大英自然史博物館展 前編 最古の鳥の謎を追え!

2017032501.jpg

 上野の国立科学博物館へ行って参りました。

 東京は桜の開花が宣言され、コンビニはどこも店頭に特設コーナーを設置。
 チキンやビールなど、お花見の必須アイテムを販売しています。

 天気が良いのと特別展「大英自然史博物館展」が開催されいたのとで、博物館は大行列。
 私も20分ほど待たされて、ようやく入場です。
(先週偵察した時は60分待ちだったので諦めました。)

2017032502.jpg

 大英自然史博物館とはロンドンにあるロンドン自然史博物館の別称で、世界でも有数の博物館です。
 今回の特別展ではその中から貴重な展示品を借りており、その中には日本初上陸の貴重な標本もありました。

 こちらは三葉虫。
 集団で交尾している途中、地殻変動か何かでみんな一緒に窒息死したと思われる化石です。

 リア充爆発しろ!っていうのはありますが、化石になれっていうのは珍しいです。

2017032503.jpg

 人生で初めて見た、猫のミイラ。
 少なくとも紀元前に作られたもので、エジプトの女神バステトへの生贄としてミイラ化されたと考えられています。

2017032504.jpg

 昭和天皇が皇居で採集された粘菌です。
 生前、陛下は生物学を学ばれていたので、イギリスとの国際交流の際に標本を寄贈なされたのでしょう。

2017032505.jpg

 サーベルタイガーの標本。
 本物を見たのは初めてです。

 セイボータイラー!

 すいません、なんかネイティブ風に言ってみたかっただけです。

2017032506.jpg

 そして今回のメイン展示品はこちら。
 日本初上陸となる始祖鳥(最古の鳥)の化石です。

 脚の爪から羽毛まで、綺麗な形で残っていますね。
 まさしく本やTVでみたものの現物が目の前にあるわけで、これはもう化石好きじゃなくてもワクワクしてしまいます。

 ううむ、ええものを見えてもらっておりますなあ。

 明日に続きます。

スポンサーサイト
[ 2017/03/25 19:25 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

爆発は一瞬だけど化石になるには周囲の努力・協力、偶然が必要だもんな
だれもが爆発を望むのは仕方ないなw
[ 2017/03/26 14:09 ] [ 編集 ]

偶然に偶然を重ねたようですね、化石って。
爆発の方がお手軽で簡単ですよw
[ 2017/03/27 22:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1141-ded886aa