肉じゃがとお好み焼きを巡る冒険 No.12 Hiroshimaの思い出

2014092301.jpg

 呉駅から広島駅まで、45分位。
 駅からは広島電鉄(路面電車)に乗り換えてホテルの最寄駅へ向かいます。

 広島電鉄にも萌えキャラがいるんですね。
 JR東日本はおそらく日本で最もこういうキャラがいない路線のような気がする。

2014092302.jpg

 平和大通りに到着。
 ホテルは建物の端だったから、気持ち狭い台形サイズ。
 でも道路が眺められる窓があるのは悪くないですね。

 道路を3つほど隔てると艶街(薬研堀)があるので、人通りも多く、午前二時に喉が渇いて目が覚めた時、窓を覗くとサラリーマンの二人組が飲み屋から出て何か話していましたっけ。
 私自身風俗店に縁はありませんが、そういうところに近いビジネスホテルも味があって嫌いではないです。

2014092303.jpg

 旅人としては、どちらかといえばホテルから歩ける距離にある平和記念公園方面に興味があります。
 ついでに広島平和記念資料館にも行ってしまいましょう。
 午後4時に出発しても、この時間帯は6時頃まで開館していて非常に便利です。
 50円と言う入場料も非常に良心的ですし。

 ところが連休だからか、5時近くなっても資料館は大盛況。
 近所のお子様から外国のお客さんまで、こんなに混雑している資料館なんて珍しいですね。
 各資料、立ち止まってみる事が出来ず、歩きながら見てくださいとの館内アナウンスが印象的でした。

2014092304.jpg

 肝心の資料については、どれも重い内容で、こうやって気軽に書いて良いものか迷います。
 上の画像は原爆投下時の8時15分で止まってしまった腕時計です。

2014092305.jpg

 あまりの高熱のために真っ黒に焦げてしまったお弁当。
 持ち主は中学1年生の男の子で、弁当を抱えながら亡くなっていたそうです。

2014092306.jpg

 原爆投下時、3歳の男の子が乗っていた三輪車。
 男の子は三輪車に乗ったまま原爆の炎に焼かれ、その日のうちに亡くなり庭に埋葬されました。
 その後昭和60年に再埋葬をするために庭を掘った時にこの三輪車も出てきたそうです。

 同世代ではかなり原爆についての資料を読んでいたと思ってた私でも、新たに沢山の情報を得る事が出来ました。
 資料一つとってみても、インターネットや書籍よりはるかに丁寧に解説されています。
 また外国のお客様も非常に多く、とっても熱心にご覧になってみました。

 原爆投下国(アメリカ)への敵対心や必要以上に恐怖を煽らず、淡々に資料を並べていく方が日本人以外の方からも支持が得られますし、何より色々と思う事ががあるのではないでしょうか。



 さて、資料館を出て原爆ドームに向かう間の撮影でカメラのバッテリーが切れました。
 朝フル充電にしたのに夕方に切れるなんて、初めての出来事です。
 呉ではパシャパシャ撮りまくっていましたからね。

 というわけで、一度ホテルに戻り、カメラを充電します。
 その間に商店街などでお土産を確保しておきましょう。

2014092308.jpg

 夕方に食べるかなり遅めの昼食は、商店街で見つけたナゾのラー油蕎麦。
 明らかに怖いもの見たさで食べてみることに。

 具の入っているざるそばを、ラー油入りのそばつゆにつけて頂きます。
 最初は普通のそばつゆの味で、少しすると辛くない程度のピリリ感を覚えます。
 味付きのお肉とこれまた味付け海苔のトッピングが、汁甘い、ラー油ピリリ、具が甘いと、なんだか不思議に変化して、なんとも美味しくビックリしました。

2014092307.jpg

 カメラの充電も終わったので、またまた平和記念公園方面へ戻ります。
 すっかり夜となった原爆ドームはライトアップが施され、不気味な美しさがありますね。
 建物の中も、無人の建物のライトアップなので、結構怖いんですよ。

 お客さんはさすがにおらず、私と、夜の原爆ドームをスケッチされている外国の方と、たまに通行する人だけ。
 原爆ドーム前面にまわり撮影をしていると、後ろに気配が・・・。

 はっ!

 ・・・・・・振り返ると、後ろのベンチでカップルが割と大胆にぺろぺろちゅっちゅしていました。

 こんな平和を祈る場で、なんと罰当たりな。
 持っているビデオカメラで撮影してやろうかと思っちゃいましたよ。

 それから今回はビデオカメラでドームを撮影していましたが、その間は近くの広場でオクトーバーフェスをしていたからか、男性用の低いキーで歌うAKB48の「ヘビーローテーション」が終始聞こえてきて、これもなんとも味のある思い出となりました。

スポンサーサイト
[ 2014/09/23 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/331-cfde5956