鏡を覗いて

「日本ってスゴイよな!」
 っていう番組を、最近よく観かけます。
 こういうのがウケる時は、まず大抵国全体が自信を失っているからなのでしょう。
 人は気持ちが弱まっている時ほど、励まされたいものですからね。

 ところで。
 昨今は「日本ってスゴイよな!」に加えて、「外国の人だって日本の文化を学んでるんだぜ!」っていう番組も見かけるようになりました。
 例えば、外国の方が日本語の歌を歌うのを、みんなでスゴイスゴイ言いながら観る内容です。

 なんと表現しましょうかね。

 アメリカで日本人が英語の歌を歌って、
「日本人って英語が上手いなーアメリカの歌上手いなあー!」
 って言われていたら、日本人は嬉しいのかな?と思います。

 なんとなく見世物小屋っぽい印象が離れないんですよね、こういう番組って。
 その根底には、
「ま、上手って言っても日本人以外でね。」
 という、高みの安全圏から物を言っている空気を感じるからでしょうか。
 
 せっかく日本まで来てくださっているのですから、日本人(それもできればアーティスト)と一緒に競争させたら良いのです。
 そうする事で、はじめて外国の方を我々と対等に扱う事になるのではないかなと。 
 
 野球だって相撲だってみんな一緒に競争しているじゃないですか。

スポンサーサイト
[ 2015/03/24 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/490-08c7981e