仮想空間と現実世界の区別

 アニメ「ラブライブ!」のキャラを演じた声優さんの男性関係のスクープが報道されました。
 私としてはショックなども無く(恋愛禁止でもありませんしなあ)、報道を読んだだけの立場です。

 それにしても、気になったのは週刊誌側のコメント。
「該当する声優さんはNHK紅白にも出演しており、作品中はアイドルを名乗っているので、今後はスクープの題材にする。」

 女性声優さんのスクープは今度需要もあるでしょうし、法律さえ守っていれば私は構わないと思うのですが。
「作品中はアイドルを名乗っているので、スクープはOK!」
 という理屈がサッパリわかりません。

 仮にマッチョな格闘家が、
「NHKにも出演されているし戦闘民族サイヤ人である孫悟空を演じているから、声優の野沢雅子さんに決闘を挑む。」
 とか宣言したり、銀行強盗で犯人が立てこもっているとして、
「大塚明夫さんに解決してもらおう。ソリッド・スネーク演じられてるし」 
 とか言いだしたら、どうかしてる!って思いません?

 仮装と現実の区別がつかないのかコイツは!って。
 わざわざそういう理由は考えなくていいんじゃないかなあ?
 
 あと今回の件とは関係ないけどもうひとつ。
 黒乳首黒乳首言ってる方々は、そろそろ自身が弱いものイジメに加担している事を自覚した方が良いと思うよ。

スポンサーサイト
[ 2016/11/29 22:55 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1040-b638fc9a