恐怖の不等式

「AIが人の仕事を奪う日が来るかもしれない!」
 TVやラジオではこんな事がずっと言われています。
 彼らにとっては、AIは時に恐怖を感じる存在らしいです。

 その証拠というか証明と言うか、先日ロボットが店員のホテルが報道されていました。
 中でも企業側のオススメが、ロボットが入れてくれるコーヒー。
 リポーターはカックンカックンと動くロボットにちょっとヒヤヒヤしながら、長時間かけてできたコーヒーを楽しんでいました。
 これを見ていたTV局の出演者のコメント、

「いつか、コーヒーを作る仕事もロボットにとられるのでしょうか?」 

 いや、いやいやいや。
 コーヒーを淹れる仕事は、もう機械に任せているじゃないですか。
 駅にいけば豆から挽いてくれる自販機がありますし、広い意味で言えば缶コーヒーだってありますし。
 誰でも簡単な操作でエスプレッソが作れる機械があるから、スターバックスが全世界に広がっているのでしょうし。

 そもそも、AIがあってもなくてもとられている仕事はありますよ。
 
 我々は常日頃から機械打ちされた布団で目を覚まし、機械化された電子レンジで朝食を作り、工作車で整地された道路を歩き、建設重機で建設された会社や学校に行ってます。それが人力だった頃にまだ生まれてなかった世代が少ないから気が付かないだけで。
 それでも寝具屋さん、電器メーカー、建設業者の方がおられ、スタバでは今日も毎日色々な人が働いています。

 そりゃあもうAIに直接仕事をとられる方は大変かもしれませんけれども、それ以上に大きな利益が得られる場合がほとんどでしょう。
 機械に仕事をとられたくないと、今からトラックや貨物列車を廃止して、馬とリアカーで物流始めたら大変です。

 AIに仕事をとられる!と起こってもいない事に恐怖するより、人間が面倒くさがる事を任せる方が楽しいような気がします。
 人間にしてもAIにしてもロボットにしても、得手不得手がありますからね。

 私に言わせれば、AIやAIの暴走よりもAIを悪用する人間の方がよっぽど怖いです。

「AIが暴走して人類を支配する」
 事はあまり考えられませんが、
「効率的な国民管理の為にAIが人生を決めるシステムができたけど、実際は役人が自分の身内に都合のいいようにプログラミングしていた」
「AIが過去のデータからオススメの株情報を出してくれたので買っていたら、実はその株の会社が裏からAIを操作していた」
 とかの方が、リアリティがあるかなあと。

 AIは非情だが公平なシステムだ!と人が認識した時、そのAIに直接アクセスできる権限を持った人は現代の神様になれるのではないかなあ?

「AIの判断で、貴方への延命処置は打ち切りとなります」
 国からそういう通知が来たら、病床の私はまさか裏で作為的に選ばれているとは夢にも思わないでしょう。

 AIの暴走より、人の暴走の方がよっぽど怖いです。

スポンサーサイト
[ 2018/02/28 08:29 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

チームルフィドニアの栄光

2018022701.jpg

 カードワースをまた始めました。
 
 1998年、GROUP ASKが開発したRPG系フリーソフトで、カードで作られたアクション(行動)を押す事で進んでいくシンプルなゲームです。
 この作品の特徴は、簡単な手順で誰でもシナリオが作れること。
 そのため、GROUP ASKがすでに活動を休止(終了)しているのにも関わらず、20年経った現在も有志で基本ソフトのバージョンアップやシナリオの制作が行われています。

 1998年8月に公開されたソフトと言う事で、実はうちのサイトと同じ時期生まれでもあります。
 あちらは8月18日、こちらは8月30日で、あちらが少し先輩です。

 古いソフトの為に最近のゲームのようなリアルさやCGが無いかわりに、古いPCでも十分に動く軽さとお手軽さが魅力の為、たまに遊ぶと面白いんですよね。
 最近は支店の方で作ったアイコンを流用して、マイキャラが沢山作れるようになりましたし。
 菜々美や結菜は元々ゲームなどの数合わせ要員の為に誕生した経緯があるので、役割分担に適していて、おそらくはメイドカフェのメンバーであるより活躍してくれるように思えます。

 万能型の玲真、タイマン得意の遥、冷静な戦士瑞穂、死霊術師の結菜、サポート&参謀要員のプリシア、手癖の悪いキナコ。
 これでもうバランスの良い冒険者のパーティが出来ちゃいますからね。

 ソフトもシナリオも無料なので、御興味があれば。
 TRPG(テーブルトークRPG)がお好きな方は是非!

2018022702.jpg

 コロシアムにて、チーム戦シナリオをプレイ。
 自分達のチームが呼ばれるのはテンションが上がります。

2018022703.jpg

 こちらは悪の死霊術師を倒すシナリオの途中。
 村人の依頼を聞いている途中、チーム内に「死霊術師」がいるとその人物が悪態をつく台詞が用意されているみたいです。
 このシナリオを作った方は、まさか女子中学生がこの悪態を付くとは夢にも思わなかったでしょう。


[ 2018/02/27 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

引きつけワード

 ライトノベルにせよ、美少女ゲームにせよ、ワーオッ!な大人の映像作品にせよ、最近はタイトルの説明化が顕著になってます。
 簡単に言えばタイトルで中身がわかるようになっているのです。

 例えば「桃太郎」というタイトルで、私達は桃太郎の内容を知る事はできません。
 絵本の中身とか歌とか、モデルになった岡山県の吉備津神社とかで調べて知る事が出来ます。

「説明化」というのは、この桃太郎のタイトルを、
「おばあさんが拾ってきた桃から生まれたイケメンが犬雉猿を連れて鬼退治へ行った結果www」
 とかにしちゃう事を言います。

 ライトノベルでは「現実世界であやとりしか能が無かった俺があやとり絶対の世界へ転生した結果」とか。
 美少女ゲームや映像作品では「浮気妻 36歳の妻が俺の単身赴任中に!」とか。

 最近の若者には、読んでみて自分に合う作品を探す時間やお金の余裕が無いらしく、少しでもハズレを避けるためにタイトルでわかるようにしているそうです。
 インターネットで買い物をされる方の検索対策もあるのでしょうか。

 まことに嘆かわしいお話です。
 タイトルで中身を想像する楽しさと言うのもあるのです。
 梶井基次郎の「檸檬」という小説は、実際に読んだりネットで調べたりしないかぎりは意味は分からないと思います。
 でも読み終えるとなるほどねー!となり、その後自分が何度も話のタネにできるわけです。

 他にタイトルが秀逸な作品は、他には北村薫さんの「ターン」とか、真保裕一さんの「連鎖」や「ホワイトアウト」等でしょうか。
 真保裕一さんの作品は高校生の時に悪代官後援会先輩にオススメされて熱心に読んでいました。
 
 ゲームだったら「ドラゴンクエスト3 そして伝説へ」がやはり素晴らしいですね。
 最後の最後に「なるほど、そういう事か!」と思う副題は、現代においてもなかなか見当たらないでしょう。

