組員は大部屋の三段ベッドで寝ます。
 南極に行く間、大陸を覆う暴風圏を通過する為、落ちないようにストッパーが付いていたそうです。
 食堂の椅子も固定され、テーブルはストッパーが付いていましたね。

2017112805.jpg

 南極観測船はエンジンも特徴的です。
 南極大陸に近づいていくと海が凍っているエリアにたどり着くわけですが、そこでは氷を割らないと先へ進めないわけで。

 普通の船と違い、
「後ろに少し戻り勢いをつけ、氷に乗り上げて割る」
 という運転が必要になるので、前後に小回りが利くエンジンが必要なんだとか。

 これを専門用語で「チャージング」と言います。
 こんなの学校のテストで出ないから、覚えなくても良いですよ。

2017112806.jpg

 操縦室へ行くと、沢山の機器が当時のままになっています。
「半速」とか「微速」とか、艦これファンにはたまらない機器の数々。

 特別に録音されたのか、それとも実際に現場で録音したのか。
 時折「ヨーソロー!」とか声が聞こえ、テンション上がりっぱなしです。
 
2017112807.jpg

 ちなみに、南極の食事は不自由な環境ながらも恵まれており、お正月にはお頭付のタイなども出るそうです。

 栄養満点のビタミン剤や栄養食の実用化が期待されていますが、軍人さんも宇宙飛行士さんも南極観測員さんも、ストレスのたまる環境での作用が常なので、無駄のある食事は今後も残る事でしょう。 
 食事はストレスが発散できる行為なので、これを取り上げたら過酷な環境での作業は難しくなりそうです。
 

[ 2017/11/28 22:57 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

発作的名古屋旅行 Vol.3 海の中毒事故

2017112701.jpg

 26日、朝。
 前回の名古屋訪問で利用したシャポーブランへ、名古屋のモーニングを楽しみに行ってきました。

 こちらのモーニングは490円。
 ドリンクが1杯と、店内のパン&ゆで卵が食べ放題です。
 ゆで卵なんて久々に食べましたね。
 なかなか美味しいので、3個も食べてしまいました。

2017112702.jpg

 朝の名古屋飯を堪能し、今日のメインを楽しむために名古屋港へ。
 まずはエリア内にある水族館です。

2017112703.jpg

 館内は非常に広く、展示品コーナーと生きている魚のいる水槽が適度に配置されていて、見所があります。
 これはスペースに余裕のある地方水族館の強みですね。

2017112704.jpg

 左は17世紀、右は18世紀の潜水服です。
 なんかジブリ映画に出てくるロボットみたいです。

2017112705.jpg

 ここでの私の目的はサメ。
 それもでっかいのじゃなくて、この小さくて水槽下でふてくされているドチザメみたいなのが好きです。
 ドチザメは人を襲いませんし、愛嬌があります。
 
2017112706.jpg

 シノノメサカタザメ。今回初めて見たのかな?
 名前はサメですが中身はエイで、下から見るとエイリアンみたいな顔が拝めます。
 
 そして彼女は間違えてフグを吸い込んでしまい中毒に。
 人間と同じく人工呼吸をつづけ、助かったそうです。

2017112707.jpg

 その時の新聞記事が貼られておりましたが。
「ドジすぎて前例がない」
 って、ものすごくインパクトのあるコメントですね。


[ 2017/11/27 23:13 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

発作的名古屋旅行 Vol.2 メイドカフェより安い宿

2017112601.jpg

 犬山市から名古屋市の大須へ。
 東京で例えると秋葉原と浅草を混ぜたような不思議な世界です。

2017112602.jpg

 たとえばこの万松寺ビル。
 ゲーマーズやコンセプトカフェがテナントで入っているサブカルチャー的なビルで、この奥、道路を挟んだ向こう側には万松寺ビルの親会社(建築主)の萬松寺があります。

 萬松寺は織田信長の父親、織田信秀の菩提寺でして。
 場所こそ変わっているものの、信長の野望のイベントでもお馴染み、
「織田信秀の葬儀にだらしない格好でやってきて、焼香時に抹香をぶちまけて帰る。」
 という出来事があったのも、この萬松寺。
 また、徳川家康も人質時代に少しだけ過ごしているという事で、由緒正しいお寺です。

