波蘭土産四方山話

 もっと早く紹介したかったのですが、色々書きたくてできなかった9月の旅のお土産を紹介。 
 ポーランド旅の話はさすがに飽きられているでしょうから、今日は読み流して頂いて結構でございやす。

2016102001.jpg2016102002.jpg

 レトルト麺。
 ポーランドにはカップラーメンがあまり出回っておらず、多くのインスタント麺を袋分野が占めています。
 社会主義だったポーランドに日本発のインスタント麺がやってきた理由は、社会主義国家の同盟国である中国から。
 日本のインスタント麺を中国が愛用し、ポーランドで生活するようになった中国人が食べていたのが始まりだとか。

 最近ではインスタントラーメンは日本から来たという事は知られているものの、どうしても高くついてしまうので、スーパーレベルで出回っているのは専ら国産品です。
 たまに日本ラーメンを食べさせる、というふれこみで、韓国の辛ラーメンが出てくるお店もあるとか。

 そんなわけで、即食麺というのは中国語ベースのインスタント麺という意味となります。
 左側の物はトマト味で女性に人気だそうです。

2016102003.jpg

 ジューレックの素。
 ライ麦を発酵させて作る酸味のあるスープで、アウシュビッツで食べたような料理です。
 焼いたソーセージや玉葱、マッシュルームを入れます。

 好みが分かれそうなので、これは自分で消費する事にしました。
 クノール製だけあって、美味しかったです。

2016102004.jpg

 チョコレートバー。
 日本の駄菓子屋で売っているリスカのスーパービッグチョコを小さめにしたような感じです。
 1個30円でめっさ美味いです。
 親戚の子供たちにお土産で配りました。

2016102005.jpg

 大人の知人にはこちらのチョコレートを配布。

 上から超ビター、ややビター、塩チョコ。

 海外のチョコと言うとやたらと甘く油っぽいイメージがありますが、チョコレート大国ポーランドの板チョコは全体的にビターテイストで、日本人でも楽しめるように作られていました。
 1枚100円位なので、受け取られた皆様は日本の板チョコを味わう位のテキトーさでお召し上がりください。


スポンサーサイト
[ 2016/10/20 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1006-e2aacd46