不言実行

 我孫子市内にある天王台駅で電車を待っていると、駅のスピーカーから鳥の鳴き声が聞こえてきました。
 機械で鳥の鳴き声を再生する、小賢しいサービスです。
 最近東京でも流行っているようですね。
 世界でも珍しい鳥の博物館がある我孫子市で、鳥の鳴き声をスピーカーからってどうなの?

 そこで本物の鳥を観ようと駅の外にある樹木を眺めると、ほとんどの木に鳥帽子のネットがかけられています。
 一方で鳥を止まらせないネット、もう一方で鳥の鳴き声を定期的に流すスピーカーと。

 で、これで、
「鳥を休ませてやらないとはけしからん!」
 と言えない事情ももちろんあるのですよね。

 このネットのかかっていない木を観ると、ビッシリ鳥が止まっており、ギャーギャーと凄まじい鳴き声が聞こえます。
 そして木の下には大量のフンが!

 そういえば、この駅は鳥のフン害が酷いと、TV番組の特集でも紹介されたのでしたっけ。
 ネットがかかる前は、道路一面がフンで白かったのでしたっけ。

 鳥との共存は難しいものですねえ。



 と終わらせるのはあまりにも芸が無いので、ちょっと調べてみました。
 鳥の鳴き声は、目の不自由な方の為の音声案内だそうです。

 ごめんよ、さりげなく役に立っていたんだね。
「目の不自由な方への案内中です」
 とかPOPでも付けておけば良いのに、世の中には私のように勘違いしている人が結構いると思うんだな。
スポンサーサイト
[ 2014/07/31 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/261-8a644732