台北漫遊記 2013 No.02 10/10 Part.2

2013101401.jpg

 チェックインをしたホテルに備え付けのパジャマ類が無いので、それを買いにいくのも兼ねてまずは台北地下街に行きました。
 相変わらず地下街のマスコット(?)「九藏喵窩(DnaxCat)」の可愛い世界観が展開されています。
 発音はジョウザンミャオウオって言うみたいです。

 少し調べてみたところ、もともとは1998年に誕生した同人作品だったものが、台北地下街とタイアップしてマスコットのような扱いを受けているとか。日本でいえば東方シリーズが東京駅のマスコットキャラになったような感覚でしょうかね?

2013101402.jpg

 去年も見たようなチラシを今年も発見。
 日本で言うところの感謝祭とか決算セールのようなものかな?

2013101403.jpg

 この時期の台北は夏の終わりですので、日本の夏祭りを意識した内装になっています。

2013101404.jpg

 我々が普段食べているおでんも、あちらでは「関東煮」という名前でコンビニ等で人気商品となってました。
 オリジナルの味と、辛いバージョンがあり、1個10元(2013/10/10現在で1元=3円位です)位で売っていました。
 この休憩スペースがある点でも、関東煮の人気がわかります。

 あ、そうでした。
 今回は前回の台北の旅で出来なかった事のリベンジもあるのでしたっけ。

 昨年の日記を見直すと、

 ちなみに地下街の入り口にはお土産コーナーがあり、名産と一緒にマスコットのグッズが販売されていました。
 中には季節に因んだ陶器のコースターなどがあり、お土産用に購入。
 私にとってはこれが台北での初めての買い物となります。

「Autumn Please!」

 とお姉さんにお願いしたら、Winterを出してきまして。
 もう断るのも何なので、Winterにしてしまいました。(ひとりまおう2012年9月25日より)


 よし、それじゃあAutumnのコースター買っちゃおうじゃないの。
 2度目の台北です。

 もう何も怖くない。

「Autumn Please!」

2013101405.jpg

 よし、Autumn版コースターをゲット!

 これでリベンジを1つ果たしましたよ。

2013101406.jpg

 本日最後に、台北駅は日本の色々なアニメやゲームの流行を知ることが出来、追々色々紹介することになると思いますが、まずはその中の1つを紹介。駅の出口に展開されている「命運石之門(シュタインズゲート)」を紹介。
 ほとんどが日本名なので、中文で表現するのが楽そうでした。
 フェイリス・ニャンニャンだけが苦労していたみたいですが、「娘娘」でニャンニャンなので問題は無いかも?


スポンサーサイト
[ 2013/10/14 10:09 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/25-cef79df8