 物語やゲームは決して記号ではありません。
 作者の言いたかったこと、表現したい事を本文から拾っていく楽しさを、今の若い人には培っていただきたいものです。

[ 2018/02/26 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ホームセンター冒険

 朝起きたら無線式のマウスがまったく反応しなくなっておりました。
 寝る前までは普通に操作できたのですが、わずか数時間のうちに、彼(マウス)の中で社会に対する反抗精神が芽生えたのでしょうか。
 代わりの無線マウスはAmazonで買ったものの、このブログを書くためにも臨時の有線マウスが必要になり、ホームセンターへ行ってきました。

 マウスや雨合羽、あとはノンカフェインのお茶を買いに行ったホームセンターは、まあ広いのなんの。
 あまりに巨大な建物が3つくらい重なっている中で、食料と家電、合羽が全部バラバラに置いてあるんです。
 しかも家電売り場にマウスが無い。
 聞いてみると、食料品売り場手前の文房具エリアにあるとか。
 お子様が走り回る中で、ひたすら歩いていくのはちょっとしたドラクエ気分です。
 いやホームセンターは大冒険です。

 ここまで広いのだから、セグウェイとかスケボーとか乗ったら面白いだろうなあ。

*以下2/26追記です
 今回紹介したホームセンターチェーン店は色々な会社がある中でもっとも1軒あたりの売場面積が大きなチェーンでした。
 また私が行った店舗はその中でもトップ6に入る支店で、売場面積は東京ドーム3杯分、駐車場は2000台を超えるそうです。
 買い物だけで40分とか50分もかかりましたからねえ。


[ 2018/02/25 12:29 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

未来ずら

2018022401.jpg

 Cafe Mai:lish(カフェメイリッシュ)さんで、PCゲームのコラボイベントを開催していました。
 作品は「カスタムオーダーメイド3D2」でKISSという会社の美少女ゲーム(18歳未満の方は遊べません)だそうです。

 店内は喫茶店なのでもちろんワーオッ!な場面ではなく、一般の方でも楽しめるエディットモードやステージ動画が上映されていました。

 このゲームは、沢山あるパーツから自分の好きにデザインした女の子が踊ったり歌ったりするそうです。
 アイドルマスターやドリームクラブのキャラを自分で作る事が出来る、っていう表現だとわかる方にはわかるでしょうか。
 観ていると、まあ綺麗な女の子がクネクネと歌って踊ってすごいのなんの。
 これでさらにオトナな展開が待っているのが、もう私には信じられません。 

 なんかもう未来ですよ。
 きっとインストールするときも、フロッピーAからフロッピーKまで順々にFDDに差し込まなくてもOKなんでしょうよ。
 ・・・・・・そこの時代からなのか、私は。

 ともあれ、忍法魔界転生!とか言ってる場合でありませんね。
 
 ちなみにメイリッシュは「MAIDEN SURVEY」の17Pで紹介されているお店です。
 
[ 2018/02/24 10:53 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

せどり副業?

 待ち合わせまで20分ほど時間つぶしをする事になり、久しぶりにブックオフへ立ち寄りました。
 昔のように「いらっしゃいませこんにちはー!」っていう喧しい挨拶もなくなり、感じの良いお店になってました。
 ややゲームやプライズアイテムや漫画ばかりが目立ちますが、こればかりは時勢というものでしょう。
 108円コーナーの書籍に見るべきものが多く、どれを買うか迷ってしまいますね。

 ただひとつ、気になる光景を見かけました。
 男性が一人、小型のバーコードリーダーを利用して108円コーナーの書籍を片っ端からスキャンしているのです。

 最初はお店の方が在庫管理の為にやっているのかと思ったものの、着ている服は私服ですし。
 あまりにも大々的にやっているのですっかり店員さんのつもりで買い物をしていました。
 後から調べたら、これが古本業界で言う所の「せどり」というものらしいです。

 Amazonなんかの古本市場では、在庫のある本とない本があります。
 こだわりのない古本の場合、大抵のお客さんは安いものを買うので、中古で一番安い価格設定のものを買います。
 例えばこの在庫で安いものが無ければどうでしょう?
 そしてブックオフにこの本が108円で売られていたら?

 最近流行っている「せどり」というのは、オンラインの中古市場で売れる本をブックオフなどの現実の古本屋で仕入れる事を言います。
 おそらくこの方は、バーコードを大量に読み取らせその中から高く売れる検索結果が出たものを仕入れているのでしょう。
 私がAmazonで買っている本も、ひょっとしたらこういう方々が仕入れているのかもしれません。
 最近ではこういうノウハウとバーコード読み取り機をセットで販売している方もいるらしく、副業代わりにせどりをされている方もいるそうですね。

 ただぶっちゃけて言わせてもらいますと、ものすごーく邪魔です。
 もうちょっとお客さんに気を使って頂けたらなと思うのですが、いかがでしょうね?

[ 2018/02/23 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

タヌキの勢い

 先日、ぶんぶくたぬきのティーパーティ。
 1冊1000円ほどするので、既刊は1ヶ月に1冊くらいのペースで買おう!
 
 


2018022201.jpg
ぶんぶくたぬきのティーパーティ 2~4巻(森長あやみ)

 と思っていたらこの有様です。

 まんだらけの前を通り過ぎる時に、ついつい。
 ほら、まんだらけで買うと、オマケの冊子が付いてくるじゃないですか!

 単価は高いけど、普通の漫画の単行本と違って何度も読んで楽しんでいるので、元は意外と取れるのかもしれませんよ。
 
 ちなみに、一番好きなキャラはお兄ちゃん(狸)、次にふみや尾崎りさ(狐)と続きます。
 特に友情に篤いのにちょいちょい損な役回りのりさちゃんが良いですね。
 作家さんサイドでは割と発育の良い近森つばさ(蝙蝠)がお好きらしく、二次創作イラスト業界でもお色気担当で描かれる事が多いようです。


[ 2018/02/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

森宗意軒平成にあらわる

2018022101.jpg

 また「信長の野望 烈風伝」をプレイしてます。
 先日、「信長の野望 革新」を買ったばかりなのに、つい棚にあったのが気になりまして。
 毎年やってるような気がするぞ。

 もちろん、まともにプレイなんかしません。
 例えば敵武将をバッサバッサと斬っていくじゃないですか。
 そうすると味方にできる人材も減っていくでしょう?

2018022102.jpg

 そこでエクセルのマクロを使った改造ツールを起動して、セーブファイルを読み込むんです。

 織田信長、羽柴秀吉、松平元康・・・・・・。
 名だたる武将がみんな死んでいますね。

2018022103.jpg

 この状態を武将にしてじゃな。
 所属を伊達、居城を岩出山城にすると、ホレ。
 かつての英雄が蘇って、あっという間に我が伊達軍の駒になるのじゃよ!

 このデータをプレイ中に作ってて思いました。

 忍法魔界転生だ、コレ。



 森宗意軒、2018年にもいたんだなあ。 

[ 2018/02/21 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

アメリカよ これが忍術だ!

