FC2ブログ










ハチ公に会いたくて

 この日記を見られる前に2015年9月の日記をご覧いただくと、さらに楽しんでいただけると思います。
 また一部にグロテスクな表現がありますので、問題が無い場合には「続きを見るで」お楽しみください。


 生まれて初めて観た(記憶の中での話ですが)映画が「ハチ公物語」の私にとって、ハチ公はやはり特別な存在。
 いつの日かハチ公を見てみたいと思っていました。
 もちろん剥製、生き物にこの表現が適当かどうかは別として、いわゆる外側の部分はもう子供の頃から何度も見ております。
 
 しかし犬も人間も、大切なのは中身。
 そこでハチ公の中身を見に行ってきました。

2018021001.jpg

 場所は東京都文京区弥生にある東京大学農学部。
 弥生と言えば縄文時代とは違い土器が見つかり「弥生時代」の元になった町です。
 そこにある東大農学部を入ってすぐの所に東京大学農学資料館があり、誰でも自由に入れます。

2018021002.jpg

 資料館とはいっても非常にコンパクトで、ちょっとした会議室程度のスペース。
 ここに最近の研究成果や過去の偉業などが展示されています。

2018021003.jpg

 東大農学部に関わる人物でもっとも偉大な一人と言われているのが鈴木梅太郎。
 世界で初めてビタミンの発見、抽出に成功した凄い人です。
 今の時代だったら、ノーベル賞は確実だったでしょうね。

 その後、鈴木先生は合成酒を開発し、庶民が飲むお手軽な酒や調理酒として現代でも愛用されています。
 こういうお酒は「美味しんぼ」あたりだと散々叩かれてますけど、元々は米騒動があってお米不足を解消させるためのアイデアで、決して悪い物を売りつけようとしていたわけではありません。

2018021004.jpg

 上野英三郎博士の胸像です。
 日本の農業土木の創設者であり、近代農業の父と言われています。
 現在日本中の田んぼが綺麗に真四角で、生産性が高いのも上野先生のおかげでもありますが、この方はどちらかといえば「ハチ公の飼い主」としての知名度が高いようです。

 ハチ公の中身については、続きでお楽しみください。

スポンサーサイト
[ 2018/02/10 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)