終焉帝が来た話

「小林さんちのメイドラゴン」の最終回を視聴しました。

 うん、良かった。
 これは良い作品でした。

 原作をベースに、アニメならではの表現が上手くアレンジされていた最終回だったと思います。
 特にドラゴンのトールを連れ戻しに来た、トールの父と小林さんのやりとりは見応えがありました。

 クール教信者先生の描く女性キャラは、口論に強いイメージがありますね。
「もののけしぇありんぐ」でも主人公のヤタが不良妖怪を相手に舌戦を展開していますし。
 もっともあちらは逆ナンパで男漁りをする妖狐とか、小さな男の子ばかりに手を出す鬼娘とか、どうアレンジしてもアニメ化にはできないお話ばかりなので、動画で観る事は叶わないでしょうけれども。

 ところで、二期はいつやるんですか?

スポンサーサイト
[ 2017/04/09 08:40 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

いろんな需要があるので、アニメ化はいけるんじゃないですか
だめならOVAとか
むしろ声優がそういう演技をするのが大変そうです
[ 2017/04/09 15:21 ] [ 編集 ]

作るとしたら、今回みたいにアニメオリジナルの設定が良いでしょうね。
メイドラゴンもお色気要素はほとんどギャグに変えましたし。
[ 2017/04/09 20:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1169-2f4269bd