「日本よ、これが映画だ!」
 かつて、こんなキャッチフレーズを使った映画が叩かれたそうです。

 いやいや、そういう時は怒ってはいけません。
 同じ条件でこちらが勝てるものをぶつければいいわけです。
 サムライもゲイシャもアメリカには勝てますし。
 忍者、忍術、忍法っていうのも彼らをエキサイトさせるには十分な要素です。

 話がズレてしまったのでそろそろ本道へ。
 先日、そんなエキサイトする本を読了致しました。

2018022001.jpg
魔界転生(山田風太郎)

 山田風太郎の魔界転生(まかいてんしょう)です。
 ジャンルは伝奇小説でしょうか、ちょんまげファンタジーと言いますか。
 単行本化されたのが1967年ですので、当店のお客様の中にも読まれている方がおられる事でしょう。 
 
 ものすごーく大雑把にすると、ストーリーはこんな感じです。

 徳川政権の打倒を願う由比正雪が、主小西行長を関ヶ原で討たれ徳川幕府に恨みを持つ森宗意軒と出会い、恐ろしい秘術を知る。
 森宗意軒が編み出したのは、生への欲求を強く持ったまま死んだ人間をこの世に甦らせる『忍法魔界転生』。
 江戸徳川打倒という共通の目的を持ち手を組んだ紀州徳川頼宣の下へ、森宗意軒や由比正雪、魔界転生により蘇った剣豪達が集った。
 
 転生衆の名は天草四郎、荒木又右衛門、宮本武蔵、田宮坊太郎、宝蔵院胤舜、柳生宗矩、柳生如雲斎。

 彼らの陰謀をいち早く知った柳生十兵衛は、転生衆との戦いに挑む。


 本当はもっと細かい背景がありますが、こんな感じに砕いて説明しました。
 あらすじだけでもテンションが上がる、剣豪オールスターな物語ですよね。
 作品そのものも面白く、あっというまに上下巻を読んでしまいました。
 50年前にこんな作品が出ているという事にも驚きです。

 天草四郎等の怪奇性はこの時に生まれたと言われ、格闘ゲーム「サムライスピリッツ」の天草のモデルもこの作品だそうです。

 以下、余談として。

 とある中学生が、この作品にハマり自分なりの魔界転生な作品を書かれたそうです。
 彼の名は那須きのこさん。
 PCソフトやスマホゲーム、アニメ化もした大人気作品「Fate/stay_night」を生み出すきっかけになった作品が、この魔界転生だそうです。
 たしかに、あのシリーズも歴代の英雄が復活してる設定でした。
 
 ゲームそのものはやっていないものの、fateシリーズには設定の細かい所から漏れ出す博識さ聡明さを感じておりました。
 中学生の時点でこの作品を読まれている方が書かれれば、それはもう面白いシリーズになるのも納得です。


[ 2018/02/20 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

無情なる閉鎖

 通販、特に健康食品に関する小さな注意書き、
「個人の感想です」
 というのもツッコミ所があって気になるけれども、

「ただいまより30分間限定で電話スタッフを増員、サービスを致します!」
 っていうのも、色々と気になるところがあります。

 例えば、電話スタッフとして30分だけ働くという仕事があるのでしょうか?
 主婦が家事の合間にちょっとだけ、みたいな仕事は世にあれど、30分だけってあまりにも短いような。
 電車賃とかどうするのかしら?

 それから私がもし商品が欲しくなって31分後に連絡をしたら、
「あーもう30分過ぎてしまっているのでサービスは無しですねー」
 って冷たくあしらわれるのでしょうか?
「ええ! サービス目当てで買いたかったのに」
「はい、イヤなら買われなくても結構ですよ」

 こんなやりとりを試してみたいのですが。
 残念ながら、通販番組っていつも欲しいものを取り扱っていないんですよね。

[ 2018/02/19 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

レポートの補足として

 明日の日付で更新されている、支店のレポートについての補足としまして。
 ツイッターでの、お店公式の発言と、かつてメイドさんだったという方のツイートを保存しました。
 うちの新刊では紹介していないお店です。
 私が何か意見をするとみなさんの印象を操作する危険性もあるので、画像と紹介のみ致します。

 まずはお店側が2月上旬から行っていたツイートです。

2018021801.jpg


2018021802.jpg


2018021803.jpg


2018021804.jpg


2018021805.jpg

2018021806.jpg

2018021807.jpg

2018021808.jpg


 ここからは元店員さんを名乗られている方のツイートです。
 この方がおられた頃にはスタッフを解雇する際に全スタッフにメールを出していたそうです。 

2018021809.jpg


2018021810.jpg


2018021811.jpg



[ 2018/02/18 13:30 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

主婦の戦争体験

 アニメ映画「この世界の片隅に」を視聴しました。

 舞台は広島。市街で生活していた主人公のすずが、後に呉の北條家に嫁ぐ物語です。
 時代背景は昭和初期から昭和20年まで。
 この間に太平洋戦争がはじまり、すずの嫁ぎ先である呉は海軍ゆかりの地の為、日に日に空爆が増えていきます。

 他の戦争映画と違うのは、すずは戦争賛美も反戦も主張せず、自分の生活を一生懸命に送り、自分のまわりの出来事に色々と思う所。
 海外でも高く評価されたポイントに、
「戦時中、日本人が何を食べていたのかが良くわかった」
 とあるように、それはもうお米を節約したり、野草を詰んで来たり、庶民が食べる戦時食を作るシーンにかなり時間を割いています。
 隣組や配給なども歌付で細かく紹介されているので、良い勉強にもなるかもしれません。

 ただそれだけに、戦争というものが人から伝わってくるのが非常に残酷なんですよ。
 彼女の故郷で起こった悲劇も映像は最後の最後にちょっとだけで、あとはその片鱗を日々の生活で見かけるだけ。
 だからこそ、真実を知る我々が観ると辛さを感じるのでしょう。

 観ている時はそうでもなかったのに、作品が終わってスタッフロールになってから、改めてこみあげてくるものがありました。
 今後も何回か、思い出す度に目頭が熱くなるでしょうね。 

 戦争を扱った映画として、私の中では最高評価を与えたい作品のひとつです。
 私の感想で作品に興味をお持ちになりましたら、是非観て頂けたらなと思います。


[ 2018/02/17 13:26 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

世界に笑われても

 今年は鰻があまり獲れず、価格が高くなるそうです。
 水産庁は特に漁業制限を強化するような事もせず、持続可能な水産業に務めるそうです。
 もしかしたらウナギは我々の世代で食べられなくなってしまうかもなあと、ニュース記事を読んで思いました。
 
 人が生物を絶滅させることのむなしさは過去の歴史で知る事が出来るのに、当事者は基本的に事なかれ主義で過ごす事が多いようです。

 特に日本は話し合いが大事な国。
 禁漁にするとウナギ業者が困るし争いの原因にもなる、何より業者の意見も聞かないと!と宗教的じみた「みんなの意見を聞く」倫理感の為に、何かを禁止にする決断を避けがちです。

2018021301.jpg
大英博物館資料 リョコウバトの剥製(20世紀に絶滅)

