バレンタインのお話

 今日はバレンタインデーでした。
 関東では大雪の注意報がガンガン発令(?)されていたため、それよりも無事に帰れるか心配だった人の方が多かったかも。

 私は今年は少なめで、年齢層は相変わらず還暦オーバーが6割。
「ババア殺しの魔王」の称号は、いまだ健在のようです。

 そろそろ本命チョコが欲しいかなあ。
 義理チョコ5個持っていくと、本命チョコに交換してくれるお店とかあれば良いのに。
「女子高生」とか「人妻」とか「近所のお姉さん」とか、お店の人を指名してチョコをもらうの。

 あ、でもこれも義理じゃねえか!

2014_Valentine_yuina.jpg

 それでは、今年配ったバレンタインカードのお話をば。
 今年のバレンタインカードは、良之助さんに制作していただいた結菜がモデルの作品です。
 成層圏からユイナックキャノンで、チョコレートをお客さんにぶちまけるという、かなりトンデモな構図となっています。

2014021401.jpg
ZMT-S29 ザンネック

 構図のモデルは「機動戦士Vガンダム」の重攻撃MS、ザンネック。

2014021402.jpg
ファラ・グリフォン

 パイロットはファラ・グリフォン。
 Vガンダムの中で最強の敵パイロットであり、ガンダムシリーズでも恐らくはトップクラスの敵キャラでしょう。
 初登場時は常識のある人物だったのが、罪を犯し宇宙空間に放り出されて漂流する刑を受けた後に狂いはじめ、戦線に復帰する頃にはガンダムシリーズ最狂キャラともなってしまいました。
 そもそも名前からして「ザンネック(斬 neck = 首を切る = ギロチン)」が由来ですし。

 ガンダムシリーズには、アムロ・レイなどの最初からニュータイプであるパイロットとは対照的に、催眠や薬剤を使った人工的なニュータイプ「強化人間」というのがおりまして、ファラは強化人間のカテゴリでよく紹介されています。
 強化人間やブーステッドマン(ガンダムSEED等に登場)は人工的な分だけ、ちょっと精神的に不安定なパイロットが多めです。
 この人物もかなりアレで、同乗している味方パイロットをいきなり射殺して宇宙に放り投げたりしています。

2014021403.jpg

 そしてザンネックを象徴する武器は、このザンネック・キャノンです。
 ザンネックベースに乗った状態で成層圏に移動し、そこから地表の敵を直接狙撃します。 
 ガンダムシリーズでもここまで超長距離にいる相手を狙い撃ちする兵器は、ビットを除いたら他には無いでしょうね。
 私が好きなモビルスーツトップ3のうちの1つです。



 ・・・はっ、気が付いたらザンネックを熱く語っていました。


 そんなわけで、今回の結菜にはそんなぶっとんだ悪役をイメージさせました。
 よく見ると、ザンネックキャノンもザンネックベースも作品に登場させてくださっています。
 また二基の粒子加速器がオミットされた分、頭上に天使の輪が実装されています。



 良之助さんには色々素敵な作品を描いていただいていますが、今回もカッコ良く素晴らしい作品を制作していただきました。

スポンサーサイト
[ 2014/02/14 22:57 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/138-fca465df