鬼平FINAL

 中村吉右衛門さん主演のTV時代劇「鬼平犯科帳」シリーズが、今日と明日の放送をもって最終回となりました。

 理由は原作をすべて使い切ってしまったから、だとか。
 27年も放送を続けていれば、撮影する脚本も無くなってしまうのでしょう。
 鬼平は私が子供の頃から観ているので、相当昔からお世話になっている作品です。

 出演者は亡くなられたり、年を召されたり。
 吉右衛門さんも、御年72歳で火付盗賊改方長官役も大変でしょう。
 その分俳優さんはベテラン揃いで、屋台でお酒を飲むシーンの何気ない会話のやり取りで貫禄を感じるすばらしい演技ばかりです。

 私の作品のキャラクターの主人公枠に、長谷川玲真と言うキャラがいるのですが。
 たしか、彼はこの長谷川平蔵から苗字を拝借した記憶があります。

 江戸時代の特殊警察は火付盗賊改方。
 国連機関の特殊軍がゴーストハンター。
 憧れたんですよねえ、こういうちょっと特別な警察組織。 

 もっとも中学生の頃なので、書いているお話は、
「劇場版聖闘士星矢のサジタリウスの矢の無いバージョン」
 みたいなものなんですけどね。

 というわけで、鬼平FINALを見ながら日記を書いてます。


スポンサーサイト
[ 2016/12/02 22:12 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1042-ca86bb76