 かなりブレていますが、こちらがリョコウバトの剥製です。
 昨年の日記ではブレが酷くて紹介しませんでした。

 リョコウバトは北米に生息していた、おそらくは世界に存在する鳥類の中で最も数が多い(50億羽)と言われていた鳥でした。
 それが乱獲であっという間に絶滅しました。
 アメリカは狩りを禁止にして保護しようしたものの、ハンター側に自然動物保護の概念がありませんでした。

「減ってるなら、最後にごっそり捕まえて儲けよう!」

 欧米、とりわけアメリカ人の中に自然動物保護精神を持つ方が多いのはこの理由があると思います。
 我々のご先祖様は大きな過ちをした。だから我々の世代でそれを繰り返してはならない。
 そんなアメリカの人々が、

「今年は鰻が不漁ですので、今のうちに確保しておきましょう!」
「今年はカニの収穫量が少な目、安いうちに沢山確保しておきました!」

 なんてPRしている日本の漁業界を見ていたら、そりゃあ歴史を学ばない野蛮な人達だって思うのは当然のお話。

「欧米の人はキリスト教史観で、クジラは食べてはダメって言うくせに牛は食うじゃないか!」

 違います。
 クジラは再生産システムが出来ておらず繁殖力が低い生物だからダメで、牛は養殖システムが完全に出来上がってるから良いのです。

「クジラを獲る事で小魚の減少も防げる。逆にクジラが増えすぎて他の魚も減っているじゃないか!」

 そもそも日本人は小魚も獲りすぎているので、そちらにも手を出すべきじゃないのです。
 クジラが増えて小魚が減れば、今度はクジラも減ってきますし、それによって小魚の量も回復するのですから、人間が手を加えなければ自然環境が上手に調整してくれるのですよ。我々日本人はクジラも小魚も乱獲するからおかしくなるのです。

「ウナギの量は減っていない。中国人が沢山食べるようになったから高くなったのだ」
 グリーンピースが2013年に作成した資料『国内大手スーパーマーケットにおける絶滅危惧種および乱獲されているウナギの調達方針について』によると、日本は世界の2%足らずの人口で世界中で生息する70%の鰻を食べてしまってるそうです。
 一番食べている人達が改善しないといけない責任を、最近食べ始めた人に押しつけてどうします?
 鰻の量は実際に減っており、日本のシラスウナギでも足りないから西洋のシラスウナギを獲り始め、ヨーロッパに怒られたから今度はアフリカ等の別の国のシラスウナギを獲っているわけで。本当に数が維持できているならずっとニホンウナギだけでもやっていけるでしょうに。

 これは何の本で読んだっけかなあ。
 鰻を絶滅させないようにするためには、実は鰻を禁漁にしなくても良いそうです。
 鰻屋さんとカウンタータイプのお寿司屋さんあたりで扱い、お給料日とかに贅沢して食べる地位であれば、禁漁も不要で絶滅の心配も無いとか。
 
 ウナギの稚魚であるシラスウナギの減少に拍車をかけたのは、回転寿司とスーパーです。
 また、江戸時代に無理やり作った土用の丑の日にみんなで食べるというナンセンス(鰻が売れないから始めただけの話ですから)な風習をいまだに続けている我々もウナギ現象の共犯者でしょう。

 世界に誇る日本のなんちゃらって日頃言っている人が見て見ぬふりをする日本人の恥ずかしい所。
 世間に対して影響力のまったくない個人サイトの日記で、少しでも知って頂ければ幸いです。



 以下、余談ですが。
 あの日本人の魚介類における天然モノ信仰、なんとかならないものですかね。
 北大路魯山人や「美味しんぼ」の価値観からそろそろ抜け出しませんか?

 北欧あたりの最先端の漁業は、もう漁師さんがいないんですよ。
 博士号を持ってるような専門の方が厳しい試験に合格して、大きい養殖センターで働いています。
 自然環境に影響を与えない状態で美味しくて安全な魚を再生産できる環境なので環境保護団体からの評価も高く、
「大人になったら漁業に携わりたい!」
 っていう子供もいるくらいだそうですよ。
 
[ 2018/02/16 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

獅子搏兎

「獅子は兔を狩る時にも全力を尽くす」
 って言う中国の諺があります。
 大雑把に解説すると、どんな物事にも油断せず全力で取りかかろう!という意味です。
 
 話は変わり、最近はデータロガーや小型カメラなどを利用するなど、動物の生態を調べる技術が進化しています。
 その中でチーターにデータを取り付けた方がおられたのですが、それが図鑑で言う所の生活をしていないという事が判明。
「チーターの走るスピードは時速100kmを超える、世界最速のスプリンターなのだ!」
 と言われていたのが、実際は平均時速60km位で狩りをしている事がわかったそうです。

 なんでも最速を出したのは「ライオンに追いかけさせた」時に記録であり、そりゃあ死ぬ気で逃げるわなという話です。
 アドバンテージ分を考慮したら、おそらくウサイン・ボルトさんでも勝てるのではないでしょうか。
 
 これに限らず、基本的に動物は手を抜いて生きているというのが最近では定説のようです。
 深く潜れるペンギンも、基本は浅い所でちょこちょこ小魚を獲って生きてますし、熊や猿は人間の食べ物を拝借します。
 その最終形態が笹だけ食べるパンダなのでしょう。

 そう考えると、人間はいつも本気でこなさないといけないミッションが多いですよね。
 思うに(というより生物学の常識なのかも?)、いつも本気を出さないといけない動物は人間位なものじゃないですかね。
 病気でも事故でもなく過労死なんて、生物の世界ではよっぽどの事ですよ。

 働きアリっていう表現があっても、アリは過労死しないでしょう。
「若いアリは大切なので巣の中で作業をさせて、年を取ったら外回りをさせよう。その方が効率的だから」
 彼らにもこんな効率性を持って活動しているのに、20代30代の若くて貴重な人材を過労死や自殺させる世界のなんと非効率的な事か!
(実際にアリの中には、若い頃には巣で働かせ、年を取って元が取れたアリを外回りに出す種類が存在します)

 余談ですが、兎は動物園で実際に肉食獣のエサになっているケースが多々あります。
 生肉をポンと渡すより野生のカンが引き出せるのか、生肉と兎がセットで与えられているようです。
 チーターの場合にも兎が餌になるケースがあるそうですが、この時は予め兎の足を折っておかないといけないそうです。
 元気なまま放たれた兎が穴を掘ってしまうと、チーターがその穴で骨を折ってしまうケースがあるとか。 

 ロボットゲームとかでステータスを機動力を最優先にしたせいで紙みたいな装甲の機体とかありますが、チーターはリアルであんな感じなんですね。
 

[ 2018/02/15 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

名作Modernization

 日曜日朝9時、ドラゴンボール超の時間帯で、4月からゲゲゲの鬼太郎が放送される事になりました。
 今回で6期なので、思った以上にリメイクされていないようです。
 私は観ていたユメコちゃんが出てくるバージョンは3期だそうで。
 あれから今回の新作を併せてさらに3期分なんですね。

 それにしてもアニメ版鬼太郎1期の放送が1960年代。
 半世紀近く経つ間、今と昔のお子様の教養も随分と変わった事でしょう。

 例えば一反木綿の「一反」って何の意味か、今のお子様はわかるのかしらん?
 我々が子供の頃でも何か大きさとか長さの単位らしいというのはわかりましたが、具体的な大きさは大人になるまでわかりませんでした。
 柳田國男の著作によると、一反木綿の出身地である鹿児島県肝属郡では、大きさは幅30cm×長さ10m位と伝えられているそうです。
 それとも最近のお子様はググって調べられるのかしら?