 名古屋のお寺は経営上手なのでしょうか。
 信長も秀吉も商売が好きでしたしね。

2017112603.jpg

 大須での目的は、先日渋谷で開催されたロングメイドスカートイベントに出演されたメイドカフェへの訪問。
 今回名古屋へ来た理由も、こちらがメインです。

 この日に立ち寄ったお店は3軒。
 まずはM's Melodyさん。
「おかえりなさいませ、ご主人様。」
 の発祥の地を自称されています。

 これ、何も証拠がないので私も正式に断言はできませんが。
 メイドカフェ業界的には、概ね間違いではないとは言われています。

 支店でのちにレポートを発表しますが、大正解のお店でした。

2017112604.jpg

 2軒目に寄ったシークレットチェンバーさんも大当たり。

2017112605.jpg

 最後に寄った名古屋駅近くのパレットメイドカフェも良いお店でした。
 前回の名古屋訪問と違って、今回のカフェ巡りは大成功でした。

2017112606.jpg

 で、気になっていたこの日(25日)の宿につきまして。

 取れたんですよ。
 インドテイストな絵が沢山飾ってある、エレベーターの無いホステル(男性専用)です。

2017112607.jpg


 この日の宿のマイナス点
・エレベーターが無い(5Fとか6Fまで歩く)
・共同トイレで和式
・シャワーは共同(3人分をカーテンで分けて使用)
・部屋が狭い
・冷蔵庫や洗面所、湯沸かし器も共有
・エアコンの調整が出来ない
・壁が薄く、隣の人のオナラの音も聞こえる

 この日の宿のプラス点
・シャワーも洗面台もトイレもほぼ貸切
・テレビが付いてる
・バスタオルと歯ブラシがある
・名古屋駅から近い(パレットメイドカフェは歩いて5分以内)
・2500円!

 とにかく、もう2500円というメリットがすべてもデメリットを打ち消してくれた宿でした。

 正直、この宿が予約できたことが不思議でなりません。
 駅の周辺でもあるので、道路をいくつか隔てたホテルはどこも1万円オーバーですからね。
 布団も綺麗でしたし、次回名古屋へ来るならまたここを狙いたいものです。 

[ 2017/11/26 23:18 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

発作的名古屋旅行 Vol.1 御城散策だワン

 
2017112501.jpg

 今日は名古屋へ。

 予算節約の為に、今回の往路は「ぷらっとこだま」を利用。
 各駅の新幹線こだまを利用する代わりに、ややお手軽な価格で名古屋まで行けます。
 なかなか人気のチケットなので空席が少なく、朝7時の席、それもグリーン席しかありませんでした。

 おかげさまで、今朝は朝4時起きでございます。

 はたして、これほどまでにグリーン席に乗り慣れてきてしまって良いのでしょうか。
 
 写真のトクホのお茶は、ぷらっとこだまでもらえるドリンクチケットでもらいました。
「ビールも取り換えられるチケットだから、お酒の飲めない私はせめて高い物を!」
 で、 180円位のトクホのお茶、というのがいかにも貧乏性です。

2017112502.jpg

 名古屋には10時過ぎに到着。
 最初の目的地、犬山駅には11時30分頃に到着しました。

 名古屋は京都は、公的な組織がこういう可愛いポスターを作る事が多いですね。
 東京はそういうのがあまりないので、珍しいです。

2017112503.jpg

 現存12天守の1つ、犬山城です!
 今年に入って攻め落とした(?)現存天守はこれで4つ目になります。

 1469年、応仁の乱の際に作られたのが最初と言う事で、相当歴史のあるお城です。
 彦根城や姫路城と同じ、国宝です。

 たまたま紅葉も重なって、犬山城は素晴らしい姿を見せてくれました。

2017112504.jpg

 最上階から眺める犬山市も絶景です。

2017112505.jpg

 お城を攻めていたらお腹が空いてきたので、1本100円の五平餅を2本購入。
 平べったい五平餅より食べやすく、なかなか良いチョイス。

 こういうお店を開発するのも旅の楽しみですよね。

2017112506.jpg

 ・・・・・・と思ったら、すでに多くの芸能人やTV番組で紹介されているのですね。

 ホンジャマカ石塚さんの色紙、どこへ行ってもあるなあ。
 名古屋へ行っても鎌倉へ行っても佐世保へ行っても、たしか広島でも石塚さんの色紙があったっけ。

[ 2017/11/25 23:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

適正? お手軽? ぼったくり?

