藤原氏と京の桜を巡る冒険 1日目 Part.4 葵三代 ロケ地訪問

2015040501.jpg

 奈良駅から桜井駅へ行き、近鉄に乗り換え榛原駅まで向かいます。
 この車両は自分しか乗っておらず、貸切状態。

2015040502.jpg

 旅に出ると、山の多さに驚きます。
 旅に出たての時は失礼な事に、「田舎だからかな?」なんて思ってました。
 
 でも愛知でも兵庫でも奈良でも広島でも山を見るんですよ。
 不思議に思ってたら、最近急に結論が出ました。 
 千葉や東京の車窓で見られる山は筑波山(茨城県)と富士山(山梨/静岡で現在所有を巡り戦争中)だけなのですが、その答えは『旅先で山が多い』のではなく、『関東に山が少ない』からなのでした。
 関東平野って言いますしね。

2015040503.jpg

 榛原駅からはバスに乗り、狭い道をクネクネ。
 山中のコンビニに寂しくなびく艦これののぼりを発見しながら、大宇陀高校前のバス停で降ります。

 バス停からは歩いて20分位でしょうかね。

2015040504.jpg

 そしてこれが瀧桜、通称又兵衛桜です。
 大坂夏の陣で死んだと思われた戦国武将の後藤又兵衛が実は生きていて、ここに屋敷を構えていたという伝説があったそうで。
 その屋敷跡に咲いていた桜だから、又兵衛桜と言うのですね。

 個人的には又兵衛は夏の陣で戦死した説を支持しますが、中には生きている説があっても良いのかも。
 入場料は100円で、桜の保存に使用されます。

2015040506.jpg
大福(120円)

 桜の近くでは近所の方々による販売コーナーがあり、簡単な食事やドリンクが買えます。
 値段はどれも良心的のようです。
 試しに大福を買ったらホットプレートで温められていた事もあり、カマンベールチーズ並みにトロットロなお餅とホクホクなあんこで、これが絶品。
 桜を観ながら大福なんて、贅沢ですなあ。

2015040507.jpg

 ちなみにこちらが大河ドラマ『葵三代』のオープニングを引用したものです。
 本放送からしばらくして改修工事が行われ、雰囲気は少し変わっていた様子。

2015040505.jpg

 大河ドラマのオープニングを意識して撮影したのがこちら。
 左手に桃の花、右手に山っていうのは合っているけど、角度が違うかな?
 もっと下から撮ると近づくのかも?
 立ち入り禁止の場所もあるので、まったく同じ構図は難しいと思われます。

 
 そしてここで大切なお知らせがございます。
 帰りのバスが20分後に来ます。
 それを逃すと1時間近く待たされます。

 はい、バス停への大宇陀大返しですね。
 奈良の時と一緒ですね。
 夜行バスで奈良に来たばかりでこれではなかなか厳しいですね。
スポンサーサイト
[ 2015/04/05 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/503-91c6ffbf