 妖怪に限らず、小道具を使う物語で将来通じなくなる作品は他にもあります。
  
 今から100年位未来になると、もしかしたら貨幣が無くなっているかもしれません。
 そんな電子マネーや仮想通貨のみの世界に、銭形平次とかどうします?
 投げる銭が無いんやで? 

 平次のスマホから、コンピューターウイルスみたいなのをスワイプで発射して、悪人のスマホを爆発させるとかするのかな?

「おぅとぉこだったぁらぁ~ 相場を煽るぅ~♪」

 みたいな主題歌にして。

 仮想通貨の市場を操作する銭形平次とか、観たくないなあ。

[ 2018/02/14 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

誘惑だらけの地下シティ

 バレンタインのチョコレートを買いに、東京駅の地下街『東京駅一番街』へ行ってきました。
 私はもちろん男ですが、大体もらう人が決まっているのと、ホワイトデーのアイテムってあまりピンと来るものも無いのと(1000円を超える飴ってどう?)、そもそも私自身飴がそれほど好きじゃないのとで、ちょっと前から友チョコ的に送る事にしています。
 そこで今回は東京駅の地下街にやってきました。

 東京駅一番街を簡単に説明すると、キャラショップのデパート。
 通りが全部、キャラや会社の専門のショップが並んでいるのです。

 TV局だったら、NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京。
 いわゆる地上波メインの局ショップが全部そろっています。
 お菓子だったら、西郷どん、イッテQ、陸王、めざまし、ドクターX、テレビ東京はアニメ系が多かったでしょうか。

 その他に少年ジャンプショップ、キティちゃん、リラックマ。
 男の子向けではプラレールやウルトラマン。
 女の子向けではプリパラショップ、アイカツショップ、プリキュアショップ。
 スヌーピーショップ、ムーミンショップ、スタジオジブリのお店まで。
  
 書いていてくたびれるほどのラインナップで、お子様をお持ちの親御さんにとってはここを無傷で通るのは至難の技かと。
 ご自分のお子さんにここを歩いてもらって何も欲しがらずに最後まで行ければ、その親御さんの子育てレベルは相当なものだと思います。
 大人の私でさえも、ふらふらとお店の中に入っちゃいましたし。

 とはいえ、おかげさまで良さげなアイテムも手に入れて、バレンタイン対策(先払い式ホワイトデー)はバッチリ。
 基本的に日ごろお世話になっている方に送るので、自分で食べるものを選ぶより楽しいですね。


[ 2018/02/13 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

娘達が待ってます

2018021201.jpg

 先週、スープカレーカムイさんへ行って参りました。
 今回はチキンカレーを選択。柔らかいチキンが大変美味しゅうございました。

 で、この日は別の目的もありました。
 カムイさんが1月に7周年(8年目突入)を迎えた事で、当サイトからお祝いのイラストを寄贈したのです。
 それを掲載されたという連絡を店主さんからいただき、娘の様子を見に来ました。

2018021202.jpg

 こちらがそのお祝いイラスト。

 メイド服は長谷川結菜。
 カマンベールチーズはタヌキメイドのキナコ。
 鶏は岩崎遥。
 ナスはメイド長のプリシア・ムーンマンサ。

 が、それぞれ担当しています。
 首都圏にお住まいの方は、予備校のCMをパロディにしたというのがすぐにお分かりになる事でしょう。
 店主さんからも「今までで一番笑いました」とコメントを頂いています。

2018021203.jpg

 7周年お祝いのイラストは、カムイさんの2Fにあるイートインスペース入って右手に展示されています。
 また、写真の中で右上の作品以外はすべてうちの娘達です。
 このスペースは最初冗談のつもりで「ルフィドニアシート」と表現していましたが、最近はうちの作品で占められ始めており、なんか本当にルフィドニアシートになりつつありますね。

2018021204.jpg

 他には昔に寄贈されたキナコ。

2018021205.jpg

 同じく、まだメイド服(日曜はメイド服を着た店員さんがいる場合があります)を着た結菜。

2018021206.jpg

 プリシアとキナコの姉妹ちっくコンビ&お姫ちん。

2018021207.jpg

 冬コミの本で主役を張った遥とパートナーの光。

 なんだかんだで、私のサイトからはカムイさんへ9作品が寄贈されています。
 酸味のあるスパイシーなスープカレーがお手軽な料金で楽しめますので、イラスト目当てにしなくてもオススメのお店です。
 機会があればお立ち寄りください。


スープカレーカムイ
 東京都千代田区神田須田町2-12-5(土曜定休)


[ 2018/02/12 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

てつはうを求めて

 歴史系博物館好きとしてはまだまだ行ってない所があるのではないか?
 調べてみると、千代田区の江戸城跡(皇居)にある三の丸尚蔵館に、蒙古襲来絵詞があるとか。
 蒙古襲来絵詞といえば、歴史の教科書でおなじみ、鎌倉時代に起こった元寇の部分で、てつはうが飛び交う絵で有名ですね。
(竹崎季長が、自分の功績を認めてもらうために描かせたアレです!)

 竹崎季長と竹崎家がその後どうなったかは不明ですが、絵は現在まで残っており、天皇家が所有していました。
 ところが昭和天皇がお隠れになられた事で莫大な相続税が発生。
 天皇家が所有している美術品を国に寄贈する事になり、蒙古襲来絵詞もその中に含まれていました。

 天皇家にも相続税が請求されるっていうの、初めて知りました。

 ちなみに最寄駅はJR東京駅や東京メトロの大手町で、入場は無料です。
 昨日紹介した東京大学農学資料館と同じく、こちらも規模は大きくないので東京駅や周辺の文化施設とセットで観に行かれると良いでしょう。

2018021101.jpg

 というわけで、荷物チェックを済ませて大手門へ。
 なんといっても江戸時代の中心、江戸城ですからね。 

 そういえば、城好きなのに江戸城には初訪問です。

2018021102.jpg

 百人番所。
 伊賀組、甲賀組、根来組等、鉄砲の使い手が100人勤務していたそうです。

2018021103.jpg

 建物の家紋は当然、葵。
 日本で一番強い家紋です。

 これなら水戸黄門の印籠に勝てます。
 江戸徳川の本家と御三家を併せたものを葵四天王とするならば、実は水戸黄門の印籠は、
「ヤツは四天王の中では最弱」
 なんですね。

 江戸はトップとして、紀伊は尾張は大納言。
 水戸は中納言なので、実は御三家でも格下なんです。

2018021104.jpg

 江戸城天守台後。
 明暦3年(1657年)に起きた明暦の大火の後で燃えてしまい、予算を復興に優先させるために天守閣を再建する事無く、現代に至ります。
 江戸時代で江戸城の天守があったのは、50年ちょっとだったんですね。

