オーラパワー

 水戸黄門が6年ぶりに復活し、今年10月から新シリーズが放送される事になりました。

 6代目の黄門様は武田鉄矢さん。
 親しみやすい黄門様を目指されるそうです。

 時代劇ファンとしては、春日太一さん著作の『なぜ時代劇は滅びるのか』の一文が気になります。
 簡単にまとめると「黄門様は脇役俳優が演じた方が上手くいく法則」というものでしょうか。

 水戸黄門の主人公は確かに黄門様なのですが、物語中で動くのは助さん格さんであり、弥七であり、お銀であり。
 黄門様は最初に物語の舞台までたどり着くのと、最後にみんなを跪かせるだけで、印籠を出すのも自分で行いません。
 そうなると黄門様はむしろ目立たない俳優にして、助さん格さんを濃い配役にした方が成功するのではないか?というわけです。

 実際に歴代の水戸黄門では、初代の東野英治郎さん、二代目の西村晃さん、三代目の佐野浅夫さんと、時代劇現代劇問わず悪役経験者が多く、そちらだと1話内でバッサリ斬られる人ばかり。その配役のおかげで、助さん格さんが光っていたように思えます。
 5代目の里見浩太朗さんは、本人が戦った方が良さそうなくらい、強そうなオーラを放っていましたからね。

 6代目の武田鉄矢さんは、どちらのタイプになるのでしょう?
 周りを引き立てるか、それとも自分が目立ってしまうのか。
 まだまだ先の事なれど、今から気になりますね。

スポンサーサイト
[ 2017/03/21 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

へー。
主題歌も歌ったりするんかな、じーんせーってやつ。
[ 2017/03/21 12:09 ] [ 編集 ]

どうですかね?
水戸黄門シリーズの主題歌は、助さん格さんが歌う事が多いですから。
黄門様バージョンは聴いたことがありませんけど、武田さんならアリかもしれません。
[ 2017/03/21 22:38 ] [ 編集 ]

こんばんは。初めましてm(__)m

もっともだなあと思って読みました!
黄門様は控え目オーラの方が似合う気がしました。
自分は里見さんの前の台を見ていたのかな‥?名前忘れてしまいましたが、里見さんになってからは違和感があり見なかったです‥。そう、黄門様ご自身が戦った方が似合う感じだったからですw
[ 2017/03/25 20:30 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>せんさん
はじめまして、この度はご来店ありがとうございます。

ああ、やっぱり同じ事を思われている方がおられたのですね。
そうなんですよ、里見さん強すぎなんですよw

里見さんの前は石坂浩二さんですね。
この代は新しい水戸黄門像を目指されて、色々と斬新なアイデアを取り入れた黄門様でした。

新作はどうなるのでしょうね。
助さん格さんが武田さんに負けないオーラをお持ちなら、水戸黄門ファンも多い事ですし、上手くいってくれそうな気がします。
[ 2017/03/26 08:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1140-c2246df8