四国 Final Journey Part.1 いざ山々の国へ

 1月20日から21日まで、現存天守を攻め落とす為に四国へ行って参りました。
 現存天守とは、簡単に言えば江戸時代から残っているお城で、全国に12カ所あります。

 四国にある現存天守は4箇所。
 そのうち、丸亀城松山城はすでに陥落させたので、今回の旅では高知城と宇和島城を攻め落とします。

 ただこの2箇所の難易度が非常に高いのです。

2017012008.jpg

 四国は多くの土地を山岳が占めていますので、電車の路線が山を避けてこんな感じになってます。
 加えて高知から宇和島までのエリアには特に気になる観光スポットもメイドカフェも無い為、今回は、

・高松空港
・琴平
・高知
・高松(瓦町)で宿泊
・松山
・宇和島
・松山市内観光
・松山空港


 というハードなスケジュールに。
 旅行中に地図を見ながら気が付きましたが、一泊二日で四国全県を横断してました。

2017012001.jpg

 そんな苦労をまだ知らずに、朝の4時台に起きて成田空港へ。
 高松空港行きの飛行機に乗り、こんぴら様の琴平まではバスで向かいます。
 高松市内へのバスと比べると利用客が少ないからか、マイクロバスでの移動です。

 それにしても山が多いなあ。

2017012002.jpg

 琴平駅からは特急南風(なんぷう)で高知へ向かいます。
 電車の本数が随分と少ないですね。

2017012003.jpg

 指定席を買ったら6番乗り場でお待ちくださいと言われました。
 どうしよう、これ穴に入っておくべきかな?

2017012004.jpg

 南風到着(写真は高知駅で撮影)。
 ディーゼルの特急列車とは新鮮ですね。
 山の中の路線が多いので、非電化エリアがメインなのでしょう。

2017012005.jpg

 せっかく香川へ来たので、うどんを揚げたお菓子「揚げぴっぴ」を購入。
 香ばしくてなかなか美味しいですね。

 本格的な讃岐うどんは夜にでも。
 今回の旅では最後の最後までキチンとした讃岐うどんを食べられなかったという事を、この時の私は想像していませんでした。
 揚げぴっぴをお土産に買えない事も。

2017012006.jpg

 高知までの路線は山が多く、特急なのに比較的のんびりと進みます。

 車内の眺めはなかなかのものです。
 大歩危や小歩危(おおぼけ&こぼけ)あたりは、川も綺麗ですねえ。

2017012007.jpg

 なんか車内からすごいプレートが見える駅がありました。
 ここは後免(ごめん)駅、

 おおぼけ、こぼけ、ごめんと、四国は個性的な名前の駅ばかりですねえ。

スポンサーサイト
[ 2017/01/20 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1083-f4f026cf