 調べ物があって、急に名古屋へ行かないといけなくなりました。

 取材とでも言うのでしょうかね?
 どこからもお金は出ないのでただの旅行なのかも。

 本当に急な予定なので有給などは申請しておらず、土日を利用しての旅行。

 ・・・・・・だと、まあ高いわ高いわ名古屋のホテル!

 1万円で泊まれるホテルが1カ所もありません。

 平日とはいえ、4年前に3600円で泊まったホテルが13000円で。
 あの古いホテルでその価格はないわー!とビックリしています。

 ただそれが安すぎたっていう考えも無いわけではなく。
 あまり安く買いたたきすぎるのも考え物ではありますが。

 さて、見つかるかな、ホテル。

[ 2017/11/24 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

期間限定不死身

 物の本で、ナイジェリアやサハラ砂漠周辺にいるという、ネムリユスリカという虫の存在を知りました。
 ユスリカは、よく田舎の田んぼなんかでわいている蚊柱の元となっている虫です。

 これが幼虫時、なんらかの出来事が原因で乾燥する事があるのですが、乾燥するとなんと不死身になるのです。

 暑さ寒さ、放射線も大丈夫。
 プラスチックの容器に入れて宇宙空間に2年以上漂わせていたら、容器はボロボロなのにネムリユスリカは平気でした。

 無敵期間は現在実験されている限りでは19年まで確認済み。
 それ以降は古いサンプルを開けるのがもったいないので、なかなかできないと聞きます。
 50年以上保存されているサンプルは、今蘇生の実験をするより、100年後200年後に開けた方が良いのではないか?・・・だそうで。

 不死身の秘密は、トレハロース。
 我々が日頃お菓子やパンに利用している砂糖の仲間であるこの甘味料が、水分の代わりにネムリユスリカの体に蓄積され、乾燥された状態でも生きていけるのです。同じ不死身属性のクマムシも、やはりトレハロースが体内にある事で生きていけるそうです。

 この技術を応用すれば、例えばアルツハイマー病を改善させる薬や、低温保存が必要だった薬を常温で長期間保管できるようになるだけでなく、人体の保存の技術も可能ではないかと言われています。
 今は治せない病気になった時など、トレハロースを体内に入れてカラカラにしてもらい、数百年後に蘇生させてもらう、という未来もくるかもしれません。

 で、ここまでネムリユスリカがいかに最強かを書き綴ってきたのですけれども。

 ・・・・・・・なんと、成虫になると2日位で死にます。

 ネムリユスリカは口が退化して無いので、一度成虫になると何も食べられなくなります。
 あれだけ不死身だったのに、大人になると2日位で伴侶を見つけて繁殖をしなければいけません。

 不死身は凄いのだけど、もう少しその驚異のメカニズムを大人になってから生かせなかったものか。


[ 2017/11/23 18:47 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

消える老舗

2017112201.jpg

 秋葉原で1951年に創業した超老舗、山とスキー用品のニッピンさんが10月で閉店されました。 
 この秋葉原本店は解体され、神田店と統合する形になるそう。
 
 左にあるとんかつ冨貴さんは去年の9月に閉店。
 跡地は再開発されるそうですが、またホテルにでもなるのかなあ?

2017112202b.jpg

 冨貴さんはアニメ「ラブライブ」でも登場したロケ地(聖地)です。
 ここのカキフライは美味しかったんですよ。

 矢澤にこの家は取り壊されましたし、放送から4年も経つと秋葉原も色々と変わってしまいますね。

[ 2017/11/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

肩課金

 最近、世間で新たなマナー違反が生まれてます。
 毎日満員電車に揺られていると、私の肩に手(手首や手の甲)を乗せてスマホを観る男がいるんです。
 女性がいないのは背丈の関係なのかもしれません。

 本人としては満員電車でスマホを観たいのでちょうどいい支えとなるのでしょうけど、乗せられた方はいい迷惑です。

 アレ、私の肩に手を乗せている間、男のスマホゲームの宝石とかゴールドとか、そういうポイントがガンガン減るようにできませんかね。
 例えばそいつの課金ポイントが徴収され恵まれない子供達に寄付されるとかいうシステムになれば、私は喜んで場所を提供するのですけれど。

