煙が目にしみる

 世間ではクッキーを焼くおばあさんを雇用するのが流行っているようです。

 私はクッキーを焼けないので、墓参りが好きなおばあさんと都内の墓地を回ってきました。
 回った箇所は谷中を含めた三ヶ所。 
 ここは祖父のお墓。
 ここは祖父のお兄さん達のお墓。
 ここは祖母の両親(曽祖父・曾祖母)のお墓。

 と、三ヶ所分のお線香を体に浴びながらほぼ面識のない方々の墓参りのお付き合いでございます。
 曽祖父は戦後まもなく、曾祖母は私の母親が子供の頃に死んでますし、祖父の兄弟は私が物心付いた頃には全員死んでましたし。

「みなさんとは面識がありませんが、ばーちゃんの付き合いできました。」

 と、毎年春秋のお彼岸の付き合いをする日々を送っています。
 我が祖母ももう88歳、いつまでこの墓参りができるのかわかりませんが、私以外でこの付き添いを立候補する親族もいないので、最後までお付き合いしてあげようかなと思ってます。

 ・・・・・・と書くと、なんかものすごくおばあちゃん孝行みたいな日記になってしまいますが、実際は怒る事もあれば、耳が遠いので大声を出す事もしばしば。私が大声を出している中、うちのばーちゃんが1万円札を出して私に渡しているところなんかを他人が見たら、老人を狙ったカツアゲみたいに思われて無いか心配でもあります。実際は、

「お昼はここのフードコートで食べるけど、どこで買ってくる?」
「なんでもいいよ」
「じゃあパン屋さんで良いね? どんなパンが良いの?」
「実際に見てみたい」
「OK・・・、それじゃあピロシキとクリームパンで良いのね?」
「うん、小銭が無いから1万円札で払ってきて」

 という内容なんですけどね。 

 ちなみに私はおそば屋さんのエリアで2段せいろにとろろをトッピングしたものを食べた(710円 本日のお手当て分)なので、残りのお金はキチンと返しておりますので、カツアゲでは無い事をご理解いただけたならと思います。


スポンサーサイト
[ 2013/09/22 17:22 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/16-d9378ab7