才川マジやばくね

 今期は「小林さんちのメイドラゴン」というアニメを観ております。
 人間のOL小林さんに助けてもらったドラゴンのトールが、恩返しとしてメイドになり小林さんと同居するというお話です。

 これがかなり良いアニメでございます。

 原作が好きで観始めたのですが、驚いたことに作品の多くは、特にクールの後半はほぼアニメオリジナルの脚本なんですね。
 原作付のアニメで制作会社が主導で作っていく形式は珍しいです。

 でもこれが良くできているんですよ。
 笑いあり泣き・・・はないけどしみじみ良いエピソードあり。
 制作を担当している京都アニメーションは、「けいおん」や「涼宮ハルヒ」など世界のアニメファンから高く評価されておりますが、今作も、
「さすが京アニ!」
 と評される内容です。

 オリジナル要素が多いのに原作のイメージを崩さず、そして面白いという。
 ううむ、制作スタッフさんの作品に対する敬意を感じます。

 京アニマジやばくね。



 あ、ちなみに推しドラゴンはエルマです。
 うちに来てくれないかなあ、エルマ。
 スイパラに連れて行ってあげたいですね。

スポンサーサイト
[ 2017/03/28 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

ドラゴンがメイドってすごい設定で面白いですねw
「小林さんちのメイドラゴン」って聞いた事あるなと思ったのですが、過去に遡って何件か読ませて頂きました竹井さんブログの以前の記事で見かけたのかもしれません☆
[ 2017/03/29 00:20 ] [ 編集 ]

ドラゴンって火炎吐く奴、冷気吐き出す奴、いろいろいるんだよな
そのアニメのはどれなんですかねw
原作しらんけどアニメはオリジナル脚本なのか、作家がよく許したね
[ 2017/03/29 13:35 ] [ 編集 ]

>せんさん
メイドラゴンの記事は、都合4本くらい書いていました。
原作だとかなりシリアスなお話もありますが、アニメは人間に化けたドラゴン達が人間界を楽しむような、ほのぼのギャグ系になってます。
[ 2017/03/29 21:59 ] [ 編集 ]

>てかとさん
先月の日記で紹介したエンディングテーマCDのパッケージ(4人います)で言いますと、
左から、時間と記憶を操作できる、炎を操りあちらの世界とこちらの世界を自由に行き来できる、まだ子供なので普通のドラゴン、結界やシールドを張れるドラゴン、っていうラインナップです。
実際はほぼ戦わず、小学校へ行ったり運動会に参加したりコミックマーケットや餅つきを体験していますw
[ 2017/03/29 22:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1146-e48c2c2c