 目下のところ、我が肩は基本無料なので困ったものです。

[ 2017/11/21 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

支店4コマ26話 オーディオコメンタリー & OKNメイド

2017112001.jpg

 毎度おなじみ、支店4コマのオーディオコメンタリーです。
 今回は特別に、奇数月の更新となりました。
 漫画はたぬさんが制作してくださっています。

2017112002.jpg
長谷川玲子

 先月のアヤさんに続き、今回も新キャラが登場。
 その名は長谷川玲子。
 ゴーストハンターの主人公、長谷川玲真のお母さんです。
 菜々美や結菜のお母さんでもあり、鈴音さんの義理のお母さんと言う事にもなります。
 40代中盤のメイドさんなので、このお店では最年長になります。

 デザインは對馬有香さんが担当してくださいました。

 この人も割合早く誕生したキャラですが・・・・・・残念ながら記憶がありません。
 おそらくまともに何か話したり活躍した記録も多分ないと思います。
 彼女の存在意義は、
「シングルマザーである母親の玲子が病弱だから、10代の玲真が家族を食べさせていかないといけない。」
 というだけでした。

 離婚した旦那さんは大手グループの創設者なんだから、養育費位は貰えるものを。
 当時中学生の私には養育費とか慰謝料とか言う概念は無かったのです。
 タイムマシンがあったら教えてあげたい位ですよ。

 ・・・・・・ああ、中学生の私には、あと従兄弟の家へ家出するのは止めろとも言っておかないといけないか。 
 家出はその日のうちに終了し、翌日はすごいしんどい体に鞭打って登校しなきゃいけなかったからなあ。

 ちなみに4コマはギャグがメインなので、今回彼女には杖をついて登場させてみました。
 出オチと言うかなんというか、メイドカフェへ行ってヨロヨロメイドさんが出てきたら驚くかなあと。 

[ 2017/11/20 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

妖怪毎回アンテナコードを抜いてTVが壊れたと孫を呼ぶ婆現る!

 今日はもうタイトルでネタバレしちゃってますが、我がオババ様に呼び出しを食らいました。

「TVが壊れた、ザーザー言ってる。」

 行ったらアンテナコードが抜けていました。
 事あるごとに電気がもったいないからとすぐに電源コードを抜いてしまうのですが、その際に何かに引っかかってアンテナコードも抜けたのでしょう。
 アンテナコードを接続し直して解決。

 出張料、技術料は無料。

 同じ案件、おそらくこれで4回目とか5回目です。
 その度に電源コードを抜くなと言っているのですが、昭和元年生まれの祖母は、孫の言う事を聞いてくれない不良おばばなのでした。


[ 2017/11/19 08:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

脳外革命

 床屋へ行ってきましたよ。
 普段は天然パーマが酷いのでバリカンを使ってガッツリ切ってもらっていたのですが。
 今日は実用性を落とし、デザイン重視のカットをお願いしました。

 どれぐらい凄い事かと言いますとですね、なんと24年ぶりに髪型変えたんですよ!

 いつもより良い男になって、モテすぎないかしら?

2017111802.jpg

 まあそんな馬鹿な事を言いつつ、今日はちょっと調べ物の為に日頃通わないコンセプトカフェへ行ってきました。

2017111801.jpg

 秋葉原のツクモさんは、いつも可愛いイラストを描かれるなあ。
 秋姉妹久しぶりに見たぞ。

 ところで、コンカフェのスタッフさん。
 20歳前後の可愛い女の子だったのですが。

 ・・・・・・性癖がえげつない。

 とても文章に書けない内容の好みをお持ちの様で、世の中広いなあと驚くばかりでした。

[ 2017/11/18 17:58 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

年賀状ソフトの季節

2017111601.jpg

 大手電器チェーン店に年賀状ソフトが並ぶようになりました。
 早速2冊ほど購入。
 家族の分も作るので、自分では利用しないディズニーのソフトも買っております。

 気になるのは価格面。
 高くなっているわけではなく、年々お手頃な値段になっているのです。
 ディズニー年賀状ソフトも今は複数の会社が出しているからか、1000円位で買えてしまいます。

2017111602.jpg

 版権じゃないものに至っては、390円の物までありました。
 この手の本が出た頃は、1000円位で販売されていたと思います。
 それが数年前にワンコインで出ていたのに驚きましたが、とうとう漫画雑誌レベルの価格になっていました。

 こうなると気になるのが、イラストレーターさんの負担。
 多く出版されるとはいえ、年賀状のデザイン1件につきどれだけのギャランティが支払われるのでしょう?
 安いのはありがたい事ですが、作家さんが安い報酬で使い捨てられるのは気の毒ではありますね。