2018021105.jpg

 で、今日の目標である三の丸尚蔵館です。
 残念ながらこの日は特別展の為にお目当ての蒙古襲来絵詞は見られず。
 ですが、天皇家に献納された世界各国の美術品が数多く展示され、見に来た価値は十二分にありました。

2018021106.jpg

 この時期は梅が綺麗ですし、春には桜が見られるでしょうし、皇居は散歩にピッタリの場所ですね。
 

[ 2018/02/11 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ハチ公に会いたくて

 この日記を見られる前に2015年9月の日記をご覧いただくと、さらに楽しんでいただけると思います。
 また一部にグロテスクな表現がありますので、問題が無い場合には「続きを見るで」お楽しみください。


 生まれて初めて観た(記憶の中での話ですが)映画が「ハチ公物語」の私にとって、ハチ公はやはり特別な存在。
 いつの日かハチ公を見てみたいと思っていました。
 もちろん剥製、生き物にこの表現が適当かどうかは別として、いわゆる外側の部分はもう子供の頃から何度も見ております。
 
 しかし犬も人間も、大切なのは中身。
 そこでハチ公の中身を見に行ってきました。

2018021001.jpg

 場所は東京都文京区弥生にある東京大学農学部。
 弥生と言えば縄文時代とは違い土器が見つかり「弥生時代」の元になった町です。
 そこにある東大農学部を入ってすぐの所に東京大学農学資料館があり、誰でも自由に入れます。

2018021002.jpg

 資料館とはいっても非常にコンパクトで、ちょっとした会議室程度のスペース。
 ここに最近の研究成果や過去の偉業などが展示されています。

2018021003.jpg

 東大農学部に関わる人物でもっとも偉大な一人と言われているのが鈴木梅太郎。
 世界で初めてビタミンの発見、抽出に成功した凄い人です。
 今の時代だったら、ノーベル賞は確実だったでしょうね。

 その後、鈴木先生は合成酒を開発し、庶民が飲むお手軽な酒や調理酒として現代でも愛用されています。
 こういうお酒は「美味しんぼ」あたりだと散々叩かれてますけど、元々は米騒動があってお米不足を解消させるためのアイデアで、決して悪い物を売りつけようとしていたわけではありません。

2018021004.jpg

 上野英三郎博士の胸像です。
 日本の農業土木の創設者であり、近代農業の父と言われています。
 現在日本中の田んぼが綺麗に真四角で、生産性が高いのも上野先生のおかげでもありますが、この方はどちらかといえば「ハチ公の飼い主」としての知名度が高いようです。

 ハチ公の中身については、続きでお楽しみください。

[ 2018/02/10 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

焼肉日記1998年9月25日のコメンタリ ~パソコンの昔話をしよう~

 20年前の日記を掘り返したので、当時の話をもう少し。
 1998年9月25日、日記を始めて約1ヶ月経った頃の思い出を語ってみます。

 せっかく作ったコード表を印刷しに学校のコンピュータールームへ行ったんだけど、ほとんどのPCの調子が悪いようで印刷できなかったりゅん。
 焼肉がウイルス入れたから?
 それは冗談だとして、ウチの高校はいまだに『9821-BS』というヘナチョコ機を使っているんですわ。
 CPUは486。カッコイイっす。MS-DOSゲームをやるには。
 1台10万もあればペンテPCが買えるのに1年10000000円もかけて50台のパソコンを『レンタル』しているのですわ。
 まったく信じられませんでございますですわ。一太郎はバージョン4だし・・・。
 最近、ペンテ(ノーマル)200を3台入荷したものの生徒には使用禁止。
 何に使ってるんだ?古株教師のおかげでHPは開けないし・・・。
(最初、焼肉も説得しようとしたのだすが、ハッカーをおそれて中止)
 この前来た2人の留学生(メリケンとおフランス)のメリケンの方が驚いてました。
 そりゃそうだ。BSなんて記号が付いてるPCはそうそうないからねぇ。


 まさに駄文!

 まだアンダーグラウンドに憧れていた、若き私の駄文です。
 読みにくいですね、コレ。
 大きい数字まで英数字で表現するんじゃありません。
 それから、えみりゅん語を使うんじゃありません。
 
 で、今日はこのPCの昔話を致します。
 私もすっかりインターネッツ老人会の面々ですから。

 2018年、PCショップで店員さんに相談すると、こんな事を聞かれると思います。

 用途はなんですか?
 予算はなんですか?
 使用する空間はどこですか?
 
 一般的なお店だと、これらの答えがどうあっても、出される機種は変わりません。
 今やDOS/V機が主流になっており、Windowsも普及しているのでMacファンでなければ同じのはずです。

 しかし当時はガラパゴスのように、独自の機種であるNECのPC98がまだまだ主流でした。
 普通の人はPC98、詳しい方はDOS/V、という住み分け(?)がされていたのです。

 ぶっちゃけるとですね、Windowsの優秀なアプリが出るまで、ワープロソフトも計算ソフトもワーオッ!なゲームもみんなPC98用だったんです。
 ですので、ゲームに求められる基本スペックも、
「PC9801VM以降(5インチFDD付 39万円)」
「PC9801VX以降(一番安価なVX0だとFDDとHDDが無いモデルで35万円)」
 みたいに、NECの製品名がそのまま使われていました。

 DVDが普及する前、ビデオテープの分野でVHSとベータの両規格で争いがあり、VHSが勝ちました。
 VHSの勝因にはレンタルのアダルトビデオが関わったとされていますが、PC98の場合には全年齢向けもアダルトゲームもカバーしていたので、海外産のソフトやゲームを利用したいという特別な理由が無ければDOS/Vを採用する事は無かったのです。
 留学生のくだりはよく覚えていないのですが、そりゃあ海外の人からしたら疑問に思うのは自然なお話ですよね。

 で、NECの天下が崩れたのが2000年前後に大量に生まれた格安PCメーカーの存在。
「99800円ならソーテック!」
 そりゃあ20万円30万円で販売されていたNECのPCが負けるわけです。
 NEC側もDOS/V側に寄せたPCの発売を開始していたものの、やはりパーツなどは純正じゃないと使えない独自規格だった為に人気は衰退。
 ソーテックはソーテックで売れすぎてサポートが追い付かなかったり、裁判で色々怒られたりして価値が暴落。
 こちらも2007年にオンキヨーに吸収合併され解散しました。

 現在は秋葉原のPCショップを中心に色々なメーカーがお手頃で特徴のあるPCを販売しています。
 動かすOSやソフトが統一されているので、大体どこのものを買っても問題が無くなったのがその理由です。

 そのかわり、コンピューターウイルスも共通になって感染速度が加速するようになっちゃいましたけれども。

 PC98は日本だけの独自のPCだったこともあって、海外で猛威を振るっていたコンピューターウイルスに感染しなかったり、感染しても発症(発動?)しなかったのです。そこで私も沢山のコンピューターウイルスを集め、専門のディレクトリ(フォルダ)に100個単位で保管していました。
「焼肉がウイルス入れたから?」のくだりは、きっとこれの事でしょう。
 もちろん実際に学校にウイルスは持ってきてませんでしたし、学校のPCもPC98だったので持って行っても茶道はしなかったのだと思います。

[ 2018/02/09 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

さつなさ炸裂20周年

 セガサターンソフト「センチメンタルグラフティ」が発売されて20年が経ちました。
 SNSでは当時のファンや出演された声優さんが語られておられます。
 そして私もその一人です。

 当時何があったかな?

