FC2ブログ










大きな歯車

 コミケの新刊も無事に脱稿(原稿終わったよ!という意味)を済ませましたので、今日は市営のジムへ行ってきました。

 とにかくクソ暑いので今日は少し軽めで各トレーニングマシンをワンセット+αくらい。
 私の場合は肩こり解消が目的なので、無理にやらなくてもよいのです。

 体育館の駐輪場がやたらいっぱいだったので不思議に思って入館したら、トレーニングルーム以外の屋内も屋外も人でいっぱい。
 そして選手の他にも保護者や関係者がいっぱいいます。
 このクソ暑いのに炎天下の屋外で試合なんかやったら大変なことになると思った反面、試合という大きな歯車の存在にも気づきました。

 そりゃあ、新聞で熱中症の事故を見れば、
「なんでよそで事故があるのに、こんな暑い中に外でスポーツさせるんだ!」
 と、言うのは簡単です。
 
 でも学生が試合をする場合、学校、先生、生徒はもちろん、保護者や運動施設の都合があります。
 さらに複数の学校で試合をするのですから、試合相手の学校の数だけ、先生、生徒、保護者の都合もあるわけです。
「暑いんで延期にします」
 って、なかなか簡単には言えませんよ。
 誰が言えます?

 学校と生徒と保護者と体育施設のスケジュールを調整できる人はどれだけいます?
 特に学校の先生は予備日なんていうものはなく、夏休みもずっと出勤して仕事をしています。
 この日の試合だって他の仕事を犠牲にして参加しているのかもしれませんよ。
 保護者もそうなんども試合のためにお休みとれるとは限らないでしょう?

 今の日本のこういうシステムで、中止の決断を下せる権利のある人ってそうそういないと思うんですよ。

 もっともアイデアがないわけではありません。
 学生スポーツ協会で基準を設ければ良いのです。
「グラウンドの気温が35度を超えたら大会を実行してはならない」
 ほら、これならみんな仕方ないって思うじゃないですか。

 スケジュール調整の大切さは変わりませんが、少なくとも中止をすることで責任を取る人は現場にはいません。
「協会はアホか、昔はそんなんじゃ中止にしなかった」
 というアホなクレーマーは、人命尊重を盾に蹴り飛ばしてしまえばよろしい。

 そんな私のアイデアはともかく、そろそろスポーツ関連の組織は、何のためにスポーツ大会を主催しているのか、その意義を考える時期に来ているのではないでしょうか。

 イヤですよ、選手も観客も熱中症でバタバタ倒れている東京オリンピックなんて。





スポンサーサイト
[ 2018/07/21 11:01 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1623-cb70937a