[ 2017/11/16 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

十年一維新

2017111501.jpg
明治めちゃくちゃ物語 維新の後始末(野口武彦)

 全4巻に渡る「幕末バトルロワイヤル」が面白かったので、引き続き野口武彦さんの本を読んでます。
 今回は「明治めちゃくちゃ物語 維新の後始末」を読了。

 維新にあった細かい事件や人物をトピック事に分けて書かれており、キーワード単位で覚える事が出来ます。
 また文章も読みやすく1章が5ページくらいなので、サクサクと読み進められます。
 ちょっと歴史に興味が無いと読むのが辛いかもしれませんが、多くの方が楽しめる一冊だと思います。

 とりわけ興味深かったのは、
「維新は大久保利通の暗殺を以って終わる」
 という一文。

 日頃から割と普通に明治維新とは言うものの、そういえばどこまでを明治維新と言うか自分でも考えていませんでした。
 本書では、
「多くの維新志士がこの世から去った事もあり、維新は明治11年の紀尾井坂の変で終わった。
 明治20年ごろから日本はまっとうな国の成長をするのである。」
 と書かれています。

 ちょんまげの人々が世界を実感する為には、確かに10年位は必要でしょう。
 いや、むしろ10年位で身に付けてしまったのは凄い事だと思います。
 だから「維新」と呼ばれているのでしょうかね。


[ 2017/11/15 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

衝撃の展開

2017111404.jpg

 スープカレーカムイさんに藍井彬先生が描かれた色紙が飾られていました。
 これがずっと気になっていたので、藍井先生の「DUEL!」を購入。

2017111401.jpg

「DUEL!」は、フェンシングをテーマにしたスポーツ漫画です。
 いじめられっ子だった主人公、日向みのりがフェンシング界のエース、アリスと出会い、フェンシングを始めるという物語。
 最初に紹介した色紙の中央に描かれているアリスで、左にいるのがみのりでしょう。

 ヤングガンガンはたまにこういう現代風スポーツをテーマにした作品を連載しますね。
 以前も「バンブーブレード」という剣道をテーマにした作品が連載されていましたし。

2017111402.jpg

 なんでしょう。
 この作品の戦いって、時代劇のチャンバラのように、絵になっているんですよね。
 各選手の戦い方に流派があって、それを活かして戦うって言う。

 もちろんヤングガンガンは青年男性向けの雑誌ですから、セクシーな部分もあります。
 体のラインがわかるフェンシングのユニフォームとか、時折演出で出てくる、ユニフォームを着ていないワーオッ!な格好とか。
 購入特典で付いてきた水着のペーパー(2枚目画像、単行本の上に置いてあるピンク髪の子)なんかも、男性向けならではのオマケでしょう。



 しかし、6巻目まで来て衝撃の展開が私を待っていました。



 ライバルも少しずつ登場し、1年目の全国大会県予選に出場した主人公チーム。
 それが終了し、フランスへ帰国するアリスとみのりが最後に試合をするという事に。

2017111403.jpg

 ・・・・・・そしていきなり始まる、部員たちのその後の人生ナレーション。

 そうです。
 実はこれが最終巻だったのです。
 ドラマCDが発売されるというので世間での人気も高まってきたのかな?と思った矢先でした。
 本編が終了してからドラマCDが発売されるという話は聞いたことがありませんでしたから。

 これは、いわゆる打ち切りと言うやつなのかなあ?
 1年目の予選で負けておしまいって、話としては唐突過ぎます。
 フェンシング部の部員が7人もいて、公式試合には半分も出場していませんし。

 濱田さんは試合をした回数よりふくよかなお腹をタプタプされた回数の方が多いですし、 高科さん駒沢さんに至っては、一度も試合をしてません。
 部長さんも試合に出てないんじゃないかな。

 ヤングガンガンの編集者さん。
 これから面白くなるところじゃないですか!
 みのりも多くの試合を経て強くなって国際大会でアリスに挑むとか、燃える展開はいくらでも期待できたのに。
 スポーツ物は難しいのかな?