 って、私なら思い出せるんですよ。
 そう、今夏で20周年を迎える日記があるからね!
 せっかくなので、1998年9月30日の物をそのまま貼り付けてみましょう。

『センチメンタルジャーニー』を買ってしまいました。
 なんで買ったのかはわかりませんが、『ブレイズ&ブレイド』を見に行って、帰るときに持っていました。
 そろそろアニメを知っておかないと、と言われたので、友人からビデオを借りました。
 正直な話、焼肉はアニメを見た記憶がドラゴンボールZの再放送くらいなんですよ。
 後はネットで適当に見つけた口癖を真似するくらい・・・。
 ちなみに『センチ』のビデオはまだ見ていません。
 時間無いのでございますですわ。


 たしかあの頃はそれほどアニメの定期視聴をしていませんでした。
 当時は夕方の4時からTBSで水戸黄門、夕方5時からフジテレビでドラゴンボールZが再放送されていたのだっけかな?
 センチメンタルジャーニーはPSのゲームで、センチメンタルグラフティのキャラ版の桃太郎電鉄みたいなゲームです。
 その後、センチのビデオはちゃんと観ました。

 このあたりから深夜枠でアニメを流すようになったのでしたっけ。
 なのでビデオの予約が出来なかった分のセンチメンタルグラフティは、友人から借りてみた記憶があります。
 
 余談として。
 これからまたアニメから離れ、次にハマるのは「天使のしっぽ」というアニメでした。
 センチメンタルグラフティとのお付き合いもこれでおしまいで、続編は知りません。

 数年、センチの続編がDC(ドリームキャスト)から発売されます。
 しかし前作の主人公のお葬式から始まるというオープニングは悪影響方面の衝撃となりました。
 ヒロインは前作のまま「2」の主人公が出会いに行くという物語で、どのヒロインもデート中に「1(死んだ人)」の思い出話をしながら悲しむという、
「もうこの娘達は攻略なんかせずにそっとしておいてあげよう!」
 という感想を呟いた人もいたとか。
 結局この続編は売れず、制作会社のマーカスは倒産しました。

 で、そんなことがあったのをすっかり忘れて「天使のしっぽ」にハマったのですが。
 なんとセンチと天使のしっぽは原作者が同じという。
(センチ原作の窪田正義としっぽ原作の六月十三は同一人物でした!)

 一度六月先生にはお会いしたいものですが、ともあれ世の中不思議な縁があるものですね。



 話がややこしくなってきた方の為に、最後にちょっとだけ用語説明を。

 センチメンタルグラフティ ・・・・・・ セガサターンの本編 恋愛ゲーム
 センチメンタルジャーニー ・・・・・・ 上記のアニメ版
 センチメンタルジャーニー ・・・・・・ PS版の桃鉄系ゲーム 



 あと地味に、昔の日記は恥ずかしいね。

[ 2018/02/08 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

インドでわしも考えたい

2018020701.jpg
河童が覗いたインド(妹尾河童)

 ちょっと前の話になりますが、「河童が覗いたヨーロッパ」に続き、「河童が覗いたインド」を買ってみました。
 今回もホテルや利用した乗り物、表紙のような建物のスケッチと好奇心旺盛な妹尾さんが体験された面白いお話が収録されていました。

 読了後の印象は「インドは調べれば調べる程よくわからない国なのだなあ」と言う事でしょうか。
「これがインドである!」と説明できる国ではないのでしょうね。
 幅広い土地に様々な民族がおり、様々な言語や文化が入り乱れている国で、答えをひとつに決めるのがそもそも間違いなのでしょう。
 いやはや面白い。旅好きなら読んで損はありません。
 私もインドを覗きたくなっちゃいますよ。
 でも妹尾さんのように絵の才能も独自の視点も無いので、ここまで覗く事はできないだろうけれども。

 ちなみに妹尾河童さんの作品では、他に「河童が覗いたニッポン」もオススメです。
 こちらはテーマがバラバラなので当たり外れはあるものの、まだ京都の地下鉄を作っていた頃に工事現場へ行ったレポート等もあったりして、なかなか読みごたえがある面白い作品でした。

[ 2018/02/07 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

アライグマではない!

2018020601.jpg
ぶんぶくたぬきのティーパーティ(森長あゆみ)

 たぬきをテーマにした漫画、ぶんぶくたぬきのティーパーティ1巻を買ってきました。
 まんだらけの公式サイトで一部無料で公開されている漫画を読んでいるうちに、フルバージョンで読みたい!と言う事になり、試しに1冊購入。
 非常に面白く、今回の紹介と相成りました。

 主人公は人間に変身できるタヌキの一族、屋島家のお兄ちゃんとその妹ふみ。
 常識人のお兄ちゃんは人間に変身できず、人間に変身できるふみはちょっと抜けてる魅力があります。
 可愛いキャラが多いのに、何故かお兄ちゃんは実写に近いタヌキで、割と正しい心の持ち主と言うのがジワジワとした面白さ。

 原作者さん曰く、
「タヌキの画像を調べたらアライグマがヒットした。これ実際のタヌキが見たらどう思うのだろう?」
 というのが、この作品が生まれたきっかけだとか。
 確かに、タヌキをイメージして作ったであろうPonta(ポンタ)も、ちょっとアライグマ要素入っていますしねえ。

 よし、これは私のタヌキ文庫に加えよう!


【ぶんぶくたぬきのティーパーティ】
 公式サイト


[ 2018/02/06 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

支店4コマ28話 オーディオコメンタリー

2018020501.jpg

 偶数月恒例となった支店4コマオーディオコメンタリーです。

 今回の主人公は長谷川結菜。
 ヨゴレ役を多く引き受けているうちに、主人公の妹という脇役から当サイトトップクラスの地位と知名度を得てしまった女の子です。
 キナコは私が小学校低学年までの、結菜は私の中学生くらいまでの奇行を漫画で再現しているので、出番が多いのでしょう。

 というわけで、今回も少しだけ私の実体験が入ってます。

 小学生の頃、「拳児(けんじ)」という拳法を題材にした漫画が好きでした。
 この作品で紹介されていた中国の色々な拳法の中に、「毒手(どくしゅ)」というのがありまして。

「毒の入った壺に手を漬ける事を毎日行うと、その手に毒が蓄積され、ひっかいただけでも相手を殺せる力が身につくのである」
 
 まあ小学生の頃の私はこの設定に心ときめきましたよ。
 そして自分でも毒を作ったわけです。

 ・・・・・・毒と言っても、使われていない壺(花瓶だったのかな?)に毒砂をイメージしたであろう使い終わったホッカイロを入れて、液体のりとか色々入れて、紙で封をして「毒」って書いて、学校のロッカーに入れるだけでしたけれども。
「魔王君、いい加減にそれは捨ててきなさい」
 その後、担任の先生にそう注意を受けて毒作りごっこは終わりました。

