"kawaii"の逆輸入

2017011101.jpg
Shantae Half-Genie Hero(WayForward)

 ちょっと余裕が出てきたので、新しいゲームに手を出してみました。
『シャンティ ハーフ・ジーニー ヒーロー』
 東洋を彷彿させるルックスの魔人とのハーフ、シャンティが主人公の横スクロールアクションゲームです。

 制作はWay Forwardという、アメリカのゲームメーカー。
 これを遊ぶために、XBOXの有線コントーラーを購入したほど、私の中の下馬評は高いものでした。
(STEAMの中でこのゲームだけ、普通のUSBコントローラーを認識してくれなかったので。)

2017011102.jpg

 長い髪の毛を振り回し戦うシャンティ。
 バランス等、ゲームの基礎も非常にしっかりしている作品ではありますが、それ以上に。

 ・・・・・・可愛い。

 シャンティも敵のキャラも可愛い娘が多いんですよね。

2017011103.jpg

 例えばシャンティはダンスをする事で様々な動物に変身できるのですが、これがもうみんな可愛い。
 水の中に潜れる能力を持つ人魚とか。

2017011104.jpg

 体当たりで岩を壊せるゾウさんとかも可愛い。
 どことなくシャンティの面影も残っていますし。

2017011105.jpg

 ヘビか、ウミウシか? レアなダンスを教えてくれる娘さんも可愛いです。

2017011106.jpg

 ステージ2のボス、ギガマーメイド。
 他にもゾンビ娘等、なんかいわゆるケモナーの扉が開きそうなラインナップです。

 あ、可愛い可愛い書いていますが、前にも書いた通りアクション要素は非常に良くできていると思います。
 過去の作品はカプコンのアメリカ支部で開発されていましたし、現在もロックマンのスタッフが開発に絡んでいますし。
「海外ゲームはFPS(ファーストパーソンシューティング)ばかりでしょ?」
 と言う方や、画面酔いをされやすい方には、2Dゲームのシャンティを遊んでみてください。




スポンサーサイト
[ 2017/01/11 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1075-446e7a42