 皆さんも機会があれば是非読んでみてください。

 続編でも何でもいいので、みのりのその後が読みたいものです。

[ 2017/11/14 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

見えない家計の負担

「ジャムの量がとても減っている!」
 という発言をツイッターで見かけました。

 なんでも10年近く前のジャムの瓶と比べると、今のものは2回り位サイズが小さくなっているとか。
 最近は1袋に入っているウインナーの量も、麩菓子などの量も減ってるように思えます。
 
 おそらくは業者が経営に苦しく、
「原価が上がって大変だけど値上げをするとマイナスのニュースになるから、量を減らす事で実質値上げにしよう。」
 と言う事になったのでしょう。
 日本は値上げする人に厳しいので、量を減らして実質値上げという作戦は仕方がないとは思います。
 これだと、例えばウインナーが6本入っている商品が5本になったところで2袋買うようになるとは思えないので、お客さんは少ない数で我慢するのでしょう。

 ただ同じ金額で少ない量になるのは実質値上げ・・・というわけなので、数値では見えなくても家計は厳しくなるのは間違いないでしょう。
 実質値上げだと数値に運営されないから、一見生活が苦しくなったことに気づかれないのだと思います。
 政府もウインナーの本数をカウントに入れているわけでもないでしょうし。

 ああ、値上げをしても良いから前のサイズの麩菓子が食べたいよう。

[ 2017/11/13 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

飛び出し注意

 今日はコストコへ行ってきました。

 土日のコストコは難易度が高め。
 何の難易度かと言うと、カートの操作です。

 お子様が店内を駆け回っていたりするので、カートをぶつけないように操作するのがまあ大変。
 お子様は周りを見ませんからねえ。
 大人も見ない人は見ませんけれども。

 おばちゃんとかは店内を見渡しながらカートを操作するので、割と体当たり攻撃を食らいます。
 
「あの玉葱とリレッシュたっぷりのホットドッグをどうやったらこぼさずに食べられるか?」
 という技術と共に、美味いカートの操作法を本場アメリカの人々に聞いてみたいものです。

[ 2017/11/12 13:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

感覚の違い

 世の中、常識感が離れすぎて理解の出来ない人もいます。
 我が家の前に、よく自転車が乗り捨てられています。
 本来の持ち主であれば自宅まで乗っていくはずなので、おそらくは盗難自転車でしょう。

 歩くのがめんどくさいから気軽に自転車を盗んで乗り捨てるって言う感覚、自分にはどうにも理解できませんなあ。
 
 年に1回2回くらい、こういう盗まれたと思われる自転車が家の前にあるのは、きっと乗り捨てやすい場所だからなのでしょう。
 それとも同じ犯人なのでしょうかね?

 いつぞや駅で自分の自転車が盗まれていてガックリと肩を落として帰宅すると、家の前に自分の自転車が乗り捨てられていた事もありました。 

 なんともはや。

[ 2017/11/10 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

睡魔カルマ

 朝、眠い寒いと起き出撃。
 電車の中で眠い目をこすりながら、

「あー、昨日は夜更かししちゃった。今日はもう早く寝ないと。」

 でも実際に帰宅すると、メールやら本やらを読んじゃったり、ゲームしちゃったり。
 結局いつもの時間に就寝。

 そして翌朝。

「あー、昨日は夜更かししちゃった。今日はもう早く・・・・・・。」

 人は睡魔から逃れられない業を背負っているのだ。
 
[ 2017/11/09 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

地味神様がみてる

 自分のファッションセンスの無さは重々承知しております。
 黒とか紺とか、無難な服ばっか買ってますよ。
 だってセンスないんだもんしょうがないじゃん!

 で、そこでたまには明るい色のウインドブレーカーでも買おうかなと、大手ファストファッション店へ。

 すると明るい色のウインドブレーカーを発見。
 ハンガーに書かれているサイズも私の体とピッタリ。

「これにしよう!」

 しかしセルフレジを通して袋に詰めていると、サイズが違う事が判明。
 ハンガーのサイズと、実際にかかっていたサイズが違うという、ありえない事態が発生したのです。

 今考えると、なんかこの服を沢山出して試着していた人がいたなあ。
 試着室に行かずに、その場で来て歩いて、また違うのを着て、というのをやっていて、投げ出されていたのもありました。
 もしかしたら、間違えて戻してしまったのかも?
 お店の責任ではないように思えますが。
 