 そんな私が生み出した結菜なら、毒手とか絶対気に入ってくれるかなあと。
 解毒の魔法が使えるお兄さんもいる事ですし。



 ところで全然関係ありませんが、なんで人は天然由来の成分を安全だと考えるのでしょうね?
 フグ毒みたいに天然由来で危険な毒もあるし、野菜や果物の成分も不安定ですし。
 科学の力で抽出したビタミンC100mgはビタミンC100mgで確実ですが、レモンをいくつ食べればビタミンCを100mg摂取できるかは、調べてみないと分からないと思うのですけれども。

[ 2018/02/05 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

シロ可愛いよシロ

 先日、時間調整も兼ねて漫画喫茶へ行っておりました。
 お目当ては、京都へ行った時に友人にオススメされた「鬼灯の冷徹」という漫画。

 閻魔大王の下で補佐官を務める、鬼灯という鬼神が主人公のユーモラスな漫画です。
 地獄なので色々な鬼やその他が出てきて、とにかく賑やかで面白い作品でした。
「聖おにいさん」などが好きな方はハマる可能性が高いでしょう。私のように。
 
 犬好きとしてはシロが可愛いですね。
 この作品には可愛い女性キャラ(鬼?)も沢山出てきますが、可愛いのはやはりシロかと。 

[ 2018/02/04 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

ミクロの人間像

2018020301.jpg

 2月1日に公開された映画「スリー・ビルボード(2017年/アメリカ)」を鑑賞してきました。
 第74回ヴェネツィア国際映画祭で脚本賞を受賞した映画と言う前情報が気になっていて、早いうちに観ておこうと思っていた作品です。

 主人公のミルドレッドの娘がレイプをされ、焼かれた状態で発見された。
 捜査が進展しない事に怒りを覚えたミルドレッドは、田舎道に3枚の大きな看板(ビルボード)を掲載する。

「レイプされ殺された」
「逮捕はまだ?」
「どうして? ウィロビー署長」

 当然ながらウィロビー署長をはじめとした警察官達は反発し、町中でもこの看板が話題となる。
 そしてこの看板を設置してから、ミルドレッドとその周辺の運命の輪が大きく動き出したのだった。


 未成年のお客さんが観て面白いかどうかはともかく、私には非常に興味深い映画でした。
 スターウォーズやハリーポッターなど広大な世界と歴史を扱った作品とは正反対に、田舎町の一事件の中に様々な人生が反映されているような、ミクロの出来事をテーマにした作品です。
 規模が小さいので壮大な世界観こそありませんが、登場人物すべてに様々な面が見られ、先入観を見事に裏切ってくれます。
 登場人物へ抱く先入観をこれでもかと裏切ってくれるあたりは、脚本賞を取るだけありますね。
 面白いからもっと色々と話したいのですけど、ネタバレになってしまうのもまだ問題でして。

 ただミルドレッドの元夫の現在の彼女(19歳!)だけは、終始完全なベビー(善)キャラだった気がします。
 真面目だし、別に悪い事をしていないのに、ミルドレッドに散々に言われるのが可哀想になっちゃうくらい。

 余談ですが、作中の広告(ビルボード)で悪口を言われるウィロビー署長は、ウディ・ハレルソンが演じています。
 どこかで見たような・・・・・・と思って調べてみたら、映画「ゾンビランド」でタラハシーを演じていた俳優さんでした。
 ゾンビが彷徨う荒廃したアメリカでトゥインキーズを探していた彼は、巡り巡ってミズーリの田舎町で警察署長になっていたんですね。


[ 2018/02/03 17:37 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

[新]けものフレンズぱびりおん(終)

2018020201.jpg

 1年と半年ぶり位ですかね。
 新作スマホゲーム「けものフレンズぱびりおん」を始めてみました。

 ゲームの内容としては、サバンナや水辺、高山などの各エリアにオモチャを置き、彼女たちの好物ジャパリまんを配ると、フレンズたちがやってきます。
(ジャパリまんは実際にファミリーマートやけものフレンズカフェで販売されてます)
  
2018020202.jpg

 やってきたフレンズはこんな感じで見て楽しみます。 

2018020203.jpg

 アルパカに次いで私の好きなフレンズ、カバ。
 動物園ではゾウと並んで事故率の高い動物です。
 カバは見かけによらず獰猛なのです。

 内容の解説はこれでおしまいです。

 つまりオモチャを置き、ジャパリまんを配り、フレンズを眺め、ポイントを貯め、新しくエリアを広げたりオモチャを作るというのがゲームのすべてで、いわゆる環境系ゲームと言うやつなのです。 
 
 常にジャパリまんを配って眺めないといけないのが苦痛なので、私はすでに引退しました。
 眺めるゲームが好きな方にはオススメではないかなと思います。

[ 2018/02/02 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

諸国美味漫遊

「日本各地の美味しい物を食べたいけど、旅行はお金がかかるし・・・・・・」
 という方にオススメの観光地があります。

 東京、有楽町です。

2018020101.jpg

 どういうわけか、JR有楽町駅から東京メトロ銀座駅のあたりに全国のアンテナショップが沢山あるんですよ。

 アンテナショップと言うのは県単位でアイテムを取り揃えているお店です。
 例えば茨城県のアンテナショップなら、茨城県のアイテムが揃っています。
 私が「ガールズ・パンツァー」というアニメを知ったのも、元はと言えば銀座にある茨城のアンテナショップへメロンソーダを買いに行ったのがきっかけでした。
 茨城県産の本物のメロンが使われているメロンソーダがある、と聞いて、銀座位なら行けそうかも?と思ったのです。
 ガルパンが好きになってその後何度も大洗へ行く事になるとは夢にも思いませんでした。

 もちろんデパートには全国の銘菓が並んでいるお店もありますが、定番以外のアイテムはアンテナショップの方が揃っているのですね。
 ちゃんと定期的に美味しいものを更新しているのは、秋葉原の「CHABARA」くらいなものでしょう。
(全国各地の物がすべてそろっているわけではありませんが、CHABARAもオススメです!)

 話は横道にそれましたが、例えば銀座5丁目には岩手県のアンテナショップ、いわて銀座プラザがあります。
 そしてそこから数十メートル歩くと、同じ銀座5丁目に群馬県のアンテナショップ、ぐんまちゃん家があります。

 これらが特に集合しているのは、有楽町駅前にある東京交通会館。
 北海道、秋田、富山、大阪、兵庫、香川、徳島、福岡、大分、沖縄、その他諸々。
 ここだけでも買い物に困らない数のアンテナショップが揃っています。
 
「全国の皆さん、アンテナショップの為に東京へ来てください!」
 というわけにはいきませんが、近くに遊びに来たらちょっと寄ってみても面白いエリアなのではないかなと思います。

 

[ 2018/02/01 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)