年賀状の話をするのを忘れてました

 土曜日の掃除の話の後、実は年賀状を作っていました。
 午後2時とか3時からのんびり始めて、なんだかんだで9時~10時頃までかかりましたでしょうか。
 同じ絵柄は3枚以内に抑えたいとか、文章は全員違うものにすると、パソコンを使っていても意外と時間がかかるのですよね。

『こんな年賀状はダメだ』みたいなアンケートで、『手描きの部分が無い年賀状』がよく挙げられ、
「一言でも手書きのメッセージを書き加えるくらいの手間はかけよう!」
 みたいな事が書いてありますけれども、例えば今年の私の年賀状で使用された羊の写真はわざわざ動物園で、それも深夜バスで13時間かけて広島へ、広島駅からさらにバスで1時間揺られた所まで行って撮影しているので、手書きで書かれたコメントなんかよりもよっぽど手間がかかっておりますが、まーいくら色々とバージョン違いを作ってもみなさんの元に我が家から届く年賀状は1枚だけなので、違いもへったくれもありませんな。

 皆さんの楽しみ方としては、私が死んだときにお別れ会という体で飲み食いをされながら、私が贈った年賀状をみなさん持ち寄って、
「あいつ、ホントに色々なの作っていたんだなあ・・・。」
 と故人(私)を偲んでいただければ幸いです。

スポンサーサイト
[ 2014/12/22 23:16 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/400-e95e2d3b