「サイズが違うようなのでこれの私向けのサイズに変えてもらえますか?」
「かしこまりました。」

「お客様、黒でよろしければ同じサイズが・・・・・・。」

 ああ、もう自分は地味に生きて行けと、神様が言っているのだろうな。

[ 2017/11/08 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

これはもう殺るしかない ~ジャンルの隙間を埋めるように~

 今期のアニメはラブライブサンシャインの二期と、おそ松さんを観ています。
 どちらもなかなか面白く、視聴を続けています。

 ですが視聴頻度の高いアニメは別にありまして。

 片方は1クール前に放送を開始した魔法少女傍観系ギャグアニメ「せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ」。
 もう片方は4年位前のコメディアニメ「ポンコツクエスト 〜魔王と派遣の魔物たち〜」。

 どちらも松本慶祐さんが脚本と監督を手掛ける、ショートアニメです。


せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ



ポンコツクエスト 1話


 興味があれば是非。



 ところで、最近はツイッターで「おそ松さん」も「ラブライブサンシャイン」も感想を呟いている人がいないなあ。
 どちらも結構面白いと思うのだけどなあ。

[ 2017/11/07 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

1人分でおk

2017110601.jpg

 おそ松さんのウエハースを見つけたので、1つ手に取ってみました。
 バニラ味のウエハースにシールが1枚入っています。
 
2017110602.jpg

 バースデーのイラストですね。
 これなら100円の元はとれたかしらん?

2017110603.jpg

 しかし裏の誕生日と星座の欄は、6人分いるのだろうか?
 六つ子なんだから誕生日も星座もみんな同じだろう。


[ 2017/11/06 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

このゲームはグロテスクな主人公が出演する場合があります

 STEAMが動かないので、昔遊んでいたPS2のゲームを引っ張り出して遊んでいます。
 Amazonでは古いゲームがそれこそワンコイン以下で手に入る事も多いので、10年以上前のゲームであることに目を瞑れば、相当楽しめるのです。

 ただし疑似プログラムで無理矢理動かしているので、どうしても実機のように正確に遊べない事もあります。
 とりわけポリゴンの表現はデリケートらしく、中には全然動かないソフトも。



 今遊んでいる「バイオハザード コードベロニカ」は、ちょっとおかしい感じに遊べます。
 ゲームは遊べるのに、ポリゴンが少し変なんです。
 具体的には、目の回りと口の回りが透けます。



 ・・・・・・いや、透けるくらいなら良いじゃん、とか思うじゃないですか?



2017110501.jpg

 ちょっと主人公のクレアがスプラッターなんですよ。

2017110502.jpg

 一応敵キャラに踏みつけられて殺されそうになっているのに、なんかすでにゾンビの仲間入りをしているみたい。
 なんでこんな面白い方面でおかしくなっているのかなあと。

 この主人公だけでも年齢制限が必要な残虐表現ですよね。



[ 2017/11/05 20:17 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

渋谷の名古屋 後編

2017110401.jpg

 渋谷を出た後は地下鉄で秋葉原へ。
 少し早い夕食をスープカレーカムイで食べました。

2017110402.jpg

 この日は「ひのもと鬼子」とのコラボメニューが提供されていました。

 すごいな、ひのもと鬼子。
 おそらく、日本鬼子から来たと思うのですけど。

「日本鬼子」って、元々は中国で使われている日本の蔑称なんですよ。
「日本人は残虐で小賢しい」的な意味で、反日教育で使用されていた言葉なのです。

 数年前、それを知った日本人が、
「それじゃあ日本鬼子で画像検索すると可愛いイラストが出てくるように、みんなで日本鬼子っていう萌えキャラを考えようぜ!」
 とふざけた野良企画がスタート。
「デ・ジ・キャラット」のこげどんぼ先生などのプロレベルのイラストレーターさんも加わって、最終的には多くの萌え日本鬼子が誕生する結果となりました。

 確かイギリスや台湾でニュースになったし、中国で日本贔屓な方々も面白がられていた記憶があります。
「黒髪ナイス!」的な感じで。

 しかし、あと何年かしたらそういうエピソードもすっかり忘れられる事でしょうなあ。
 

[ 2017/11/04 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

渋谷の名古屋 前編

2017110301.jpg

 絶賛大型改修工事中の渋谷駅へやってきました。
 トールマンの放った核ミサイルから逃げるように金剛神界へ逃げたものの、帰ってみたら渋谷が予想以上に復興していて驚く限くばかりです。

 ・・・・・・今年で真女神転生が発売25年を迎えますので。

2017110302.jpg

 さて、渋谷との縁がまったくない私がココにやってきた理由は、「名古屋ロングスカートメイド喫茶」というイベントの為。
 渋谷のオシャレなビルの中にメイドさんが沢山いて、紅茶を提供してくれるという、不思議な空間でした。

2017110303.jpg

 そしてもう一つの理由は、メイドカフェファンが語るトークセッション。
 去年の冬コミでお隣さんだったまっきーさんや、いつも新刊を購入しているたかとらさんなどがご参加。
 名古屋のメイドカフェと言う、マニアックなテーマで興味深い話を拝聴致しました。

 こちらは支店向けの内容でしょうかね。



 それにしても、ここ最近のJRの警備が物々しいです。
 近々トランプ大統領が来るから、というのはわかりますが。
 渋谷駅では何人も警察官の方が立っておられ、秋葉原でも赤色灯を回したワゴンが待機。
 さらにゴミ箱はすべて使用不可となり、封鎖されているロッカーや自動販売機もあるとか。

 まだトランプさん来日されていないのですよ。
 今は娘のイヴァンカさんしか来日されていないはず。
 自販機にしても、缶ジュースを買った日にはゴミの扱いが大変な状態です。

[ 2017/11/03 23:50 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

6歩進んで3歩下がる

 今日は健康診断でした。
 病院で診断をしたら、今日の予定はおしまい。

 2~3週間前に体重を測ったら、去年より6kg増えておりました。
 そこで、平日は間食をしないかわりに土日は支店のレポートの為に食べ歩きをするダイエットを実施。
 最終的には3kgほど痩せ、去年より+3kg弱で健康診断に臨みました。
 もうちょっと前に頑張っていればもっとなんとかなったのかも?

 その他は今の所問題なし。
 撮影の為にお腹を膨らませる膨脹剤もバリウムもすっかり飲み慣れていて、まったく問題はありませんでした。

2017110201.jpg

 病院から秋葉原までは徒歩で行けるので、お昼を食べにそちらへ。
「ご注文はうさぎですか?」の劇場版上映をむかえ、アトレ秋葉原はごちうさ一色です。

 イエーイ、今私のお腹は検査が終わってとても綺麗なのである。
 チラシを配ってるメイドさんも、プロコスプレイヤーも、地下アイドルも、可愛い顔をしながらお腹の中は汚いのである。
 不潔な輩どもよ、我が胃袋は神聖なりッ! 
 
 なんで邪悪な発言をしているのかは置いておくとして、ともかく昨日の夜9時からは何も食べていません。
 そこでガッツリと、ハンバーグなどを食べましたが。

 次にデザートを食べに行ったパセラハニトーカフェで、大いなる苦行が私を待っていたのです。

2017110202.jpg

 パセラのハニトー、思ったよりデカい。
 前に食べたのは10年以上前なので実感がなかったけど、実際みると大きいです。

 加えて、コラボ中のごちうさ限定メニューのドリンクは、全部甘い物。
 アニメイトカフェもアニマックスカフェもその他のコラボイベントもそうなんだけどさ、

「何故甘いドリンクしかないのか?」
 
 甘いココア入りミルクティーと、甘いハニトーの組み合わせ。
 甘い物が大好きな私も、さすがに「うっ」と躊躇いました。
 この2品を楽しむために、チェイサーとしてお冷を中間に置かないといけないくらい、甘くて大変なのです。
 バー位でしか用意しなくてもいいと思ってましたよ、チェイサー。

[ 2017/11/02 17:02 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

文章の講談師

2017110101.jpg
幕末バトルロワイヤル 井伊直弼の首&天誅と新撰組(野口武彦)

 来年の大河ドラマ「西郷どん」の予習に相応しい本を、またもや発見しました。

 野口武彦さんの「幕末バトルロワイヤル」シリーズです。
 現在発売されているのは4作で、そのうちこちらは2巻と3巻にあたります。

 内容としては黒船以前からの勢力争いから始まり、人物や出来事にスポットを当てて、物語のように語られています。
 まるで無声映画を流しながら弁士が語っているような文章で、非常に読みやすいのが特徴です。

「あっ!」
 と言う間に読み終えてしまうのは、著者である野口さんの文章力によるものでしょう。
 このシリーズと海音寺潮五郎の西郷隆盛本、あとは大河の新選組とかを観れば、予習としてはバッチリではないかと思います。

[ 2017/11/01 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)